Home > ゆるゆり > 京子「あかりに嘘発見器!」

京子「あかりに嘘発見器!」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 17:22:44.56 ID:Ho8I6M2I0
あかり「ウソ発見器?」


京子「そう!この間の掘り出し物位置で買ってきたの!」

結衣「胡散臭いなー」

京子「いいじゃんいいじゃん!ね、誰かに使ってみようよ!」

結衣「バカなことはやめておけよ」

ちなつ「でもおもしろそうじゃないですか」

京子「じゃあちなつちゃんで試す?」

ちなつ「わ、私ですか!?」

あかり「おもしろそー!」

ちなつ「じゃあ、あかりちゃんがやってみる?」

あかり「えっ」


みたいな
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 17:29:14.16 ID:Ho8I6M2I0
あかり「べ、別にいいよ!ちなつちゃんがやった方がきっと盛り上がるよ!」

ちなつ「そ、そうですか…?」

京子「『あなたは京子が好きですか?』って質問に、『いいえ』と答えるちなつちゃん…すると嘘発見器が作動して…」

ちなつ「そんな筈あるわけ無いじゃないですか!」

京子「わかってるよ、ちなつちゃん…それが、照れ隠しのウソだってこと!」

結衣「…なんなんだ」

京子「結衣やる?」

結衣「え、いいよ別に」

京子「誰もやりたがらないなー。じゃ、ジャンケンで負けた人を嘘発見器にかけよう!」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 17:33:55.75 ID:Ho8I6M2I0
京子「そんじゃいくよー。じゃんけーん…

   ポン!

結衣『グー』

ちなつ『グー』

京子『チョキ』

あかり『チョキ』


京子「ありゃ、負けちゃったー」

あかり「あかりも負けちゃった…」

京子「よし、あかり、一本勝負だ!じゃーんけーん…

   ポン!

京子『パー』

あかり『グー』

あかり「あ…」

京子「嘘発見器にはあかりをかけよう!」

あかり「えー…」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 17:37:43.39 ID:Ho8I6M2I0
京子「あかり、まずは嘘発見器の上に手を置いて

あかり「おいたよ」

京子「じゃあ、今からする質問に全部『いいえ』で答えてね」

あかり「うん」

京子「あっ」

結衣「どうしたんだ?」

京子「そういえば、質問の内容考えてなかったね」

京子「結衣、ちなつちゃん、ちょっとこっち来て」

あかり「どんな質問するつもりなんだろう…」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 17:43:46.37 ID:Ho8I6M2I0
京子「二人とも、あかりに質問したいことある?」

結衣「特に無いかな…」

ちなつ「私も無いです」

京子「面白く無いなあ。うーん…」

ちなつ「あ!じゃあ、『京子先輩のことがウザいですか?』っていう質問はどうでしょう?」

京子「それで発見器が反応したら個人的に凄く傷つくかな…」

ちなつ「いいじゃないですか、京子先輩なんだし」

京子「良くないよ、あんまり」

結衣「個人名出すのはやめにしない?」

京子「それが懸命だね」

結衣「じゃあ、『今憎いと思っている人はいますか?』とか」

京子「いいね!サスペンスの香りがするよ!」

ちなつ「それなら、『今殺したいと思う人はいますか?』とか!」

京子「益々サスペンスの香りだね!」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 17:52:48.44 ID:Ho8I6M2I0
あかり「みんなーまだー?」

京子「もういーよ!」

京子「それでは改めて…今からする質問に全部『いいえ』で答えてね」

あかり「わかった」

京子「とりあえず、機会が正常に作動してるか確認する為に、一回テストするよ」

あかり「テスト?」

京子「知ってることについて質問して、ちゃんと反応したら正常に作動してるってわかるでしょ?」

あかり「確かに!京子ちゃん頭良い!」

京子「それでは質問です。あなたは13歳ですか?」

あかり「いいえ」ビーッ

京子「正常だね。それじゃあ、本番いくよ!」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 17:56:19.45 ID:Ho8I6M2I0
京子「あなたは、今好きな人がいますか?」

結衣(あたりさわりのない質問からしていくのか…)

あかり「いいえ」ビーッ

京子「あかり、好きな子がいるのかー!だれだれ?」

あかり「ひ、秘密…」カアァ

京子「あなたの好きな人は、今ここにいますか?」

あかり「いいえ」ビーッ

京子「!!」

京子(ダミーの質問なのに…なんか凄いこと聞いちゃったような…)

京子「それでは次の質問です。今憎いと思っている人はいますか?」

あかり「えっ!?」

あかり「…いいえ」ビーッ

ちなつ「!」

結衣「!」

京子「!」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:02:25.54 ID:Ho8I6M2I0
あかり「ち、違うの!これは!きっと、きっと機械が壊れてるんだ!」

京子「お、落ち着けよあかり!」

結衣「そうそう、落ち着いて…」

あかり「違うんだってばぁ!憎い人なんていないよ!いない!」

京子「そ、そんなに必死になるなって!」

あかり「あ、ごめんね…」

京子「続けるよ」

京子「あなたは、いままでに人を騙した事がありますか?」

あかり(どうしてこんな質問ばっかり…)

あかり「いいえ」ビーッ

京子「ありゃー…」

あかり「……」

ちなつ(やっばいワクワクしてきたあ!)
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:07:37.41 ID:Ho8I6M2I0
あかり「…」

京子「ご、ごめんね、変な質問ばっかりしちゃって…」

あかり「いいよ、気にしないで」

あかり(なんなんだよ…まるで何か詮索してるみたいに…)

京子「あなたは、あなたは、自分の為にウソをついたことがありますか?」

あかり「………いいえ」ビーッ

京子(――ッ!…これは…あかりって意外と腹黒い?)

あかり(畜生…ふざけやがってッ…!)
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:14:33.91 ID:Ho8I6M2I0
結衣(普段おとなしい分、溜まってるんだろうな…)

ちなつ(キャアアアアア!)

結衣(これは変なことになる前に止めた方がいいかも…)

京子(あかりのことだから、こういう質問には引っかからないと思ったけど…)

あかり「京子ちゃん、次早くして」

京子「あぁ、ごめん…えっと、それじゃ…」

あかり「…」

京子「あなたは、今殺してやりたいと思う人はいますか?」

あかり「――――!!?」

結衣(めっちゃ動揺してる…)

ちなつ(いるのね!?殺してやりたいと思う相手がいるのねあかりちゃああああああん!!!キャアアアア!)

あかり「…」

京子(しまった…!今爆弾を落とすのはタイミングが悪すぎた…!」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:16:51.47 ID:Ho8I6M2I0
京子「……」バクバクバクバク

結衣「……」

ちなつ「…」ワクワクワクワク


あかり「…」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:21:41.85 ID:Ho8I6M2I0
綾乃「歳納京子ぉーっ!あなた、今日提出期限の保護者懇談会出欠届けを出して無いでしょう!」

京子「綾乃ぉ!?」


あかり(はぁ…上手くいけばこのままごまかせるかな…)

ちなつ(タイミング悪いなあもう…)

結衣(場の空気が救われた…)

綾乃「って…何やってるの?」

京子「嘘発見器で遊んでるんだよ!」

あかり(しまった…話が元に戻った…!!)

あかり「あ、あかり、今日は用事があって早く帰りたいんだけ…

京子「今いいとこなんだ!後にしてよ!」

綾乃「ご、ごめんなさい…って!どうして私が謝ってるのよ!!」

京子「うるさいなー」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:26:12.13 ID:Ho8I6M2I0
京子「さ、続きやろ!」

あかり「え、でも、あかり、今日は用事があるからそろそろ…」ビーッ

京子「用事なんて無いんだろ?」

あかり(畜生…!舐め腐りやがってこのアマがッ…)

京子「あなたは、今殺してやりたいと思う人はいますか?」

あかり「いいえ!」ビーッ


京子(――――――――ッッッ!)

結衣(もう後戻りはできないな…どうなっても知らない…)

ちなつ(キャアアアアアアアアアアアアアア!!!!111)


あかり「……京子ちゃん、ちょっといい?」

京子「え?何?」

あかり「ちょっと部室の外まで来て欲しいんだけど…」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:32:16.92 ID:Ho8I6M2I0
京子「わかった。じゃあ、ちょっと言ってくるね」

あかり「行こう」

京子「うん」

——————
体育館裏

京子「おい、どこまで行くつもりだー?」

あかり「この辺で良いよね…」

京子「どしたの?」

あかり「おい」

京子「えっ」

あかり「こっちが黙ってれば調子に乗りやがって…ふざけるなよ…」

京子「ど、どうしたのあか…っ!」ドゴッ

あかり「調子に乗るなって言ってんだよ!」ドスッ

京子「痛っ…!お……おなか…なぐらな…い…で……」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:37:31.58 ID:Ho8I6M2I0
あかり「憎い人がいるか?殺したい人がいるか?気付いてよ…」


あかり「憎い人っていうのも、殺したい人って言うのも、全部京子ちゃんのことなんだよッ!」ガスッ

京子「ごめん…あかり…蹴らないで…痛いよ…」

あかり「なんで蹴られてるのか、自分の胸に手を当てて考えてみてよッ!」ゲシッ

京子「あああああぁあっ!」



あかり「…戻ろ」

京子「へ?」

あかり「部室に戻ろう」

京子「う、うん…」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:40:11.88 ID:Ho8I6M2I0
あかり「えへへ、ごめんね。いきなり部室抜け出しちゃって」

結衣「う、うん…別に気にして無いよ…」

結衣(京子の目からあかりが消えてる…)

ちなつ「なにやってたんですか?」

あかり「なんでもないよ。ねっ、京子ちゃん!」

京子「うん、なんでもないよ」

結衣(…)

ちなつ「?」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:44:59.43 ID:Ho8I6M2I0
あかり「ねえ、嘘発見器遊びはもうおしまいにしない?あんまり面白く無いでしょ?」

京子「そうだね。他の遊びにしようか…」

ちなつ「えっ、もう終っちゃうんですか?」

あかり「あ、手が滑っちゃった!」ゴトッ

ちなつ「イタッ!ちょっと、気をつけてよあかりちゃん!」

あかり「ごめんね!この嘘発見器、ちょっと重たくて!」

ちなつ「もう…」

結衣(…うーん)
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:47:56.96 ID:Ho8I6M2I0
ボフン!

結衣「爆発音!?」

あかり「理科室の方からだね」

ちなつ「どうしたんでしょうか?」

京子「また西垣先生かな?」

ちなつ「ちょっと見に行ってみませんか?」

あかり「おもしろそう!」

ちなつ「いきましょう!先輩」

京子「うん、行ってみよう!」

結衣「そうだね」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:50:25.95 ID:Ho8I6M2I0
理科室

——————-
西垣「うー…また爆発させてしまった…。しかし、薬品は完成した!」

会長「…」

西垣「何の薬かって?いい質問だ!」

西垣「これは、カワール01!これに人の血液を適量咥えて飲むと。その血液の持ち主に変身することができるんだ!すごいだろ?」

会長「…」

西垣「松本もそう思うか!」


ガラッ
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:52:27.21 ID:Ho8I6M2I0
ちなつ「失礼しまーす…」

西垣「なんだ、君たちもこのカワール01が気になるか!」

ちなつ「カワール01?」

西垣「そう!他人に変身できる薬だ!」

ちなつ「すごーい!」

あかり「すごいね!」

西垣「だろだろ?」

あかり「私、飲んでみたいです!」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 18:55:16.31 ID:Ho8I6M2I0
西垣「でもなー…変身する為には、自分以外の人間の血液が必要になるんだ」

あかり「そうですか…」

あかり「京子ちゃん」ギューッ

京子「な、なに…?」

あかり「この薬、おもしろそうじゃない?」

京子「そうだね」

あかり「京子ちゃんの血、欲しいんだけど…」

京子「えっ」

あかり「ダメかなあ?」ギューッ

京子「いっ、いいよ!少しなら!」

あかり「ありがとう!」
85: 83 そうだった 2011/09/02(金) 19:03:07.80 ID:Ho8I6M2I0
京子「ふぅ、この痛みだけはどうしても慣れないなあ…」

結衣「私も、採血とか注射は苦手」

ちなつ「私も針を見るだけで怖くて…」

あかり「ありがとう京子ちゃん!」

京子「いいっていいって…」

西垣「実はこの薬、家庭にあるもので簡単に作れるんだよ。はい、これレシピ」

あかり「わあ!ありがとうございます!」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:07:49.92 ID:Ho8I6M2I0
西垣「効き目は飲んでから30分間ぐらい持続する。ただ、薬ってのは飲みすぎると毒になるわけだから…使いすぎには気をつけろ」

あかり「はーい!」


その翌日から、2年生の間でおかしなイタズラが行われるようになった。

上履きに画鋲が入れられていたり、机の中のものが盗まれていたり…。

更衣室の着替えがなくなったりもした。

しかし、ある日イタズラの現行現場が目撃されたのである…。
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:13:15.28 ID:Ho8I6M2I0
その日をキッカケに、犯人はやたらと人目につく場所で犯行をおこうなうようになり…。

ついに、その正体が暴かれたのである。

女子生徒A「ちょっと歳納さん、どういうことなの!?」

   京子「そんな、違う!私は…!」

女子生徒B「言い訳なんてしてもダメだよ。もう何人も目撃者がいるんだから」

   京子「違うよ!違うの!私じゃない!」

女子生徒A「私も見たのよ!歳納さんが、船見さんの上履きに画鋲入れるところ!」

   京子「私が結衣にそんなことするはず無いじゃない!」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:25:47.12 ID:Ho8I6M2I0
女子生徒B「船見さん、それで足をケガしてたんだ…」

女子生徒C「不断中良さそうにしてる割に、そんなことするなんて最低!」

   京子「違う…違うの…!私はそんなことして無いのに…っ!」

・・・・・・・・・・・・

   京子「毎日、毎日…もう嫌…っ!」



 歳納京子は、学校に来なくなった。
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:29:38.57 ID:Ho8I6M2I0
結衣「京子がそんなことをするはずはない…」

結衣「それなのに、目撃した人はみんな京子がやってたって…」

結衣「そうか!カワール01だ!」

結衣「ということはつまり…あれは、あかりの仕業…」

結衣「そういえば、部室に嘘発見器がある…!」

結衣「あれを巧く使えば…京子の免罪を晴らせる!」
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:33:37.80 ID:Ho8I6M2I0
結衣(…)プルルルル

結衣「京子?」

京子「結衣…!どうして電話なんて…」

結衣「聞いて。京子、今クラスのみんなから免罪かけられてるよね?」

京子「うん…みんな、信じてくれないけど…私はそんなこと、してないんだ!」

結衣「わかってる。前に、京子の持ってきた嘘発見器があるでしょ?」

京子「…あ!」

結衣「あれを使えば、京子の言ってることが本当だって証明できる!」

京子「そうだ!」

結衣「明日、学校に来て」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:37:55.53 ID:Ho8I6M2I0
櫻子「そういえばさー、最近あかりちゃん学校来てないけどどうしてんだろう?」

ちなつ「うーん…最近は京子先輩も学校に来てないから娯楽部も活動して無いんだよね」

向日葵「なにかあったんですの?」

ちなつ「なんでも、クラスの人にイタズラしたとか…」

向日葵「イタズラ?」

ちなつ「うん…」
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:43:52.39 ID:Ho8I6M2I0
翌日


クラスメイトA「おはよう歳納さん。あんなイタズラして…罪を言及されたら休んで…まだ学校に来れるんだ」

クラスメイトB「イタズラした人たちにちゃんと謝ったの?」

     京子「…っ」

     結衣「みんな待って!今日、京子がここに来たのは…その疑いを晴らすためなんだ」

クラスメイトA「船見さん…?」

     結衣「ここに、嘘発見器を用意したんだ。ウソをつくと、機械が反応して音が鳴る」

クラスメイトC「自分もイタズラされたのに…船見さんって、友達思いなんだね」

     結衣「そうだね…その通りだよ。どうしてこんなに世話焼いちゃうんだろうな…」
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:47:25.55 ID:Ho8I6M2I0
クラスメイトA「で、嘘発見器を使ってどうするの?」

     結衣「もちろん、京子の疑いを晴らすんだよ」

クラスメイトB「どうやって?」

     結衣「『あなたは人の上履きや机にイタズラをしましたか?』って質問して、京子には『いいえ』と答えさせる」

     結衣「これで、機械が反応したら…京子はウソをついていることになる。もし反応しなかったら、ウソはついていない…つまり、イタズラなんてしてないってわかる」

クラスメイトA「じゃあ、やってみる?」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:54:43.36 ID:Ho8I6M2I0
     結衣「さ、京子。発見器の上に手を置いて」

     京子「うん」


     結衣「質問です。あなたは、人の上履きや机にイタズラをしましたか?」

     京子「いいえ」





    シ――――…ン
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 19:59:18.90 ID:Ho8I6M2I0
クラスメイトA「それじゃあ…誰が…誰が本当の犯人なの…?」

     結衣「西垣先生が、姿を変えられる薬を作ったんだ…」

     結衣「その薬に血液を入れてそれを飲むと…血液の持ち主の姿に変身できるんだ」

クラスメイトB「その歳納さんは、誰かが変身した姿だったんだ…」

クラスメイトC「誰なの?その歳納さんに変身した人は…」

     結衣「来て、ちなつちゃん!」
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:02:24.90 ID:Ho8I6M2I0
ちなつ「ごめんなさい結衣先輩!」

結衣「あれ…あかりは…?」

ちなつ「あかりちゃん、今日学校に来て無いんです!」

結衣「そんな…!?」

ちなつ「もう一週間も学校に来てなくて…」

結衣「そうか…娯楽部の活動がなかったから…あかりがいないのを知らなくて…」

結衣「電話だ!」

京子「電話…?」

結衣「あかりに電話するんだよ!」
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:06:43.10 ID:Ho8I6M2I0
結衣「出てくれよ…あかり…」プルルルルル

プルルルルルルル

プルルルルルルル

結衣「もしもし、あかり!?」

あかり「結衣ちゃん…」

結衣「あかり…」

あかり「どうしたの、結衣ちゃん」

結衣「単刀直入に行こう…あかり」




結衣「京子の姿でイタズラをして回ったのは―――お前だな?」
131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:09:39.24 ID:Ho8I6M2I0
あかり「やっぱり、結衣ちゃんにはわかっちゃうかあ…」





あかり「そうだよ。あかりがやったの」





結衣「どうして…どうしてそんなことをしたんだ?」
134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:14:56.83 ID:Ho8I6M2I0
あかり「結衣ちゃんは…京子ちゃんのことが好きだったでしょ…」

結衣「!」

あかり「私はね、結衣ちゃんのことが好きだったの…」

あかり「そしたら、京子ちゃんはジャマでしょ…?」

あかり「だから、京子ちゃんを消してやろうと思ったの」

結衣「そんな……」

あかり「本当なら…このまま京子ちゃんが自殺するまで追い込むつもりだった…」

あかり「でも…」

あかり「戻れないの…」
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:19:53.03 ID:Ho8I6M2I0
結衣「戻れない…?」


あかり「最後に薬を飲んでからもう五日も経ったのに…」


あかり「あかりの姿に…元の姿に…戻れないの…」


結衣「元の姿に戻れない…?」


あかり「そう…元の姿に…戻れなくなっちゃったのぉッ!!」
139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:27:17.20 ID:Ho8I6M2I0
あかり「ごめんね、結衣ちゃん…京子ちゃん…」

あかり「もうさよならしなくちゃいけない…この体じゃ、さすがに生きていけないから…」

あかり「許して…京子ちゃん…」

結衣「あかり!」

あかり「今まで、ありがとう。じゃあね…ばいばい―――」

結衣「あかりいいいいいいいいいいいいい!!」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:29:52.04 ID:Ho8I6M2I0











京子「結衣、何読んでるの?」

結衣「ジキル博士とハイド氏っていう小説」

京子「面白い?」

結衣「うん…普通かな」

京子「ふーん」

結衣「あかりがいなくなってから…もうどれぐらいだっけ」

京子「一ヶ月くらい…?」

結衣「一ヶ月かあ…」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:32:04.84 ID:Ho8I6M2I0
あかりちゃんが死んでから、もう一ヶ月も経つ。
あかりちゃんがいなくなってしまったのはとても寂しい。
けれど、そんなことも言っていられない。

あかりちゃんが結衣先輩のことが好きだったんだろう、というのは
なんとなく気付いていた。
気付いていたからこそ、こうなってしまったのだけれど。
彼女は、なかなかに可愛い女の子だった。
純粋そうな…優しそうな…。

けれど、人間は綺麗な感情だけを持ち合わせているわけではない。
私だってそう。恋してるときは一途な女の子の心を持っているけれど、
その一途な道のためには手段を厭うつもりも無い。
例え他人を殺してしまうことになっても…。
そう。そういう自分の考え方に気付いたときにいつも思う。
私の中にも、ハイドが居るって。

あかりちゃんが死んでから、もう一ヶ月も経つ。



あとは、京子先輩がいなくなれば良い。 

                         おしまい
144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:33:20.64 ID:e2PtjaY30
うわぁぁぁぁ
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:34:03.63 ID:DFX1M90jP

なんでゆるゆりSSすぐバッドエンドになるん?
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:34:23.04 ID:xQ8aiVRi0
えんだああああああああああああああああ
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:35:15.20 ID:0IsjyjcV0
面白かったよー
151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:36:53.40 ID:tdpD8vX90

こえーよ
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:42:04.75 ID:WuTELr7dO
チーナはそんなこと言わない





…乙
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:53:18.88 ID:tGQIZRQO0
これでこそチーナだ
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 20:59:37.60 ID:pilafI6I0
ほのぼの系ほど鬼畜になる法則
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 21:05:19.10 ID:VVq4JyeZ0
平和なSSが足りない
160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 21:12:36.80 ID:TWJf+xSUO
お、乙……
161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/02(金) 21:20:18.12 ID:MkVIsdTx0
あれ?これ、先生、逮捕エンドなんじゃね?

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > ゆるゆり > 京子「あかりに嘘発見器!」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP