Home > IS > 一夏「ラウラ、何勝手に俺のファーストキス奪ってるんだよ」

一夏「ラウラ、何勝手に俺のファーストキス奪ってるんだよ」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/08(水) 16:51:42.08 ID:UbEwAnEn0
ラウラ「お前を私の嫁にする!」ブチュー

一夏「むぐっ!」

箒たち「」ポカーン

ラウラ「ふ、これで・・・」

一夏「う、うぅ・・・はじめて、だったのにぃ・・・」ポロポロ

ラウラ「!?」

千冬「ボーデヴィッヒぃぃぃいいいいい!!!」
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 17:58:28.31 ID:+ysv/ILw0
ラウラ「教官!?」

一夏「千冬姉ぇ!」ガバッ

千冬「一夏……!」ギュウ

一夏「俺のファーストキスが……ぐすん」スリスリ

千冬「大丈夫だ。後でお姉ちゃんが慰めてやるから……」ギュー

千冬「……ボーデヴィッヒ」

ラウラ「はっ!」

千冬「後で演習場に来い」ゴゴゴゴ

ヒロインズ「ひぃぃ……」ガクブル
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 19:29:15.16 ID:+ysv/ILw0
演習場

シャル「一方的だね……」

箒「第三世代相手に生身でとか」

セシリア「規格外もいいとこですわね」

鈴「あ、AIC無視してる」


ラウラ「もう……やめ……」ボロボロ

千冬「今後行動には気をつけるように」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 19:43:53.23 ID:+ysv/ILw0
千冬「ふう」

一夏「お疲れ」

千冬「一夏!」

一夏「さっきはごめん。千冬姉の弟として恥ずかしいとこ見せちゃったよな」

千冬「……」

一夏「あんな事はもう二度と無いようにするからさ、だから……」

千冬「馬鹿者が」ガツン

一夏「あだっ」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 19:49:07.38 ID:+ysv/ILw0
千冬「弟が姉に甘える事が恥ずかしいわけがあるか」

千冬「それがたった一人の家族なら尚更だ」

一夏「千冬姉……」

千冬「そういうことだ。判ったか、愚弟」

一夏「うん……ごめん、千冬姉」

千冬「っ」ポコッ

一夏「あたっ」

千冬「違うだろう」

一夏「……ありがとう」
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 19:55:56.88 ID:+ysv/ILw0
千冬「うむ。……ところで一夏」

一夏「?」

千冬「久しぶりの戦闘で少し疲れてしまったよ」

千冬「マッサージを頼む」

一夏「がってん。お安い御用だ」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 20:05:42.69 ID:+ysv/ILw0
千冬の部屋

千冬「相変わらず……マッサージの腕だけは一流だな……ん」

一夏「どーも。……ここは?」

千冬「んっ、そこ……んんっ」

一夏「大分こってる。ちょっと働きすぎじゃないか?」

千冬「弟が姉の心配をするな……んあっ」

一夏「家族に甘える事は恥ずかしい事じゃない」

千冬「む」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 20:11:12.42 ID:+ysv/ILw0
一夏「心配くらいさせてくれよ」

千冬「……そうだな。ありがとう、一夏」

一夏「ん」

千冬「……」

一夏「……」

千冬「……一夏」

一夏「何、千冬姉」

千冬「本当にファーストキスだったのか?」

一夏「ぶっ!?」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 20:20:00.01 ID:+ysv/ILw0
一夏「な、何言ってんだよ千冬姉っ」

千冬「姉として弟の恋愛経験を気にするのは当たり前だろう」

千冬「家族が増えるかもしれない大事な事だからな」

一夏「だ、だからっていきなりすぎだろ!」

千冬「うろたえ過ぎだ愚弟が。で、どうなんだ?」

一夏「……そうだよ」

千冬「篠ノ之にオルコットに鳳、デュノアにボーデヴィッヒ」

千冬「五人に想われながらキスもまだとは……お前、そっちか?」

一夏「違う!!」
160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 20:24:00.87 ID:+ysv/ILw0
千冬「そうかそうか、姉として安心したぞ。くっくっく」

一夏「冗談にしちゃ悪質だよ千冬姉……」

千冬「……」

一夏「千冬姉?」

千冬「……なあ、一夏」

一夏「何?」


千冬「練習、してみるか?」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 20:37:07.65 ID:+ysv/ILw0
一夏「……は?」

千冬「聞こえなかったか?キスのr」

一夏「聞こえてる!聞こえてるって!」

千冬「そうか。で、どうする?」

一夏「どうするもこうするも無いだろ!実の姉弟でき、キスするなんて」

千冬「だからこそだ。身内とのキスなぞカウントに入らないだろう」

一夏「そういう問題じゃ……」

千冬「何だ。お前は実の姉とのキスで興奮するような変態だったのか?」

一夏「っ!」
165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 20:46:00.28 ID:+ysv/ILw0
一夏「ち、違」

千冬「なら問題無いだろう。まあ私はどちらでも良いがな」

一夏「……」

一夏「わかった、やるよ」

千冬「そうか。それなら……」グイ

一夏「うわっ」

千冬「いくぞ……」

一夏「……」ゴクリ
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 22:02:51.29 ID:+ysv/ILw0
千冬「ん……」

一夏「っ!」

一夏「(唇…やわらか……!)」

千冬「ん……ちゅ……」

一夏「(これ以上されたら……俺っ)」

千冬「……ふう」

一夏「……へ?」
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 22:10:54.72 ID:+ysv/ILw0
千冬「どうだ、少しは勉強になったか?」

一夏「あ、えっと……」

千冬「これからは女心に敏感になるよう努力する事だな」

一夏「千冬姉」

千冬「幸いこの学園にいる間は相手に困らな……何だ?」

一夏「舌、入れたりは……?」

千冬「」
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 22:22:57.57 ID:+ysv/ILw0
一夏「千冬姉?」

千冬「! ち、調子に乗るな馬鹿者が!」

千冬「そういうのは未来の嫁にとっておくものだろうが」

一夏「いや、さっきと言ってる事違うし」

千冬「親しき中にも礼儀ありという言葉を調べてこいっ」

一夏「……もしかして千冬姉」

一夏「ディープキスした事、無い?」

千冬「っ!」
194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 22:30:16.26 ID:+ysv/ILw0
一夏「考えてみればそうだよなあ」

一夏「千冬姉昔はIS一筋だったし、浮いた話なんて聞いた事ない」

千冬「……」

一夏「それならべろちゅー経験無いの頷ける……」

千冬「一夏ぁ!」

一夏「うおっ!?」ドサッ
199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 22:50:56.35 ID:+ysv/ILw0

一夏「痛って……千冬ね」

千冬「お前がそこまで懇願するなら仕方がない」

千冬「してやろうじゃないか。大人のキスという奴をな」

一夏「ちょ、落ち着いてくれ千冬姉!」

千冬「じっとしていろっ……んんっ」

一夏「んむぅっ!?」

千冬「ん、ちゅ……」

一夏「(唇……舐められ!?)」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 23:00:42.29 ID:+ysv/ILw0
千冬「んちゅ……」ギュ

一夏「(胸が……太股……っ)」

千冬「んふ……ん」スリ

一夏「(そんな擦り付かれたら……!)」

一夏「(もう……だめだっ!)」グッ

千冬「んぅっ!?」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 23:15:57.14 ID:+ysv/ILw0
一夏「ん……ぢゅ、…ちゅる」

千冬「(舌……こじ開けて……っ)」

千冬「んっ……んぅっ」ピクン

一夏「ぢゅる……んく」

千冬「ぷはっ……はぁ、はぁ……い、いちか」

一夏「千冬姉……」

千冬「……?」

一夏「乳首……硬くなってる」キュッ

千冬「ひぅっ」ビクン

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 23:35:04.66 ID:+ysv/ILw0
千冬「はぁっ……はぁっ……」ゾクゾク

一夏「千冬姉……んっ」

千冬「んぅ…ちゅる……ぢゅ」

一夏「ん……んく……」ギュッ

千冬「んくぅっ!?」ビクッ

千冬「ぷはっ、乳首……抓……んっ」

一夏「抓るの、嫌だった?」

千冬「はぁ……はぁ……」フルフル

一夏「じゃあ……あむ」

千冬「!!?」ゾクン
208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 23:43:20.69 ID:+ysv/ILw0
一夏「ちゅ、ぢゅぅぅっ」

千冬「んあっ、す、吸っちゃ……っ」

一夏「んくっ……ぢゅうっ」モミモミ

千冬「揉ん……でぇっ」ビクビク

千冬「(あ……くる……くる……っ!)」

一夏「……っ」コリッ

千冬「噛ん……んぁぁっ!!」ビクンッ

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/09(木) 23:50:03.13 ID:+ysv/ILw0
千冬「はっ……はぁっ……」

一夏「はぁ……はぁ……」

一夏「千冬姉……大丈夫?」

千冬「はぁ……ふぅ……」

千冬「やり過ぎだ……ばかものが……」

一夏「ご、ごめんっ」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 00:14:50.41 ID:PkPHa9TZ0
千冬「一夏……」

一夏「っ!」

千冬「硬くなってるな」サワサワ

一夏「千冬ねえ……俺……」

千冬「わかってる。みなまで言うな」カチャカチャ

一夏「……」
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 00:22:00.50 ID:PkPHa9TZ0
千冬「熱い……」

一夏「あ、あんまり見ないでくれよ」

千冬「す、すまん」

千冬「こうか……?」キュッ

一夏「うぅっ」

千冬「ん……」キュッキュッ

一夏「も、もう少し強く……」

千冬「この位か?」ギュゥ

一夏「うあっ!?」

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 00:49:20.77 ID:PkPHa9TZ0
千冬「痛かったか?」

一夏「あ、いや、気持ちよ過ぎて」

千冬「そ、そうか……」キュ

一夏「ん……千冬姉」

千冬「どうした?

一夏「舐めて……」

千冬「わかった」
223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 00:55:55.52 ID:PkPHa9TZ0
千冬「ん……ちゅ」

一夏「んっ」

千冬「れろ……ちゅ、ちゅる」

千冬「んむ……はぷ」

一夏「(咥えて……っ)」

一夏「千冬姉の口……あったかいよ」

千冬「ん、んふ……ぢゅ……ぢゅうっ」
225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 01:03:10.63 ID:PkPHa9TZ0
千冬「くぷっ、ちゅう……れる」

千冬「れろ……ん、ん」

一夏「そう、そこの……すじのとこ……んんっ」

一夏「(千冬姉が俺のを……こんな一心不乱に……!)」

千冬「んっ、んっ……ちゅる…ぷは」

千冬「あむ、んる……れる……ちゅぅぅっ」
227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 01:08:08.92 ID:PkPHa9TZ0
一夏「もう少し速く、手も使って」

千冬「ほうは?……んっ、んっ、んっ」

千冬「ぢゅ、ちゅっ、んんっ」シコシコ

一夏「そうっ、それ、いいっ」

千冬「んっ、んぶっ、んぐっ……ぷはっ、あむっ、ん、ぢゅ、ぢゅぅぅぅっ」

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 01:17:29.16 ID:PkPHa9TZ0
一夏「う、い、いきそ……っ」

千冬「んぷっんっんっんぢゅっ」

千冬「ぢゅう、ぢゅぅぅぅっ」

一夏「い、イく、イくっ……あぁっ」

千冬「んん??っ!?」

ビュッ ビュクッ ビュクンッ

千冬「んぐっ……ん……けほっ」

千冬「ん……んくっ……んく……」

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 01:21:07.99 ID:PkPHa9TZ0
千冬「ん……ん……、ふう」

一夏「はぁっ……はあ……」

千冬「一夏……」

一夏「なに、千冬姉……?」

千冬「気持ち、良かったか?」

一夏「……うん」

千冬「ん……なら、いい」
263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 13:58:31.86 ID:PkPHa9TZ0
一夏「俺さ」

千冬「何だ?」

一夏「好きだよ、千冬姉の事」

千冬「」

一夏「常識的に考えて間違ってるってのはわかってる」

一夏「けどさ、自分には嘘はつけない」

一夏「千冬姉の事、異性として」

千冬「阿呆」ゴン

一夏「いでっ」
264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 14:06:09.50 ID:PkPHa9TZ0
千冬「ここまでしておいて出る言葉がそれか」

一夏「や、こういう事ははっきりさせた方が良いだろ?それに」

千冬「?」

一夏「最後までする前に言っておきたかった」

千冬「あ……」

一夏「でさ、返事……は?」

千冬「……」

一夏「千冬姉?」

千冬「……馬鹿者が」

千冬「好きでもない相手にここまでするか」ギュ
265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 14:14:26.93 ID:PkPHa9TZ0
一夏「……」

千冬「……」

一夏「……脱がすよ」

千冬「ん……」シュル

一夏「改めて見るとさ、胸大きいよな、千冬姉」

千冬「そんなにまじまじと見るな、馬鹿」

一夏「ご、ごめん」
267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 14:45:06.05 ID:PkPHa9TZ0
一夏「下も……あ」

一夏「(濡れてる……)」クチュ

千冬「んっ!?い、一夏っ」

一夏「ぐちゅぐちゅいってるよ……気持ちいい?」クチュクチュ

千冬「やめ…いちかぁっ……んあっ」ビクッ

一夏「こっちはすごい喜んでるみたいだけど」クリッ

千冬「ひうっ!」ビクンッ

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 14:51:53.11 ID:PkPHa9TZ0
一夏「身持ち堅そうに見えるけど……感じやすいんだなっ」ズプン

千冬「んあぁっ!!おくっ…やめぇっ」ゾクッゾクッ

一夏「イきたい?」グチュグチュ

千冬「ふくっ、んっ、んぅぅっ」

一夏「千冬……姉?」グチュッ

千冬「……たい……っ」

千冬「イき……たいっ!イかせ……っ」

一夏「ん」パッ

千冬「……?」
270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 14:57:04.37 ID:PkPHa9TZ0
千冬「なんで……?」

一夏「俺もそろそろ限界だから……」

千冬「す、すまん……私ばかり」

一夏「良いって。一緒に……さ」

千冬「……ん」

一夏「いくよ……」クチュ

千冬「……」コクリ

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 15:23:17.95 ID:PkPHa9TZ0
一夏「ん……」グッ

千冬「っ」ピク

一夏「ん、よっ……あれ?」グリグリ

千冬「……?」

一夏「入らな……くっ」

千冬「一夏」

一夏「ち、千冬姉」

千冬「ここ……わかるか?」

一夏「ごめん……」

千冬「謝るな。それより……」

一夏「ん」
273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 15:33:00.47 ID:PkPHa9TZ0
一夏「っ……くうっ」ズプッ

千冬「??っ」

一夏「きつ…っ」グググ

千冬「いち……かぁっ」ギュウ

一夏「ちふゆねえ……っ」
274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 15:42:30.72 ID:PkPHa9TZ0
一夏「奥……届いた……くぅっ」

千冬「……はぁっ、はぁっ」

一夏「痛い……っ?」

千冬「痛いに……きまってっ」

一夏「ごめ、俺……気持ち良すぎ…っ」

千冬「ふふっ……正直者…が……ふぅっ」

千冬「すまん、少しだけ……このまま……」

一夏「ん……落ち着くまで待つから」ギュ

千冬「一夏……んぅ」

一夏「ん、ちゅる……」

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 15:52:14.75 ID:PkPHa9TZ0
一夏「ちゅく……ぢゅ……ぷは」

一夏「……あっ」

千冬「どうした?」

一夏「生でしちゃってるなって」

千冬「ふふ、姉に遠慮なぞするなと言っただろう」

千冬「それに、この状態で避妊具が無いからと我慢できるのか?ん?」

一夏「それを言ったら千冬姉だって」

千冬「む」

一夏「……はは」

千冬「ふふ……」
277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:07:24.13 ID:PkPHa9TZ0
千冬「……一夏、そろそろ」

一夏「だいじょぶそう?」

千冬「ああ。だから」

一夏「動かすよ……」ズル

千冬「ふっ……くぅっ」

一夏「うあっ……中、気持ちい……っ」グチュッグチュッ

千冬「ぐぅっ……はっ、はぁっ…あぁぁっ」
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:22:15.91 ID:PkPHa9TZ0
一夏「ごめんっ……腰…とまんねっ」グチュッグチュッ

千冬「んんっ、いちか、はげし……んくぅっ」

一夏「千冬ねぇ……千ふゆねぇっ」

千冬「いちかぁっ、んむぅっ」

一夏「んっ、ぢゅっぢゅうっ」

千冬「んる…んく、んうぅっぢゅるっ」

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:31:25.91 ID:PkPHa9TZ0
千冬「ぷはっ、一夏っ気持ちいいかっ、一夏ぁっ」

一夏「い、いいっ、千冬姉のきもちいいっ」

千冬「わ、わたしもきもち……んあぁっ」

一夏「はっ、はっ……くうっ」ブルッ

一夏「ち、ふゆ、ねぇっ…俺……もうっ」

千冬「んんぅっ、はくっ……んくぅぅっ」
280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:38:17.45 ID:PkPHa9TZ0
千冬「んっんあっ、あ、あああっ」ギュウッ

一夏「ちょっ足、絡めたら……っ」

一夏「うあっ、やば、で、イっ」

千冬「んぅっ、ぢゅっぢゅるるぅっ」

一夏「んぐっんっ……んんんっ!」ドクンッ

千冬「んっんんぅぅぅっ」ビクンッ

ビュッ ビュルルッ ビュクッビュウゥゥッ

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:46:46.30 ID:PkPHa9TZ0
一夏「…っ、……っ!」ビュッビュッ

千冬「……っ、………ぷはぁっ」

ビュ……ピュッ……

一夏「はぁっ……はぁっ……はぁ…っ」

千冬「はぁ……ふぅ……」

千冬「なか……熱……」

一夏「千冬…ねえ…、何で足……」

千冬「何度も……言ってるだろう…。ん……遠慮するなと」

一夏「けど……っ」

千冬「心配するな、自分の危険日くらい把握している……ふう」

千冬「それに……」

一夏「?」

千冬「私自身、中に欲しかったからな」

一夏「っ!」ドキッ
284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:54:13.99 ID:PkPHa9TZ0
千冬「一夏?」

一夏「な、何でもないっ」

一夏「……あ、そうだ」

千冬「?」

一夏「今更だけど……」

一夏「……好きです!俺と付き合ってください!」

千冬「」
285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:56:47.31 ID:PkPHa9TZ0
千冬「……」

一夏「……千冬姉?」

千冬「条件がある」

一夏「え?」

千冬「学校では、織斑先生と呼ぶ事」

千冬「非番の時は、千冬姉と呼ぶ事」

千冬「それと、二人きりの時は……」
286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 16:59:28.83 ID:PkPHa9TZ0


千冬「千冬。そう呼べ、一夏」


287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 17:01:43.27 ID:PkPHa9TZ0
終わり
289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 17:08:47.00 ID:eyeywd2t0
290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 17:30:47.62 ID:1OtJLcml0

危険日は把握しているつまり今日が危険日ってことだろ
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 17:38:33.28 ID:/Wp4BtTi0
乙すぎる!さんくす
292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/10(金) 17:53:26.72 ID:Xtr2yg7r0

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > IS > 一夏「ラウラ、何勝手に俺のファーストキス奪ってるんだよ」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP