Home > | > 姉「ショタコンさいこおおお」

姉「ショタコンさいこおおお」

  • 2011-10-20 (木) 17:29
  • |
ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:04:06.49 ID:57zfTain0
姉「はぁ、やっぱショタは良いわあ……また、ショタ画像で逝っちゃった……」


母「姉ー!ちょっときてー」

姉「今行くー!……なんだろ?」

母「紹介するわね」

ショタ「こんにちわ」

姉「」

母「養子にした、新しい家族。あんたは今日からお姉ちゃんよ」

姉「おk、把握」

ショタ「お姉ちゃん、はなぢ出てるよ?」

姉「うへへ、気にしなくて良いのよ……うへへ……」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:09:11.45 ID:57zfTain0
姉「ショタくーん、お姉ちゃんと一緒にお風呂入ろっかー?」

ショタ「えーいやだようー」

姉「え?なんで?」

ショタ「僕男の子だし、お姉ちゃんと入るの恥ずかしいもん」

姉「そ、そうなんだー…」

姉(もうこの年で男女の性を意識してるのね……なんて出来る仔なの)

姉「まだたっぷり時間はあるからね、焦らず行きましょう」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:12:25.61 ID:57zfTain0
ショタ「お姉ちゃーん……」

姉「zzz……、ん?何?ショタくん?」

ショタ「お姉ちゃん、僕…おもらししちゃった」

姉「大丈夫よ、お姉ちゃんが綺麗に舐めとってあげるから」

ショタ「どうしよう……ママに怒られちゃうよ……」

姉「決してお姉ちゃんも冗談で言ってるわけでも無いんだけどなー」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:16:54.85 ID:57zfTain0
姉「ショタくーん」

ショタ「何?」

姉「この前みたいに一人でおもらししちゃったら大変だから、これからはお姉ちゃんと一緒に寝よう?」

ショタ「え、い…嫌だよう…、ベッド狭いし、暑いし…」

姉「相変わらずガード硬いわね……」

ショタ(……恥ずかしいし)

姉(本当に硬くするのは何処かってのを、お姉ちゃんが教育する必要があるようね……)
17: 大学生さいこおおお 2011/08/31(水) 16:22:16.78 ID:57zfTain0
友「こんにちわー」

姉「いらっしゃいー、上がって?」

ショタ「こ、こんにちわ…」

友「あら、こんにちわ。この子が噂のショタくん?」

姉「そうよー、可愛いでしょ?」

友「ええ、とっても可愛いわ」

ショタ「あ、ありがとう…」

友「うふふ、恥ずかしがっちゃってー可愛いー」

姉「じゃあ、あたし飲みものとって来るから、待っててね」

友「うん」

ショタ「………」

友「………」


友「……ほんとに可愛いね、きみ」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:27:41.48 ID:57zfTain0
ショタ(……っ!)

ショタ「あ、あのぅ…」

友「何?」

ショタ「友姉ちゃんは、お姉ちゃんのお友達?」

友「そうよ、昔からずっと一緒なの」

友「成績も、習い事も、得意分野も」

ショタ「……好きなものも?」

友「そうよ、大正解」

友(姉の言うとおり聡明な子……)

友「ますます好きになっちゃうわね……」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:32:48.75 ID:57zfTain0
ショタ「あと……」

友「何?なんでも聞いて?」

ショタ「お姉ちゃんは学校で僕の事どんな風に言ってるの?」

友「ん?割と普通よ?新しく出来た弟がとっても可愛いって言ってるわ」

ショタ「……本当に?」

友「…本当の事を知りたいの?」

ショタ「え…

姉「お待たせー! ショタくん良い子にしてたかなー?」

友「ええ、とっても良い子だったわ」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:37:12.71 ID:57zfTain0
ショタ「あの、…僕部屋でゲームしてくる」

姉「ん? ここでも出来るよ?」

ショタ「一人で集中しないと出来ないの!」

姉「そっかー…ざんねん……」

友「ねえ、姉」

姉「何?」

友「やっぱあの子あたし達のこと感づいてるわよ」

姉「そうよねー……」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:42:27.87 ID:57zfTain0
友「あたしが誘惑しようとしたらすぐ勘付いたわ」

姉「やっぱショタくんそういうのに敏感なのよ~」

友「本当に。学校で聞かされた時はとうとう二次と三次の区別がつかなくなったかとおもったけど……」

友「あたしの想像を超える可愛さだったわ」

姉「だよね~」

友「ね~」

姉・友「可愛いよねー!」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:48:57.74 ID:57zfTain0
友「とにかく、少しずつあたし達に身体を許す様にならないと」

姉「ええ、とりあえずこっちに呼び戻しましょ?」

友「でも、向こうでゲームしてくるって言ってたわよ?」

姉「大丈夫よ。……コントローラーはあたしが持ってるもん」

友「うふふっ、貴女のそういうとこ好きよあたし」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 16:57:55.39 ID:57zfTain0
ショタ「お姉ちゃーん……コントローラー知らない?」

姉「んー?持ってるよ?」

ショタ「返して?」

姉「良いよ、でも簡単には返して上げたく無いな~。ほら、宝探ししようよ~」

ショタ「宝探し? 見つければ良いの?」

姉「うん」

友「ショタくん、お姉ちゃん多分服の中に隠してるわよ?」

ショタ「え?」

姉「もー、言っちゃだめじゃなーい、友ー」

友「えへへー、ごめーん。じゃあショタくん、お姉ちゃんの身体を探って見ようか、あたしも手伝うからさ」

ショタ「う……うん……」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:05:08.70 ID:57zfTain0
友「じゃあショタくん、お姉ちゃんの服の中まさぐって見ようか……」

ショタ「まさぐる……?」

友「服の中に手を入れて色々探って見る事よ? ……ほら、こんな風にっ」

姉「あっ、やだっ友っ、そんないきなり動かさないでよぅ」

友「うふふ、でもこういうシチュ一番好きなくせに? ……どう?ショタくん?」

ショタ「う、ん……お姉ちゃん……凄いよ……」

姉「やぁぁ……もう良いで、しょ…」

友「はいはい分かった。ほら、次はショタくんやってごらん?」

ショタ「う、うん…」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:10:47.10 ID:57zfTain0
ショタ「お姉ちゃん…、コントローラー探したらすぐにやめるからね? 我慢してね?」

姉「えへへ、優しいね。良いよ、お姉ちゃんの服の中、色々探してご覧?」

ショタ「うん…」

姉「あぁ……さわさわしてて気持ち良いよ?」

ショタ「うん……はやく、見つけるから……ね…」

友「はぁ……はぁっ」

友(二人のイチャイチャ、ショタくんの背中越しに見ながらオナニーするの気持ちいい……)
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:17:43.72 ID:57zfTain0
姉「えへへ、さっきから同んなじとこばっか探してるね?」

ショタ「うん」

姉「どう?お姉ちゃんのお腹」

ショタ「…あったかーい……」

姉「そう?それはお姉ちゃんも良かった……」

友「ショタくん、もっと手を先までのばして…」

ショタ「先までって? ……うわっ!」

友「ここ、良い? ここをもっと探しなさい? あたしも一緒に探すわ」

姉「ちょっと、そこはっ! ……む…ぅ、……あぁっ」

ショタ「やわらかい……」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:27:22.26 ID:57zfTain0
ショタ「とってもやわらかい……」

友「そうでしょ? 大きくて柔らかいでしょ? もっと強く触ってみないとわかんないわよ?」

姉「あ、…はああっ…ん……」

ショタ「はぁ…お姉ちゃん…お姉ちゃん」

友(んあっ、手が止まらない姉の胸を揉む左手と、自分を弄る右手が止まらないようぅ)

友「もう限界……!」


姉「ちょっと、いきなりこっちに身体預けないでよっ」

ショタ「苦しいよぅぅ……」

友「ふふっ、喜びなさいショタくん、あなたは今とっても柔らかい女の人のおっぱいに息が出来ないくらい挟まれてるんだから」

ショタ「あったかくて……気持ちいい……」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:33:11.60 ID:57zfTain0
友「もうだめ……そろそろ逝く…」

姉「あ、私も……ショタくんにおっぱい掴まれて、揉まれて、顔挟まれて……気持ちいい……」

ショタ「身体がすっごくふわふわして、熱いようぅ……お姉ちゃん…」

友「あっ……すごい、右手……動いて…はぁ、んあっ……ああっ!」

姉「い、いくっ…いっちゃう……はぁ、……ふあああ!」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:39:45.81 ID:57zfTain0
………………………


姉「はあはあ……」

友「ふぅー………、あれ?」

ショタ「zzz……」

姉「えへへ、寝ちゃったみたいだね…」

友「ショタくんも気持ち良くなってくれたのかな?」

姉「そうだと思うよ?」

ショタ「zzz…お姉ちゃん……友姉ちゃん……zzz……」

友「うふふ、あらあらぁ?」

姉「えへへ、やっぱりショタくん…」

姉・友「可愛い~な~」


おわり
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:40:26.66 ID:BQtBVtER0
おわり?

あ?
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 17:58:02.24 ID:W81EHODf0
調教するかと思ったら
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 18:29:33.21 ID:57zfTain0
姉「ショタくん、今日一緒に寝よっか」

ショタ「どっちでも良いけど…良いよ?」

姉「うへへ……やったー」

姉(あの日以来だいぶ羽振りが良くなったなぁショタくん)


姉(………でも、)


ショタ「……暑いよぅ…お姉ちゃん……ベトベトするぅ…」

姉「ごめんね!お姉ちゃん汗っかきでごめんね!ほら、もうショタくん一人でこのベッド使って寝て良いから!」

姉(以前よりあたしが緊張しちゃってやばいよぅ~…)
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 18:37:26.41 ID:57zfTain0
姉「ショタくんさ~」

ショタ「なぁに?」

姉「なんで最近はボクサーパンツ履いてるの?」

ショタ「なんでって………って言うかなんでそんなこと聞く必要があるの?」

姉(だってさー、ショタっつったら可愛い感じのブリーフって相場が決まってるじゃん?)

姉「なんでも良いじゃ無い、お姉ちゃんに教えなさい」

ショタ「だってさー、それはお姉ちゃんが……」

姉「お、お姉ちゃんが?!」

ショタ「いつまでもクマさんとかのパンツ履いてるから間違えるってママが言ったんだもん」

姉「………」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 18:46:16.42 ID:57zfTain0
姉「ショタくんとはじめてのお買い物~、はじめてのお買い物デート~」

ショタ「お姉ちゃーん、これ買って~、」

姉「ガブリチュウじゃーん懐かしー! これで良いのね?」

ショタ「うん! ありがとうお姉ちゃん!」

姉「オッケー! なら、あたしにもちょっとはショタくんのガブリチュウちょうだいね?」

姉(あれ、なんかショタくんのガブリチュウって響き……エロいな……ガブリチュウのあの大きさと言うかあの形も何処と無く……良いな)

ショタ「あ、お姉ちゃんの分も持って来るね!」

姉(やっべー!ガブリチュウ、エロい!)

姉「ねえ、ショタくん!『僕のガブリチュウ、チュウチュウして?』って言ってみ………あれ?ショタくーん?」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 18:54:41.90 ID:57zfTain0
友「ショタくんってそういやお風呂とか一人で入ってるんだよなあ……」

姉「そうなの、偉くない?! うちのショタくん」

友「ああ、ただ、最も偉いのはお前だ」

姉「なんで?」

友「あたしだったら絶対パンツくんかくんかしてるからなぁ」

姉「あぁぁ! そうじゃん! あたしすっかりお風呂に入ってるショタくん想像するだけで逝っちゃってた!」

姉「ありがとう友! やっぱあんた最高のショタコンだよ!」

友「あちゃー、逆に乗せてしまった……ごめんよ、ショタくん」



友(……今晩のおかずは決まった……!)
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:01:24.86 ID:57zfTain0
ショタ「じゃあ僕お風呂いって来るねー」

姉「はーい」

姉(うへへへ……、嗅ぐぜ? 嗅ぐぜぇ~?)

姉「とりあえず脱衣所へ………あったぞ!ショタくんのパンツ!」

姉(うひょーwwすっごい良い匂い! 幼さが溢れてるうー!)

ショタ「何してるの?お姉ちゃん?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:07:39.61 ID:57zfTain0
姉「……え、ショタくん?お風呂入ったはずでは?」

ショタ「先にお風呂入ってる人が居るから待ってたんだよ? お姉ちゃんは何して

姉「ちょっと待って! それじゃあ、……今お風呂入ってるのって……?」

ショタ「パパだよ?」


姉「」


ショタ「お姉ちゃん?!大丈夫?」

ショタ「……あれ、お姉ちゃんが持ってるの僕の昨日のパンツだ……」

ショタ「そうか!洗い忘れてたから、洗濯機に入れようとしてくれてたんだなぁ」

姉「…うぅん………」

ショタ「気が付いた?ありがとね、大好きだよ、お姉ちゃん」

姉「ごめん、今は何言われても死にたい気分だわ……」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:12:56.45 ID:57zfTain0
友「と言う一部始終を家の外から覗き見る友出会った」

友「いやー、やっぱ想像じゃなくて実際に見に来て良かったー」

友「面白いし、ショタくん可愛いし、ショタくんのパンツくんかくんかする姉も可愛いし」

友「しかし、脱衣所覗けるって、設計甘過ぎだろこの家……」

友「うふふ、ことの真相は姉には内緒にしといてやろーっとww」




友(パパさんの息子見たのはトラウマだったな……)
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:20:55.70 ID:57zfTain0
姉「過去は断ち切らなくてはならない、聖母アルネの教えよパット」

ショタ「僕の名前はショタなんだけど、お姉ちゃん……」

姉「ごめんね、ちょっと慰めてくれる?」

ショタ「うん、………ねえ、お姉ちゃん、今日一緒に寝たいな、僕」

姉「ショタくんから誘って来てくれたの……始めてだね……うん、良いよ」

姉(不思議……、今日はなんだか凄く落ち着いてる)
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:30:55.93 ID:57zfTain0
ショタ「お姉ちゃん……僕、最初お姉ちゃんとあった時、お姉ちゃんのことちょっと怖い人だとおもってた」

姉「うん…」

ショタ「でも、お姉ちゃんは凄く優しかったし、僕のこと一生懸命考えてくれた」

ショタ「それで、お姉ちゃんの身体を触った日、思ったんだ………お姉ちゃんが一番ママ見たいだなって」

ショタ「それで僕、…お姉ちゃんのこと……」

姉「ねえ、ショタくん」


姉「チュー、しよっか?」

ショタ「え? ……っんむ、~~っ!」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:37:43.94 ID:57zfTain0
ショタ「……ぷはっ、お姉…んむ、……」

姉(喋らないでショタくん、もう良いの)

姉(あなたの気持ちは十分伝わったし、あたしの思いも伝わったんでしょう?)

姉(だったら、もう言葉は必要無いの。あたしも今気付いたわ)

姉(あたしの方がお姉さんなんだから……)

姉「……あたしがリードしてあげるね?」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:43:55.00 ID:57zfTain0
ショタ「はぅっ?! はぁああ……ん」

姉「ふふっ、びっくりした? 乳首だよ」

ショタ「お姉ちゃ……そこ」

姉「どうしたの?もっと弄って欲しい? こんな感じに」

ショタ「はぁっ…だめええぇ……やめっ……」

姉「良いんでしょ? お姉ちゃんが弄ってると気持ちいいんでしょ?」

姉「良いのよ、素直に言って。お姉ちゃんがショタくんの気持ちいいところ知ってるのは当たり前だもんね?」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:50:04.03 ID:57zfTain0
ショタ「あぁ、……い……よ…」

姉「ふふ、だんだん利口になって来たね、でもお姉ちゃんは年上なんだから、ですをつけないとだめよ?」

ショタ「ふぁぁあ! い…いいでしゅ! 摘ままないでええ!」

姉「いいでしゅだってー、えへへ~、んー? もう一回つまんじゃうよー?」

ショタ「ああん! やめてえええ!」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 19:55:54.73 ID:57zfTain0
姉「だんだん乳首をつまんでるのに別のとこが気持ち良くなって来るよね? ……この下の…」

ショタ「はぁ……はぁ…」

姉「ねえ、どうなの? ほら、
乳首」

ショタ「そうでしゅ!下の気持ちいいでしゅぅ!」

姉「名前は下の、じゃ無いよねえ?ほら、答えるまで乳首ずっとつねって上げる」

ショタ「ひゃあん! おひん……おちんちんでしゅ!おちんちんが気持ちいいでしゅ!」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 20:01:03.94 ID:57zfTain0
姉「うん、よく言えたね~~えらいえらい」

ショタ「はぁ…はぁ…えへへ……」

姉「じゃあご褒美にキスしながら両方の乳首ぎゅううってしてあげる!」

ショタ「ひゃああぁぅうむぐぅ………!」

姉「ぷはっ…ぁ、ほら、いっちゃえいっちゃえー!乳首でいっちゃえー!」

ショタ「いくううぅぅいああああ!」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 20:08:02.81 ID:57zfTain0
ショタ「あ………がぅ……」

姉「気持ち良くなってるところ悪いけど、……ほら見てよこれ」

姉「パンツおろして見たら、ショタくんのおちんちん、まだビンビンだよぉ~?」

姉「透明なお汁はいっぱい出てるけどね? ……じゅるる!じゅる!」

ショタ「やめてっ!飲みゃにいでぇ~!」

姉「じゅる!……じゅるるる…ずぼぼぼぉ…!」

ショタ「やだ!またい、……い…く……」

姉「はい、おあずけー」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 20:14:45.84 ID:57zfTain0
ショタ「ひぐっ…ふえぇ……」

姉「なぁに? 今、やだって自分で言ったじゃん」

姉「スンドメがしたいんだよねー? こんな風に手でシコシコーって」

ショタ「ああああ、あん! あんっ!」

姉「気持ちいい? ほら、言ってご覧? シコシコ~シコシコ~ってさ?」

ショタ「はぁ……しぁっ、しっ……しこしこぉ~、…しこしこおぉ~」

姉「良く言えました!ほら、スピードアップ!シコシコシコシコシコシコシコシコォ!」

ショタ「しこしこしこしこぅ、………うあああ!!」

姉「はい、ストップ!」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 20:24:06.33 ID:57zfTain0
ショタ「はぁ…、…ふえぇ……はぁ…」

姉「もうちょっと触っただけでも出しちゃいそうでしょ? 今、根本ぎゅううって押さえてるから出ないけどね?」

ショタ「お姉ちゃぁん……」

姉「じゃあそろそろイこっか? またシコシコするからね? いくよ?」

ショタ「はうぅっ!……しこ…しこ…ぅぅ…」

姉「偉いよ、自分で言えるんだね、ほらしーこ、しーこ」

ショタ「しーこ、……はぁ、うぅ…しこしこぉ…」

姉「シコシコシコシコッ! ほらっ、いこうか!シコシコシコシコォ!」

ショタ「ひゃあああん!ひゃあん!」

姉「最後はお姉ちゃんの口に出して!ほら、根本押さえてる手も外すよ? ほら、逝って! 逝ってえ!イキなさいっ!」

ショタ「ああああ!ああんっ!ああんっ!」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 20:29:53.00 ID:57zfTain0
………………………

姉「ごめんね?大丈夫だった?」

ショタ「うん、大丈夫、お姉ちゃんの方こそ、……あのぅ」

姉「あぁ、精子? 美味しかったよ?ごちそうさま~」

ショタ「うん、………お姉ちゃん」

姉「……おいで、抱きしめてあげる」

ショタ「お姉ちゃん……大好きだよう……」

姉「あたしもよ……」



友「と、さらに愛を深めあった姉達なのであった」

友「とりあえず、また一段落ね」

友(パンツあらわなくちゃ……!)
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:07:56.88 ID:57zfTain0
友「ハロー、ショタくん元気してた?」

ショタ「友姉ちゃん!久しぶり!」

姉「じゃあ、友。任せたね、ショタくんも良い子にしててね」

ショタ「いってらっしゃーい」


友「いきなりお守り頼むなんて言い出したからびっくりしたよ」

ショタ「ごめんなさい…」

友「いや、悪いのは姉だよ?ショタくんは気にしないの」

友(本当いきなり来るとか言い出すから、大変だったんだぞ?)

友(部屋のショタ本からアダルトグッズからなんから片付けたし)
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:11:49.74 ID:57zfTain0
友(うちはそういうのの宝庫なんだから…)

友(まあ、片付けは完璧だし、ショタくんも人んち荒らすようなガキでは無いし)

友「このままいけば、何事も起こらん」

友(アダルトグッズに足でも生えて動いてこっち来たら話は別だけどなーww)


ピンポーン


友「…あ」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:17:03.07 ID:57zfTain0
男「こ、ここにハンコを……」

友「は、は~い……」



ショタ「どうしたの~?」

友「なんでも無いから座って待っててー!」

友「何故こう言う時に限って見た瞬間それだとわかる箱に入ってるんだ……」

友「とりあえず、こいつだけは絶対に見せれねえ………まっくろペニパン……」

友(しかも、使う相手って…)


ショタ「遅いなあ…友姉ちゃん…」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:21:13.78 ID:57zfTain0
友「…よし、……ショタくーん」

ショタ「あ、なあに?」

友「あたしと一緒にデートしに行こうか」

ショタ「で、デート…?」

友「そうよ、ここにいても何もする事がないわ、いや、無いのよ。だからあたし達は外に出掛けるのよ? 分かった?」

ショタ「う、うん…」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:25:48.52 ID:57zfTain0

友「とりあえず、ショッピングモール的な場所に来たわ」

ショタ「デート…デートかぁ~」

友「ふふ、ショタくんはデート初めて?」

ショタ「うーん、お姉ちゃんはいつもお買い物する時にデートって言ってるよ?」

友「ふっふっふーん、甘いわね、そんなんはデートって言わないの。いいわ、あたしがちょっと大人のデートを教えてあげるわね?」

ショタ「ど、……どきどき」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:30:05.69 ID:57zfTain0
友「まあ、まずはここ、カフェよ」

ショタ「良い匂~い!」

友「コーヒー豆の匂いね、まずはここで一回ゆっくりしましょう?」

ショタ「あ、テーブルの上にコーヒー豆があるよ!」

友「なかなか、おしゃれに飾ってあるわね~」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:34:53.58 ID:57zfTain0
ショタ「ほら見て! 本物だよぉ」

友「本当ね、一粒が大きいわね」

ショタ「本当だね~、この豆大きいね~」

ショタ「ぷくぅ~っとして~」

ショタ「まん丸でぇ~、ちょっと硬くて~」

ショタ「とーっても可愛い形!」

友(ショタくんが豆を弄る手つきめっちゃエロぉ~い……)
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:42:12.75 ID:57zfTain0
友「さてさて、コーヒーを飲みましょうか
、ショタくんには砂糖がたっぷり入ったカフェオレね、はい」

ショタ「ありがとー、……うん!美味しい~」

友「それは良かったわ」

ショタ「友姉ちゃんが飲んでるのは何?」

友「これ、ブラックよ?多分苦いとおもうわ」

ショタ「ちょっと頂戴っ」

友「あっ、ちょっと…」

ショタ「うん……苦いね」

友「え、ええ、言ったでしょう?苦いって。勝手に飲んじゃだめじゃない……」

ショタ「ごめんなさぁい」

友(ショタくんの口づけコーヒー……唾液……)

友「とっても美味しいわ」

ショタ「大人の女性だぁ~」
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:46:49.03 ID:57zfTain0
友「さてと、色々見て回りますか」

ショタ「うん、………友姉ちゃん、あれ見て?」

友「最後の水着セール? もう流石に今更感があるわね」

ショタ「友姉ちゃんは水着着ないの?」

友「え? ええ、あたしはあまりアウトドアじゃ無いし…」

ショタ「ちょっと見に行ってみようよ~」
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:52:10.91 ID:57zfTain0
友「なんかとっても派手ね…」

ショタ「す、凄いね…」

友(あれ?ショタくんちょっと興奮してる?)

友「ねえショタくん、姉の水着姿、見た事ある~?」

ショタ「え、う、うん、あるよ」

友「どうだった~? あたしにも教えてよ~」

ショタ「なんか凄く綺麗な色で、お姉ちゃんが凄く綺麗で……」

友(あたしら以外誰も居ないのに言うのは恥ずかしいのね、可愛いわ)
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 21:58:03.40 ID:57zfTain0
友「でさ、結局、どうだったの?エロかったの?」

ショタ「……っ!」

友「興奮……しちゃった?」

ショタ「……う、…うん」

友(可愛いー!)

友「そっか~、姉、おっぱい大っきいもんね~」

ショタ「うん……、あのさ、友姉ちゃん…」

友「ん~?なぁにかな~?」

ショタ「友姉ちゃんも水着着ないの?」

友「え?……いや、だからあたしは……」

ショタ「僕、友姉ちゃんの水着姿が見たいな…」

友「……っ!」
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:04:32.12 ID:57zfTain0
友(あんな顔されたら…

友「ショタくん、この店の中にある水着の中で、どれが一番好き?」

友(一肌脱ぐしかないわ……!)


ショタ「……これ」

友「……E」

友(姉サイズね……、しかし、いけない事も無いか?……全てはショタくんのため……!)

友「寄せ、上げつつ、…こうだ!」

友「ど、……どうかしら……ショタ…くん」

ショタ「うわぁ、す、…すごく綺麗…」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:11:58.79 ID:57zfTain0
友「そ、……そうかしら…」

友「姉と、…どっちが可愛いかな…?」

ショタ「友姉ちゃんの方が可愛いよ!」

友「即答…するのね……、即答してくれるんだ」

友(今日まで生きて来て本当に良かったわ)



友「じゃあ、行きましょうか」

ショタ「うん」

友「あ、ごめんね、ちょっと先の、あの椅子でジュースでも買って待ってて?はい、これお金」

ショタ「分かったよー」

友「悪い人について行っちゃだめだからねー? ………良し」



友「あのぅ、すいません………、この水着下さい……」
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:17:46.41 ID:57zfTain0
ショタ「おかえりー」

友「ごめんね? じゃあ行こっか」

友(結局買ってしまったわ……とりあえずバレないようにバッグにしまったけど)

友「よし、次はどうしようか?」

ショタ「友姉ちゃんとだったら何処いっても楽しいよ?」

友「もう、あんまり大人をからかわないの」

友(素直に喜んじゃうあたしが馬鹿みたいじゃない…)
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:24:32.43 ID:57zfTain0


友「そろそろ帰ろうか……」

ショタ「えーもう帰るの? まだデートしたいのにー」

友「大人のデートでは女性の都合に合わせて上げるのが良い男のマナーよ?」

友「それに……姉も待ってるしね」

ショタ「そうだね、お姉ちゃん帰ってくるもんね?」

友「そうよ、お姉ちゃんを待たせたらだめでしょう?……だから帰るの」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:30:42.33 ID:57zfTain0
友「ねえ、ショタくん」

ショタ「なぁに?」

友「姉の、…お姉ちゃんのこと、どれだけ好き?」

ショタ「うん? とっても好きだよ?」

友「あたしは……? あたしのことはどれだけ好き……なのかなぁ、お姉ちゃんとどっちが好きかなぁ」

ショタ「友姉ちゃんもとっても好きだよぅ……でも、どっちが好きかなんて決められないよう……」

友「それは、……本当に?」

ショタ「本当だよぅ……どっちもとっても大好きなんだもん……だから…」

ショタ「……けんかとか、しないでね?」

友「……っ!」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:39:47.02 ID:57zfTain0
友「ねえ、ショタくん? あなたは頭の良い子だから、ちょっぴり大人の話をする。だから良く聞いて?」

ショタ「うん…」

友「あなたみたいな小さい子のことは、誰だって大好きなの。……あたしやあなたのお姉ちゃんだってあなたのことが好き」

友「でね? これはあたしの考えなんだけど、あなたみたいな子どものうちは誰からの愛にも応えられると思うの。」

友「つまり、あたしも、姉も、どっちも好きでいても許されるの」

ショタ「うん…」

友「だけど、これは一つの考え。当然、一つの人に絞れって言う人も居るかもね」

友「でも、決めるのはあなた次第よ」

ショタ「僕は……」
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:45:40.43 ID:57zfTain0
ショタ「僕は………っ!」

ショタ「僕はどっちも好きでいたいよ!」

ショタ「大人のデートも好きだし、大人になりたい時もあるけど……」

ショタ「でも、僕はお姉ちゃんも、そして友姉ちゃんも大好きなんだもん!」

友「分かった……、分かったよショタくん」

ショタ「友姉ちゃん……」

友「じゃあ、子どものまんま大人にもなりたいわがままな君の」

友「……そんなわがままな君のわがままを叶えて上げよう」



友「……目、つむって?」
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:50:40.28 ID:57zfTain0

友「……ん、……ちゅ」


友「もう、目、開けて良いよ」

ショタ「友姉ちゃん……」

友「姉には、ナイショにしようね? ……さ、帰ろうか」

ショタ「うん。 ………ねえ、友姉ちゃん」

友「何?」

ショタ「キスする時……泣いてた?」

友「泣いてないよ?」

ショタ「本当に?」

友「嘘、本当は泣いた。嬉し泣きってやつ」
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:58:14.69 ID:57zfTain0
後日……

姉「いやー助かったよー」

友「もう、この部屋見せる訳にもいかないからな……まじで辞めてくれよ!」

姉「はいはい、……あれ? 何この水着?」

友「ああ、それ? この前買って来たの」

姉「何これ! 超ピッタリサイズなんだけど! これはもしかして~? あたしへの~?」

友「違うよ、あたしが自分のために買ったの」

姉「え?! 海とか滅多に行かないのに? せめて身の丈にあったものを着れば良かったのに…」

友「バストのサイズもろくに知らないお子ちゃまだったのよ、きっと」

姉「ふーん、変なの。でさ、今度一緒にどっか遊び行かない?」

友「そうね、ショタくんも誘って、三人でね」


おしまい
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 22:59:44.33 ID:JtPDcNzJ0
セクロスが…みたいです
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 23:00:00.40 ID:WY0QxMRU0
なんだかんだで最後まで見てしまった。

お疲れさん
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 23:00:38.07 ID:ZAp7OBCR0


シリアスも挟むとはやるな
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/31(水) 23:02:52.59 ID:fRbeySfS0


おもしろかったよ

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > | > 姉「ショタコンさいこおおお」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP