Home > 魔法少女まどか☆マギカ > ほむら「まどかとくっつきたい」

ほむら「まどかとくっつきたい」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:02:53.11 ID:8pQFsJV60
ほむら「また、まどかを救えなかった」


ほむら「まどかを救ってあんなことやこんなことをするつもりだったのに」

ほむら「でも、今度はしくじらない」

ほむら「何故なら、秘密兵器があるから!」

ほむら「その名も……」

ほむら「瞬間強力接着剤、ほむダインスーパーXⅢ!!!」

ほむら「これを私の手に塗って、まどかと手を繋げば……」

ほむら「うふふふふ…」

ほむら「どこかの組織の兵器と名前が微妙に被ってるのは気にしないでね」

ID: 6mmRcSvD0
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:10:20.20 ID:6mmRcSvD0
ほむら「その名の通り、瞬間接着剤」

ほむら「だけど、一度ついたら絶対に二度と離れない」

ほむら「これでまどかの手を繋げば、一生一緒に居られる!」

ほむら「もちろん、キュゥべえとの契約を阻止することもできるわ」

ほむら「それにこれを私の左手に塗って、まどかの右手を掴めば……」


まどか『ほむらちゃん、右手使えないからほむらちゃんが私に食べさしてくれないかな?』

ほむら『えぇいいわよ、まどか』

ほむら『はい、アーン』

まどか『アーン』パクッ


ほむら「なんてことも!」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:11:04.24 ID:6mmRcSvD0
ほむら「そんなことを考えていたら、朝になってしまったわ」

ほむら「さぁ、早くまどかに会って作戦を実行しないと」

ほむら「まどかはいつも美樹さやかと志筑仁美と待ち合わせをしている」

ほむら「まどかが二人に会う前に作戦を決行しないと」

ほむら「『まどかの手もハートもがっしり掴むわ作戦』開始!」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:11:38.44 ID:6mmRcSvD0
ほむら「鹿目まどか」

まどか「ほっ、ほむらちゃん…?」

QB「暁美…ほむら…」

ほむら「まどか、昨日はごめんなさい、怖い思いをさせて」

まどか「」ギュウ

ほむら「まどか、もうキュゥべえに危害を加えたりしないわ」

まどか「本当?」

ほむら「本当よ、だからそんなに警戒しないで」

ほむら「だから、一緒に学校まで行ってもいいかしら?」

まどか「……うん、いいよ!」

ほむら(作戦第一段階成功!)
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:13:57.30 ID:6mmRcSvD0
ほむら(あとは右手を掴むだけ!)

ほむら(………)

ほむら(しまったぁぁぁぁぁぁ!!!)

ほむら(まどかが右手に鞄を持っていることを作戦内容にいれてなかったぁぁぁ!!!)

ほむら(ど、どうすれば……はっ!)

ほむら「ま、まどか?」

まどか「何?ほむらちゃん」

ほむら「おまじない、やってみない?」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:14:34.16 ID:6mmRcSvD0
まどか「おまじない?」

ほむら「そ、そう!幸せな気持ちになれるおまじない!」

まどか「へぇ~じゃあ、やってみようかなぁ」

ほむら「(よし!)じゃあ、右手に持ってる鞄を左手に持ちかえて」

まどか「うん」

ほむら「それで右手を楽にして」

まどか「こう?」ぶらん

ほむら「そうよ(これで準備は整った!)」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:15:14.52 ID:6mmRcSvD0
ほむら(この世で最も美しいまどかを手に入れるまで、あと少し)

まどか「ほむらちゃん、次はどうするの?」

ほむら「あと少し待って」

ほむら(そうよ、あと少し待てば幸せが手に入るの!)

ほむら(よし、これで…)












「おい、何しようとしてんだ」ガシッ
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:17:04.58 ID:6mmRcSvD0
ほむら「え…?」

私は右手を掴んだ。
だが、まどかの右手ではない。
では、その右手の正体は…




ほむら「美樹…さやか…」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「あんた、またまどかとキュゥべえになんかしy」
ほむら「………カ」

さやか「へっ?」

ほむら「美樹さやかのバカァァァァァァァァ!!!」ポタポタ

さやか「えぇぇぇぇ!!!???(泣き出した!?)」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:17:44.11 ID:6mmRcSvD0
ほむら「ひっく…ひっく…」

さやか「もういい加減泣き止んでよ、あやまるからさ」

さやか「…そういや、あんた手に何つけてんの?」

さやか「ベタベタしてて気持ち悪いから離したいんだけど」

ほむら「離せるものなら…ひっく…離してみなさいよ…ひっく…」

さやか「そんなの離せるに決まっ……あれ?」

まどか「どうしたの、さやかちゃん?」

さやか「は、離れないの!」

まどか「え!?」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:18:19.25 ID:6mmRcSvD0
さやか「転校生!あんた、まどかに何しようとしてたの!?」

ほむら(ギクッ)

ほむら「え…えっと……!」

ほむら「お、驚かそうとしてたの!まどかを!」

さやか「…」

ほむら「で、でも、こ、これが接着剤だったなんて!私、知らなかったの!!」

さやか「……」

ほむら(うぅ…美樹さやかの視線が痛い)

まどか「さやかちゃん、ほむらちゃん!早く離す方法を考えないと!」

さやか「そうだった!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:18:55.70 ID:6mmRcSvD0
まどか「水で洗ってもダメだったね…」

さやか「そうだね…」

ほむら(その程度で離れるわけないじゃない!)

ほむら(残念なことに絶対離れないののよ!)

まどか「学校に行って、なんとかしてもらおっか」

さやか「そうだね。学校ならいろんな薬品あるから、なんとかなるかもしれないし」

ほむら(それくらいでなんとかなったら苦労しないわよ…)

QB「さやか、僕と契約すれば、そんな問題解決s」
さやか「いや、さすがにこれじゃあ、ね…」

ほむら(今回ばかりは契約してほしいと思ったわ…)
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:19:35.42 ID:6mmRcSvD0
仁美「あっ、やっと来ましたのね」

まどか「おはよう、仁美ちゃん!」

さやか「あ~おはよう、仁美…」

ほむら「…」

仁美「おはようございます、まどかさん、さやかさん……暁美…さん?」

ほむら「…おはよう」

仁美「それにしても…」

仁美「何故、さやかさんと暁美さんは手を繋いでいるのですか?」

ほむさや(スルーしてよ…)
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:20:04.40 ID:6mmRcSvD0
さやか「いやー、これは…」
仁美「はっ…もしかして!」

仁美「お二人は昨夜の間に朝から手を繋いで登校する仲になったというの!?」

仁美「いや!もしかして、二人だけの夜を過ごし、そのまま登校!?」

さやか「いや、そうじゃなくて…」

仁美「でも、二人ともいけませんわ。それは…」

仁美「禁断の恋なのですわよ~~~!!!」タタタ



ほむさや(こんな奴と禁断の恋なんてしたくないわよ!)
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:20:38.29 ID:6mmRcSvD0
学校

早乙女「…」

ほむさや「…」

早乙女「一時間目は休んでいいから、保健や化学の先生に頼んでなんとかしてもらいなさい」

ほむさや「…はい」

ほむら(学校中の生徒に注目された…)

ほむら(注目を集めた理由のほとんどが私のせいとはいえ…)

ほむら(死にたい…)
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:21:10.24 ID:6mmRcSvD0
一時間目の後

早乙女「で、結局離れなかった、と」

ほむさや「はい…」

早乙女「しょうがないですね、二時間目以降はその状態で授業を受けなさい」

ほむさや「…はい」

早乙女「あぁ、でも、席を変えなくてはいけないわね」

ほむら(はっ…そうだ!)

ほむら(美樹さやかとくっついているのだから、席替えは必須!)

ほむら(しかも、こんな面倒な生徒、後ろに行くのが当然のはず!)
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:22:21.08 ID:6mmRcSvD0
ほむら(私は授業中ずっとまどかを見ることが出来るの!)


さやか(あ~多分、転校生がこっちのほうに来るんだろうな)

さやか(まぁ、まどかと仁美が近くにいるし、いっか)


早乙女「じゃあ、中沢君。美樹さんの席に移動して」

ほむさや「えっ」

中沢「あ、はい」

ほむら「えっ、何で」

早乙女「前のほうにいれば、美樹さんずっと起きてると思ってね」

二時間目

さやか「…一番前なんて最悪」

ほむら(美樹さやか!あなたはどこまで私の手を…いや、足を引っ張るの!)
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:23:01.38 ID:6mmRcSvD0
授業中
さやか「…」スースー

ほむら「…」

さやか「…」スースー

ほむら「…」イラッ

ほむら「…」グイッ

さやか「…!」ガタッ

さやか「いったぁ~…何すんのよ、転k」
先生「美樹さやか!」

先生「居眠りの罰としてここからここまでやってこい」

さやか「そんなぁ!」

ほむら(これぐらいでも気が済まないわね…)

ほむら(美樹さやか!あなたの罪はこの程度ではすまないわ!)
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:23:34.05 ID:6mmRcSvD0
昼休み

マミ「ダメね、魔法を使っても離すことができないわ」

ほむら(当たり前じゃない)

ほむら(魔法を使っても離せないように作ったのだから!)

マミ「しょうがないわね、今日の魔法少女体験コースには暁美さんも連れて行きましょう」

マミ「いいわね、暁美さん」

ほむら「ええ、別にかまわないわ」

ほむら(どうせ、ついていくつもりだったし)

まどか「じゃあ、お昼にしよっ!」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:24:08.73 ID:6mmRcSvD0
さやか「あ」

まどか「どうしたの、さやかちゃん?」

さやか「転校生、私右手使えないから、あんた食べさせてよ」

ほむら「え」


ほむら「美樹さやか、もっと口を開けなさい」

さやか「アーン」パクッ

ほむら(この屈辱…!忘れないわよ、美樹さやか!)
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:24:38.32 ID:6mmRcSvD0
放課後
魔女退治後の帰り道

さやか「あ~、疲れた!」

ほむら「あなたはたいして、何もやってないけどね」

さやか「あんたこそ、何もやってないじゃん」

ほむら「私は魔法をあまり使いたくないのよ」

ほむら「ところで…」

ほむら「どっちの家に帰るの?」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:25:11.01 ID:6mmRcSvD0
さやか「私ん家、一ヶ月くらい仕事で家族帰ってこないから問題ないけど」

ほむら「私も独り暮らしだから問題ないわ」

ほむさや「…」

さやか「転校生の家に行ってm」
ほむら「却下」

さやか「じゃあ、ジャンケンで決めよう」

ほむら「いいわよ」

ほむさや「最初はグー、ジャンケン…」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:25:39.57 ID:6mmRcSvD0
ほむホーム

ほむら(結局、こうなるのね…)

さやか「これが転校生の家か~…」

さやか「思ったより普通だね」

ほむら「何を期待してたのかしら」

さやか「ねぇ、こっちは何があるの?」

ほむら「あ…そっちは…!」

ガチャ
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:26:09.36 ID:6mmRcSvD0
さやか「何、この部屋…」

ほむら「…」

さやか「これも魔法?」

ほむら「…ええ、そうよ」

さやか「これ、何について集めt」
ほむら「触らないで!」

さやか「」ビクッ

ほむら「…」

ほむら「…夕飯を作りましょう。美樹さやか、あなたも手伝いなさい」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:26:45.71 ID:6mmRcSvD0
食後

さやか「あ~、美味しかった」

ほむら「…そう」

さやか「じゃあ、そろそろお風呂でも入ろっか」

ほむら「そうね」

さやか「あ」

ほむら「どうかしたの、美樹さやか」

さやか「服、どうすんの」

ほむら「」

ほむら(しまった…全く考えてなかった…)
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:27:17.04 ID:6mmRcSvD0
さやか「服脱ぐためには、切らないと無理だよね…」

ほむら「そうね…」

さやか「でも、明日も学校あるし…」

さやか「魔法で服直したりできないの?」

ほむら「無理よ」

さやか「…しょうがない、こうなったら」

ほむら「?」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:27:45.21 ID:6mmRcSvD0
さやか「ちょっと、転校生!シャワーこっちにかけないでよ!」

さやか「濡れないようにシート被せてるとはいえ、濡れるでしょ!」

ほむら「あなたの服だけ濡れなさい」

さやか「ちょ、マジで、やめろって!」

ほむら(美樹さやかの提案によって片方が体を洗っている間は、服をもう片方に寄せてシートを被せる)

ほむら(美樹さやかにしては、いいアイディアね)

ほむら(それにしても、こういうシャワーかけたりするの…)

ほむら(まどかとやりたかった…)
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:28:14.90 ID:6mmRcSvD0
ほむら「そろそろ、寝ましょうか」

さやか「つーか、布団一つしかないんだけど」

さやか「もしかして、二人で一つの布団に寝るの?」

ほむら「そんなわけないじゃない」

さやか「ですよn」
ほむら「私が布団で寝て、あなたが畳の上で寝るの」

さやか「っておかしいでしょ、それ!」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:28:48.08 ID:6mmRcSvD0
ほむら「何もおかしくないわ」

ほむら「ここは私の家で、これは私の布団」

ほむら「何か問題あるのかしら?」

さやか「いや、問題しかねーよ」

さやか「私はお客さまだよ、あんたこそ畳の上で寝なさいよ」

ほむら「嫌よ」

さやか「じゃあ、もう一度ジャンケンで決めよう」

ほむら「ええ、今度は負けないわ」

ほむさや「最初はグー、ジャンケン…」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:29:18.32 ID:6mmRcSvD0
ほむら(また、負けた…)

さやか「あんた、ジャンケン弱いね」

ほむら「うるさいわね、電気消すわよ」

さやか「いいよー」

カチッ

ほむら「じゃあ、おやすm」
さやか「ちょっと待って」

ほむら「?」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:29:50.03 ID:6mmRcSvD0
さやか「あの接着剤さぁ」

さやか「あんたがまどかとくっつきたくて、仕組んだんでしょ」

ほむら「…!」

ほむら(鋭いわね、美樹さやか)

さやか「まどかを契約させないためにあんなことやろうとしたんでしょ?」

さやか「何であんたはそんなにまどかを契約させたくないの?」

ほむら(やっぱり鋭くないわね…)

ほむら「あなたには関係ないことよ」

さやか「あっそ、じゃあおやすみ」

ほむら「…おやすみなさい」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:32:33.59 ID:qyqagBDR0
ほむら(…)

ほむら(…やっぱり畳の上は痛いわね)

さやか「…」

さやか「…」グイッ

ほむら「!?」

ほむら「何のつもり、美樹さやか?」

さやか「授業のときのお返し、なんてね」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:33:20.83 ID:qyqagBDR0
さやか「あんたがまどかにしようとしたことは許せない」

さやか「けど、だからってあんたの家なのに畳の上に寝かせるのも酷いと思って」

ほむら「…美樹さやか」

さやか「何?もしかして私に感謝の気持ちを」
ほむら「あなたと一緒の布団で寝るほうが、畳の上で寝るより苦痛なんだけれど」

さやか「おい」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:34:01.19 ID:qyqagBDR0
ほむら(結局、一緒の布団で寝ることになってしまった)

さやか「…」スースー

ほむら(私もそろそろ寝よう)

ほむら(今頃、気付いたけど)

ほむら(美樹さやか、あったかい…)

ほむら(家族以外で誰かと寝るなんて初めて…)












ほむら(でも、まどかとその初めてを過ごしたかった…)
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:34:38.48 ID:qyqagBDR0
ほむら「…」スースー

さやか「…」スースー

ほむら「…」スースー

ドカッ

ほむら「!?」パチッ

ドカッドカッ





ほむら(…)

ほむら(…布団から追い出された)

ほむら(結局、畳の上で寝ることになるのね)

さやか「…」スースー

ほむら(美樹さやか、覚えていなさい!)
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:35:24.29 ID:qyqagBDR0
さやか「…」スースー

ほむら「…」スースー

さやか「…」パチッ

さやか「ウ、ウーン」

さやか「今、何時?」

さやか「ってまだ2時じゃん…」

さやか「もうひと眠りしよ」

さやか「…」












さやか(トイレ、行きたくなって来た…)
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:36:53.92 ID:qyqagBDR0
さやか(どうしよう…)

さやか(ここで転校生起こすのも悪いし…)

さやか(って何時の間にか布団から出てるし…)

さやか(とりあえず、転校生を少しずつ引きずってトイレに行こう)




数十分後

さやか(あー、もう!)

さやか(どうして、トイレまでこんなに時間かかるのよ!)

さやか(しかも、ほむらが意外と重い…)

さやか(早くしないと、も、漏れる!)

さやか(も、もうこうなったら、最後の手段!)
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:37:44.68 ID:qyqagBDR0
さやか「て、転校生!起きて!」

ほむら「…」スースー

さやか「ねえ、起きてよ!お願いだから!転校生!」

ほむら「…」スースー

さやか(…はっ!もしかしたら、転校生って呼ぶのがいけないのかも!)

さやか(でも、なんか恥ずかしいし…)

さやか(いや、背に腹はかえられない!)

さやか「ほっ、ほむら!」










ほむら「…」スースー

さやか「…」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:38:25.09 ID:qyqagBDR0
さやか(そうだ、ほむらの嫌がることを言えば!)

さやか「あー!まどかがキュゥべえと契約してる!」













ほむら「…」スースー

さやか(起きろよ!)
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:39:19.19 ID:qyqagBDR0
さやか(あー、もう我慢出来ない!)








ショワアアア








ほむら「…」

ほむら(計画通り) ニヤリ
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:39:53.38 ID:qyqagBDR0
さやか「…もうお嫁に行けない」

ほむら「無駄口叩いてないで、早く拭きなさい」

ほむら「それにもとから嫁に行けないなんてわかりきってることじゃない」

さやか「何だとー!」

さやか「ふん、私には恭介がいるもんね!」

ほむら(その上条恭介にふられるのだけれどね)
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:40:26.92 ID:qyqagBDR0
さやか「じゃあ、ほむらおやすみ」

ほむら「待ちなさい」

さやか「何?」

ほむら「いつからあなたは私をほむらって呼ぶようになったの?」

さやか「さっきあんたが寝てるときからだよ」

さやか「それにしばらくこのままだろうし、転校生って呼ぶのは素っ気ないと思って」

さやか「ほむらも私のこと、さやかって呼んでくれていいからさ」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:41:09.47 ID:qyqagBDR0
ほむら「…」

ほむら「そう」

ほむら「じゃあ、おやすみなさい、美樹さやか」

さやか「さやかでいいって…おやすみ、ほむら」


ほむら(何故かしら…)

ほむら(美樹さやかにほむらって呼ばれると)












ほむら(すごく腹が立つ!)
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:41:52.89 ID:qyqagBDR0
数時間後

さやか(また、起きた)

さやか(ほむらは…)

ほむら「…」スースー

さやか(ちゃんと布団に入ってるな)

さやか(じゃあ、もうひと眠r)
ほむら「…どうして?」

さやか(ん?)

ほむら「…どうしてなの?」

さやか(寝言か…どんな夢を見てるんだろ)

ほむら「…鹿目さん」

さやか(鹿目…さん!?まどかじゃなくて?)
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:42:28.04 ID:qyqagBDR0


ほむさや「いただきます」

さやか「…」モグモグ

ほむら「…」モグモグ

さやか「ほむら」

ほむら「何かしら」

さやか「あんた、こっちに転校して来る前にまどかにあったことあるの?」

ほむら「…」

ほむら「いいえ、ないわ」

さやか「じゃあ、鹿目さんって誰?」

ほむら「…!」

さやか「あんた、やっぱりまd」
ほむら「…あなたには関係ないことよ」


さやか「…」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:43:02.25 ID:qyqagBDR0
ほむら(美樹さやかと一緒に過ごすようになってから数日が経った)

ほむら(悲しいことにこの生活に慣れかけている自分がいる)



さやか「ねぇほむら、帰りに病院に寄ってもいいかな?」

ほむら「上条恭介のお見舞いでしょう?別にいいわよ」

さやか「恭介のこと、知ってたの!?」

さやか「誰が私の知らないうちに恭介のことをほむらに…」

ほむら「…」

さやか「まぁ、いっか。それじゃあ行こっk」
ほむら「その前に、お願いがあるのだけど…」

さやか「?」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:44:16.79 ID:qyqagBDR0
さやか「本当にいいの?」

ほむら「ええ、いいわ。これであなたは上条恭介とあんなことやこんなことをしても大丈夫よ」

さやか「いや、する気もないけどさ…」

ほむら「準備は出来たわ、もう入っていいわよ」スチャ





上条「あ、さやか。またお見舞いにっ!?」

さやか「あー、驚いた?」

上条「そ、その子は?」

さやか「ちょっと訳あって離れなくなっちゃって」

上条「えっ、いや、そうじゃなくて」

上条「なんで目隠しにヘッドホンしてるのかと思って」

さやか「なんか邪魔者だから、せめて関わらないようにだって」

上条「そんなことしなくていいのに」

ほむら「…」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:44:56.52 ID:qyqagBDR0
さやか「じゃあ、また来るね」

上条「うん、ありがとう」

さやか「ほむら、もう取ってもいいよ」

ほむら「ええ」

さやか「別にわざわざあんなことしなくていいのに」

ほむら「本当なら二人っきりなんだから、悪いと思ってね」

さやか「いいのに、別に。ほむらは優しいなぁ」












ほむら(本当は魔法で全部見聞きしてたけど)

ほむら(美樹さやかを辱めるほどのネタはなかったわね)
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:46:39.88 ID:qyqagBDR0
ほむら「そういえば、あなたは一生このままだったらどうするの?」

さやか「どうするって?」

ほむら「あなたは上条恭介のことが好きなんでしょ?だったら私といたr」
さやか「ううん、好きじゃないよ」

ほむら「え?」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:47:32.40 ID:qyqagBDR0
さやか「好きじゃないっていうか、恭介に対する恋愛感情はもうないよ」

さやか「多分、一生このままだろうし、こんな私と付き合っても恭介だって迷惑だろうし」

さやか「もちろん、これからもお見舞いには行くけどさ」

ほむら「美樹さやか…」

さやか「それにもう一つ理由があるんだ」

ほむら「?」

さやか「私、気付いたんだ」









さやか「あんたの可愛いさに!」

ほむら「!?」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:48:12.64 ID:qyqagBDR0
~回想~
くっついて二日目の夜

さやか(今日はちゃんと布団に入ってるな)

さやか「…」

さやか「…」ギュウ

ほむら「…ん」

さやか(やばい!)

さやか(ほむらの抱き心地最高!)

さやか(し、しかも、寝顔が可愛い!)

さやか(なんか頭撫でたくなってきた)

さやか「…」スリスリ

ほむら「…」ニコッ

さやか(うわあああ、可愛い過ぎる!)
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:48:45.29 ID:qyqagBDR0
ほむら「…」

さやか「だから、ほむらは…」

さやか「私の嫁になるのだぁ~!」

ほむら「…」

ほむら「…」チキチキ

さやか「ちょ、そのカッターどこから…」

ほむら「…」バッ

さやか「やめて、腕斬ろうとしないで!」アタフタ

ほむら「…」バッ

さやか「ほむらさん、本当やめて!」アタフタ
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:49:24.01 ID:qyqagBDR0
その夜

さやか「どうしても別々の布団で寝なきゃダメ?」

ほむら「ええ」

さやか「私のこと、嫌い?」

ほむら「ええ、反吐が出るほど」

ほむら「もし、布団の中に入ってきたら今度こそ腕を斬るわ」

さやか「そんなぁ…」

ほむら「いいから、寝るわよ」

さやか「うん、おやすみ、ほむら」

ほむら「…おやすみなさい、美樹さやか」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:49:57.63 ID:qyqagBDR0
ほむら「ん~」

ほむら「…重い」

ほむら「…!美樹さやか!」

さやか「…」スースー

ほむら「美樹さやか、どきなさい!」ガシッ

さやか「ん~、ほむらぁ」ギューッ

ほむら(しがみついてきた!?)

さやか「ほむらぁ…」

ほむら(顔に近づいてきた!?)
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:50:33.96 ID:qyqagBDR0
さやか「ほむらぁ」

ほむら(まずい、このままだとまどかのためのファーストキスが…!)

さやか「ん~」

ほむら「やめな…」








ほむら「さいっ!」ドゴォ

さやか「ぐはっ」バタッ

ほむら「…」

ほむら「…やり過ぎた」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:51:07.69 ID:qyqagBDR0
さやか「う、うーん」

ほむら「目が覚めた、美樹さやか?」

さやか「あれ!?何で私、ほむらに膝枕してもらってるの!?」

ほむら「あなたに酷いことしたから…」

ほむら「そのお詫びよ」

さやか「じゃあ、私の嫁にn」
ほむら「腕斬るわよ」

さやか「ひぃっ」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:51:42.45 ID:qyqagBDR0
ほむら「…さ、朝ごはんにするわよ」

さやか「…うん!」





ほむら(寝顔…)

ほむら(可愛いかったわよ、さやか)

さやか「何か言った?」

ほむら「いいえ、何も」



ほむさや編 完
86: +マミさん編開始 2011/06/24(金) 23:52:41.39 ID:qyqagBDR0
ほむら(美樹さやかが私に告白してからさらに数日後)

ほむら(病院で見つけたグリーフシードから出来た結界の中に私達はいる)


マミ「美樹さん!暁美さん!」

まどか「さやかちゃん!ほむらちゃん!」

さやか「やっと来た!」

ほむら「巴マミ、今回の魔女は強敵よ。私も手伝うわ」

マミ「ダメよ、あなたは美樹さんとくっついているのだから」

マミ「美樹さんを死なせたいの?」

さやか「大丈夫ですよ、マミさん!ほむらならきっと私を守っt」
ほむら「美樹さやかがどうなろうと、別に構わないのだけれど」

さやマミ「」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:54:01.53 ID:qyqagBDR0
ほむら「って冗談を言ってる場合じゃないわね」

さやか(冗談に聞こえなかったんだけど)

ほむら「わかったわ、私は使い魔を、あなたは魔女を、それでいいかしら?」

マミ「ええ、わかったわ」



さやか「で、ほむらってどうやって戦うの?」

ほむら「これよ」

さやか「何それ」

ほむら「あなたと私をくっつけている代物よ」

さやか「接着剤?それでどうするの?」

ほむら「こうするのよ」バシャッ
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:54:37.40 ID:qyqagBDR0
さやか「あ、使い魔達が地面にくっついた」

ほむら「トドメよ」ドガガガガ

さやか「ほむらすごーい!」

さやか(でも、魔法少女がマシンガン使うのって…)

ほむら(さぁ、巴マミの援護を…)

さやか「ほむら!あっちから使い魔が!」

ほむら「え!?」

さやか「あ、こっちからも!」

ほむら(何で、こんなに!?でも、)

ほむら「やるしかない!」バシャッ
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:55:14.41 ID:qyqagBDR0
ほむら「使い魔はもういないようね…」

ほむら(巴マミは…)

マミ「うっ…!」

ほむら(あの魔女の本体が出ても、渡り合ってたようだけど)

ほむら(足をケガしてる…動くのは無理そうね)

シャル「アーン」

ドガガガガ

シャル「?」

ほむら「お前の相手は私よ」

マミ「暁美…さん…」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:55:48.16 ID:qyqagBDR0
魔女がほむらとさやかを食べようとするが、その度にほむらは時間を止めて、翻弄していた

さやか「これどうなってんの?」

ほむら「これが私の力よ、このことは誰にも言わないで」

さやか「うん、わかった。それにしても」

さやか「二人だけの秘密って恋人同士みたいだね!」

ほむら「…」








ほむら(美樹さやかをエサにして、魔女を倒そうかしら…)
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:56:22.76 ID:qyqagBDR0
ほむら(爆弾はもうセットした)ヒュゥゥゥゥ

ほむら(あとはゆっくり降下しながら爆発を待つだけ)ヒュゥゥゥゥ

さやか「それにしても、ほむらって」ヒュゥゥゥゥ

さやか「わざわざ魔女に食べられたふりして爆弾セットするって、カッコつけすぎじゃない?」ヒュゥゥゥゥ

ほむら「うるさい」ヒュゥゥゥゥ
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:56:52.65 ID:qyqagBDR0
マミ(美樹さんと暁美さんが魔女に食べられた)

マミ(鹿目さんとキュゥべえを守れるのは私だけ)

マミ(足の痛みなんて関係ない)

マミ(やるのよ、巴マミ!)

マミ「はぁっ!」

ドカーン

マミ「え?」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:57:25.01 ID:qyqagBDR0
さやか「お、爆発し始めた」ヒュゥゥゥゥ

ほむら「…」ヒュゥゥゥゥ

マミ「きゃあ!」ドカッ

ほむら「痛っ」

マミ「あら、美樹さん!暁美さん!生きてたのね!」

ほむら「勝手に殺さないでほしいわね」スタッ

マミ「二人が魔女に食べられるのを見て、私…死んだのかと…」

マミ「それで私しか戦えないと思って、向かって行ったら」

マミ「魔女が爆発して吹き飛ばされて…」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:58:09.58 ID:qyqagBDR0
ほむら「わかったから背中から早く離れてほしいのだけれど」

マミ「あ、ごめんなさい…って…あら?」

ほむら「どうかしたの?」












マミ「離れられない…」

ほむら「」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/24(金) 23:59:52.90 ID:qyqagBDR0
さやか(ほむらとマミさんの背中がくっついてる…)

ほむら(何故、巴マミに接着剤が…)

ほむら(そういえば、使い魔と戦ってるとき)

ほむら(少しの間、巴マミがこっちに来てたような…)

ほむら「離れることは無理よ、巴マミ」

ほむら「今、私とあなたを繋いでいるのは私と美樹さやかを繋いでいるものと同じ」

ほむら「…諦めなさい」

マミ「そんな…」

さやか「あ、でも二人とも魔法少女姿だから、変身解除すればいいんじゃないの?」







ほむマミ「それよ!」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:00:35.61 ID:18FT+cBO0
ほむマミ「じゃあ、早速解除してと…」シュイイイイン

ほむマミ「…」

マミ「鹿目さん、どうなってる?」

まどか「えっと…くっついてる部分だけ服がなくなってます」

ほむマミ「そんな…!」












「その行為が無駄だなんてわかりきっていたことじゃないか」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:01:13.24 ID:18FT+cBO0
マミ「キュゥべえ…」

QB「二人は疑問に思わなかったのかい?」

QB「魔法少女に変身するとき、それまで着てた服がどうなるかを」

ほむら「…?」

QB「君達が魔法少女になるとき、それまで着てた服は」

QB「魔女との戦いで傷つかないように異空間に飛ばされ、君達は何も着てない状t」
ほむら「ちょっと待って」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:01:47.83 ID:fh1In6tN0
QB「何だい、暁美ほむら」

ほむら「変身時に裸になるなんて初耳なんだけれど」

マミ「私もよ、キュゥべえ」

QB「何だ、気付いてなかったのかい」

QB「でも、裸になるといっても一瞬だから問題ないじゃn」
マミ「女の子にとっては大問題よ!」

マミ「もし、男性にでも見られてたら、恥ずかしいじゃない!」

ほむら(…はっ!)

ほむら(つまり、私はまどかの裸の状態を時間停止すれば見ようと思えば見れたっていうこと!?)

ほむら「そんな…」

まどか(ほむらちゃん…涙を流すほど辛いんだね…)
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:02:18.45 ID:fh1In6tN0
QB「だから、変身を解除したらくっついてる部分だけ服が消滅したんだ」

さやか「キュゥべえ、何で黙ってたの!?」

QB「聞かれなかったからさ」

まどか「ひどいよ…あんまりだよ…!」

QB「…君達はいつもそうだね」

QB「事実をありのまま伝えると決まって同じ反応をする」

QB「どうして人間は裸を見られることにこだわるんだい?」

QB「訳がわからないよ」
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:02:53.96 ID:18FT+cBO0
数分後

さやか「で、これからどうするの?」

ほむら「とりあえず、家に帰りましょうか」

さやか「誰の?」

ほむら「ここからなら、巴マミの家が近いわ」

ほむら「あなたの家に行ってもいいかしら?」

マミ「…ええ、いいわよ」
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:03:26.80 ID:18FT+cBO0
ほむら「着いたわね」

さやか「そういや、夕飯どうするの?」

マミ「夕飯のなら冷蔵庫にあr」
さやか「いや、そうではなく」

ほむら「美樹さやかが言いたいのは、あなただけ向いてる方向が違うからどうやって食べるのか、よ」

さやか「そう!さすが、私の嫁!」

ほむら「…殺すわよ」

さやか「ひっ」
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:04:19.14 ID:18FT+cBO0
マミ「じゃあ、テーブルを二つ用意しましょう」

マミ「押し入れまで行くわよ」

ほむら「ええ」
さやか「はい!」












ほむさやマミ「…」

ほむさやマミ(さっきから思ってたけど…)

ほむさやマミ(三人一緒だと歩きにくい…)
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:04:52.11 ID:18FT+cBO0
ほむら「で、夕飯は誰が作るの?」

マミ「私が作るわ」

マミ「私は右手も左手も使えるし」

マミ「あなた達は私の言ったものを取ってくれる?」

さやか「頑張ります!」
ほむら「わかったわ」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:05:23.11 ID:7NevT2kl0
マミ「暁美さん、冷蔵庫から卵を取って」

ほむら「はい」

マミ「美樹さん、そこからお皿取って」

さやか「はい、マミさん」


マミ「…」

マミ(あれ、意外と不自由じゃない)








マミ(それにしても…)

マミ(何で心が悲しいのかしら…)
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:05:58.29 ID:18FT+cBO0
ほむさやマミ「いただきます」

さやか「マミさん、これ、めちゃうまっすよ!」

マミ「そう言ってもらえると嬉しいわ」

ほむら「…本当にそっちの小汚いテーブルでよかったの?巴マミ」

マミ「私だけ向いてる方向違うのだから、一人分のこの小汚いテーブルでいいの」

ほむら「そう、ならいいけど…」

マミ「…」



夕食後

さやか「マミさん、テレビ見てもいいですか?」

マミ「…ええいいわよ、自分の家のように過ごして」
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:06:28.28 ID:7NevT2kl0
さやか「あっはははは!!」

ほむら「意外と面白いわね」

さやか「でしょでしょ!」

マミ(え!?聞いてるだけじゃ何が面白いのかわからない!)



ほむら「綺麗ね…」

さやか「そうだねー」

マミ(えっ、何が綺麗なの!?)
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:07:05.06 ID:18FT+cBO0
さやか「あっ、マミさん見たいテレビあったりします?」

マミ「えっ、あっ、い、いいのよ、別に」

マミ「二人で楽しんで」

マミ(あぁ、わかったわ、悲しさの原因)












マミ(二人と居るのに、仲間外れにされたように感じるのよ…)
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:07:41.36 ID:18FT+cBO0
マミ(でも、ここで私がテレビ見たいとか言ったら、先輩の威厳台無しだし…)

さやか「あ~、テレビも飽きたし、お風呂も入ったしどうする?」

さやか「まだ、寝るような時間じゃないけど」

マミ(チャンス!)

マミ「じゃ、じゃあ、ババ抜きでもやらない!?」

さやか「マミさん…」
ほむら「巴マミ…」











ほむさや「さすがにこの状態でババ抜きは…」

マミ「」
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:08:39.76 ID:18FT+cBO0
マミ「じゃ、じゃあ、ダイヤモンドゲームは!?」

ほむら「いちいち場所変えるのが面倒なんだけれど」

さやか「ていうか、私ルール知らない…」

マミ「」

マミ「なら…」













マミ「みんな寝るしかないじゃない!」 ウルウル

ほむさや(えー…)
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:09:40.04 ID:18FT+cBO0
さやか「…マミさん、やっぱりまだ眠くないんですけど…」

マミ「そうね…」

マミ「じゃあ、おしゃべりしましょう!」

ほむさや「おしゃべり?」

マミ「そう!」

ほむら「そう言われても…」

さやか「突然で何も思いつかないんですけど…」

マミ「えっと…じゃあ、好きな人の話は?」

さやか「えっ、マミさん好きな人居るんですか!?」

マミ「いや、居ないけど…」

ほむさや「…」
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:38:03.01 ID:18FT+cBO0
現在の状況
ほむマミ→横になってる
さやか→仰向け


ほむら「まぁ、いいわ。私にはいるわ」

ほむら(まどかという心に決めt)
さやか「私のこと?私のことなの!?」

ほむら「…もし好きな人ランキングを作るとしたら、あなたは圏外よ」

さやか「そんなぁ!」

ほむら(…まぁ、まどか以外は圏外なんだけれど)

マミ「美樹さんには居ないの?そういう人」

さやか「マミさんの後ろにいるじゃないですか。ほむらですよ!この前も言ったじゃないですか!」

マミ「え!?それは、親友としての意味じゃなかったの?」

ほむら「巴マミ…あなたはこの前の美樹さやかの発言を冗談だと思ってたのね…」

マミ「いや…だって、普通にないと思って…」
125: さるさんこわい 2011/06/25(土) 00:45:53.35 ID:18FT+cBO0
数日前

マミ「はい?」

ほむら「だから、腕を斬ってほしいのよ」

さやか「やだやだ、ほむらと別れたくない~!」

ほむら「別に私が斬っても構わないのだけれど」

ほむら「治癒魔法はあなたのほうが得意なはずだから、あなたにお願いしたいの」

マミ「え…でも…」

ほむら「斬るための道具?心配ないわ、日本刀でもチェーンソーで好きなn」
マミ「いや、そうじゃなくて美樹さんが…」

さやか「絶対離れないからね、ほむら!」
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:48:32.48 ID:18FT+cBO0
ほむら「これは気にしなくていいわ」

さやか「これ!?私、物扱い!?」

マミ「でも、私だって完全に治せるかわからないし…」

マミ「それにこの前まで険悪だったのに、二人とも何時の間にかそんなに親しくなってるし別にいいじゃない」

ほむら「別に親しくなんk」
さやか「そうなんです、私とほむらは恋人同士だから!」

ほむら「恋人同士な訳ないじゃない!」

マミ(美樹さん…冗談を言えるほど親しくなったのね)
129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:50:55.98 ID:18FT+cBO0
マミ「あれは本当だったのね…」

マミ「でも、どうしてそんなに好きになったの?」

さやか「あ!マミさんも聞いてくださいよ!ほむらの寝顔がk」
ほむら「それ以上言うと、殺すわよ」

さやか「もう!照れちゃって~」

さやか「あ、そうだ」

さやか「マミさん…私、契約したほうがいいですよね?」

ほむら「美樹さやか!?」

マミ「…まあ、魔法少女になる素質はあるわけだし…ね」

さやか「いや、そうじゃなくて」

さやか「ほむらは問題ないって言うけど、やっぱり私といる状態で魔女退治するのは」

さやか「ほむらにとって、危ないと思って…」

ほむら「美樹さやか…」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:54:40.23 ID:18FT+cBO0
マミ「そうね…あなたにとっても危険だけど、暁美さんにとっても危険よn」
ほむら「問題ないわ、美樹さやかが魔法少女にならなくても」

ほむら「もし、魔法少女になるというなら全力で阻止する」

マミ「…前から思っていたけれど、暁美さん…あなたの目的はなんなの?」

マミ「私を助けたことから、グリーフシード目当てじゃないのはわかるけど…」

ほむら「…」

マミ「…やっぱり、言わないのね」
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:55:56.82 ID:18FT+cBO0
マミ「そういえば、暁美さんの使う魔法はどんなものなの?」

さやか「それは言えません、マミさん」

さやか「私とほむらの二人だけの秘m」
ほむら「時間停止よ」

さやか「二人だけの秘密じゃなかったの?」

ほむら「さすがにこの状態になったら、隠しても意味ないでしょ…」

マミ「…まあ、いいわ」

マミ「もう、暗い話は終わりにして、明るい話をしましょう!」

ほむら「じゃあ、巴マミ」

マミ「何かしら?」








ほむら「どうやったら胸が大きくなるのかしら?」

マミ(…気にしてたのね)
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:56:57.52 ID:18FT+cBO0
さやか「ダメだよ、ほむら!」

さやか「ほむらは今のままでいいんだよ!」

さやか「それにマミさんみたいに胸が大きくなっても、太ったら意味ないよ!」

マミ「え?」

ほむら「大丈夫よ、美樹さやか」

ほむら「巴マミのように太らないで、胸を大きくしてみせるから」

マミ「ちょっと待って、どういうこと?」

マミ「私、太ってないでしょ!?」









ほむさや(自覚してないの…)
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 00:58:28.65 ID:18FT+cBO0
入浴中のときのこと

ほむら(髪が接着剤に巻き込まれなくて助かったわ)

ほむら(それにしても…)

ほむら(よく見えないけど、巴マミ…ウエスト太いような
…)

さやか(マミさん、胸大きいけど、ウエストも…)




マミ「…」

ほむら「で、巴マミ、胸を大きくする方h」
マミ「知らないわよ!たとえ、知っててもあなた達には教えないわ!おやすみっ!」

ほむさや「…」








ほむさや(冗談だったのに…)
139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:00:31.90 ID:18FT+cBO0
数分後

さやか「…マミさ~ん」

ほむら「…どうやら、本当に寝たようね」

マミ「…」

さやか「でも、ほむらが乗るとは思わなかったよ」

ほむら「私だってたまにはやるわよ」

マミ「…」
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:02:30.71 ID:18FT+cBO0
マミ「…」

さやか「…ほむら」

ほむら「何かしら?」

さやか「あんたの顔を見ながら寝れるなんて幸せ…」

ほむら「私は不幸せなんだけど」

さやか「それに…」








さやか「やっと二人っきりだしね!」

ほむら「!?」
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:04:51.01 ID:18FT+cBO0
さやか「二人っきりの時間を楽しもうね!」

ほむら「拒否」

さやか「無理」

さやか「じゃあ、ほむらにおやすみのキスをしたらやめる」

ほむら「それもいやy」












ドキューン
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:06:37.26 ID:18FT+cBO0
ほむらとさやかの目の前を何かが通り過ぎた

二人は一瞬何が起きたかわからなかった

布団には、一つの穴が空いていた







ほむさや「…」

マミ「…もし、今度そういうことしてみなさい」

マミ「こんなんじゃ済まさないわよ!!」

ほむさや「はっ、はい!」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:08:06.74 ID:18FT+cBO0
数十分後

さやか「マミさん、今度こそ寝たかな?」

マミ「…」スースー

ほむら「ええ、ぐっすり寝てるわ」

さやか「私、思ったんだけどさ…」





ほむら「…そうね、それがいいわね」

さやか「マミさん、喜んでくれるといいんだけど…」
144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:10:47.47 ID:18FT+cBO0
マミ「う、う~ん」

マミ「…」

マミ(早く寝たからか、5時なのに起きてしまったわ)

マミ(まあ、でも二人に仕返しはしたから心地よく眠れたわ)

マミ(あら?美樹さんの手がこっちまで…)

さやか「ほむら~」

ほむら「…う~ん」

マミ(暁美さんを抱きしめてるつもりね、暁美さんは嫌がってるけど)

マミ(ちゃんと暁美さんを抱けるように戻してあげましょう)








ムニュ

マミ(!?)
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:12:05.93 ID:18FT+cBO0
さやか「あれ~ほむら、背中に変なものがあるよ~」

マミ(ちょっと…美樹さん!?)

さやか「私が取ってあげるね~」グイーッ

マミ「ちょっと…美樹さん!やめなさい!」

さやか「あれ~取れないな~」

マミ「美樹さん!起きて!」

さやか「揉めばいいのかな~」ムニュ

マミ「…あっ!……やめてっ!」

さやか「もっとやらなきゃダメかな~?」ムニュムニュ
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:14:23.26 ID:18FT+cBO0
マミ「手を……離しなさいっ!」グイッ

さやか「あれ」

マミ「ハァハァ…」

マミ「美樹さん…仕返しよ!」

マミ「くらいなさい!」

ほむさや「ぐえっ」

マミ(暁美さんには悪いけど、あなたの体重も利用して、美樹さんにのしかかるわ)

ほむら「うぅ…」

さやか「う~、ほむら~、マミさんみたいに太った~?」

マミ「」イラッ
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:16:04.53 ID:18FT+cBO0
朝食

ほむマミ「いただきます」

さやか「…」

マミ「あら、美樹さん食べないの?」

さやか「ていうか、マミさん、朝ごはん…」

マミ「あら?何か問題あるかしら」

さやか「いえ、無いです…」

ほむら(巴マミと私が食パンにスクランブルエッグ、ウインナー)










さやか(それに対して、私が豆一粒って…)

さやか(私、そんなに酷いことしたっけ…)
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:17:50.38 ID:18FT+cBO0
学校

早乙女「…」

ほむさやマミ「…」

早乙女「…あなた達には一番後ろの席に行ってもらいます」

ほむさやマミ「…はい」

早乙女「巴さん…仕方ないからあなたには2年の授業を受けてもらうけど、我慢してね」

マミ「…はい」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:34:01.19 ID:8IgPK07q0
ほむら(その日の放課後には、巴マミは3年生ではなく、2年生におとされることが決まった)

ほむら(そうなることは予測していたが、巴マミはかなりショックを受けていた)

ほむら(学年が変わったことにより、巴マミの友人と会うことも少なくなり)

ほむら(クラスの人達も巴マミの負のオーラによって彼女と親しくなろうとするものはいなかった)

ほむら(私も悲しいことがあった)









ほむら(席が後ろになっても、巴マミのせいでまどかが見えない!)
152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:37:39.10 ID:8IgPK07q0
ほむら(このところ、巴マミはほとんど喋らない)

マミ「…」

さやか「…」

さやか「…マミさん!帰りに私ん家寄ってもいいですか?」

マミ「…ええ…いいわよ…」

さやか「…」
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:39:21.60 ID:8IgPK07q0
マミホーム

マミ「…」

さやか「…」

ほむら「…」

さやか「マミさん、さっき私が何のために私ん家寄ったか気にならないんですか?」

マミ「別に興味ないわ…」

さやか「…マミさん、最近変ですよ」

さやか「魔女退治もほむらに任せっきりだし…」

マミ「…別にいいじゃない」

マミ「私が死んだって…」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:40:52.94 ID:8IgPK07q0
さやか「よくない!」

さやか「マミさんが死んだら、私もほむらも悲しいですよ」

マミ「…嘘」

マミ「私が死ねば、二人でイチャイチャできるじゃn」
さやか「それとこれとは話が違います!」

マミ「…」

さやか「それにまどかだって…」

マミ「…だって、あなた達と一緒にテレビも見れないし」

マミ「食事だって、違うテーブルだし」

マミ「私、一人ぼっちじゃn」
ほむら「あなたは一人じゃないわ」

ピンポーン

さやか「あ、来た!」

マミ「…?」
158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:42:49.68 ID:8IgPK07q0
配達員「宅急便でーす」

さやか「はーい」ガチャ

配達員「(何だ、この人達…)ここにハンコお願いしまーす」

さやか「はい」

配達員「ありがとうございました~」

マミ「…?」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:44:57.68 ID:8IgPK07q0
数分後

さやか「よし、空いた!」

さやか「はい、マミさん!」

マミ「これは…DSと…ポケモン?」

さやか「ほむらと考えたんです」

さやか「片手でも出来るゲームを考えて…」

ほむら「まあ、一対一とか一人ハブられるけど、これぐらいしか思いつかなかったから…」

マミ「…」

マミ「…ごめんなさい」
160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:47:33.12 ID:8IgPK07q0
さやか「マミさん?」

マミ「ごめんなさい…私はひとりぼっちじゃなかった…」

ほむら「巴マミ…」

マミ「落ち込んでたのがバカみたい」

マミ「さあ、遊びましょ!三人で!!」

ほむさや「はい!」








さやか「マミさん、そろそろ…」

ほむら「私も、もう寝たい…」

マミ「ダメよ!今夜は寝かさないわ!」

マミさん編 完
161: +杏子編開始 2011/06/25(土) 01:49:25.77 ID:8IgPK07q0
ほむら(巴マミもくっついて数日後)

さやか「ごめんね、ほむら!マミさん!私の用事に付き合わせちゃって!」

マミ「別にいいわよ、これくらい」

ほむら(私のことを好きになっても、上条恭介のもとへ通っている)

ほむら「巴マミ、病室に入る前にこれを付けといて」

さやか「また、ヘッドホンと目隠しかよ…いいのに、別に…」
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:50:53.52 ID:8IgPK07q0
上条「さやか、また来てくれたのか…い?」

さやか「あ~また、ちょっとあってくっついちゃって…」

上条「そ、そうなんだ…」

さやか「あれ?あんまり驚いてないね?」

上条「最初に比べたら…ね」









ほむら『インパクト無いとか言われてるわよ、巴マミ』

マミ『盗み聞きはやめなさい、それにそんなこと言ってないじゃない』

ほむら『似たようなことは…ってあなたもしてるじゃない』
163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:52:05.51 ID:8IgPK07q0
さやか「で、今日もCD買ってきt」
上条「さやかはさ、僕をいじめてるのかい?」

さやか「え…」

ほむマミ『お?』

上条「何で今でもまだ、音楽を聴かせるんだ?嫌がらせのつもりなのか?」

さやか「だって、それは…恭介が音楽好きだから…」

上条「もう聴きたくないんだよ!自分で弾けもしない音楽なんて!!」

さやか「…!」


マミ『暁美さん、ここから先は聞かないほうがいいわ』

ほむら『…少し興味深かったけれど、そうするわ』



……

………

ほむら(あ、動きだした)
165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:54:07.98 ID:18FT+cBO0
さやか「…」

マミ『そろそろ、目隠しとヘッドホン取ったらダメなのかしら?』

ほむら『さあ?取ってよかったら、取っていいって言うでしょ』

マミ『そうね…それにしても、どこに行くのかしら?エレベーターに乗ってるのはわかるんだけど…』
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:56:25.48 ID:18FT+cBO0
数分後

ほむら『風が吹いてるから屋上というのは、わかるんだけど何してるのかしら』

マミ『さあ、彼に告白をしてるとか?』

ほむら『あれだけ、私のことを好きって言ってたのに?』

マミ『それもそうね…とにかく、美樹さんが取るのをOKしてくれるまで待ちましょう』













『取っていいよ、ほむら、マミさん』
167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:58:30.84 ID:18FT+cBO0
魔女の結界内

使い魔達がまどかの目の前に立ちはだかる

まどか(…私の人生、これで終わりなんだ)

まどか(バイバイ、マミさん…ほむらちゃん…)

まどか(さやかちゃん…)









「おりゃぁぁぁぁ!!!」
168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 01:59:54.44 ID:18FT+cBO0
まどか「さやか…ちゃん…?」

さやか「これで…」

さやか「トドメだーーー!!!」



さやか「やーごめんごめん」

さやか「間一髪だったね」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「初めてにしはよくやったでしょ、まどか、マミさん」

さやか「…ほむら」

ほむら「…」

マミ「確かに初めてでしかも、左手だけにしてはよくやったけど…」

さやか「ですよね?マミさん!」

マミ「ほら、暁美さんも何か言ったら」

ほむら「…」

さやか「…」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:02:53.01 ID:18FT+cBO0
~回想~

ほむマミ(え?)

ほむマミ「…キュゥべえ!」

ほむら「…美樹さやか、契約したというの」

さやか「…うん」

ほむら「どうして…!?契約してはダメと言ったのに!」

ほむら(甘かった……もっと、ちゃんとしていれば…!)


現在

ほむら(何を願ったか聞いたら、やはり上条恭介の右腕を治すことだった)

ほむら(このままいけば、美樹さやかは魔女となる)

ほむら(そして、巴マミはその真実に耐えきれなくなり…)

ほむら(…このままでは…!)

さやか「ねえ、ほむら。何か言ってよ」

ほむら「…」
170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:05:21.56 ID:18FT+cBO0
さやか「あ!もしかして、ほむら嫉妬してる?私の願ったことがほむらのことじゃなかったから!」

さやか「大丈夫、私はもう一度恭介の演奏を聴きたかっただけだから!ほむらにも聴かせたかったしね!」

さやか「それにどんなことがあっても、私はほむら一筋ですから!」










ほむら(前言撤回、この美樹さやかは魔女にならない)
172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:07:38.76 ID:18FT+cBO0
「で、用って何?」モグモグ

QB「巴マミがちょっと面倒に巻き込まれてね」

「面倒って?」

QB「…魔法少女同士でくっついたんだ」

「???」

QB「…まあ、見ればわかると思うよ」

QB「で、その原因が恐らく僕の契約した覚えのない魔法少女なんだ」

「はぁ?何それ?」

QB「僕にもわからない。彼女がどんな行動をとるかも…だから、これ以上厄介なことが起こる前n」
「わかった、わかった。要するに…」







杏子「ブッ潰しちゃえばいいんでしょ?その子」
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:09:38.95 ID:18FT+cBO0
次の日の放課後

まどか「さやかちゃんは魔法少女になって後悔とかないの?」

さやか「う~ん、あるとしたら…」






さやか「ほむらからマミさん離すことを願わなかったことかな」

まどマミ(え…)

ほむら(巴マミだけじゃなく美樹さやかも離れてほしいのだけれど…)
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:11:41.50 ID:18FT+cBO0
ほむら「いた、使い魔よ」

さやか「逃がすかぁっ!」







カキン

さやか「!?」

マミ「これは…もしかして…」

ほむら(佐倉杏子…!)
175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:13:49.18 ID:18FT+cBO0
杏子「ちょっとちょっと!巴マミ、まだ人助けなんてしてr」













杏子「ギャハハハハハ!!!」

杏子「くっついたって…ハハ…そういう意味か!…ギャハハハ…!!」

さやマミ「…」

ほむら(…まあ、こうなるわよね)
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:15:14.90 ID:18FT+cBO0
まどか「あっ、使い魔が逃げちゃう…!」

さやか「追わなきゃ…!」
杏子「やめろって」チャキ

さやか「何すんの!?あれほといたら、人が殺さr」
杏子「いいじゃん、別に」

杏子「四、五人喰わせて魔女にすれば、グリーフシード孕むんだから」

杏子「卵産む前の鶏締めてどうすんの?」

さやか「…!」

さやか「あんた、魔女に襲われる人達を見殺しにする気!?」

杏子「なんかさぁ、勘違いしてない?」

杏子「弱い人間を魔女が喰う。その魔女を私達が喰う」

杏子「それが当たり前のルールでしょ?学校で習ったよねぇ…食物連鎖ってやつ?」

さやか「…」

マミ「佐倉さん…やはり、まだその考えなのね」

ほむら「…」
178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:17:39.98 ID:18FT+cBO0
杏子「まさかとは思うけど…人助けだの正義だのそんな冗談かます為に、キュゥべえと契約したわけじゃないよねぇ?」

さやか「……!!」

ほむら「やめなさい、美樹さやか」グイッ

さやか「止めないでよ…ほむら…あいつは…!」

ほむら「あなたが彼女と戦うなら、その足を斬り落としてでも止めるわ」

さやか「…」

ほむら「あなたもさやかを挑発するのはやめてくれる?佐倉杏子」

杏子「!?」

杏子「あんた…どこかで会ったか…?」

ほむら「さあね」

ほむら「で、提案だけどこのまま退いてくれないかしら」

杏子「…ああ、いいぜ」

杏子「戦うにしても1対3じゃ分が悪いし、今日のところはそうさせてもらうよ」

ほむら「賢明ね」
179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:19:50.84 ID:18FT+cBO0
さやか「何なの、あいつ!」

マミ「前にも言ったでしょ、グリーフシード目当ての魔法少女がいると」

さやか「けど、本当にいるなんて…」

さやか「もし、今度あったらぶちのめしてやr」
ほむら「ダメよ」

さやか「…どうして」

ほむら「ワルプルギスの夜を倒すのに彼女も協力してもらうわ」

マミ「…!知ってたのね…」

さやか「?」
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:22:06.16 ID:18FT+cBO0
深夜

さやか「そういやさぁ…ほむら」

ほむら「何?」

さやか「さっき、あいつと話してるとき、さりげなく『さやか』って下の名前で呼んだよね」

ほむら「…別にあなたを呼んだわけじゃないのだけど」

さやか「やっと、さやかって呼んでくれるんだね!だから、もう一度呼んでくれる?」

ほむら「嫌」

さやか「ケチ」








マミ(ティロっていいかしら…)
182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:25:07.28 ID:8IgPK07q0
さやか「…」スースー

マミ「ねえ、暁美さん」

ほむら「…何かしら」

マミ「佐倉さんのことやワルプルギスの夜のことを知ってたのはどうして?」

マミ「あなたは何者なの?」

ほむら「…」

ほむら「…あなたの仲間。それで問題がある?」

マミ「…そうね。じゃあ、そろそろ寝ましょうか」

ほむら「ええ、おやすみ、巴マミ」

マミ「おやすみ、暁美さん」
184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:27:56.84 ID:8IgPK07q0
次の日

マミ「…やはり、使い魔の反応は無いわね」

さやか「…あいつのせいだ」

さやか「やっぱり、あいつとは戦うべきだよ、ほむら!」

ほむら「ダメよ、彼女にはワルプルギスの夜を倒すのに協力してもらう」

ほむら「…それより、帰りにゲームセンターに寄ってもいいかしら?」

マミ「私は別にいいわよ」

さやか「私もいいけど、何で?」

ほむら「…ちょっとね」

さやか(はっ!これはもしかして、デート!?)

さやか(もう!ほむらったら照れ屋さんなんだから!)
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:29:18.89 ID:8IgPK07q0
ゲーセン

さやか「…」

杏子「で、私になんか用?」

ほむら「魔法少女に関する話よ、ここじゃ注目を集めるから場所を変えましょ」

杏子(注目を集めてるのはあんた達なんだけど…)

杏子「ああ、いいぜ。けど、これが終わったらな!」

さやか「…」



とある橋の上

まどか「…あれ?」

まどか(マミさんにさやかちゃんにほむらちゃん)

まどか(…それに昨日の子)

まどか(何話してるんだろ…)

まどか(…ちょっと近づいてみよ)
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:31:38.08 ID:8IgPK07q0
ほむら「もう少しすれば、この街にワルプルギスの夜が来る」

ほむら「そいつを倒すのに協力してほしいの」

杏子「ワルプルギスの夜…確かに強敵だな」

ほむら「そいつを倒したら、私達はこの街を去る」

まどさやマミ「えっ!?」

マミ「って、鹿目さん!?」

ほむら「まどか!?」

さやか「ちょっと、ちょっと!何勝って決めてんのよ、ほむら!」

ほむら「それぐらいしないと、佐倉杏子は協力しないわ」

マミ「だからって勝手すぎるわ」

まどか「ほむらちゃん…そんな悲しいこと言わないでよ…」

ほむら「まどか…」

ほむら「…わかったわ。佐倉杏子、魔女退治にあなたと私達が遭遇したら」

ほむら「あなたに優先的にグリーフシードを与えるわ、それでいいかしら?」

杏子「ああ、いいぜ」
189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:33:26.06 ID:8IgPK07q0
杏子「なんて言うと、思ったかい?」

ほむら「…やはり、さっきの条件じゃないとダメかしら」

杏子「そういう問題じゃねえ」

杏子「今、あんたにマミと青いのがくっついてんのはあんたのせいなんだってな」

杏子「もし、あんたと協力してワルプルギスの夜を倒しても」

杏子「あんたが私を地面にでもくっつけて、約束なんて無視するかもな」

さやか「ほむらはそんな卑怯なことしないよ!」

杏子「さあねぇ?それより巴マミ」

マミ「…何かしら」

杏子「私と組んで、ほむら…だっけ」






杏子「倒さない?」

マミ「!?」
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:35:21.82 ID:8IgPK07q0
杏子「大体、何であんたくっついたまんまなの?」

杏子「そこの青いのに切り離してもらって、傷は魔法で治せばいいじゃん」

杏子「それにあんた聞いたよ、そいつのせいで学校で孤立したんでしょ」

杏子「憎くないの?」

マミ「…確かに暁美さんとくっついて孤立したかもしれない」

マミ「でも、今は…暁美さんに美樹さんがいる」

マミ「それで充分よ」

ほむら「巴マミ…」
さやか「マミさん…」
191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:38:08.99 ID:8IgPK07q0
杏子「じゃあ、そいつ殺せば考えなおす?」

マミ「えっ!?」

まどか「そんな…」

さやか「…!」

ほむら「…」

杏子「ワルプルギスの夜は強敵だけど、こいつと組むのも嫌だ」

杏子「さすがにそいつが死んだら、切り離さざるを得ないよねぇ?」

ほむら「…あなたと戦うなんて時間のムダよ」

ほむら「帰るわよ、巴マミ、美樹さやか、まどか」

杏子「けど、青いのがヤル気みたいだよ?」

さやか「…やっぱり、あんたは許さない」

ほむら「やめなさい、美樹さやか、私の言うことが聞けないの」

さやか「こればっかりは譲れないよ、ほむら」

杏子「ま、逃げようたって逃がさないんだけどね」シュイイイイン
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:41:10.14 ID:8IgPK07q0
ほむら「3対1で勝てると思うの?」

杏子「昨日は驚いたけど、よく考えればそんな状態で戦えるわけないしね」

杏子「そんなハッタリは効かないよ」

さやか「そんなことない!

さやか「私達のコンビネーション見してあげる!」バッ

ほむら「だから、やめなさい!」グイッ

さやか「あっ!」コロコロコロ…

マミ「えっ、どうしたの?」
194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:43:31.55 ID:8IgPK07q0
ほむら(ソウルジェムがトラックに乗って…まずい!)シュイイイイン

ほむら(時間停s)グサッ

さやか「ほむら!」

まどか「ほむらちゃん!」

マミ「どうしたの、暁美さん!?」

杏子「拾いに行かせないよ」

杏子「これで2対1…いや、1対1かな?」

ほむら「くっ…」

さやか「お前…よくもほむr」バタッ

マミ「美樹さん?」
まどか「さやかちゃん?」

杏子「?」

さやか「」

ほむら「くっ…」シュン

杏子「消えた!?」
195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:45:19.00 ID:8IgPK07q0
時間停止を繰り返しながら、巴マミは動けないほむらとさやかを背負い、走るより速いのでジャンプを続ている



ほむら「巴マミ…私が時間停止を繰り返すからあなたがトラックを…」

マミ「…それはいいけど、大丈夫なの?暁美さん…それに美樹さんは…」ビュン

ほむら「…私は大丈夫…美樹さやかもソウルジェムがあれば…」

マミ「…後でちゃんと説明してくれる?」ビュン

ほむら「…ええ…………あれは!」

杏子「おっと!逃がさないよ!」バッ

ほむら「くっ…!」シュン

杏子「ちっ…ちょこまかと逃げんじゃねぇ!」バッ

ほむら「マミ…右に行って」

マミ「ええ!」ビュン

ほむら「次は…左…」

マミ「こっちね!」ビュン
196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:47:27.36 ID:18FT+cBO0
杏子(…確かにいいコンビネーションだな)

杏子(ほむらって奴が私の攻撃を見て、マミに的確に指示を与え、避けている…)

杏子(それに加えて、瞬間移動が厄介だ)

杏子(…そういや、あの青いのは何でさっきからぐたっとしてるんだ?)

杏子(まあ、いいや)

杏子(あいつらの連携の弱点はわかった)

杏子「これなら…どうかな!」バッ

杏子「って、ハズしたぁ!」

ほむら(ハズした?佐倉杏子が?)
197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:49:26.10 ID:18FT+cBO0
ほむら「マミ…そのまま、前方へ」

マミ「ええ!」ビュン

マミ「って…これは!?」

ほむら「…どうしたの…?」













ドガァ
199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:51:57.93 ID:18FT+cBO0
マミ「くっ…足が…」

ほむら「…まさか……始めから……地面を…狙って……?」

杏子「あんた達の連携は確かに凄い」

杏子「でも、それが逆に弱点でもある

杏子「あんた達の弱点は役割分担したこと」

杏子「マミはトラックを追いかけること、ほむらは私の攻撃を見極めることに集中した」

杏子「だから、私が地面を破壊するという作戦に気付かなかったのさ」

ほむら(佐倉杏子…やはり、戦闘に関しては優秀ね…)
200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:53:58.13 ID:18FT+cBO0
杏子「さぁ、あんたの命もらうよ」

ほむら「くっ!」

杏子「…」

杏子(そういや、こいつ…)

杏子「…」ガッ

ほむら「…?」

杏子「どういうことだ、おい…」

杏子「…こいつ、死んでるじゃねぇか!」
202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:57:01.34 ID:18FT+cBO0
マミ「えっ!?どういうことなの、暁美さん!?」

ほむら「…佐倉杏子」

杏子「何だよ?」

ほむら「……さやかのソウルジェムを取って来て…くれる?」

マミ杏「!?」

杏子「おいおい、正気か?あんたの命を狙ってた奴にそんなこと頼むか?」

ほむら「…じゃあ、ソウルジェムを取って来てくれたら、私を殺してもいいわ」

マミ「暁美さん!?」

杏子「何で…そこまで…」

ほむら「…さやかは……私の言うことを聞かないし……私の嫌がること…ばかりするけれど…」

ほむら「けど、だからって…」

ほむら「このまま死んだら…私だって悲しいから…」

杏子「…」
203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 02:59:33.73 ID:18FT+cBO0
ほむら「…あなたにしか…頼めないの…」

杏子「…私が嫌と言ったら?」

ほむら「…いいえ……あなたはそんなことを…言わない」

杏子「…やっぱり、あんた…前に一度…」

ほむら「お願い……早く!」

杏子「…っ!」 シュッ


マミ「ねえ、暁美さん…」

ほむら「何かしら…」

マミ「佐倉さんのことも知ってるみたいだし、今起きてることもわかってるみたいだし…」

マミ「あなたはどこで、知ったの?」

ほむら「…」

ほむら「…いずれ……話すわ…」

マミ「…」
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:01:31.70 ID:18FT+cBO0
数分後

さやか「…げほっ、げほっ!」

ほむら「さやか!」
マミ「美樹さん!」

さやか「…あれ?ここ、どこ?」

さやか「って、ほむら!キズが!…私のソウルジェムは!?」

杏子「…ほらよっ」

さやか「あっ…何であんたが…」

杏子「さあね…それより早くキズ治してあげなよ」

さやか「あっ、そうだ!」
206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:03:25.66 ID:18FT+cBO0
またもや橋の上

まどか(ほむらちゃん達、大丈夫かな…)

ほむら「まどかっ!」

まどか「ほむらちゃん!ケガは大丈夫なの?」

ほむら「ええ、心配させてごめんなさい」

まどか「さやかちゃんも大丈夫?」

さやか「うん…なんともないけど…」

杏子「それより、さっきこいつが死んでたのは何だったんだよ」

杏子「そいつにも教えるためにこっちまで来たんだろ?」

まどか「えっ…死んでたって!?」

ほむら「…ええ、話すわ。ソウルジェムの秘密を」
207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:05:05.67 ID:18FT+cBO0
ほむら(私はソウルジェムの秘密を話した)

ほむら(全員、その事実を驚いていた)

ほむら(そのせいか、佐倉杏子は私の命を奪わなかった)

ほむら(まあ、彼女があの状況で私を殺さなかったのは大体予測していたけど)

ほむら(私達は何も話さないまま家に帰り、眠りについた)









ほむら(それにしても、演技のつもりだったのについ、さやかって言ってたわ)

ほむら(…まさかね)
209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:07:05.07 ID:18FT+cBO0
次の日
学校

早乙女「それでは、HRを始めます」

まどか(ほむらちゃん達、欠席か…)

まどか(やっぱり、昨日のことがこたえてるのかなぁ…)


昼頃

杏子「ここか…」

杏子(あいつら…今はマミの家に住んでるのか…)

杏子(…テレパシーで呼びかけても、反応がないな…)

杏子(ドアは…)ガチャ

杏子(あれ?あいてる…)

杏子(まさか、あいつら!心中でもしたんじゃ!)
210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:09:09.97 ID:18FT+cBO0
さやか「ほむら~ふーふーして食べさせて~」

ほむら「もう、熱下がったんでしょ!自分で食べなさい!」

マミ「暁美さん…もうちょっと…静かにしてほしいのだけど」

ほむら「そう言われても…さやかが!」

さやか「あっ!やっぱり、さやかって言ってる!」

ほむら「違うの、これは…!」










杏子「…何やってんの、あんたら」
212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:11:30.49 ID:18FT+cBO0
ほむら「さやかとマミが風邪をひいたから看病してたのよ」

杏子「…」

杏子「つーか、さっきからテレパシーで呼びかけてたよな?何で返事しないんだよ」

さやか「あんたなんかと話すよりほむらと話したほうがいいからに決まってんでしょ!」

マミ「…頭痛いから返事する気力もないのよ…」

ほむら「二人の面倒見るので精一杯よ」

杏子「つーか、魔法で治せよ…」

さやか「魔法で治したら、ほむらが看病してくれないじゃん!」

ほむら「うるさい」

マミ「…魔法使うほどのことでもないでしょ…」

ほむら「使ってよ…」
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:13:13.09 ID:18FT+cBO0
ほむら「で、何の用?佐倉杏子」

杏子「いや、あんた達どうしてるかなって思って…」

杏子「昨日、いろいろあったから…さ」

杏子「…それにあんた」

さやか「私?」

杏子「あんたを連れて行きたい場所があったけど…」

マミ「ごほっ、ごほっ」
214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:15:15.00 ID:18FT+cBO0
杏子「マミがその調子じゃ、無理そうだからな、また今度にするよ」

マミ「私は…ごほっ…別にいいわよ…静かにしてくれるなら…ごほっ」

マミ「どうせ…ここに…ごほっ…居ても…二人が…うるさいから…」

ほむら「マミがいいと言うのなら行きましょう、佐倉杏子」

杏子「あ、ああ…」

ほむら「あ」

杏子「どうした?」











ほむら「マミを運ぶの手伝ってくれる?」

杏子「やっぱり、明日でいいよ…」
215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:17:15.78 ID:18FT+cBO0
まどか(ほむらちゃん達、マミさん家に居なかったな…)

通行人A「いやー、すごかったな」

通行人B「あれが噂のくっついて離れない少女達なんだな」

まどか(くっついて離れない少女達ってほむらちゃん達のことかな?)

まどか(あの人達が来た方向から考えて…こっちかな?)タタタ



杏子(結局、運ぶことになった…)

まどか「ほむらちゃん!さやかちゃん!マミさん!」

ほむら「まどか!?どうして、ここに?」

まどか「ほむらちゃん達のことが心配で…」

杏子「なあ、こいつ何なんだ?この前からあんたらと一緒にいるし、魔法少女じゃないみたいだけど…」

ほむら「…鹿目まどか、キュゥべえに選ばれた一人よ」

ほむら「そして今、キュゥべえに最も契約を迫られているわ」

杏子「…じゃあ、あんたもついて来な、話したいことがある」

まどか「…うん」
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:19:05.18 ID:18FT+cBO0
杏子「そういや、あんたさ」

さやか「…何」

杏子「上条っていう坊やのために契約したんでしょ」

杏子「それでこんな身体にされて…」

杏子「後悔してる?」

さやか「…さあね」

さやか「でも、ほむらとこうなる前の私なら落ち込んでたと思う」

さやか「『こんな身体にされて、恭介と付き合えない』ってね」

さやか「でも、今はほむらが居れば私にとっては十分」

さやか「あと、マミさんもね」

さやか「だから、後悔なんてないと思う」

ほむら「さやか…」
まどか「さやかちゃん…」
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:21:33.25 ID:8IgPK07q0
さやか「でも、ほむらとこうなる前の私なら落ち込んでたと思う」

さやか「『こんな身体にされて、恭介と付き合えない』ってね」

さやか「でも、今はほむらが居れば私にとっては十分」

さやか「あと、マミさんもね」

さやか「だから、後悔なんてないと思う」

ほむら「さやか…」
まどか「さやかちゃん…」
220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:23:06.32 ID:8IgPK07q0
さやか「あんたは後悔してるの?」

杏子「あたしはさ、まーいいかなって思ってるんだ」

杏子「この力で好き勝手できるしね」

さやか「…あんたは自業自得でしょ」

杏子「そう、あたしは自業自得して生きてるんだよ」

杏子「自分の為だけに生きてれば、全部自分のせいだ」

杏子「後悔なんてあるわけない」

杏子「そう思えば、大抵のことは背負えるもんさ…」






杏子「…着いたよ」
221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:25:24.06 ID:8IgPK07q0
まどか「ここは…教会?」

さやか「こんな所にまで連れて来て何なの?」

杏子「とりあえず、マミを楽にしてやろうぜ、汚ねぇけど椅子に座りな」

ほむら「ええ、そうさせてもらうわ」

杏子「…ちょいとばかり長い話になる」

さやか「!」パシッ

杏子「食うかい?」

さやか「…」ヒョイ

杏子「…!」グイッ

さやか「!」

まどか「さやかちゃん!」

杏子「食い物を粗末にするんじゃねぇ…殺すぞ?」
222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:28:07.79 ID:8IgPK07q0
ほむら「…やめてあげて、佐倉杏子」

ほむら「さやかは悪気があってしたんじゃないの」

杏子「…」

杏子「…あんた達は食うかい?」

ほむら「…私は遠慮するわ」

まどか「…私もいいや」

さやか「…」

ほむら「それで何で私達をここに?」

杏子「……ここはね、あたしの親父の教会だったんだ」

まどか「…」
さやか「…」
ほむら「…」
225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:30:41.29 ID:8IgPK07q0
ほむら(私達は黙って佐倉杏子の話を聞いた)

ほむら(彼女の父親のこと、彼女が契約した理由)

ほむら(…そして、彼女の家族の最期について)





杏子「…だから、心に誓ったんだ」

杏子「二度と他人の為に魔法は使わないってね」

まどか「…」
さやか「…」
ほむら「…」
226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:32:27.02 ID:8IgPK07q0
杏子「奇跡ってのはタダじゃない」

杏子「希望を祈った分だけ、同等の絶望が撒き散らされる」

杏子「そうやって差し引きゼロにして世の中は成り立ってるんだよ」














「そんなの絶対おかしいよ!」
227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:34:49.00 ID:8IgPK07q0
ほむら「まどか…」

まどか「だって…変だよ…」

まどか「えっと…杏子ちゃんは杏子ちゃんのお父さんのことを思って、契約したんでしょ?」

まどか「なのに、杏子ちゃんの家族が…」

ほむら「おかしくないわ」

ほむら「魔法少女の願いは奇跡の力で無理矢理実現しているの」

ほむら「無理矢理実現しているのだから、そこから歪みが生まれやがて絶望になる」

ほむら「魔法少女の願いなんてそういうものよ」














まどか「じゃあ、ほむらちゃんの願いからも絶望が生まれたの?」
228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:36:30.61 ID:8IgPK07q0
ほむら「…」

ほむら「…ある意味、生まれたのかもしれない」

ほむら「でも、私は……まだ信じてる」

ほむら「…希望があることを」

まどか「だったら、信じようよ!必ずしも希望が絶望を生むわけじゃないって!」

杏子「ふん…家族が居なくなったあたしに希望なんか」
まどか「あるよ!」

まどか「杏子ちゃんは魔女から人々を守ろうとしてたんでしょ?」

まどか「杏子ちゃんには、まだ出来るよ!」

杏子「…」

まどか「だから、杏子ちゃんも希望を信じて!」

ほむら「まどか…」

杏子「…」
230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:38:23.87 ID:8IgPK07q0
さやか「…」

さやか「…ごめん」

杏子「…?」

さやか「あんたのこと、誤解してた」

さやか「あと、あんたがここに連れて来た意味もわかった」

杏子「…」
231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:40:17.90 ID:8IgPK07q0
さやか「だけど、私は自分の為だけに戦うなんて出来ない」

さやか「もしそれが気に食わなかったり、ほむらを殺すつもりならかかって来なよ」

さやか「1対1で…最初で最後の戦いを…」

杏子「…」

さやか「行こう、まどか、ほむら」

まどか「うん…」
ほむら「…ええ」

杏子「…」










ほむら「あ、まどか、マミを運んでくれる?」

まどか「あ、うん」

さやか「…」
232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:42:26.80 ID:18FT+cBO0
杏子(…)

杏子(あーあ、なんか笑っちまうよな)

杏子(あたしは青いのに、自分の為に生きろ)

杏子(あのまどかってやつに他人の為に願うなって忠告するつもりでここに連れて来たのに…)

杏子(あの二人のせいで…)













杏子(もう一度…他人の為に戦いって思ってる…)
234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:44:39.56 ID:18FT+cBO0
次の日
魔女の結界内

さやか「くっ…この魔女強い!」

マミ「防御で精一杯ね…」

ほむら「それでも…私達は必ず勝つ!」















「手を…貸してやろうか?」
235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:46:09.70 ID:18FT+cBO0
ほむら「佐倉…杏子…」
マミ「佐倉さん…」

さやか「どういうつもり?何、企んでんの?」

杏子「別に…あんた達を助けたいだけさ」

杏子「ほら、来たよ!」

ほむさやマミ「!」

杏子「おりゃあっ!」

マミ「あんなにいた使い魔が…」

さやか「一瞬で…」

ほむら(やはり、強いわ…佐倉杏子)

杏子「ほら、一気に行くよ!」
236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:48:03.72 ID:18FT+cBO0
ほむら(佐倉杏子が次々に使い魔を蹴散らしていく)

ほむら(これでやっと…魔女のところへ行くことが出来る)

杏子「よし、あとは魔女を倒すだけだ!」

ほむマミ「ええ!」

さやか「…」












ほむら「佐倉杏子!危ないっ!」

杏子「え?」
237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:50:14.10 ID:18FT+cBO0
使い魔の攻撃によって杏子の身体は地面を離れ、奈落の底へ落ちようとしていた

ほむら(…!時間停…)

時間を止めようとした瞬間、ほむらとマミの動きを大量の使い魔が止めた

マミ「これじゃあ…動けない!」

ほむら「…さやか、佐倉杏子を助けてあげて!」

さやか「…うん!」

さやかは手を伸ばしたが、届かなかった

杏子にはもう世界が逆さまに見え始め、奈落の底に落ちる寸前だった

さやか(ダメ…届かない…!)

さやか(どうしたらいいの…ほむら!)

さやか(……そうだ!)

ほむら(さやか!?私の盾から何を?)

さやか(…よし!何とか取れた!)

さやか(あとは…)
238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:52:05.28 ID:18FT+cBO0
杏子(罰が当たったのかな…)

杏子(今まで自分の為に戦ってきたのに…)

杏子(他人の為に戦いたいなんてわがまま言ったから…)

杏子(でも、頼むよ…神様…)

杏子(こんな人生だったんだ…)

杏子(幸せな夢…見させてくれよ…!)












さやか「届けぇぇぇぇっっっっ!!!」
239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:54:18.15 ID:18FT+cBO0
杏子(どうなってんだ…?)

杏子(あたしの右足のつま先が…あいつの左足つま先にくっついて…?)

さやか「ほら!ぼーっとしてないで、手伸ばして!」

杏子「お、おう!」


さやか「はぁはぁ…」

杏子「はぁはぁ…」

さやか「早く…ほむらとマミさんを…」

杏子「…ああ」


ほむら「助かったわ、佐倉杏子」
マミ「ありがとう、佐倉さん」

ほむら(さやか…杏子を助けるために…アレを…)

杏子「礼なら私じゃなくて、こいつに…それより早く魔女を…!」

ほむマミ「ええ!」
さやか「うん!」
241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:56:39.61 ID:18FT+cBO0
魔女退治後

さやか「はい、グリーフシード」

さやか「これで借りはチャラね」

杏子「いいよ、助けてもらったから」

さやか「でも、私達と離れられなくなったじゃん」

杏子「別にいいよ、久々に他人の為に戦うのも悪くなかったし…」

杏子「それにあんた達と居るの…楽しそうだしな…」

ほむら「佐倉杏子…」
マミ「佐倉さん…」
242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:58:15.50 ID:18FT+cBO0
杏子「とにかく、これはあんたのm」
さやか「あんたじゃない」

さやか「美樹さやか…まだ、ちゃんと名乗ってなかったね」

杏子「そういや、あたしもまだだったな…」

杏子「佐倉杏子だ…よろしく」

さやか「うん…よろしく」

杏子「食うかい?」つうんまい棒

さやか「うん…食べる」
243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 03:58:55.11 ID:18FT+cBO0
杏子「うんめぇっ、マミの料理!」

マミ「佐倉さんのお口に合って嬉しいわ」

杏子「こんな美味いもん、食ったの久々だ!」

杏子「ただ一つ問題なのは…」












杏子「正座つらい…」

さやか「我慢しなさいよ…」
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:00:57.59 ID:18FT+cBO0
お風呂

マミ「そろそろ、お風呂もきつくなってきたわね…」

さやか「いやいや、まだ大丈夫ですよ、マミさん」

ほむら「…」ジーッ

杏子「ん…どうしたんだ、ほむら?」

ほむら「いいえ、別に…」

さやか「あ!まさか、杏子のことを好きにn」
ほむら「違うわよ…」













ほむら(よく食べるからって胸が大きくなるわけじゃないのね…)
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:03:17.00 ID:18FT+cBO0
さやか「…」

杏子「…何だよ、その不満そうな顔は」

さやか「…何であんたが私とほむらの間に入るのよ」

杏子「しょうがないだろ、布団が二つしかないんだから」

さやか「これじゃあ、ほむらの顔が見えないじゃん!」

ほむら「いいわよ、見えなくて…」
247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:04:58.77 ID:18FT+cBO0
杏子「…」

ほむさやマミ「…」スースー

杏子(普段と違う状況だからか、寝れない…)

さやか「ほむら~」ムニャムニャ

杏子(しかも、さやかがあたしをほむらと勘違いして抱きしめてくるし…)

杏子(…)

杏子(それにしても、近くで見ると、こいつ……)











杏子(可愛いな…)
248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:07:06.79 ID:18FT+cBO0
さやか「…」スースー

杏子(気持ちよさそうに寝やがって…)

杏子(やっと眠くなってきたし、あたしも寝るか)

さやか「う、う~ん」パチッ

杏子(あ、さやかが目覚ました)

さやか「ほむら~?」

杏子(何だ、寝ぼけてんのか?)












チュ

杏子(!?)
249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:09:18.15 ID:18FT+cBO0
さやか(ほ、ほむらにキ、キスしちゃ………ん?)

杏子「よ、よお…」

さやか「…」

杏子「だ、大胆だな…」カァッ

さやか「…」












さやか「私のファーストキスがあああああああああ!!!!!」

杏子「えっ!?」
250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:11:17.78 ID:18FT+cBO0
さやか「どうしてくれんのよおおおおおお!!!!!」

杏子「いや、そんなこと言われても…」

さやか「大体、何で避けないのよ!」

杏子「い、いきなりで避けられなかったんだよ!」

さやか「うう…私のファーストキス…」

杏子(聞いてねぇし…)

杏子「ていうか、あたしもファーストキスだったんだぞ!」

さやか「知らないわよ、そんなこと!」

杏子「そんなことって何だよ!」

さやか「あんたのファーストキスなんか価値ないわよ!」

杏子「何だと!」

さやか「何よ!」

バキューン

マミ「うるさい…」

さや杏「」ガタガタブルブル
252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:13:22.36 ID:18FT+cBO0
マミ「さっさと寝なさい…」

さや杏「でも、今ので目が覚めちゃって…」

マミ「じゃあ、永遠の眠りにつく?」ゴゴゴゴゴ

さや杏「い、いえ、結構です!」ガタガタブルブル

マミ「…もういいわよ、あなた達のせいで私も目が覚めちゃったし」

さやか「すいません…」
杏子「マミ、すまねぇ…」

マミ「だから、もういいから…ね」

マミ「それにしても、よくこの騒ぎで起きないわね、暁美さん」

ほむら「…」スースー

さやか「ほむらって一度寝ると、簡単に起きないんですよ」

さやか「前にそれで困ったことがあって…」

マミ杏「困ったことって?」

さやか「あ…それは聞かないで…」
254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:14:09.72 ID:18FT+cBO0
ほむら「…まどかぁ」ムニャムニャ

さやか「あれ?」

マミ「どうしたの、美樹さん?」

さやか「いや…前は『鹿目さん』って寝言呟いてたのに、今日はまどかって言ってるから驚いちゃって…」

マミ「鹿目さん…って呼んだの?」

さやか「変ですよね…それについて聞いたら、黙っちゃうし…」

杏子「別に寝言なんだから、気にすることないじゃん」

さやか「そうなんだけど…」
255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:16:10.75 ID:18FT+cBO0
ほむら「まどかぁ…」ムニャムニャ

さやか「まだ言ってる…」

ほむら「こっちに…来てぇ…」ムニャムニャ

マミ「どんな夢を見てるのかしら」

ほむら「まどかぁ…あなたの…」ムニャムニャ














ほむら「…恥ずかしいところ、全部見せてぇ」ムニャムニャ

さやマミ杏「」

ほむら「まどかぁ…だーい好きぃ…」ムニャムニャ
256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:18:23.74 ID:18FT+cBO0


ほむら「…」モグモグ

さやマミ杏「…」モグモグ

ほむら「…何でそんなに静かなの?」

さやマミ杏「えっ!?」

さやか「い、いや何でもないの!」

マミ「そ、そう何でもないわ!」

杏子「そ、そうだぜ!あ、このパン美味えなぁ!」

ほむら「…?」
257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:20:34.44 ID:8IgPK07q0
さやか『ねぇ、誰がほむらの夢のこと、聞くの?』

マミ『わ、私は遠慮するわ…ここは美樹さんが聞くべきじゃない?』

さやか『え~私だって聞きづらいですよ…』

マミ『でも、気にならないの?』

さやか『そりゃあ、気になりますけど…』

杏子『よし、あたしが聞いてやる!』

さやマミ『本当!?』

杏子『ああ、うじうじしたってしょうがないからな』


ほむら「…」モグモグ

杏子「ほむら!」

ほむら「何かしら?」

杏子「まどかのこと、好きなのか?」

ほむら「ぶぅぅぅぅぅぅ!!??」

杏子「食いもんを粗末にすんじゃねえ!」

さやか(それは無理あるだろ…)
259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:22:11.92 ID:8IgPK07q0
ほむら「な、何をい、言って…」フキフキ

杏子「いや~ほむらが寝てるときに…」


杏子「…とか言ってたからさ、気になって」

ほむら「…」

杏子「ほむら?」

ほむら「死にたい…」ガクン

杏子「ああ、やっぱりそうなんだ」

さやか「別に恥ずかしがることないじゃん」

さやか「まどかに会ったらすぐにでも告白しちゃえばいいじゃん」

ほむら「…意外ね、あなたがそんなこと言うなんて」
260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:24:33.34 ID:8IgPK07q0
さやか「だって、まどかは親友だからね」

さやか「ほむらにならいいかな…って」

さやか「それにほむらとはずっと一緒に居られるしね」

ほむら「さやか…」












さやか「あ、でもまどかにふられたら、私と付き合ってくれる?」

ほむら「それは絶対にない」
261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:26:36.53 ID:8IgPK07q0
杏子「ところで、これからどっか行くのか?」

ほむさやマミ「………?」

さやか「何それ、ボケ?」

杏子「いや、本気だけど…」

ほむさやマミ「………」



登校中

杏子「い~や~だ~!」

さやか「子供か!お前は!」

杏子「中学の勉強なんてわかんねえぞ」

ほむら「別に問題ないと思うわ」

マミ「そうね、佐倉さんは生徒じゃないから、指されたりしないと思うわ」

杏子「なら、いいけど…」
263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:28:22.01 ID:8IgPK07q0
さやか「あ、そろそろまどかに会うんだから告白の準備しないとね」

ほむら「しないわよ」

さやか「しなさいy……あ、仁美!」

仁美「おはようごさいます、さやかさん、ほむらさん、マミさん……そちらの方は?」

さやか「あー、いろいろあってね…」

杏子「佐倉杏子だ、よろしくな」
264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:30:03.89 ID:8IgPK07q0
さやか「それよりまどかは?」

仁美「それがまだいらっしゃってないんです」

さやか「どうしたんだろ…まどか」

ほむら「…」

ほむら(いなくて嬉しいような、悲しいような…)



まどホーム

まどか「ごほっ、ごほっ」

まどか(風邪ひいちゃった…)

まどか(マミさんの風邪がうつったかな?)

まどか(昨日から調子わるかったからな…)
267: やっとここまできた… 2011/06/25(土) 04:32:23.36 ID:8IgPK07q0
ほむら(早乙女先生の呆れ顔を乗り越え現在授業中)



杏子(暇だ…)

杏子(さやかは眠ってるし…)

杏子(ほむらやマミにテレパシーで話しかけても無視されるし)

杏子(もう、菓子でも食うか…)

杏子(…ん?)



下校中

杏子「やっと、菓子返してもらった…」

さやか「あんたのせいで私が寝てるのばれたんだから、今度からそういうことやめてね…」

杏子「寝てるのが悪いんだろ」

ほむら「ところで、寄りたい場所があるのだけど」

さやか「まどかのところ?」

ほむら「いいえ…私の家よ」
270: ここから先が新規部分です 2011/06/25(土) 04:36:51.04 ID:8IgPK07q0
ほむホーム

さやか「やっぱり何度見てもすごい部屋…」

マミ「これ…ワルプルギスの夜のことじゃない…」

ほむら「ええ、そうよ」

ほむら「それよりワルプルギスの夜の資料を運びましょう、マミの家に」



マミホーム

ほむら「ワルプルギスの出現予測はこの範囲」

杏子「その根拠は?」

ほむら「秘密よ」

杏子「…こんなくっついて離れられない間柄でも秘密かよ」

マミ「そうよ、暁美さん。私達は仲間なんだから」

さやか「ねえ、ほむら…何を隠してるの?」

ほむら「…」
271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:37:50.52 ID:8IgPK07q0
ほむら「どうせ、信じないわ…」

さやか「信じるよ!ほむらのことなら!」

杏子「大体、こんな状態になってるのに、ほむらが嘘つく意味がないじゃんか」

マミ「そうよ、もう何日も一緒に居るんだから話してくれない」

ほむら(あなたに一番話したくないのだけど……)

ほむら(ソウルジェムのもう一つの秘密を話したら、マミは確実に……けど………しょうがない…)

ほむら「わかったわ……」

ほむら「その代わり、あなた達のソウルジェムをテーブルの上に置いてくれる?」
272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:40:05.40 ID:8IgPK07q0
さやマミ杏「何で?」

ほむら「私の話を聞けばわかるわ…私も置くから」

さやか「うん、わかった」

杏子「私達もほむらも同じ条件だから特に問題ないな」

マミ「さあ…話して、暁美さん」

ほむら「…ええ」
273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:42:42.94 ID:18FT+cBO0
ほむら(私は全てを話した)

ほむら(私が別の時間軸の人間であること、ソウルジェムのもう一つの秘密、そしてインキュベーターのこと…)

ほむら「これで…隠してたことは全て話したわ」

さやマミ杏「…」

ほむら「…」

マミ「暁美さん…」

ほむら「…何かしら」

マミ「辛かったわね…たった一人で…」

杏子「だけど、あんたはもう一人じゃない」

さやか「私達がいるからね!」

ほむら「みんな…」
276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:44:21.08 ID:18FT+cBO0
さやか「よし、まどかを契約させずにワルプルギスを倒そう!」

マミ杏「おー!」

ほむら「みんな…ありがとう…」ポタポタ

さやか「あ、あとでほむらの眼鏡に三つ編みの姿見せてよ」

ほむら「今の涙返して」

ほむら「そんなことより、あなたがソウルジェムを破壊しないことが驚きよ、マミ」

ほむら「過去の時間軸じゃ、あなたは私達を殺そうとしてたのに」

マミ「…確かにあなたの話はショックだったわ」

マミ「でも、あなたは残酷な結末を変えるために未来から来た」

マミ「それに美樹さんも佐倉さんもいる」

マミ「もう何も恐くないわ」

ほむら「マミ…」
277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:46:45.56 ID:18FT+cBO0
数時間後

マミ杏「…」スースー

さやか「…」

さやか「ほむら…起きてる?」

ほむら「…ええ」

さやか「一つ聞きたいことがあるんだけどさ……いい?」

ほむら「何かしら」

さやか「その……過去の私ってどんなんだった?」

ほむら「どんなって?」

さやか「ほむらと私って最初険悪だったじゃん?だから、過去の私もどうだったのか知りたくて…」

ほむら「…」

ほむら「あなたが魔法少女にならない時間軸ではそれなりに友好な関係を築けていたわ」

さやか「魔法少女にならない時間軸では?」
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:48:59.42 ID:18FT+cBO0
ほむら「最悪よ」

ほむら「私が言ったことを信じないし、一緒に戦えないとか言うし、おまけに魔女になってまどかと私しかいない状況になったわ」

さやか「うっ……ごめん」

ほむら「……でも、あなたのおかげで今の戦闘スタイルに変えるきっかけが出来たから、そこは感謝してるわ」

さやか「ほむら……」

さやか「……ねえ、お願いがあるの」

ほむら「眼鏡に三つ編みならやらな」「違うよ」

ほむら「?」

さやか「まどかにも……ちゃんと話してあげて…」

ほむら「……でも」

さやか「前の時間軸じゃ信じなかったかもしれないけど、今は私達もいるから大丈夫だよ」

さやか「ついでに好きってことも伝えてさ」

ほむら「さやか……」
280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:50:54.50 ID:18FT+cBO0
学校の屋上

まどか「ほむらちゃん……話って?」

ほむら「今から話すわ……私が何者か……そして、あなたへの思いを…」


ほむら(私は話した……さやか達に話したように)


まどか「…つまり、ほむらちゃんは今まで私のためにずっと頑張ってたってこと?」

ほむら「ええ、そうよ」

ほむら「そして、何回もループを繰り返してるうちに……あなたのことが好きになったの!」

まどか「ほ、ほむらちゃん…」

ほむら「あなたが好きすぎて絶対に離れない接着剤をつくるほどになってしまったの!」

さやか(やっぱり)
杏子(ほむらが)
マミ(作ったのね…)
281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:52:51.72 ID:18FT+cBO0
まどか「ほむらちゃん、くっつかなくたって私もほむらちゃんが大好きだよ!」

ほむら「ま、まどか…」カァッ

まどか「だから、ほむらちゃんはこれからも大切な……」

さやか(やったね、ほむら!)

マミ(おめでとう、暁美さん)

杏子(ほむらの思い…届いたみたいだな!)

まどか「友達だよ!」












ほむさやマミ杏「(((ん?)))」
282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:54:54.21 ID:18FT+cBO0
まどか「ありがとう、全部話してくれて」

まどか「私を友達として信じてくれたから話してくれたんだね!」

ほむら「え…いや…」

まどか「それにしても、わざわざ友達宣言しなくても、私達は友達なのに」

ほむら「いや…だから…」

まどか「あ!休み時間終わっちゃう、早く行こう、みんな!」

ほむら「…」

杏子『あ~その…』

マミ『とりあえず…』

さやか『ド、ドンマイ…』

ほむら『ふぐぅぅぅぅ!!!!』
283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:56:51.06 ID:18FT+cBO0
ワルプルギスの夜との決戦前夜

さやか「本当にまどかに訂正しなくてよかったの?」

ほむら「ええ、ワルプルギスを倒したら……ちゃんと話すわ」

マミ「だったら、なおさら負けられないわね」

杏子「今まで4人でワルプルギスと戦った時間軸はないんだろ、だったら大丈夫だろ」

マミ「油断してはダメよ、佐倉さん」

杏子「わかってるよ」

ほむら(でも、確かに4人揃った状態でワルプルギスに挑むのは初めて)

ほむら(それに武器を盗んだり、魔女を倒すのにも時間停止を短縮出来たし…)

ほむら(今度こそ…)

ほむら(それにしても…もう誰にも頼らないと決めたのに…)

ほむら(私も甘いわね…)
284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 04:58:57.45 ID:18FT+cBO0
マミ「私達4人が束になっても勝てないというの…!?」

さやか「いくらなんでも……強すぎる!」

杏子「もう…ダメなのか…?」

まどか「みんな…」

ほむら「こうなれば……最後に残った道しるべ……合体よ」

まどさやマミ杏「合…体…!?」

ほむら「そう、5人揃ってソウルジェムを掲げ『ホムマドマミアンサヤエントロピー』と叫ぶと、合体技が使えるの」

まどか「じゃあ、早速」

5人「ホムマドマミアンサヤエントロピー!!」









さやマミ杏「っていう夢を見た」

ほむら(何故だろう…現実になりそうな気がする)
285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:01:08.43 ID:18FT+cBO0
まどか「…」

ほむら「…」

さやか「ほら、まどか。そんな心配そうな顔してるとほむらが不安になっちゃうでしょ」

まどか「うん…そうだね!」

まどか「頑張って!杏子ちゃん、マミさん、さやかちゃん…ほむらちゃん!」

ほむさやマミ杏「うん!」

ほむら(まどか…今度こそ救ってみせる!)
286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:03:03.83 ID:18FT+cBO0
マミ「あれが…」

さやか「ワルプルギスの夜…」

辺りにはワルプルギスの不気味な笑い声が響き渡る

ほむら「…さあ、行くわよ」

さやマミ杏「うん!」

カチッ

という音ともにほむら達以外全ての時間が止まる

ほむら「みんな、打ち合わせ通りに!」

マミは無数のマスケット銃を繰り出し、ほむらとさやか(二人で支えあって)と杏子はロケット弾を、それぞれ放った

カチッ

その音と同時に彼女達の放った弾が全てワルプルギスに命中した

ほむら「次!」
288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:04:59.83 ID:18FT+cBO0
マミのマスケット銃とティロ・フィナーレ、迫撃砲、タンクローリー、爆弾によるビル倒壊、対艦誘導弾、C4……

様々な武器による攻撃を4人は繰り出した…



さやか「私と杏子、ほとんど何もやってないけどね」

マミ「何か言った?美樹さん」

ほむら「さあ、ここからはさやか、杏子。あなた達の出番よ」

杏子「やっと来たか!」

さやか「とっとと蹴りをつけるわよ、杏子!」

杏子「おう!」
289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:06:57.79 ID:18FT+cBO0
さや杏「うおおおおりゃああああ!!!!!」

マミ「私だって接近戦くらい出来るんだから!」

ほむら「ここで一気に…決める…!」

さやかは剣、杏子は槍による攻撃を
マミはマスケット銃、ほむらは89式小銃を至近距離で発射した

ほむら(いける……これならワルプルギスの夜を………うっ!?)

ワルプルギスの攻撃でほむら達が吹き飛ばされる
290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:08:56.09 ID:18FT+cBO0
ほむら「うっ…」

杏子「くそっ…」

さやか「くっ……ほむら、杏子…今、治すね」パァァァァ

マミ「それにしても…4人束になっても勝てないなんて…」

ほむら「まだよ、武器も魔法もまだ使える!」

ほむら「絶対に…勝つ!」
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:11:14.92 ID:18FT+cBO0
避難所

まどか「みんな、大丈夫かな…」

QB「心配ならそばに行ってあげればいいじゃないか」

まどか「でも、私が行っても邪魔になるだけ…」

まどか「ねえ、キュゥべえ。ほむらちゃん達はワルプルギスに勝てるの?」

QB「彼女達はワルプルギスの夜を甘く見すぎている」

QB「たった4人じゃ勝つなんて絶対無理だろうね」

まどか「そんな…!」

QB「でも、まどか。君は例外だよ」
293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:13:23.81 ID:18FT+cBO0
まどか「でも、契約したら過去の私みたいに…」

QB「今回もそうなるわけではないよ」

QB「暁美ほむらが気づいてるかわからないけれど、おそらくループが起こるたびに君は強くなっている」

QB「だから、今回は魔女にならないでワルプルギスの夜を倒せるかもしれないよ」

まどか「……」
294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:15:53.90 ID:18FT+cBO0
杏子「くそっ…まだ、倒せないのかよ!」

マミ「まだ、諦めちゃだめよ!佐倉さん!」

さやか「あ!ほむら、ビルがこっちに!」

ほむら(時間停止……!?もう使えn)




ドカーン
296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:17:52.53 ID:18FT+cBO0
ほむら「うっ…みんな……大丈夫…?」

杏子「無事……とは言えないな…」

マミ「足をやられて……治癒魔法ももう使えないわ…」

さやか「私も……ソウルジェム、結構ヤバイし…」

ほむら「そんな…」

ほむら(こうなったら…このまたループして………)

ほむら(…これ以上ループする意味あるのかしら)

ほむら(さやかにマミに杏子、それに私の最大戦力を投入して挑んだのに勝てないなんて…)

ほむら(私のやってきたことに意味なんか…)ジワジワ







「ほむらちゃん!」
297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:20:47.82 ID:18FT+cBO0
ほむら「まどか!?」

さやか「どうしてここに!?」

マミ「もしかして…」

杏子「契約する気じゃ…」

まどか「うん、ごめんね…みんな」

ほむら「そんな…だったら私は…私達は…何のために…!」ポタポタ

まどか「ほむらちゃん、私はみんなとずっといるために契約するの……だから、泣かないで」

ほむら「でも…」

まどか「……そうだ!」

まどか「ほむらちゃん、あの接着剤出して!」

ほむら「?」
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:23:13.82 ID:8IgPK07q0
ほむら「…はい、まどか」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん」

まどかは受け取った接着剤を左手に絞り出した

まどか「えいっ!」ギュッ

まどかの左手がほむらの右手を掴んだ

ほむさやマミ杏「!?」

まどか「ほむらちゃん、これでずっと一緒だよ!」

ほむら「まどか…」
301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:25:13.47 ID:8IgPK07q0
QB「さあ、鹿目まどか。そね魂を対価にして君は何を願う…?」

まどか「私は……」

スッー

ハァー

まどか「杏子ちゃん、マミさん、さやかちゃん、そしてほむらちゃん達とずっと一緒にいたい!」

まどか「鹿目まどかとして!!」

ほむさやマミ杏「?」
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:27:41.86 ID:8IgPK07q0
QB「…そんな願いでいいのかい?」

まどか「…うん」

QB「……契約は成立だ。さあ、解き放ってごらん」

QB「君の力を」

まどか「うっ……うぅぅ」パァァァァ

ほむら「まどか!」

カッ

杏子「これが…」

マミ「鹿目さんの…」

さやか「魔法少女になった姿…」
305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:29:28.96 ID:8IgPK07q0
まどか「私、左手使えないからほむらちゃんが矢を引っ張ってくれない?指くらいなら動かせるでしょ?」

ほむら「でも、ケガしてほとんど動かせないし…」

さやか「だったら私も引っ張るの手伝う」

杏子「あたしも腕一本くらい貸したって構わないよ」

マミ「私も…腕は届かないけど、リボンを使って引っ張ることは出来るわ」

ほむら「さやか、マミ、杏子…」

まどか「ありがとう、みんな」
306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:30:23.85 ID:8IgPK07q0
まどか「それじゃあ、いくよ……みんな」

杏子「ああ」

マミ「こっちはオッケーよ」

さやか「うん」

ほむら「…ええ」





5人「いっせーの……」








キュイイイン


ドゴォォォォン
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:32:57.65 ID:8IgPK07q0
さやか「ワルプルギスを…」

マミ「倒した…?」

杏子「あんなに…あっさり…」

ほむら「それより、まどかは!?」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん」ジワジワ

杏子「ソウルジェムが……真っ黒じゃねえか!」

マミ「じゃあ…このままでは魔女に!?」

さやか「そんな……まどか!」

ほむら(いや…おかしい)

ほむら(これほど穢れを溜めていれば、魔女になるはず……何故?)

まどか「ねえ、みんな。私の願いの内容を覚えてる?」

さやマミ杏「?」

ほむら「…!」
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:35:03.41 ID:8IgPK07q0
まどか「私の願いは、杏子ちゃん、マミさん、さやかちゃん、そしてほむらちゃん達とずっと一緒にいること」

まどか「鹿目まどかとして…ね」

QB「そうか…そういう意味だったんだね、まどか」

さやマミ杏「どういうこと?」

ほむら「簡単なことよ、まどかとしてずっと私達といる」

ほむら「魔女にならずに……ずっと私達と一緒に…」
313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:37:13.34 ID:8IgPK07q0
杏子「す、すげえ!」

マミ「そんな願い…考えつかなかったわ!」

さやか「これで…やっと…ほむらの願いが叶ったんだね…」

ほむら「うん…うん…!」

マミ「あれ…?そういえば、キュゥべえは…?」

杏子「いいよ、あんな奴。ほっとこうぜ」












QB「僕の完敗だよ、まどか」

QB「さよなら、見滝原の魔法少女達」
315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:37:54.46 ID:8IgPK07q0
まどか「さあ、帰ろう!みんな!!」

さやか「あ、そうだ。ワルプルギスも倒したんだし、まどかに話しなよ」

まどか「?」

ほむら「そ、そんな急に言われても…」

マミ「話してあげなさい、暁美さん」

杏子「そうだよ、約束だろ?」

ほむら「うぅ…わかったわ…」

ほむら「あのね、まどか……」
317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:38:56.36 ID:8IgPK07q0
マミホーム

まどか「はい、ほむらちゃん、あーん」

ほむら「あーん」モグモグ

ほむら(まどかにあーんってしたいと思ってたけど……これもいいわね)

さやか「あ~!私もほむらにあーんってしてほしい!」

杏子「ほむらは手が使えないだろ。代わりにあたしがやってやるからさ」

さやか「あんたのあーんなんていらない!」

杏子「何だとー!」

マミ(私だけ違う方向向いてるし、相変わらずうるさいけれど…)

マミ(これも悪くないわね)
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:40:59.57 ID:18FT+cBO0
深夜

さやマミ杏「…」スースー

まどか「さやかちゃん達、寝ちゃったかな?」

ほむら「そうみたいね」

まどか「ねえ、ほむらちゃん。私達恋人同士だけど、二人っきりになることは少ないじゃない?」

ほむら「…そうね」

まどか「だから……ね」

ほむら「まどか…!?」











チュ

320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:42:57.93 ID:xsb0haug0
まさか最後までくっついたままだとはね…
322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:43:37.89 ID:x0nRPwMRP
乙!
最後までみんなくっついたままなのが、いいな,
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:50:29.89 ID:M3zMZ4Cb0
徹夜してよかったよ、乙
328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 05:52:33.26 ID:U+wUNaBgO
乙フィナーレ!

寝るつもりが結局最後まで見てしまった…
329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 06:12:26.33 ID:0OYmK9ZF0


乙だぜ!
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 06:34:06.78 ID:BeChLVNO0
乙・フィナーレ!
331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 07:43:46.30 ID:CcTTEihC0

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > 魔法少女まどか☆マギカ > ほむら「まどかとくっつきたい」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP