Home > けいおん! > 唯「あずにゃん…ずっと一緒だからね…」

唯「あずにゃん…ずっと一緒だからね…」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:03:02.39 ID:lC4iV2MnO
唯『両親が帰ってこないなら、うちにホームステイしちゃいなよ』


梓(と、春休み前にいわれたので来てみれば)

唯「あ、いらっしゃいあずにゃ?ん」

梓(いつもと変わらないこの笑顔)

唯「えへへ、休みの間ずっと一緒だね?」ギュッ

梓(ああ、やわらかい……)

唯「ずっと……一緒だからだからね……」ニマア


抱きついた腕の向こうで、唯先輩がどんな笑顔をして何を考えていたのか

私には全く想像が出来ませんでした。

これから思いしる事になるんですけど、ね。
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:06:28.13 ID:lC4iV2MnO
唯「ささ、私のお部屋にどうぞ?」

梓「はい、お邪魔しますね」

唯「んふふ?」ニコニコ

梓「?」

唯「あずにゃ?ん」ダキッ

梓「にゃ……う、家の中だからって大胆すぎじゃないですか?」カアアッ

唯「んんー、そんな事ないよー。誰にも邪魔されないでイチャイチャできるんだから」

唯「もっと喜びたまえ、あずにゃんや」ナデナデ

梓「うう……」

梓(これはこれで気持ちいい、けど……)
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:10:13.67 ID:lC4iV2MnO
コツコツ

唯「はっ! あずにゃん、隠れて!」バッ

梓「へっ、ふ、布団……わわっ!」

……ガチャッ

憂「お姉ちゃん、入るよ?」

唯「ん、どうかした憂?」

梓(憂……ていうかなんで私隠れてるんだろ)モソモソ

憂「誰か来てなかった? 声が聞こえたけど」

唯「ああ、えっとね」

梓(私が遊びに……)

唯「ううん、誰も来ていないよ?」

梓「!?」

憂「そう……ならいいんだけどさ」

梓(え? え? え?)
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:14:56.80 ID:lC4iV2MnO
……バタン

唯「ふう……」

梓「ち、ちょっと唯先輩!」バッ

唯「あずにゃんあまり大きな声出しちゃだめだよ?」シッ

梓「う……な、なんで私がいるの秘密なんですか?」ヒソヒソ

唯「ふふっ、だって?」


唯「あずにゃんは私だけの……」

梓「え……」チクッ

唯「他の人に見られたくないんだよ??」

梓「あ、あの唯先輩、それって……」

唯「ふふっ?」ニコニコ

梓「……」ゾクッ


梓「か、帰ってもいいですか?」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:18:21.42 ID:lC4iV2MnO
唯「だ?め」ギュッ

唯「離してあげな?い」スリスリ

唯「はぁ……いい匂いだよぉ」クンクン

クンクン クンクン

梓「ひっ……!」

唯「いい匂いだよね、本当」

唯「私の部屋、あずにゃんの匂いでいっぱいにしてね?」ペロッ

梓「ひゃあ、く、首……」ピクッ

唯「かわいい……そんなあずにゃんにご褒美あげちゃう」

梓「ご褒美……?」

唯「……はい、これ」ガチャッ

カチッ
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:21:54.82 ID:lC4iV2MnO
唯「な?んだ?」ニコニコ

ガチャガチャ

梓「手錠……ですか?」

唯「ぴんぽ?ん」

梓「や……やめて下さいよこんな……」

唯「ふふっ、さっき帰ろうとしたよね? だからコレをしないとって思って」

唯「あ、大人しくなったらちゃんと外してあげるからさ?」

梓「やあぁ、解除して下さいよ……」ガチャガチャ

唯「だめだってば?。ほら、ベッドに片方つけて」カチッ

梓「あ……」

唯「はい」


唯「あずにゃん、つかまえた?」ニコニコ
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:26:05.04 ID:lC4iV2MnO
梓「ゆ、唯先輩……」ウルッ

唯「あはは、いいねその表情。最高だよ?」

梓「な、何かの遊びですよね? 時間が過ぎればちゃんと解除してもらえるんですよね?」

唯「……」

梓「唯先輩……!」

唯「ご飯はちゃんと持ってきてあげるからね。一緒に食べようね?」

唯「あ、それと」

唯「お風呂は夜、憂が寝るまで我慢してね? 後おトイレは……」

唯「ちゃんと私が責任持って処理してあげるから……ね」ニマア


梓「ひぃっ……」ブルッ

唯「ふふっ、大丈夫。そういう趣味はないから……我慢しないでちゃんと言うんだよ?」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:31:56.38 ID:lC4iV2MnO
唯「あ、さっきみたいに憂が来たらちゃんと隠れる事。いいね?」

梓「み、見つかったらマズイんですかぁ?」

唯「……あずにゃんは私だけに見られていればいいんだよ?」ニコッ

梓(う、嘘でしょ、ねえ……)

唯「ねっ?」

梓「……」

唯「あ、そういう態度とるんだ。ふ?ん……」

唯「ねえあずにゃん。晩御飯抜きでも、いいんだよ?」

梓「えっ!? な、なんでです……」

唯「気付かない? 手錠に繋がれて、ご主人様の私からご飯をもらう中野梓」

唯「あずにゃんはもう、私のペットなんだよ?」

梓(ペ、ペット……)ゴクッ
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:37:08.26 ID:lC4iV2MnO
唯「いい子にしてれば、ご飯もあげるしナデナデだってしてあげるよ。ちゃんと世話してあげるから……」

梓「そ、そんな。私、そういう趣味は……」

唯「ふふっ、じゃあ調教しないとね」

梓「調……教」

唯「これから私のペットとして、ちゃんと教育してあげる」


梓「……な、なにするつもりですか?」ブルッ

唯「ん?、まだわからないや。でもね、これだけは絶対」

唯「私に逆らっちゃダメだからね?」ニコッ

梓(ゆ、唯先輩がご主人様……)ゴクリ

唯「わかったかな?」

梓「わ……」

梓「わ、わかりたくありません……」

唯「……」ピクッ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:41:42.37 ID:lC4iV2MnO
唯「それは、どういう意味かな?」

梓「だって変ですよ……先輩と後輩なだけなのに、こんなの……」

唯「……で?」

梓「そ、それに憂にだってバレちゃいますよ。私が大きな声出せばすぐに……」

唯「……」ズイッ

梓(わ……!)

梓「ち、ちかい……」

唯「お口塞いじゃおっと」

梓「え?」

唯「んっ」チュッ

梓「!!」

唯「はぁっ、はぁ……」チュッ チュッ

梓(し、舌が……)レロッ

唯「……」クスッ

梓(か、勝手に……)ペロペロ
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:52:17.39 ID:lC4iV2MnO
唯「……」スッ

梓「はぁ、あっ……」

唯「くすっ……何勝手にペロペロしてるのかな?」

梓「はぁ、はぁ」トローン

唯「私はちょっとお口塞いだだけなのにな?。こんな事されるなんて思わなかったな?」レロレロ

梓(唯先輩の舌、なんかエッチに動いてる)

梓(舐めたい……)ゴクッ

梓「あ、あのっ……!」

唯「大声だめだってば」ブチュッ

梓(ふわああぁ、き、気持ちいい……)チュッ

唯「んー、ちゅっちゅっ」

梓(溶けそう……)ペロペロ

唯「んっ」グイッ

梓(ああ、また離れる……)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 01:56:53.68 ID:lC4iV2MnO
唯「さっきからすぐにペロペロするよね?」

唯「あずにゃんてそんなにエロ猫だったんだ?」ニヤニヤ

梓「そ、そんな事……だってキスが気持ちよくて」

梓(言っちゃった……)

唯「だから、私はただ塞いでるだけだってば。ペロペロしちゃだめだよ?」

梓「で、でも……」

梓(もっとチューしたい)

唯「……んー、何か言いたげだね。ふふっ、ご主人様に何でも話してごらん?」ナデナデ

梓「は、はい」

梓(唯先輩とチューが出来るなら。ご主人様が唯先輩なら、わ、私……)

梓「先輩と……キスしたいです」

唯「ふふっ」

唯「だ?め」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 02:02:38.10 ID:lC4iV2MnO
梓「えっ……」

唯「ペットとキスなんてしないよ。私、そういう趣味はないもん」

梓「で、でもさっきはしてた……」

唯「あれ、敬語じゃなくていいのかな? もう構ってあげないかもよ?」

梓「し、してたじゃないですか……」

唯「ん?、そうだっけ。しらな?い」

梓「にゃぁ……」

唯「それとも何? あずにゃんは私とチューしたいのかな?」

梓「……」

唯「ん?」

梓「し、したい!」

唯「……敬語っ!」チュッ!

梓「んんんっ!?」ビクッ

唯「ふっ……ん」チュー チュー

梓(ふぁ、は、はげし……)ビクビク
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 02:07:40.46 ID:lC4iV2MnO
梓(き、きもちいいよぅ……)ビクン

唯「ん?……ひゃんと敬語つかう?」レロレロ グイッ

梓「ち、ちゅかいまふ……」ピクッ

梓(やぁ、舌押し付けないください……)ビクン

唯「私のペットりなふ??」ペロペロ チュッ

梓「は、はひぃ……な、なるぅ……」

唯「……」ピタッ

梓「な、なりますっ!」

唯「ふふっ……」チュッ

唯「危なかったね。次やったら……お仕置きだからね?」

梓(お仕置き……)レロレロ

梓(唯先輩にお仕置きしてもらえるなら、いいかも)

梓(はぁ……キスきもちいいよぅ)ペロペロ ペロペロ ペロペロ
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 02:12:14.43 ID:lC4iV2MnO
唯「はぁ……んっ、涎でびちゃびちゃ」ツーッ

梓「糸ひいてますね……」ハァハァ

唯「エッチだね、あずにゃんは」ナデナデ

梓「そ、そんな事……」カアアッ

唯「ふふっ。そろそろご飯だからさ。私行かなきゃ」

梓「わ、私は?」

唯「あとでちゃんとご飯持ってくるよ?。あ、携帯渡しておくね、もし何かあったら電話して?」

梓「は、はい……」

唯「あ、当然みんなには内緒だからね。何か連絡来ても普通に返す事、いいね?」

梓「わ、わかりました」

唯「えへへ?いい子いい子」チュッ

梓「にゃぁ……」

唯「じゃあいってくるね?」

……バタン
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 02:17:11.36 ID:lC4iV2MnO
梓「……一人だ」ポツーン

梓「んっ……」ガチャガチャ

梓「手錠」

梓「ペット」

梓「……」

梓「監禁……?」ゾクッ

梓(って、なにちょっと背中ぞくぞくさせてるのよ私)

梓「こんなの、いけないのに」

梓「いけない……はずなのに」ゾクッ

梓(どうしてこんなに、背中ぞわぞわするんだろう)

梓(ああ……)

梓「唯先輩、早く帰って来ないかな……」ゴロン

梓(お布団気持ちいい、唯先輩の匂い)クスッ
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:15:41.26 ID:lC4iV2MnO
……。

梓「でも……さ」

梓「よく考えたらこんなのおかしい、よね?」

梓「なんか、歪んでるよ……」ポツリ

梓(そうだよ、さっきはキスでちょっと揺らいでたけど。普通にイチャイチャすればいいんだよね)

梓「むしろこんな扱いなんかされないで……」ガチャガチャ

梓「よし。来たらちゃんと言おう……」
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:20:47.67 ID:lC4iV2MnO
梓「……にしても遅いな唯先輩」

梓「もう一時間もたってるのに」

梓(メールしてみようかなあ……)ポチポチ

梓「えっと」

梓『まだ私、このままですか?』

梓「と……送信」ピッ

梓「……」

トタトタ

梓(ん、足音?)

トタトタ

……ガチャッ

梓「あっ」

唯「……」

梓「ゆ、唯せんぱ……」
139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:24:28.12 ID:lC4iV2MnO
唯「あのさあ、あずにゃん」ハァ

梓「は、はい? あれ、なんか怒って……」

唯「ドア開けたのが憂だったら見つかってたよ? どうして布団に隠れてないのかな?」ツカツカ

梓「え……だ、だって……」

唯「だって? だめだよペットが言い訳しちゃ。せっかくご飯持ってきたのに、これじゃあ今夜はご飯なしかな?」

梓「い、いいじゃないですか。別に憂になら見つかったって……!」

唯「何? もしかして憂に見つけてほしいの?」

梓「そ、そういう意味じゃないですけど」

唯「ふぅん」ジトッ

梓(め、目が怖いよぅ……)
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:28:22.24 ID:lC4iV2MnO
唯「まだペットになれてないみたいだね」

梓「な、なれるわけないじゃないですか……」

唯「その割には大人しく手錠されて繋がってるよね?」クスッ

梓「だ、だって……」

唯「だって何? 言い訳したらこのご飯が食べられなくなるよ。それでもいいなら言ってみなよ?」

梓「う……」グゥゥゥ

唯「あはは、そろそろ餌付けしてあげないとね。さ、ご飯食べよう、ね?」

梓(餌付け……)

唯「ほら、あ?んして?」スッ

梓「あ……」

梓「あ?ん」パクッ
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:34:02.74 ID:lC4iV2MnO
唯「美味しい?」

梓「お、美味しいです」モグモグ

唯「たくさん食べていいんだよ。はい、もう一回あ?んして……」スッ

梓「そ、それくらい自分で出来ますってば! お箸貸して下さい、大丈夫ですから」アセアセ

唯「あずにゃ?ん、ペットはお箸なんて使わないよ」

梓「ゆ、ゆいせんぱ……」

唯「つ、か、わ、な、い、よ、ね?」ニコッ

梓「……」

梓「じ、じゃあ……食べません。いりません」プイッ

唯「あれ、反抗期入っちゃったかな?」クスクス

梓(なんでそんな余裕たっぷりで笑ってるんですか、もう……!)
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:45:38.75 ID:lC4iV2MnO
唯「あずにゃ?ん?」

梓「……」プイッ

唯「一人で食べたい? 私のご飯のあげ方気に入らない?」

梓「は、恥ずかしいじゃないですか……あ?んなんて」

唯「気にしないでいいのに。そんなに一人で食べたい?」

梓「……出来れば」

唯「そっか。じゃあこれからずっとご飯は一人だよ?」

梓「えっ……」

唯「寂しいなあ。あずにゃんとご飯食べられないなんて」

唯「あ、あと」

唯「当然お箸やスプーンなんて使わせないから。猫みたいに貪って食べるんだよ?」
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:00:39.44 ID:lC4iV2MnO
梓「にゃあぁ……」

唯「じゃああずにゃん、私はお風呂入ってくるから……」スッ

梓「ま、待って!」グイッ

唯「……」バッ

梓「あ……」

唯「け、い、ご」

バタン

梓「……」

梓「……」

ポチポチ


梓『待って下さいよぅ……』

ピッ
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:06:26.02 ID:lC4iV2MnO
梓「……」

……

梓(かえって来ないや、唯先輩も返事も)グゥゥゥ

梓(お腹すいた)

梓(ご飯……そのまま。あ、お箸も)

梓「……」ゴクリ

スッ

梓「むしゃ、むしゃ」

梓(ご飯美味しい、美味しいよ)ムシャ

……ガチャッ

梓「!?」

唯「あずにゃ?ん、やっぱりさっきの事許してあげ……」

梓「……」モグッ

唯「許して……あげない」ニコッ

梓「あ、あ、ぁ……」
152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:11:54.21 ID:lC4iV2MnO
唯「そのお手てに持ってるのは何かな?」

梓「……」モグモグ

唯「だめだよ。ペットがお箸なんて持っちゃ……」

梓「や、でも……」

唯「せっかく仲直りの印にアイス持ってきてあげたのにな?」

梓「あ、アイス」ゴクリ

唯「あずにゃんがそんな態度じゃあおあずけかな? ん?」

梓「そ、それくらい我慢出来ますもん」モグモグ

唯「ふふっ、ご飯食べながらお話聞くなんてペットとしてお行儀悪いよ?」

梓「し、知りません。私はペットじゃなくてただの中野梓ですから」モグッ

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:16:53.65 ID:lC4iV2MnO
唯「はぁ、仕方ないなあ。本当は憂が寝付くまで我慢するつもりだったけど」フラフラ

唯「こんなに聞き分けのない子だとは思わなかったよ……」

梓「せ、先輩?」

唯「言ったよね、ちゃんと調教してあげるって?」ギュッ

梓「ふぁ、ち、近い。耳近いですよ……」

唯「これからたくさん……エッチな事してわからせてあげる」ペロッ

梓「ひぃっ!」ゾワッ

唯「ん……ん」レロッ

梓「や、あ、あん……!」

唯「あまり声出すと憂が来ちゃうよ??」パクッ

梓「やだぁ、みみ、くすぐったい……」ピクン
156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:22:57.70 ID:lC4iV2MnO
唯「ふふっ、いい子いい子」レロレロ

梓「やぁ、あっ。は、離してくださいよぅ……」ピクン

唯「逃げたいなら逃げていいよ?。手錠外せたら、の話だけど」クスクス

梓「こ、こんなのおかしい……んっ! や……」ビクン

唯「体ピクピクさせながら言っても説得力ないよ??」ヌチュッ

梓「ひゃあぁっ! だ、だめ、耳に舌いれちゃだめっ……」ビクン

唯「まだ……んっ」ペロッ

唯「敬語でお話出来ないんだね、私のペットちゃんは」レロレロ

梓「はぁ、はぁ……だ、め……」
158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:31:19.54 ID:lC4iV2MnO
唯「だめ? それは私に命令しているのかな?」グリグリ

梓「ひいぃ! ち、違います! 違いますからぁ……お耳グリグリしないでぇ!」ビクン

唯「……」グリッ

梓「し、しないで下さい! お、お願いします……!」

唯「ふふっ、やっとわかって来たみたいだね」スッ

梓「はぁ、はぁ……」クタァ

唯「耳だけでこんなになっちゃうなんて。本当に可愛いペットだね」ナデナデ

梓「こ、こんなのされた事ないから……」

唯「何度目?」グチュッ

梓「んひゃぁぁ! あ、ありません! ないんですぅ……!」ビクンビクン

唯「……よろしい」スッ

梓「はぁ、はぁ……」
161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:42:13.16 ID:lC4iV2MnO
……コンコン

憂『おねえちゃ?ん、どうしたの?? 何か声が聞こえたみたいだけど』

梓「!」

唯「隠れて」ポンッ

梓「あ……」ボフッ

……ガチャッ

憂「あれ、お部屋暗いね。どうかしたのお姉ちゃん?」

唯「えへへ、ちょっと電話してて?。ほら、暗いとお話してる雰囲気出るじゃん?」

憂「そっか?。ちょっと大きな声が聞こえたから心配しちゃったよ」

唯「えへへ?」

梓(先輩、いつもの調子だ……)

憂「……じゃあ早くお風呂入っちゃってね。私もう寝ちゃうからさ」

唯「は?い」

……バタン

唯「ふぅ」
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:51:31.93 ID:lC4iV2MnO
唯「もういいよ」スッ

梓「……」ヒョコッ

唯「くすっ、ねえあずにゃん。お風呂一緒に入ろうか?」

梓「え……一緒ですか?」

唯「憂が寝ちゃうんだからさ。ついでだよ、その方があずにゃんも寂しくないでしょ?」

梓「……」

唯「ほら、手錠外してあげるから」ガチャッ

唯「じゃあいこっか? あ、廊下は静かに……」


唯「四つん這いで、ね」
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:57:49.31 ID:lC4iV2MnO
梓「あの、唯先輩。今なんて……」

唯「四つん這いだよ? ペットなんだから当然だよね?」

梓「あの、言ってる意味が……」

唯「そのままの意味だよ。あ、まだ初日だから服は着たままでいいよ、そこは許してあげる」

梓「ぬ、脱がせるつもりだったんですか!?」

唯「いずれだんだんと……ね」クスッ
168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 20:03:30.71 ID:lC4iV2MnO
唯「ほらあずにゃん。早く四つん這いになってよ」

梓「で、でもそんなの」

唯「ああ?、こんな事なら首輪と紐買っておくんだったな?。その方が雰囲気出るのに」

梓「……」

唯「さ、行こうよあずにゃん」ニコッ

唯「ほらほら」

梓「い、嫌です……」

唯「ん?じゃあお風呂無しでいいかな?」

梓「ま、またそんな事言って……」
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 20:26:13.44 ID:lC4iV2MnO
梓「お風呂は入れないと困ります……」

唯「そうだよね?。女の子……ううん、メス猫だもんね」

梓「うぅ」

唯「じゃああずにゃん。わかってるよね? 大丈夫、見てるのは私だけだからね?」

梓「……」

唯「ねっ?」

梓「は、はい」

梓(もう、どうにでも……お風呂は入れないと困るもん、ね。うん)
177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 20:50:55.74 ID:lC4iV2MnO
……ガチャッ

唯「さ、あずにゃん」ヒソッ

梓「は、はい……」スッ

唯「あはは、可愛い可愛い」

梓(ううっ、は、恥ずかしいよぅ……廊下冷たいし)ペタペタ

唯「後ろから見るとお尻ふりふりしてて可愛いよ」ペロン

梓「ひゃっ! さ、触っちゃ……」ビクン

唯「ほらほら、早く歩かないと憂が起きてきちゃうかもよ」モミモミ

梓「せ、セクハラですよぅ。さ、触っちゃやだぁ……」

唯「……」

梓「あっ」

唯「敬語使えないから、お仕置き」ペシーン

梓「にやっ! い、いたい……」
179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:05:07.88 ID:lC4iV2MnO
唯「ほら、さっさとお風呂向かいなよ」ピシピシ

梓「にゃあ、い、痛いですよ唯先輩……」プルプル

唯「お仕置きだもん。痛いのは当たり前でしょ?」ペシーン

梓「う、うっ……」ヒョコ

唯「大丈夫、ちゃんといい子になったらご褒美あげるから。今は我慢だよ?」ピシッ

梓(そんなに叩いたら、お尻真っ赤になっちゃうよぉ……)
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:09:49.16 ID:lC4iV2MnO
ガチャッ

唯「とうちゃ?く」

梓「はぁ、はぁ……」

唯「よく頑張ったねあずにゃん。さ、早く脱いで脱いで」

梓「ま、待って下さい唯先輩。まだ気持ちの準備が……」

唯「ほらほら、ペットに服なんていらないもんね」ヌギッ

梓「あ、あ……」

唯「ふふっ、ぺったんこなあずにゃん可愛い。あ、お尻ちょっと赤くなってるね」クスクス

梓「あ、あんなに叩くから……」

唯「……!」パシーン

梓「ひいっ! た、叩くからですぅ!」ブルッ

唯「ふふっ、調教しがいがあるなあ、あずにゃんは」ナデナデ

梓(お尻なでなでしないでぇ……)ゾクッ
182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:13:49.49 ID:lC4iV2MnO
唯「ほらあずにゃん。洗ってあげるからおいで?」

梓「は、はい……」

唯「よしよしいい子いい子?」ゴシゴシ

梓(あ、タオルでごしごし気持ちいい)ホワァ

唯「痒い所はないかな?」ゴシゴシ

梓「は、はい。大丈夫です……」

唯「じゃあこのまま頭も洗っちゃうね?」

梓「……」

梓(優しくされるのは、ちょっといいかなぁ。なんて、ね)フフッ
184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:18:38.07 ID:lC4iV2MnO
ガチャッ

唯「ふう、さっぱり」

梓「そうですね」

唯「じゃああずにゃんや。体拭いたらまたお部屋戻ろうね」

唯「今度はもちろん……全裸だよ?」

梓「えっ!? な、なに言って……」

唯「さっきのお仕置きの続きだよ。今度は四つん這いは勘弁してあげるからさ」

梓「ぜ、全裸なんて……」カァァ

唯「嫌だって言ったらここに手錠して置いてっちゃうからね?」ガチャガチャ

梓「や……やだ……」

唯「あ」

唯「ふふっ、今ので四つん這いも追加だよ?」

梓「え、えええっ……!」
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:23:56.83 ID:lC4iV2MnO
梓(廊下、やっぱりひんやりする……)ペタペタ

唯「あはは、あずにゃん後ろからだと全部丸見えだよ?」

梓(だ、だって何も着てないから)

梓(本当にペットみたい……)

唯「あずにゃん、もう少しお尻高くあげて。ね?」

梓(んっ……)クイッ フリフリ

唯「可愛い?」ナデナデ

梓(し、仕方ないもん。こうしないとお風呂に置いていかれちゃうんだもん)フリフリ

梓(仕方ない……もんね)ペタペタ
187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:28:06.71 ID:lC4iV2MnO
……バタン

梓「はぁ、はぁ」

唯「お疲れ様。じゃあ湯冷めしないうちに早く寝ちゃおっか?」

梓「は、はい。あの、私のパジャマは……」

唯「ああ、私ペットに洋服着せる趣味はないから。寝るときは特に……ね」

梓「え、ええ……」

唯「それと。寝るときは、こう」ガチャッ

梓「あ、また手錠……」

唯「私と繋がりながら寝るんだよ。いいね?」

梓「……」

唯「いい、よね?」グイッ

梓「に、にゃあ……い、いいです……」

唯「よろしい」クスクス
191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:31:11.66 ID:lC4iV2MnO
唯「じゃあ、おやすみあずにゃん」ギュッ

梓「おやすみ……なさい」

唯「ふふっ……」

唯「……」

唯「すう、すう」

梓(寝ちゃった。早いな唯先輩)

梓(なんだか疲れちゃった……私もねよ……)

梓「ん……すう、すう」

……。

梓「……」ブルッ

梓(どうしよう、おトイレ行きたくなっちゃったみたい)
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:36:38.20 ID:lC4iV2MnO
梓(でも手錠がある限り……なんとかしないとだめだよね?)

梓「ゆ、唯先輩??」ユサユサ

唯「ん?……どうしたのぉ」

梓「あ、あの。おトイレ行きたいんですけど」

唯「ふむ?……」

梓「手錠、外してもらえませんか?」

唯「だめ?」

梓「お、お願いしますよ。漏れちゃいそうなんです……」

唯「んー……はい、これ」ポスッ

梓「これ、って? ペ……ペットボトルじゃないですかっ!」

唯「これにして?。後で処理しとくから?」

梓「ほ、本気ですか……!」ブルッ

梓(あ、やばい。おしっこしたい……)
195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:52:02.72 ID:lC4iV2MnO
梓(え? え? 本気? 私、そんなのした事ないんだけど……)
梓(ううっ、でもお漏らしなんて出来ないから)

梓(仕方ないか……)

唯「ふふっ、ちゃんと見ててあげるからさ?」

梓「み、見ないで下さいよ……!」

梓(え、えっと。どうすればいいんだろう)

梓(とりあえず……で、出る所に当てればいいの、かな?)スッ

梓(は、恥ずかしいよぅ)ピタッ

唯「ふふっ、あずにゃんのプニプニがペットボトルはさんでる……」カシャッ

梓「……! しゃ、写メ……」
197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:57:56.89 ID:lC4iV2MnO
唯「もっとちゃんとはさまないと、漏れちゃうんじゃないの??」ニヤニヤ

梓「ううっ……」ムニュッ

唯「そうそう。もっと広げて……ちゃんと穴に当てないと」

梓(こ、こうかな)クパッ

唯「あはは、すごい開いてるね。エッチな場所がよく見えるよ?」カシャッ

梓「せ、先輩。写真は……」クイッ

唯「まま、いいからいいから」

唯「そうだ……あずにゃん、私が手伝ってあげるよ。ほら、ペットボトル貸して?」
198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:00:52.16 ID:lC4iV2MnO
梓「だ、大丈夫ですよ。あとはちゃんとここに押し当ててれば平気なはずですから……」

唯「へえ……ここって」グイッ

唯「ここかな?」クチュッ

梓「あっっ!」ヌプッ

唯「あはは、なんか入っちゃったよあずにゃ?ん」グリグリ

梓「やあ、あっ……そこ、ちが……んっ!」ビクッ

唯「え?。違うってなにが??」ヌプッヌプッ

梓「そ、そこ! お、おしっこの出る穴じゃないですよぅ……!」ビクン

唯「そうなんだ。なんかヌルヌルしてたから勘違いしちゃったよ?」クチュクチュ

梓「やぁぁ……出し入れしちゃだめぇ……」
200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:07:38.35 ID:lC4iV2MnO
唯「あはは、また敬語だねあずにゃん」グチュグチュ

梓「はあっ、はあっ、き、気持ちいい……」クイクイッ

唯「まあ、もう許してあげる気なんてないけどさ」クプックプッ

梓「あ、あっ……で、でる。おしっこ出ちゃいますよぅ……」プルプル

唯「いいよ?。ほら、ちゃんとこのペットボトルにだすんだよ??」クプッ

梓「やぁぁ……そ、そこからおしっこ出ないもん。だめ、だめ、漏れちゃう……!」

唯「し?らない」ズンッ グチュッ


梓「ひっ!! あ……あ……」プシャァァァァ

唯「あれっ、ちょっと突いたら出ちゃったね?。お漏らしあずにゃん」グリグリ

梓「も、もらして……なひゃ……」シャァァァァ プルプル

唯「……くすっ」
202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:11:47.10 ID:lC4iV2MnO
唯「……」カシャッ カシャッ

唯「……」レロレロ

梓「あっ、あっ……あっ……きもちぃ……」

梓(写真をとられながら、汚れたアソコをペロペロされて)

梓(私は盛りのついた猫みたいな顔で悦んでいます)

梓「もっと、もっとぉ……」プシャァァァァ

唯「ふふっ、またお漏らししてる。そんなにおしっこ気持ちいい?」

梓「は、はひ。気持ちいいです。もっと唯先輩の前でおしっこしたいですぅ……」ハァハァ

唯「くすっ。恥ずかしげもなくそんな事言えるなんてさ」

唯「もう、本当にペットだね」レロレロ

梓「あっ……」ピクン
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:15:02.28 ID:lC4iV2MnO
唯「本当はもっと時間かけて落とすつもりだったのにな?。案外早かったね」クスクス

梓「んっ、んっ」ペロペロ

唯「私のおしっこでるとこ、美味しい?」ナデナデ

梓「はひ。美味ひいです、もっと……」ペロペロ

唯「くすっ……本当はこういう願望あったのかな。じゃなきゃ一日で落ちるなんてありえないよね」ニヤニヤ

梓「はぁ、はぁ」ペロペロ

唯「……ふふっ。早く首輪も買ってこないとね」ガチャッ
205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:20:33.58 ID:lC4iV2MnO
唯「今はこの手錠だけだけど……」

梓「はぁ、はぁ」ペロペロ

唯「ふふっ、もっともっといっぱい繋がろうね」

唯「肉体的にも、精神的にも……ね」クスクス

梓「は、はい……」

梓「ご主人様……」ペロッ
207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:24:42.52 ID:lC4iV2MnO
唯「ふふっ、いい子いい子。あ……私も出そうかも」

梓「……あ?ん」

唯「命令してないのに飲んでくれるの? いい子だねあずにゃんは」ススッ

梓「んっ……」グイッ

唯「あずにゃん……」

唯「これからずっと、一緒だからね……」

……プシャァァァァ

……ゴクッ ゴクッ

梓「……」

梓「はいっ」ニッコリ


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:32:09.49 ID:K40zIiOJ0

ドS唯は久しぶりに見た気がする
210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:32:34.26 ID:o/JnyQjx0
乙乙
211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:32:50.46 ID:MynAir5k0
いいわぁ
S唯ちゃんいいわぁ
212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:35:15.60 ID:rbT2kBsl0
…さて、パンツ穿くか
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:35:27.78 ID:V8qbSYkBO
乙!
黒唯すてきすぐる
214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:39:50.73 ID:9fztLDg+0
おうおう
乙彼

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > けいおん! > 唯「あずにゃん…ずっと一緒だからね…」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP