Home > ハルヒ > ハルヒ「TSF?」

ハルヒ「TSF?」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:28:37.15 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「ネットに載ってるんだけど、TS化とかTSFって何か知ってる?」


キョン「いや、わからないな」

ハルヒ「有希は?」

長門「…」フルフル

キョン「そのままネットで調べればいいんじゃないか?」

ハルヒ「あ、それもそうね」カタカタ
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:29:47.45 ID:IjwSpekO0
キョン「で、なんだった?」

ハルヒ「んー、よくわからないけど、性転換のことみたい」

キョン「性転換ねぇ」

ハルヒ「フィクションのジャンルでの略称なんだってさ」

キョン「ふーん」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:32:05.83 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「…」ジー

キョン「…なんだ?」

ハルヒ「キョンが性転換したらどうなるんだろ」

キョン「変な事を言うな…」

ハルヒ「でも面白そうでしょ」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:34:54.35 ID:IjwSpekO0
キョン「俺が性転換したって気持ち悪くなるだけだろ…」

ハルヒ「そんなのやってみなくちゃわからないじゃない」

キョン「そりゃそうかもしれんが…そんなことしないんだから考えても無駄だろ…」

ハルヒ「つまんないわね!性転換くらいしてみなさいよ!」

キョン「断る!」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:36:47.78 ID:IjwSpekO0
キョン♀「ということがあったんだ」

古泉「なるほど…それが原因でそのような姿になったわけですか」

朝比奈「ふぇぇ」

長門「ユニーク」

キョン♀「まさかホントに性転換させられるとは…」ハァ

古泉「でもとても可愛らしい姿ですよ」

キョン♀「おまえにそんなこと言われてもうれしくない」

長門「…可愛い」

キョン♀「長門、ありがとな」

古泉「…」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:39:04.75 ID:IjwSpekO0
キョン♀「しかし、家族は普通に接してきたんだが、どういうことだ」

古泉「他の人たちにはあなたは元から女性だったということになっているのでしょう」

キョン♀「なるほどな…部屋に女物しかなかったのもそういうことだからか」

古泉「涼宮さんはどのように認識しているかはわかりませんけどね…」

キョン♀「うーむ…」

古泉「そろそろ時間ですね、この話はまたあとでしましょう」

キョン♀「そうだな…。それじゃまたあとで」

古泉「頑張ってください」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:41:22.57 ID:IjwSpekO0
キョン♀「(…ハルヒは…もういるのか)…おはよう」

ハルヒ「あ、キョンおはよう!」ガバチョー

キョン♀「うおおい!いきなり抱きつくなよ!」

ハルヒ「なによ、いつものことじゃない」

キョン♀「なんだと…」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:43:23.85 ID:IjwSpekO0
国木田「おはよう、今日も元気だね」

谷口「朝から騒がしい奴らだぜ」

キョン♀「よ、よう」

ハルヒ「む!ちょっとキョン」

ガラガラ

岡部「ほらー席に着けー」

キョン♀「なんだ?」

ハルヒ「な、なんでもないわよ」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:45:15.12 ID:IjwSpekO0
1時限目

教師「…で、あるからしてー」

ハルヒ「…」

キョン♀「…」カキカキ

教師「…によりー」

キョン♀「…」カキカキ
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:47:24.91 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「…」グイ

キョン♀「ぐあっ!何しやがる!」

ハルヒ「なんでもないわ」

キョン♀「……ったく、もう引っ張るなよ」プイッ

教師「…にすることでー」

ハルヒ「…」

キョン♀「…」カキカキ
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:50:12.07 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「…」グイ

キョン♀「ぐえっ」

ハルヒ「面白いわ」

キョン♀「やめろって言っただろ!」

ハルヒ「だって目の前でプラプラしてて気になるんだもん」

キョン♀「だからって何度も引っ張るなよな…」

ハルヒ「そんな髪型してるのが悪いのよ!」

キョン♀「ポニーテールは悪くないだろ…」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:52:26.87 ID:IjwSpekO0
2次元目

ハルヒ「次は体育よ!」

キョン♀「げ、マジか」

ハルヒ「着替えるわよ」

キョン♀「ちょ!待て待て!」

ハルヒ「何よ?あ、脱がして欲しいの?」グイッ

キョン♀「まだ男子が、っておい!脱がそうとするな!」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:54:33.48 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「わがままねぇ」

キョン♀「着替えくらいゆっくりさせてくれ」

ハルヒ「あ、そうだ」

キョン♀「なんだ?」

ハルヒ「あんた体操着はちゃんと毎回持って帰ってる?」

キョン♀「いや、毎回ではないな…」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:56:32.10 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「ハァ…」

キョン♀「な、なんだよ…」

ハルヒ「体操着なんて置いてったら何されるかわからないでしょ」

キョン♀「さすがに俺の体操着に何かするようなやつはいないと思うが…」

ハルヒ「いーえ、いるわ!きっといるはずよ!」

キョン♀「そ、そうか…」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 21:59:27.79 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「谷口あたりが怪しいわ」

キョン♀「さすがにそこまで変態じゃないと思うが…」

ハルヒ「まあ変態谷口は置いといて…あんたスタイルはアレだけど、見た目は悪くないんだから、そこら辺ちゃんとしておきなさいよ」

キョン♀「あ、ああ、わかった」

ハルヒ「体操着はちゃんと持ち帰りなさい」

キョン♀「そうするよ」

ハルヒ「分かればいいわ」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:01:16.98 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「てことで、着替えさせてあげるわ!」ヌガシヌガシ

キョン♀「うおおおい!」

ハルヒ「キョン…あんたなんでブラしてないのよ」

キョン♀「わ、忘れたんだよ…」

ハルヒ「忘れるんじゃないわよ…」

キョン♀「仕方ないだろ…。そ、それに、俺はブラしなくたって問題ないだろ…こんな胸だし…」

ハルヒ「そういう問題じゃないでしょ…」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:03:37.08 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「体操着着てみなさいよ」

キョン♀「お、おう?」

ハルヒ「ほら…ちょっと乳首が浮いてるじゃない…」

キョン♀「げ…でもこれくらいなら目立たないだろ…」

ハルヒ「問題はそれだけじゃないけど、まあいいわ」ゴソゴソ

キョン♀「?」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:06:17.15 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「はいコレ、バンソコ貼っておきなさい」

キョン♀「マジか」

ハルヒ「ええ、まじよ」

キョン♀「…わかったよ」

ハルヒ「手伝ってあげるわ」ペローン

キョン♀「ひ、ひとりでできる!」

ハルヒ「遠慮しなくていいわよ、女同士じゃない」ペタペタ

キョン♀「ふおっ、そ、そういう問題じゃないだろ!」

ハルヒ「へ、変な声出すんじゃないわよ」ペタペタ
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:06:59.46 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「はいコレ、バンソコ貼っておきなさい」

キョン♀「マジか」

ハルヒ「ええ、まじよ」

キョン♀「…わかったよ」

ハルヒ「手伝ってあげるわ」ペローン

キョン♀「ひ、ひとりでできる!」

ハルヒ「遠慮しなくていいわよ、女同士じゃない」ペタペタ

キョン♀「ふおっ、そ、そういう問題じゃないだろ!」

ハルヒ「へ、変な声出すんじゃないわよ」ペタペタ


阪中「(いったい何をしているのね…)」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:07:00.33 ID:+tzyG4VwO
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:09:11.17 ID:IjwSpekO0
キョン♀「(せっかく女子との着替えだったってのに、ハルヒのせいでまったく見れなかったぜ)」

ハルヒ「キョン、まずはストレッチだって!一緒にやるわよ!」

キョン♀「あいよ」

ハルヒ「んじゃキョンからね」

キョン♀「おっけー」
27: 23保存した 2010/10/31(日) 22:11:42.02 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「押すわよー」グイグイー

キョン♀「(おおー、体が柔らかいぜ)」グデー

ハルヒ「もっと押すわよー」グイグイグイー

キョン♀「ぐえっ!強すぎだ!」

ハルヒ「なさけないわねー」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:13:35.76 ID:IjwSpekO0
キョン♀「交代だ」

ハルヒ「わかったわ」

キョン♀「いくぞー」グイグイー

ハルヒ「もっと強くてもいいわよー」

キョン♀「これでどうだー?」グイグイグイー

ハルヒ「まだまだー」ペター

キョン♀「おまえ、かなりやわらかいな」

ハルヒ「キョンが硬いのよ」ペペター
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:15:15.69 ID:IjwSpekO0
3時限目

キョン♀「(なんだか眠くなってきたな…)」ウトウト

ハルヒ「…」

キョン♀「(なんかハルヒも大人しいし…寝よ)」グデー

教師「…をしてー」

キョン♀「…」zzz…
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:17:28.36 ID:IjwSpekO0
キンコンカンコーン

キョン♀「…ん、もう終わったのか」

ハルヒ「あんた寝すぎよ」

キョン♀「んー、ちょっとトイレ行ってくる」

ハルヒ「はいはい、早く戻ってきなさいよ」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:19:19.03 ID:IjwSpekO0
キョン♀「(女子トイレ…こんな姿じゃなけりゃ入ることはなかっただろうな…)」

ギイ バタン

キョン♀「(女の子のトイレってめんどくさいなー)」ヌギ

ペタン

キョン♀「(これなら男の方が楽だな…)」

チョロ チョロロロロ…

キョン♀「(ふぅ…)」フキフキ

ジャー

キョン♀「(貴重な体験だよなぁ…)」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:21:50.20 ID:IjwSpekO0
4時限目

キョン♀「なんだ4限は自習か」

ハルヒ「みたいね」

キョン♀「腹減ったな…」

ハルヒ「あんたちゃんと朝食べてるの?」

キョン♀「あー、今日は食べてこなかったんだよ(こんなんなったせいで、朝はドタバタしてたからな…)」

ハルヒ「ちゃんと食べなきゃダメじゃない」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:24:18.41 ID:IjwSpekO0
キョン♀「早弁するか…」

ハルヒ「まったく…」

キョン♀「ハルヒも一緒に食うか?」

ハルヒ「そうね…それなら部室で食べましょ」

キョン♀「…そうだな、先生もいないし大丈夫か」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:26:12.72 ID:IjwSpekO0
谷口「おいキョン、どこ行くんだ?」

キョン♀「サボって早弁」

谷口「涼宮とか?」

ハルヒ「悪い?」ギロッ

谷口「い、いえ、悪くない、です」

国木田「相変わらず二人は仲良しだねぇ」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:28:17.80 ID:IjwSpekO0
―SOS団部室―

ハルヒ「ごちそうさま」

キョン♀「ふー、食った食った」ケプ

ハルヒ「行儀悪いわね…」

キョン♀「まあいいじゃねぇか」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:31:32.63 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「あ、そういえば、バンソコ剥がした?」

キョン♀「いや、まだだが」

ハルヒ「剥がしておかないと、かぶれるかもしれないわよ」

キョン♀「そうなのか、じゃあ剥がしておくよ」

ハルヒ「どうせなら今しなさいよ」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:33:34.43 ID:IjwSpekO0
キョン♀「ここでか?」

ハルヒ「そうよ、他に誰もいないんだからいいじゃない」

キョン♀「…そうだな」

ハルヒ「あたしのことなら気にしなくていいわよ、どうせさっき見せてたじゃない」

キョン♀「あれはおまえから見たんだろうが…」

ハルヒ「そうだったかしら」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:35:20.02 ID:+tzyG4VwO
支援
もらいものだけど
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:35:44.34 ID:IjwSpekO0
キョン♀「…ん」ペリペリ

ハルヒ「かぶれてない?」

キョン♀「見れないからわからないな」

ハルヒ「じゃあ見せてみなさい」ガバッ

キョン♀「おいっ!」
46: 44保存した 2010/10/31(日) 22:38:36.71 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「ちょっと赤くなってるわね」

キョン♀「そりゃ今までバンソコ貼ってたわけだし」

ハルヒ「…」サスサス

キョン♀「ぐおっ!ち、乳首を触るな!」

ハルヒ「痛くない?」グリグリ

キョン♀「痛みなんかない!」

長門「…」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:39:15.50 ID:+tzyG4VwO

支援
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:41:07.70 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「あ、立ってきた」コリコリ

キョン♀「なっ!い、いい加減にしろ!」

ハルヒ「べ、別に減るもんじゃないんだし、ちょっとくらいいいでしょ!」

キョン♀「よくないだろ!」

長門「…」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:44:26.49 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「もしかして感じちゃったとか?」

キョン♀「っ!そんなわけあるか!って長門!?」

ハルヒ「あ、あら有希じゃない、いつからいたの?」

長門「…あなたが彼女の乳首を触り始めるところから」

ハルヒ「そう…いつの間にか昼休みになってたのね…」

長門「そう」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:47:16.61 ID:IjwSpekO0
キョン♀「こ、これは違うんだ」

ハルヒ「ただキョンの乳首に異常がないか調べてただけよ」

長門「…そう」

キョン♀「そ、それよりも長門、もう昼飯は食べたのか?」

長門「食べた」

キョン♀「そ、そうか」
53: 47保存した 2010/10/31(日) 22:49:27.84 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「本読むの?」

長門「読む」

キョン♀「なら邪魔しちゃ悪いし、大人しくしてようぜ」

ハルヒ「…そうね」

長門「問題ない、続けて」

キョン♀「いやいやいや、続けないから」

長門「…そう」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:51:10.20 ID:IjwSpekO0
ほうかご!

キョン♀「今日はいろいろ大変だったぜ…」

古泉「お疲れ様でした。…涼宮さんは遅れるのですか?」

キョン♀「ああ、掃除当番だ」

古泉「そうですか」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:53:50.33 ID:IjwSpekO0
キョン♀「それにしてもハルヒのやつ、今日はいつも以上に絡んできたな…」

古泉「それはあなたが女性だからではないでしょうか」

キョン♀「どういうことだ?」

古泉「簡単な事です、同性の友達だから今までよりも接しやすかったのでしょう」

キョン♀「なるほどな…。今は女同士だもんな…」

古泉「そういうことです」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:56:08.54 ID:IjwSpekO0
キョン♀「だがいくら女同士だからといっても、アレはやり過ぎだったと思うんだが…」

古泉「何があったんです?」

キョン♀「なんというか…少し過激なスキンシップが…」

古泉「ふむ…」

キョン♀「いや、だいぶ過激だったかな…」

古泉「涼宮さんが相手ですからね…。頑張って耐えてください」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:58:35.70 ID:IjwSpekO0
キョン♀「だいたい、いつまでこんな姿でいなきゃならんのだ…」

古泉「そうですね…涼宮さんが満足すれば元に戻れると思いますよ」

キョン♀「それはいつなんだ…」

古泉「あなたの頑張り次第でしょう」ニコニコ

キョン♀「やれやれ…」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:59:17.83 ID:IjwSpekO0
バァァン!

ハルヒ「やっほー!皆そろってるー?」

キョン♀「静かに開けれんのか」

ハルヒ「うるさいわねー…あれ?みくるちゃんは?」

古泉「まだ来てないですね」

長門「朝比奈みくるはクラスの用事で遅れる」

ハルヒ「あらそう、それなら仕方ないわね」

長門「そう」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 22:59:58.65 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「じゃあ今日はキョンがメイド服を着なさい!」

キョン♀「なんでだよ!」

ハルヒ「みくるちゃんがいないんだからしょうがないでしょ」

キョン♀「それなら朝比奈さんを待てばいいだろ…」

ハルヒ「待てないわ!あんたがメイド姿でお茶を入れるの!」

キョン♀「……わかったよ」

ハルヒ「あら、やけに素直ね。やっとSOS団員としての自覚を持てるようになったのかしら」

キョン♀「仕方なくだからな…」

古泉「では僕は外に出ますね」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:00:55.01 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「じゃあさっさと着替えなさい!」

キョン♀「そう急かすなよ」ヌギヌギ

ハルヒ「サイズは大丈夫かしら」

キョン♀「おいおい…」モゾモゾ

ハルヒ「まあなんとかなるでしょ」

キョン♀「…そうだな」キガエキガエ
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:03:20.99 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「へぇ、なかなか似合ってるじゃない!」

古泉「ええ、お似合いですよ」

長門「可愛い」

キョン♀「そ、そうか」

ハルヒ「じゃあさっそくお茶ちょうだい!」

キョン♀「へいへい」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:05:17.09 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「んー、まずい!もう一杯!」

キョン♀「そりゃ朝比奈さんみたいにうまいお茶は入れられねぇよ」

ハルヒ「そんなんじゃみくるちゃんからSOS団専属メイド兼マスコットの座を奪えないわよ!」

キョン♀「奪わねーよ!」

ハルヒ「つまんないわね」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:07:35.78 ID:IjwSpekO0
ガチャ

朝比奈「遅れてすみませぇーん」

ハルヒ「遅いわよ!」

キョン♀「朝比奈さんこんにちは」

朝比奈「わー!キョンちゃん可愛いですぅ」

キョン♀「え、あ、ありがとうございます」

ハルヒ「むむむ…」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:10:12.85 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「それよりキョン!お茶!」

キョン♀「俺よりも朝比奈さんに入れてもらった方がうまいだろ」

ハルヒ「今日はキョンがメイドなんだから、キョンがお茶入れるのよ!」

キョン♀「へいへい」

ハルヒ「みくるちゃんは何もしなくていいからね!」

朝比奈「ふぇぇ」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:12:33.80 ID:IjwSpekO0
・・・・

・・

長門「…」パタン

ハルヒ「今日はもう終わり!」

キョン♀「ふぅ…お茶汲みも結構大変なんですね」

朝比奈「ご苦労様ですぅ」

キョン♀「ハルヒが飲みすぎなんだよ」

ハルヒ「べ、別にいいでしょ!」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:14:29.00 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「明日はいつも通り不思議探索だからね!皆遅刻しないように!」

朝比奈「わかりましたー」

古泉「了解です」

キョン♀「じゃあ俺は着替えないとだし、戸締りはやっておくよ」

朝比奈「お願いしますー」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:17:10.25 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「それじゃあバイバーイ」

朝比奈「さようならー」

古泉「お疲れ様でした」

長門「…」


キョン♀「さてと、着替えるか」ヌギヌギ
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:19:32.05 ID:IjwSpekO0
バタン ガチャ カチ

キョン♀「よし、帰るか」

ハルヒ「そうね」

キョン♀「うおっ!」

ハルヒ「なによ」

キョン♀「いたのかよ…」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:22:08.93 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「悪いわけ?」

キョン♀「そうじゃない、驚いただけだよ」

ハルヒ「そ、そう…ならいいわ」

キョン♀「待っててくれたのか?」

ハルヒ「ち、違うわよ!トイレのついでよ!」

キョン♀「トイレのついでって…まあおまえ、いっぱいお茶飲んでたもんな…」

ハルヒ「なっ!そ、そんなことより、さっさと帰るわよ!」

キョン♀「鍵返してきてからな」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:24:44.59 ID:IjwSpekO0
―キョンの家―

キョン♀「ふー、今日はかなり疲れたぜ…。飯も食ったし、さっさと風呂入って寝よう…」

キョン妹「キョンちゃんお風呂ー?」

キョン♀「ああ」

キョン妹「一緒にはいろー」

キョン♀「だめだ、おに…お姉ちゃん疲れてるから、今日は一人で入らせてくれ…」

キョン妹「ぶー!」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:27:30.86 ID:IjwSpekO0
ガチャ

キョン♀「(しかし、こうやってまじまじ見ると、完全に女の体だな…。貧乳だが…)」ジロジロ

キュ ジャー

キョン♀「(髪長くて洗うのが大変だ…)」ゴシゴシ

ジャーー

キョン♀「(次は体か…胸ちっちゃ)」ゴシゴシ モミモミ

ジャーー

キョン♀「(ここもちゃんと洗わないとだよな…)」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:31:04.55 ID:IjwSpekO0
キョン♀「(…ムニムニしてる)」

プニプニ

キョン♀「(ん…なんか…変な感じだ…)」

コシコシ

キョン♀「っく…(あ、これ気持ちいいかも…)」

ニュルニュル

キョン♀「うわ…(濡れてきた…)」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:33:35.06 ID:IjwSpekO0
クチャクチャ

キョン♀「んっ…(さすがに中は怖いな…)」

クリクリ

キョン♀「うおっ…(こ、これは…ヤバイな…)」

クリクリクリ

キョン♀「んんっ…(イきそうだ…)」プルプル

グリグリグリ

キョン♀「くっ・・・んくぅぅぅ」ビクンビクン
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:35:20.06 ID:IjwSpekO0
ジャー

キョン♀「ふぅ…いつの間にかオナってしまったが、女ってすごいんだな…」

・・・・

・・

キョン♀「明日も早いしさっさと寝るか…。朝には戻ってるといいんだけどな…」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:38:19.76 ID:IjwSpekO0
次の日

ハルヒ「遅い!罰金!」

キョン♀「す、すまん」

ハルヒ「あんたの奢りだからね!」

古泉「それなんですが、たまには僕に出させてください」

ハルヒ「え?なんで?」

古泉「女性に奢らせてばかりというのも悪いので」

キョン♀「いいのか?」

古泉「ええ、大丈夫ですよ」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:40:23.76 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「そうね…古泉君が出したいってのなら別にかまわないわ!」

古泉「ありがとうございます」

キョン♀「すまん、ありがとな」

古泉「遅れたのは私服選びが原因ですか?」ヒソヒソ

キョン♀「よくわかったな…女物の私服なんてよくわからんからな…」ヒソヒソ

古泉「やはりそうでしたか」

ハルヒ「む!なにをこそこそとやってるのよ!さっさと入るわよ!」

キョン♀「…はいよ」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:43:48.77 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「それじゃあ不思議探しをするわよ!あたしとキョンはこっちに行くから!」

古泉「わかりました。では僕たちはあちらへ行きます」

ハルヒ「お昼にまた集合だからね!それじゃ行くわよキョン!」グイッ

キョン♀「お、おい、引っ張るなよ」

朝比奈「ではまた?」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:45:24.32 ID:IjwSpekO0
古泉「あの二人が同じ班になるのは珍しいですね」

朝比奈「そうですねぇ」

古泉「彼が女性になったことで涼宮さんも接しやすくなってるようです」

朝比奈「すっごく仲良しさんですぅ」

長門「しかし彼は元の姿に戻りたがっている」

古泉「そうですね…。まあ、すぐに戻れると思いますよ」

朝比奈「わたしもそう思いますぅ」

長門「…そう」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:47:17.74 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「あ、クレープ!あれ食べるわよ!」

キョン♀「へいへい」

・・・

ハルヒ「アイス!あれも食べるわよ!」

キョン♀「はいはい」

・・・

ハルヒ「タコヤキ!あんた好きでしょ!」

キョン♀「おいおい…」
83: 82大食いなイメージはあるけど、公式ではわからないな… 2010/10/31(日) 23:51:47.03 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「ふー、おいしかったわね」

キョン♀「食いすぎだろ…」

ハルヒ「あ、もうこんな時間じゃない。そろそろ集まらないと」

キョン♀「食べ歩いただけだったな」

ハルヒ「たまにはいいじゃない」

キョン♀「まあそうだが…昼飯はいらないな…」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:53:27.87 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「午後も同じ班ね!」

キョン♀「珍しいこともあるもんだ」

朝比奈「そうですねぇ」

ハルヒ「それじゃあたしたちはあっちに行くから!16時には戻ってくるように!」

古泉「わかりました」
86: 84長門は大食いだけど、ハルヒもそれなりに大食いだと思ったのは気のせいだったかな 2010/10/31(日) 23:58:45.31 ID:IjwSpekO0
キョン♀「それで、今度は何をするんだ?また食うのか?」

ハルヒ「さすがにもう食べられないわよ」

キョン♀「だよな」

ハルヒ「とりあえず歩きながら不思議を探しましょ」

キョン♀「あいよ」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/31(日) 23:59:33.69 ID:IjwSpekO0
ハルヒ「…」テクテク

キョン♀「…」テクテク

ハルヒ「…なんか変なのよね」

キョン♀「何がだ?」

ハルヒ「わかんないけど、何か違和感を感じるの」

キョン♀「…何に?」

ハルヒ「あんたに」

キョン♀「…そうか」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:00:14.72 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「キョンって前からそうだったっけ?」

キョン♀「前からとは?」

ハルヒ「んー、前からそんな変な女だったっけ?」

キョン♀「変な女とは失礼なやつだな…」

ハルヒ「だって変じゃない」

キョン♀「どこら辺が?」

ハルヒ「女の子なのに男言葉だし、ガサツだし、下品ね」

キョン♀「…」

ハルヒ「それにあたしに逆らってばかり!」

キョン♀「それは関係ないだろ」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:02:19.81 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「あんたって実は男だったりして」

キョン♀「なっ何言ってるんだよ」

ハルヒ「冗談に決まってるじゃない、なに焦ってるのよ」フフッ

キョン♀「まったく…」

ハルヒ「ホント、あんたって不思議ね」

キョン♀「そりゃよかったな」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:04:16.14 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「あたし、キョンのこと好きよ」

キョン♀「へ?」

ハルヒ「も、もちろん友達としてよ!変な勘違いしないでよね!」

キョン♀「わかってるよ」

ハルヒ「そ、そう…ならいいわ」

キョン♀「…俺もハルヒのこと好きだよ」

ハルヒ「なっ!べ、別にあんたに好かれたってうれしくないわよ!」

キョン♀「そうかい」
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:06:37.82 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「…あんたが男だったら…」ボソ

キョン♀「ん?なんか言ったか?」

ハルヒ「な、なんでもないわ!さっさと行くわよ!」

キョン♀「はいよ」

ハルヒ「しゃきっとしなさい!」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:08:14.66 ID:mxMeLHfX0
・・・・

・・

ハルヒ「それじゃあ今日は解散!明日はみんなゆっくり休んでね!」

朝比奈「わかりましたぁ」

古泉「お疲れ様でした」

ハルヒ「それじゃあバイバーイ!また月曜日に!」

キョン♀「じゃあな」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:10:51.35 ID:mxMeLHfX0
古泉「それで、涼宮さんとのデートはどうでしたか?」

キョン♀「デートじゃないだろ」

古泉「そうでしたね、すみません」ニコニコ

キョン♀「ったく…」

古泉「ですが涼宮さんは大変満足したようです」

キョン♀「そうか…」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:12:41.29 ID:mxMeLHfX0
古泉「明日の朝には元の姿に戻っているかもしれませんね」

キョン♀「戻れるのか…」

古泉「おや、不満ですか?」

キョン♀「そういうわけじゃない。できる事ならさっさと戻りたいよ」

古泉「そうですか」

キョン♀「ま、女になるってのも悪くないけどな。いろいろと珍しい体験もできたし」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:14:18.45 ID:mxMeLHfX0
古泉「珍しい体験とは?」

キョン♀「……いろいろだよ」

古泉「ふむ」

キョン♀「…一日中ハルヒの相手して疲れたからもう帰るぞ」

古泉「そうですね、また何かあったらご連絡ください」

キョン♀「ああ、わかった」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:16:34.53 ID:mxMeLHfX0
―キョンの家―

キョン♀「古泉の話じゃ明日には元に戻るんだったな…」

キョン妹「キョンちゃんお風呂はいろ!」

キョン♀「風呂くらい一人で入りなさい」

キョン妹「やだやだー!今日は一緒に入るー!」

キョン♀「まったく…今日だけだからな…」

キョン妹「わーい」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:18:07.23 ID:mxMeLHfX0
キョン♀「ほら、早く脱ぎなさい」

キョン妹「手伝ってぇ?」

キョン♀「はいはい…」ヌガシヌガシ

キョン妹「脱げたー」スッポンポン

キョン♀「んじゃ入るぞ」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:20:51.10 ID:mxMeLHfX0
キョン妹「洗って洗ってー!」

キョン♀「自分で洗え…」

キョン妹「せっかく一緒のお風呂なんだからいいじゃーん!」

キョン♀「わかったよ、わがままなやつだ…」

キョン妹「うむ!」
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:22:37.91 ID:mxMeLHfX0
キョン♀「シャワーかけるぞ」

キョン妹「はーい」

キョン♀「まずは頭からな」ジャー ゴシゴシ

キョン妹「かゆいとこはございませんかー」

キョン♀「それはこっちのセリフだ」ゴシゴシ
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:25:06.36 ID:mxMeLHfX0
キョン♀「次は体洗うぞー」

キョン妹「おねがーい」

キョン♀「痛くないか?」ゴシゴシ

キョン妹「んーくすぐったいー」

キョン♀「それくらい我慢しなさい」ゴシゴシ

キョン妹「くふふ、キョンちゃんだめ、くすぐったい」プルプル

キョン♀「もうすぐ終わるから」ゴシゴシ 
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:27:59.22 ID:mxMeLHfX0
キョン♀「よし、洗い終わったぞ」ジャー

キョン妹「ありがとー」

キョン♀「じゃあ先に湯船に浸かってなさい」

キョン妹「はーい」

キョン♀「(今日は普通に洗うしかないな)」ゴシゴシ
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:29:34.40 ID:mxMeLHfX0
キョン妹「キョンちゃんおっぱい小さいねー」

キョン♀「…そうですね」

キョン妹「ハルにゃんやみくるちゃんはおっきいのにねー」

キョン♀「あの二人が特別なんだよ」

キョン妹「そうなんだー」
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:32:04.13 ID:mxMeLHfX0
キョン♀「それに、おまえは俺の妹なんだから、おまえの胸も大きくならないかもしれないぞ」

キョン妹「えー!それはやだなー」

キョン♀「じゃあちゃんと牛乳飲んでいっぱい寝なさい」

キョン妹「はーい」

キョン♀「好き嫌いもだめだぞ」

キョン妹「むー、わかったよー」
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:34:36.27 ID:mxMeLHfX0
キョン♀・妹「ゴクゴク…」プハーッ

キョン♀「風呂上りの牛乳はうまいだろ」

キョン妹「おいしー!」

キョン♀「でも飲みすぎると腹壊すからな」

キョン妹「はーい!」
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:36:08.31 ID:mxMeLHfX0
次の日

キョン「ん…朝か…」

キョン妹「…ん」zzz…

キョン「昨日は妹と遊んで、そのまま一緒に寝たんだったな…って」

ガバッ

キョン「元に戻ってる!久しぶりだな俺の体!今日も元気だなムスコ!」
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:37:40.83 ID:mxMeLHfX0
ピロピロピロ

キョン「ん?ハルヒから電話か」

ピッ

キョン「どうした?」

ハルヒ『買い物に行くわよ!』

キョン「買い物?」

ハルヒ『そうよ!今から駅前に集合だから!』ピッ

キョン「…もう切りやがった。…仕方ない、急いで行くか」
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:39:11.28 ID:mxMeLHfX0
―駅前―

ハルヒ「遅いわよ!」

キョン「急な呼び出しなんだから仕方ないだろ」

ハルヒ「まあ許してあげるわ、さっさと行くわよ」

キョン「俺とハルヒだけなのか?」

ハルヒ「そうよ、何か問題ある?」

キョン「いや、何もないが…」

ハルヒ「キョンは荷物持ちなんだからね!」

キョン「はいはい…」
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:40:21.50 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「あんた最近なんか変わった?」

キョン「特に変わってないが…」

ハルヒ「…そう」

キョン「どうかしたのか?」

ハルヒ「なんか違和感があるのよねー」

キョン「(どんだけ鋭いんだよ…)」
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:41:21.52 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「キョンは男の子よね?」

キョン「あ、当たり前だろ…」

ハルヒ「そうよね」

キョン「何を言ってるんだよ」

ハルヒ「何故だか知らないけど、キョンが女の子だったら楽しいだろうなーって思ったの」

キョン「…そうかもな」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:42:28.53 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「あ、別にあんたが嫌ってわけじゃないからね!」

キョン「そうかい…」

ハルヒ「キョンはキョンのままで、って何言わせるのよ!」

キョン「自分で勝手に言ったんだろ!」

ハルヒ「まったくもう…」
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:43:26.38 ID:mxMeLHfX0
ハルヒ「じゃあさ、あんた分裂できない?」

キョン「できるわけないだろ…」

ハルヒ「キョンがもう一人いて、それが女の子だったら面白そうじゃない」

キョン「…そうかもな。でもさすがの俺も分裂はできないよ」

ハルヒ「つまんないの」
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:44:34.80 ID:mxMeLHfX0
キョン「ということがあったんだ…」

古泉「なるほど…それが原因でこのようなことになったわけですか」

朝比奈「ふぇぇ」

長門「ユニーク」

キョン子「いい迷惑だ…」

ハァ…

キョン・キョン子「やれやれ」


おわり
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:46:02.36 ID:mxMeLHfX0
みんな女体化には気をつけようぜ
それだけ


支援ありがとでした!
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 00:54:11.91 ID:qYqNFt3AP
あまずっぱかったよ!!
とってもとってもあまずっぱかったよ!!!
この杏露酒! 永昌源! お前のかーちゃん酢豚のパイナップル!
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 01:04:29.59 ID:xWbf+FcK0
TFかと思って開いたけど
これはこれで面白かった、乙
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 01:32:22.12 ID:enxffOAG0
面白かったよ
いちおつ
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 06:23:02.94 ID:PI/Nabta0
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 11:34:28.19 ID:knnHXMR0O
面白かったし妹ちゃんも可愛かった

>>1乙!
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:00:06.90 ID:5yf0qv4JP
ハルヒ「ネットに載ってるんだけど、TS化とかTSFって何か知ってる?」

キョン「いや、わからないな」

ハルヒ「有希は?」

長門「…」フルフル

キョン「そのままネットで調べればいいんじゃないか?」

ハルヒ「あ、それもそうね」カタカタ
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:02:42.28 ID:5yf0qv4JP
キョン「で、なんだった?」

ハルヒ「んー、よくわからないけど、性転換のことみたい」

キョン「性転換ねぇ」

ハルヒ「フィクションのジャンルでの略称なんだってさ」

キョン「ふーん」
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:05:14.23 ID:5yf0qv4JP
ハルヒ「ちょっとおもしろそうね」

キョン「そうか? 気持ち悪いだけじゃねえか」

 コンコン

国木田「あ…おじゃまします。キョンいる?」ガチャ

キョン「おう国木田。どうした?」

国木田「先生がなんか呼んでたよ」

キョン「え」

国木田「なんかしたの?」

キョン「い、いや…特に思い当たらんが…なんだろう」

国木田「とにかく、職員室行ってね。伝えたからね」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:08:11.90 ID:5yf0qv4JP
キョン「わかった。じゃ、ちょっと出てくるわ」スタスタ

ハルヒ「……」

 ジー

国木田「…? な、何? 涼宮さん」

ハルヒ「……」

国木田「何か用? 僕もう帰るよ」

ハルヒ「…別に。何でもないわ」

国木田「そ、そう」ガチャ バタン

ハルヒ「……」
144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:12:11.30 ID:5yf0qv4JP
─────

キョン「うー寒い寒い…」

谷口「おーっすキョン」

キョン「おう」

谷口「いきなり寒くなってきやがったなぁ」

キョン「そうだな」

国木田「おはよー二人とも」

キョン「おう。くにき…」
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:15:41.48 ID:5yf0qv4JP
キョン「……」

国木田「? どうしたの?」

キョン「あ、あれ? すまん人違い…」

国木田「は?」

キョン「谷口、おまえの知り合いか?」

谷口「あ? 何言ってんだおまえ」

キョン「いや、何言ってんだって、この人だよ」

谷口「はぁ? この人って…普通に国木田じゃねえか」

キョン「え?」

国木田「…どうしちゃったのキョン」
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:19:48.77 ID:5yf0qv4JP
キョン「いや。いやいやいやおかしいだろ。だって…国木田って…これ女の子じゃねえか」

谷口「…寒さで頭いかれたのか?」

国木田「…なんか何気にひどいこと言ってない?」

谷口「国木田が男だとでも思ってたのかおまえは?」

キョン「……」

キョン「…一つ聞きたい。国木田…おまえは前から…元から女だったか?」

国木田「当たり前じゃん!」

キョン「…そうか」
151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:33:13.36 ID:5yf0qv4JP

キョン「…というわけだ」

古泉「ほほう。国木田君が女性に…」

キョン「ハルヒの力せいだと思うか?」

古泉「まぁそう考えて間違いないでしょうね。昨日ちょうどそのような会話をしていましたから」

キョン「性転換がどうしたとかってヤツか…まったくはた迷惑なヤロウだな」
152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 20:36:56.88 ID:5yf0qv4JP
キョン「どうしたらいいと思う?」

古泉「ふむ…なんとも。現状では手の打ちようがありませんね。彼には申し訳ないですが、しばらくは女性のままでいてもうらしか」

キョン「そうは言ってもなぁ…」

古泉「彼らの記憶では、国木田君は元から女性、ということになっているのでしょう? ならたいした問題ではないんじゃないですか?」

キョン「で、でもそれじゃ国木田が可哀そうじゃねえか」

古泉「そうですかね? まぁ、涼宮さんの興味が他のことに向いたらきっと彼も元に戻るでしょう。心配いりませんよ」

キョン「……」
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 21:04:32.66 ID:5yf0qv4JP
──────

 キーンコーンカーンコーン

谷口「あー腹減った。キョン、飯食おうぜ」

キョン「おう」

国木田「よっこいしょっと」

キョン「…? く、国木田。おまえも俺らといっしょに食うのか?」

国木田「え?」


国木田「……え、な、なんで? いつもいっしょに食べてるじゃんか……」

キョン「い、いや。だって…おまえは女子…だろ?」

国木田「……」
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 21:22:01.99 ID:5yf0qv4JP
谷口「お、おいキョン…」

キョン「あ、いや別に変な意味で言ったわけじゃないんだが…」

国木田「……」

キョン「なぁ国木田。俺とおまえって中学ん時から仲良かったっけ」

国木田「え…う、うん。一応…」

キョン「そ、そうか…」


キョン「……」モクモク

谷口「……」モクモク

国木田「……」モクモク
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 21:24:14.32 ID:5yf0qv4JP
キョン「はぁ…」

谷口「おいキョン。おまえ今日どうしたんだよ?」

キョン「え!? な、何がだ」

谷口「なんであんなに国木田にヒデーこと言うんだ? おかげで弁当の時気まずくてしょうがなかったじゃねえか」

キョン「あ…すまん。悪気があったわけじゃないんだ」

谷口「…どういうつもりか知らんけどよ。とにかく、後で国木田に謝っておけよな」

谷口「あいつ、女子に友達少ねーんだ。気にしてるだろうからさ」

キョン「…そうなのか。わかった」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 21:48:27.71 ID:5yf0qv4JP
国木田「……」

キョン「あ、おい。国木田」

国木田「あ…キョ、キョン。どうしたの?」

キョン「あの…さっきは悪かった。弁当の時、いきなり変なこと言っちまって」

国木田「あ、ああ…ううん、いいよ。別に気にしてないから」

キョン「…なんか今日の俺、ちょっとおかしかったよな。悪いな、今日の俺の言動は忘れてくれ」

国木田「大丈夫だよ。キョンがおかしいのは今日に始まったことじゃないからさ」

キョン「お、なんだとこのヤロ」

国木田「あははは」
158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 21:51:40.79 ID:5yf0qv4JP
キョン「……」

国木田「……」


キョン「…そんじゃ、また明日な」

国木田「あ…ね、ねえキョン」

キョン「ん?」

国木田「あの…さ。今日、暇?」

キョン「え…そうだな。まぁ。暇っちゃ暇だが」

国木田「じゃ、じゃあ…久しぶりにキョンの家遊びにいっちゃダメ?」

キョン「え」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 21:56:44.74 ID:5yf0qv4JP
─────

国木田「おじゃましまーす…うわー久しぶりだなぁ」

キョン「おいおい、そんな感慨にふけるようなもんじゃないぞ俺の部屋なんて」

国木田「いやー懐かしいよ。だって中一くらいの時は毎日のように来てたからねー」

キョン「そ、そうだっけか…」

国木田「そうだよ」


キョン(…そりゃたしかにそうだったが…その国木田は男だったわけで)

キョン(女の国木田もその設定は変わってないのか? わけがわからん)
168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:21:03.09 ID:6AtFybTTP
国木田「あー、キョンの匂いがする」

キョン「な、何を言ってるんだおまえは」

国木田「え? あはは。冗談だよ冗談」

キョン「……」


キョン「…マリカーでもするか」

国木田「あ、うん。そうだねやろうやろう」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:25:14.75 ID:6AtFybTTP
国木田「うわっまた落ちた。あ…あー」

キョン「……」

キョン(こうしてると性別以外はまったく今までの国木田と変わらんな)

キョン(…しかしよく見ると結構可愛いなこいつ)

国木田「ねぇキョンちょっとはフォローしてよ。またビリになっちゃう…」

国木田「…な、何だよじーっと見て」

キョン「あ、いやいやなんでも」

国木田「……」
171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:28:43.55 ID:6AtFybTTP

国木田「うーん…あ、もうこんな時間か。そろそろ帰らなきゃ」

キョン「そうだな。なんだったら泊ってったらどうだ?」

国木田「え、えぇ!? だ、だってそんな…」

キョン「冗談だ冗談。はは」

国木田「…もう…」
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:34:25.79 ID:6AtFybTTP
国木田「…でも楽しかった。本当に久しぶりにキョンと遊べたな」

キョン「そんなに久しぶりだったか?」

国木田「うん…」

国木田「だってキョンはさ。中3の時は佐々木さんとずっと仲良かったし」

国木田「高校に入ってからは涼宮さんたちとずっといっしょだったから」

キョン「そ、そうか…なんか…すまん」

国木田「あ…いや…」


キョン(…なんだこの空気は)
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:38:14.95 ID:6AtFybTTP
キョン「んじゃ、また明日な」

国木田「うん。…あ、キョン」

キョン「どうした?」

国木田「その…」


国木田「…またこうやって、暇な時でいいから遊んでくれる?」

キョン「え…あ、ああ。もちろん。当たり前だろ」

国木田「ふふ。…じゃあね。おじゃましました」ガチャ


キョン「…はぁ。なんか肩こったな…」
175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:43:41.24 ID:6AtFybTTP
─────

国木田「おはようキョン」

キョン「おう」

谷口「ういーっす国木田。キョン」

国木田「あ、谷口。おはよー」


キョン(…一か月経っても国木田は女のままか。なんかもうすっかり見慣れちまったな)

キョン(古泉の言う通り、誰も困ってないみたいだしこのままでもいいのかもしれん)
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:46:15.95 ID:6AtFybTTP
キョン「……」ジーッ

国木田「……?」

キョン「……」ジーッ

国木田「な、なんだよぉ…人のことじっと見て…」

キョン「いや、別に」

国木田「やめてよ…恥ずかしいじゃんか…」

キョン(おもしろいなこいつ)


谷口「……」
177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:49:14.77 ID:6AtFybTTP
─────

キョン「ふあぁ…眠い。しかし数学の課題やっちまわんと…あーめんどくせーなぁ」

 プルルルルルルルル

キョン「ん? 誰だこんな夜中に…?」

キョン「なんだ谷口か」ピッ

谷口「もしもし。キョンか?」

キョン「ああ。なんだどうした?」
178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:53:16.35 ID:6AtFybTTP
谷口「悪いなこんな夜中に」

キョン「別にいいよ。それよりどうしたんだなんかあったか」

谷口「その…なんだ。ちょっとおまえに聞きたいことがあって」

キョン「聞きたいこと?」

谷口「ああ…」


谷口「…単刀直入に聞くぜ。だから正直に答えてくれよ。おまえ、国木田のこと好きなのか?」

キョン「は……はあぁ?」
179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 04:58:26.18 ID:6AtFybTTP
キョン「な、何言ってんだおまえ?」

谷口「どうなんだよ」

キョン「す、好きって、だってあいつ男…」

キョン(…じゃないのか)

谷口「なんだ?」

キョン「…いや。あのな、あいつはただの友達だ。好きとかそんなんでは全然ない」

谷口「……」


谷口「…本当か?」

キョン「トゥルー」
180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 05:03:45.29 ID:6AtFybTTP
谷口「そうか…」

谷口「…な、なぁキョン。もう一つ聞いていいか」

キョン「なんだよ」

谷口「あいつがさ、俺のことを好きって…可能性、ちょっとはあるかな」

キョン「……」

キョン(…そういうことか)

キョン「どうだろうな。俺達はずっと友達だったからなぁ」

谷口「ああ…」
187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 15:53:03.17 ID:6AtFybTTP
キョン「悪いけど俺にはよくわからん。あんまり適当なことも言えんしな」

谷口「……」

キョン「…国木田のこと好きなのか?」

谷口「ああ」

キョン「本気で?」

谷口「本気だ。ずっと前から好きだった」

キョン「ふーん…」

キョン(…すまん谷口、ハルヒのせいで…)
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:04:46.12 ID:6AtFybTTP
─────

キーンコーンカーンコーン

キョン「ふあぁ…」

キョン「……」

キョン「…ん」


キョン「…国木田?」
189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:06:55.90 ID:6AtFybTTP
キョン「おーい。おいってば国木田」

国木田「!!」ビクッ

キョン「おい…どうした? なんかあったのか?」

国木田「別に…」グスッ

キョン「別にって…泣いてんじゃねえか」

国木田「グスッ…なんでも…ない…」
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:12:42.70 ID:6AtFybTTP
キョン「なんでもないってことないだろ…どうしたんだよ?」

国木田「……」

キョン「おい…国木田…」

国木田「…うっ…うう」


国木田「うああああああああああぁぁぁぁん!」

 ガバッ

キョン「!? ちょっ…お、おい!」

国木田「わあああああああああああ」
191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:30:09.75 ID:6AtFybTTP

国木田「……」

キョン「ほれ。コーヒー」

国木田「…ありがと」

キョン「…ちょっとは落ち着いたか?」

国木田「うん…」

キョン「そうか」


国木田「……」

国木田「……谷口に……好きだって言われた……」

キョン「え」
192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:30:40.51 ID:4A6NoqeK0
ドロドロしてきたな
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:37:50.49 ID:6AtFybTTP
キョン「……」

キョン「ま、マジか…」

国木田「うん…だから付き合ってくれって…」

キョン「へぇ…」


キョン「…で、どうすんだ。あいつと付き合うのか?」

国木田「…断ったよ」

キョン「え…」
194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:41:14.89 ID:6AtFybTTP
国木田「だって…谷口のことは好きだけど…でも、あいつは友達だから」

キョン「そうか…」

国木田「…それに、僕にも…ずっと好きな人…いるから…」

キョン「……」


国木田「……」

キョン「……」

国木田「……」

キョン(…い、嫌な予感が…)
195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:53:09.20 ID:6AtFybTTP
国木田「…キョン」

キョン「!! な、なんだ!?」

国木田「……」


国木田「…あの…僕は…キョンにとって…なに?」

キョン「え…な、なにって」

国木田「ただの…友達?」
196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 16:58:21.48 ID:6AtFybTTP
国木田「僕は…違うよ。ずっと…キョンのこと…」

国木田「…ずっと…好き…だったよ…」

キョン(うぐっ)

国木田「…この学校にきたのも…キョンといっしょにいたかったからだし」

国木田「キョンが…佐々木さんとか涼宮さんと仲良くしてるのを見てるの…倒れそうになるくらい辛かった…」

キョン「……」


国木田「…キョン…」

国木田「…お願いだよ…ずっと…僕といっしょにいてよ…」
197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:06:29.88 ID:6AtFybTTP
キョン「……」

国木田「キョンがいないと…僕…」グスッ

国木田「グスッ…僕…は…グスッ」

 ガバッ

国木田「!?」

キョン「大丈夫だ絶対ずっといっしょにいるから…だからもう…泣くなよ…」

国木田「…キョン…」
198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:09:49.45 ID:6AtFybTTP
─────

キョン「あああ…」

キョン「何やってんだ俺は…国木田相手に…」

キョン「……」

キョン「でもあいつが…俺のことそんなふうに思ってたなんて…」

キョン「……」

キョン「谷口…すまん。俺は…国木田のこと…」
199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:15:15.79 ID:6AtFybTTP
─────

キョン「……」

谷口「うーっすキョン! おはよーさん」

キョン「ん……あ、おう……」

谷口「どうしたどうしたしけたツラして。風でも引いたか? 馬鹿のくせに」

キョン「……なんだよおまえ……元気いっぱいだな」

キョン(…ふられたんじゃなかったのか? 俺なんて昨日寝れなかったってのに…)

谷口「おう! 聞いてくれよ。昨日よーすっげーかわいい女ナンパしてよ。メアドゲットしちまったんだよ」

キョン「……あぁ?」

キョン「て、テメェ昨日国木田に告白したくせになんだその軽薄さは…!」

谷口「は……はあ? 国木田に…告白?」

国木田「おはよー」
201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:21:39.52 ID:6AtFybTTP
─────

キョン「あ…くにき…」

キョン「……」

キョン「ああ!?」

国木田「ど、どうしたのキョン…」

キョン「どうしたのって…」

谷口「おい、こいつちょっとおかしいぞ。俺がおまえに告白したとか訳のわからんこと言ってんだ。なんとか言ってやってくれ」

国木田「は、はぁ!? な、何それ…」

谷口「まぁ…いざとなったらそれもありかもしれんなぁ。なぁ国木田」

国木田「や、やめろよ気持ち悪いなぁ!」

キョン「……」
202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:26:28.20 ID:6AtFybTTP

 ガラッ

キョン「おいハルヒぃ!!!」

ハルヒ「ビクッ! な…何よキョン」

キョン「てめえ……この野郎!! 俺はなぁ、決心しかけてたんだ! あいつをずっと大切にしてやろうって…それなのに…テメエは! テメエは!」

ハルヒ「へ!? ちょ…痛い痛い痛い!」

キョン「なんてことしてくれてんだこの馬鹿野郎!!! この…もう一回戻せ! あいつ女に戻せ!!」

ハルヒ「何…何言ってんのいったい何の話よ!! あっ、ギブギブギブ!!」
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:34:50.78 ID:6AtFybTTP

キョン「……はぁ」

キョン(結局今回の事件で被害をこうむったのは俺だけってことか…まぁいつものことだけど)

キョン(…もうあの国木田には会えないのか…死にたい…)

国木田「…キョン。キョン?」

キョン「ん…」

国木田「どうしたの? なんかずっとボーっとしてるけど…お弁当食べないの?」

キョン「ああ…今日…弁当忘れてきちまったんだ」

国木田「ふーん…」


国木田「…しょうがないな。僕のお弁当ちょっとあげようか?」

キョン「へ」

国木田「はい。あーん」
205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:39:01.84 ID:6AtFybTTP
キョン「!?」

谷口「!?」

国木田「あーん」

キョン「え…あ…」

キョン「……」パクッ

国木田「…おいしい?」

キョン「……うん」ムグムグ

国木田「ふふ」


谷口「な…何やってんだおまえら男同士で…気持ち悪りい…」
206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:42:20.03 ID:6AtFybTTP
国木田「別にいいじゃん。ね、キョン」

キョン「ん……そう…かな」

谷口「よくねぇ! アホなことやるな! 見てるこっちがおぞましいわ!!」

国木田「谷口には頼まれてもやってあげないよ。ふん」

谷口「けっ!!!」


谷口「……」

谷口(…でも…)

谷口(…ちょっと…羨ましいかもしれん…なんでだ…国木田なのに)
208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:45:34.74 ID:6AtFybTTP
谷口「あの…国木田…」

国木田「? なに」

谷口「さっきの…その…俺にもやってくんない? あーんって」

国木田「はぁ?」

キョン「!! ダメだ!! テメーがやるのは許さん。国木田、あんな馬鹿の言うこと聞くことないぞ。シカトだシカト」

キョン「だから…な。もう一回俺にやってくれ。ほら、あーん」

谷口「!? お、おい何やってんだキョン!! ずるいぞテメー!!」

キョン「うるせぇーー!!」

国木田「……」
209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:47:06.52 ID:6AtFybTTP
212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 17:58:33.76 ID:pvC3W+vZP
ドリカム編成で恋愛ものってほんとなんかもうそれだけで泣けてくる
214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 18:08:20.33 ID:dOUmMB5gO
>>212
ドリカム編成ってなんだよwww
216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 19:20:35.99 ID:1u0MOE2CO
217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 20:12:39.39 ID:6AtFybTTP
さる解けた
勝手にスレ使ってオチなしヤマなし意味なし…正直ごめんなさい…
220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 22:11:34.14 ID:89NxCcYg0
221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 23:05:54.94 ID:pvC3W+vZP
面白かったし青春を感じた
国木田女性化っていいんだな、初めて気づいたよ

ドリカム編成って通じないのか…
222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 23:39:41.04 ID:9I+4pFM20
>>221 男2人、女1人のカプールのことだっけ?
気が付けばもう十年以上前の言葉になるんじゃね?
223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/02(火) 23:51:59.11 ID:4A6NoqeK0

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > ハルヒ > ハルヒ「TSF?」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP