Home > とある > 佐天「大切なものを奪う能力かぁ……」

佐天「大切なものを奪う能力かぁ……」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:10:59.85 ID:e0zMq4adP
佐天「御坂さんの大切なものってなんだろう……

    よーし……佐天サーチ!」

ピピピッ!

佐天「お、見えた見えた。このツンツン頭の男の人が大切なものって訳ね。
    後姿のイメージって事は恋人ではないって事かな~?
    これを奪っちゃったら御坂さん悔しがるだろうなぁ、羨ましがるだろうなぁ……」

キュピーン

佐天「おっ、奪取方法の分析が終わった感じ!
    なになに……?対象は女性との素敵な出会いを求めている?
    えっちな女性だとなお良しかぁ……ふふ」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:34:37.65 ID:e0zMq4adP
佐天「よーし!レベル5に勝てると思ったらやる気沸いてきた~!ふぉぉおおお!!
    服はセクシーな感じで……いや、素敵な出会いって事は清楚な方がいいよね。
    さすが私!冴えてる!待っててねツンツン頭の人!」

~~~~~~~

青ピ「あ~、空から猫耳美少女でも降ってこーへんかなー。」

上条「そんな非現実的な事起きる訳ねーだろ。」

土御門「暇だにゃ~、みんなでカラオケでも行くかい?」

上条「俺は金無いからいいわ、悪いな。
    今月はマジでやばいんだ……」

青ピ「この三人でカラオケなんて久々やとおもたのになぁ……
    上やん一人の分くらいおごったるで?土御門くんが」

土御門「自分で言ったなら自分でおごれよにゃ~
     まあ上やん一人分くらい出せるけど」

上条「それは悪いって!また今度ちゃんと割り勘で行こうぜ!
    今日は小麦粉が安いって事忘れてた!じゃあな!」


土御門「普通の学生が小麦粉に食いつくなんてにゃー……」

青ピ「知らんのか?小麦粉は魔法の粉やで」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:42:54.23 ID:e0zMq4adP
キュピーン

佐天「む、新たな情報受信……【対象は小麦粉を欲しがっている】
    どういう事これ?!まだレベル低すぎて処理能力がやばい!
    よくわかんないけど小麦粉買いに猛ダッシュ!」

~~~~~~


上条「ハァッハァッ……このスーパーだったはず。
    あっ!みんな小麦粉買ってる!間違いねぇ!やべぇ!
    うぉおおおおお!!」

佐天「早く!早く!対象が通り過ぎちゃう!
    小麦粉小麦粉……あった!あれだ!」

上条・佐天「「ラスト一個ぉおおおおお!!」」

ガシッ!
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:04:03.62 ID:ibuScDlqP
佐天「へっ?!」

上条「あっ?!」


佐天(や、やばい……!小麦粉を手に入れる前に対象に接触してしまうなんて……!
    でもこの小麦粉はどうしても必要!!)

上条(くっ……!この子可愛い……ッ!
    だが、俺にとっては命に関わる重大なアイテム!譲る訳にはいかない!)

佐天「わ、私の方が触れるの早かったですよね?だから購入権は私にあります。」

上条「い、いやいや……私の方が0.5秒ほど早かったですよ?見間違えたんじゃないですか?」

バチバチバチバチ……

佐天「……とにかくこれは私が貰いますから!」ダッ!!

上条「なっ!ま、待て!」ガシッ!

佐天「いやっ!離して~!どうしても小麦粉がいるの~!!」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:44:00.52 ID:036bZvWLP
上条「今回は俺に譲ってくれ!次は君に譲るから!」

佐天「それなら私も次は譲るから今回は下さいよ~!」

グググググ……

上条「紙製だから引っ張っちゃだめだ!落ち着け!」

佐天「引っ張ってるのはあなたでしょー!」

ビリッ……!

佐天・上条「「あっ!!」」

ビリビリビリビリッ!!!

上条「NO~~~~!!!!」

佐天「うわー……やっちゃった」

上条「ビリビリー!ビリビリー!はっはっはっは!!」

店員「お、お客さん!落ち着いてください!!」


美琴「ん?……なんかそこのスーパーからあいつの声が聞こえたような」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:57:40.48 ID:036bZvWLP
佐天(これは……御坂さんの大切なものを奪ったって事になるのかな?)

上条「はっはっはっはっは!終わった!今日はスフィンクスの丸焼きだ!」

美琴「あんた何やってんのよ……あら、佐天さんじゃない。一体何があったの?」

佐天「えーっと……」カクカクシカジカ

──────────

美琴「ふーん……たかが小麦粉一つで狂うなんて……どういう生活してるんだか。
    ちょっとあんた!正気に戻りなさい!」

ビリビリビリビリッ!!!

上条「ぎゃああああああああ!!!」

佐天「ちょっとやりすぎなんじゃ……」

美琴「これくらいやらないと駄目なのよ、このバカは」

上条「…………はっ!お、俺は何を……」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:09:54.80 ID:036bZvWLP
美琴「はぁ……話は聞いたわよ、なんか小麦粉の奪い合いになって……」

上条「ああああああああ!!!」

美琴「落ち着けっ!!」

ビリッ

上条「はうっ!」

美琴「小麦粉なら私が買ってあげるから正気に戻りなさい!」

上条「み、御坂さん?!今なんと……?」

美琴「小麦粉くらい私が買ってあげるって言ったのよ」

佐天「御坂さん、そこにあった広告の小麦粉以外はこれしかないみたいですよ……」

上条「こ、これは…………【大地の恵みの小麦粉】800gで5980円(税込み)…………」バタッ

美琴「いちいちリアクションが大きいのよ!これしかないのなら仕方ないわね。」

上条「御坂様!!あなたは天使だ!!この地上に舞い降りた女神だ!!」

美琴「……///だ、だからリアクション大きいっての!さっさとレジ行くわよ!なんか見られてるし」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:29:51.43 ID:036bZvWLP
─────────

美琴「はいっ。」

上条「はひっ……こ、小麦粉様」

美琴「なんで小麦粉に敬語使ってんのよ……それにしてもあんた相当やばい生活をおくってるみたいね。」


佐天「く……なんか良い雰囲気だし、私蚊帳の外だし。
    所詮世の中お金が全てなのね……。
    あ、もしかして小麦粉を譲れば良かったのかも……」

ポンポン

佐天「ん?」

店員「あのー……小麦粉の弁償をして頂きたいのですが……」

佐天「え?!普通そんなのある?!まあいいや……広告のやつだし」

店員「いえ……先程の方が叫びながら他の商品も壊していたので……」

佐天「え~~~?!!不幸だ~~~~!!!」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:42:22.90 ID:036bZvWLP
佐天「くっそー、もうお金ないし!全財産搾り取られた!
    そうだ!あの人の大切なものを……ふっふっふ」

ピピピッ!

佐天「きた!なになに……?小麦粉?
    現金な人だなぁ……あれだけ落ち込んでたもんね。」


キュピーン

佐天「えーっと、奪取方法は……小麦粉を目の前で奪って地面にぶちまける
    ってそのままじゃん!
    さすがにこれはできないけど、とりあえず尾行してみよう」


──────────


インデックス「とうま遅いんだよ、もうお腹ぺこぺこなんだよ」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:55:24.20 ID:036bZvWLP
上条「御坂さん……本当にすいません。
    お礼に料理を振舞いたい所ですがお金が……」

美琴「いいわよ別に、そんな事されても気使うし……。
    ……そ、それならさ!あんたの家で鍋でもしない?」

上条「あの……お金が……」

美琴「私が出すわ、この際同じよ。」

上条「でも鍋は危険なんです……量が決まってないからブラックホールのように……」

美琴「?じゃあいっぱい買い込んで行きましょ、野菜なら安いしね」



佐天「まるで夫婦だ……でも良い事聞いた!鍋するなら私も材料買って押しかけよう!
    お肉なら歓迎されるはず……!えーっと手持ちは……
    あら…………無い!お金が無い!!なんで!
    こうなったら頼りは…………初春待っててねー!!」

───────────────

初春「ひっ……!」ゾワッ
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:03:12.05 ID:036bZvWLP
美琴「カニがあるわよ、カニ鍋にする?」

上条(いっ?!一杯3980円……?!突っ込んだら負けなのか……?)

上条「お、おいしそうですね……」

美琴「じゃあカニ鍋に決定ね、後は……」


──────────────

バンッ!

佐天「う~い~は~る~!!お金貸して~!!」

初春「さ、佐天さん!またですか?!」

佐天「すぐ返すからさ~、今日は緊急なの!お願い!」

初春「もう……すぐ返してくださいよ、はい」

つ5千円

佐天「よっ!千両役者!男前!じゃあまたね!」

タッタッタッ……

初春「なんだったんだろう……」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:15:25.66 ID:036bZvWLP
美琴「いっぱい買っちゃったね~。」

上条「え、ええ……ほんとにいっぱいですね」

上条(1万円を超える鍋なんて……鍋は庶民の食べ物じゃなかったのか?)

美琴「よいしょ……っと」

上条「あ、俺が持つよ。1%の恩返しにもならないと思うけど。よっと」

美琴「あ、ありがと///」

上条「お前はこれを運んでくれ、くれぐれも慎重にな」

つ小麦粉

美琴「…………」

──────────────

佐天「この5千円でありったけのお肉をください!!」

肉屋「景気がいいねーお嬢ちゃん、何をするんだい?」

佐天「お鍋をしようと思ってるんです!」

肉屋「そうか、じゃあおっちゃんが選んであげよう。」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:24:29.13 ID:036bZvWLP
上条「ただいまー。」

インデックス「おかえりなんだよ!お腹と背中がくっつきそうなんだよ!!」

美琴「……お邪魔しまーす」

インデックス「短髪?何しにきたの……?」

上条「インデックス!失礼だろ!今日の鍋パーティの主催御坂美琴さんだぞ!」

インデックス「鍋?!この家では禁じられたあの鍋なんだよ?!」

上条「落ち着け!おかしくなってるぞ!」

美琴「大袈裟だっつーの!さ、早速準備しましょう。」

インデックス「今日は久しぶりにお腹いっぱい食べれるかも!」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:38:25.97 ID:036bZvWLP
上条「よっと……鍋ってでかいな。こんなにでかかったか。」

インデックス「野菜多いね……お肉は?」

上条「肉もちゃんとあるだろ、カニもあるんだぞ」

インデックス「少ないんだよ!野菜だけじゃお腹いっぱいにならないんだよ!」

美琴「私あんまりお肉食べないから……ごめんね」

上条「い、インデックス!なんて事を言うんだ!
    すまん御坂!これも全部普段から肉を与えてない俺のせいで……」

美琴「今からじゃお肉屋さん閉まってるわよねぇ……」


ピンポーン


上条「はーい」タッタッタッ


佐天「あのー、今日スーパーでちょっと揉めたあたしですー。
    お詫びの品を持ってきました~。」

上条「え?!い、いやいや!そんなの全然かまいませんよ?
    っていうかなんで俺の家……」

佐天「た、たまたま見つけたんです。たまたま……」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:46:20.48 ID:036bZvWLP
上条「とりあえず家に上がってください。
    あ、一緒に鍋でも食べますか?」

佐天「えー、いいんですかー?」

インデックス「駄目なんだよ!食べる量が減っちゃうんだよ!」

美琴「子供か!……佐天さんじゃない!どうしたの?」

佐天「えへへ、こんばんは……
    今日揉めたお詫びにこれ持って来ました」

上条・インデックス「「これは?!」」

佐天「肉です。」

美琴「お詫びに肉って……変わってるわね佐天さん」

インデックス「入室を許可するんだよ!」

上条「こんなにいっぱい……ありがとうございます。
    じゃあ早速食べましょうか。」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:56:14.02 ID:036bZvWLP
グツグツ……

一同「「「「「いただきまーす!」」」」」

上条「これもう煮えてるぞ、食えインデックス」

インデックス「はふはふ……このお肉は?」

上条「それはまだ駄目だ、ピンク色だろ」

美琴「まるで保護者ね……佐天さんも遠慮しないで食べてね」

佐天「頂いてまーす!」モグモグ

黒子「お野菜は体にいいんですのよ。はい、お姉さま」

上条「インデックス!肉ばっかり食うな!」

インデックス「こんなにあるんだから大丈夫なんだよ!」ムシャムシャムシャ……


佐天(みんな楽しそうだなぁ……私の当初の目的は一体なんだったんだろう
    御坂さんもレベル5とはいえ普通の女の子なんだよね……
    …………やーめた、もうこの能力は封印しよう。
    せっかく手に入れた能力だけど……使い道ないもんね。)
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:08:03.14 ID:036bZvWLP
上条「ふー…………もう食えん」

インデックス「お腹いっぱいなんだよ!」

美琴「結局最後の雑炊はほとんどこの子が平らげたわね……恐ろしい子」

佐天「お鍋おいしかったです!ありがとうございました!」

上条「お肉もおいしかったですよ、こちらこそありがとう。」

美琴「もうこんな時間……そろそろ帰らないとね」

インデックス「短髪!またお鍋の材料持って来るんだよ!楽しみにしてるんだよ!」

美琴「はいはい……また持ってきてあげるわ」

上条「またみんなでやりたいな、鍋パーティ。俺も楽しみにしてるぞ」ニコッ

美琴「///!しょ、しょうがないわね……!そこまでいうならまたやりましょう!
   次はいつにしようかしら///」

上条「じゃあ送ってくよ、真っ暗だしな。」

佐天「わ、私は大丈夫です。今日は本当にありがとうございました!
    それじゃっ!」ピュー

上条「あら?」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:19:25.60 ID:036bZvWLP
タッタッタッタッ……

佐天(やっぱり私間違ってた……御坂さんの大切なものを奪おうだなんて、
    改めて考えたら寒気がするよ……
    御坂さんあんなに可愛いのに……泣かせたら駄目だよね。
    ずっと欲しかった自分の能力……それこそ私の大切なもの……
    これがケジメのつけ方だよね……)

ピピピッ!

佐天(そう……私の大切なものは…………
    【初 春 の パ ン ツ】)

佐天(ん???)

キュピーン

佐天(奪取方法は……寝ている隙に剥ぎ取る。)

佐天「ごめん……これを最後にするから……初春待っててねー!!」



────────────────


初春「ひっ……!」ゾワッ


                                         ~完~
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:21:21.11 ID:YhaaWQNNO
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:24:14.36 ID:4ODr/icS0

ソフトだった
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:32:19.72 ID:G/rVr5vq0
乙、面白かったよ。

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > とある > 佐天「大切なものを奪う能力かぁ……」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP