Home > けいおん! > 唯「世界征服したい!」

唯「世界征服したい!」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 20:48:57.35 ID:2P/L7TL00
和「休日の昼間から唐突に呼びだして何の用?」

唯「実はね」

唯「世界征服しようかと思いまして」

和「……」

和「一応聞くけど、誰が」

唯「もちろん私がだよ」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 20:51:25.25 ID:2P/L7TL00
唯「でもでも」

唯「世界征服ってどうすればいいかわからないんだぁ」

唯「そこで頭がいい和ちゃんに方法を教えてもらおうかと」

和「……」

和「あんたには私が一度でも世界征服を企んでいたように見えたことがあるの?」

唯「人の考えてることなんてわかりっこないよ」

和「まぁね」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 20:54:25.70 ID:2P/L7TL00
和「それにしても」

唯「ん?」

和「昔から変な子だとは思ってはいたけど」

和「ここまでとは思ってもなかったわ」

唯「えへへ」

和「褒めちゃいないわよ」

唯「え?」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 20:57:17.48 ID:2P/L7TL00
唯「ねぇ、早く教えてほしいなぁ」

和「……あのね」

唯「はい!」

和「私がさっき言ったことでふつう気づかない?」

唯「何が!」

和「……」

唯「何が!」

和「……」

唯「どうして無言で頭撫でるの!?」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:00:10.26 ID:2P/L7TL00
和「唯の中での私はどれぐらい頭がいいことになってるのかしら」

唯「えっとね」

唯「結構いい方だと思ってるよ」

和「結構?」

唯「うん、結構」

和「曖昧なのね」

唯「でもっ!」

唯「私は……私は……!」

唯「和ちゃんのこと、信じてるから!」

和「ん? ごめん、聞こえてなかった」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:03:03.27 ID:2P/L7TL00
和「もう面倒臭いから言っちゃうけど」

和「私は世界征服の方法なんて知らないし」

唯「がっ…!」

和「わかりません」

唯「……」

和「そういうことだから、そんなこと聞かれても答えられません。終わり」

唯「……」

唯「……」

和「そんなに私が頼りだったの?」

唯「……ぐすんっ」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:06:02.99 ID:2P/L7TL00
和「念のため聞いておいてあげるけど」

和「どうしてまた世界征服だなんて事を」

唯「このねじ曲がって腐りきった世界に嫌気がさした」

和「唯……」

唯「なーんて言うと思ったら大間違いだよ?」

和「安心した」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:09:05.15 ID:2P/L7TL00
唯「何となくなんだよねぇ」

和「何となく?」

唯「うん。とくに理由ないや」

唯「あ、でも」

和「うん?」

唯「しいて言うのなら……」

和「うん」

唯「……えっと」

和「よく考えてから喋りなさいよ」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:12:05.20 ID:2P/L7TL00
和「世界征服ってどういう意味なのかわかってるの?」

唯「そのまんまの意味でしょ?」

和「まぁ……」

和「うん」

唯「バカにしないでよねー!」

和「ばーか」

唯「うわぁーんっ!」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:16:00.75 ID:2P/L7TL00
唯「ぐすんっ」

和「もう、これくらいで泣かないの」

唯「だって……和ちゃんが」

和「ほら、鼻水でてるわよ?」

唯「んぐ、ちーんっ!」

唯「ふがふが……」

和「スッキリした?」

唯「うん!」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:19:01.90 ID:2P/L7TL00
和「唯」

唯「え?」

和「早めに言っておくけど」

和「あんたに」

和「世界征服は」

和「無理!」

唯「無理なの!?」

和「無理!」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:22:14.63 ID:2P/L7TL00
唯「そこまで断言されると軽くイラッとくる……」

唯「理由を! 理由を教えてくだしゃい!」

唯「……」

唯「教えてください!」

和「別に言い直さなくていい」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:25:06.07 ID:2P/L7TL00
和「理由は」

和「あんたがお馬鹿だから」

唯「……い、以上?」

和「ええ。それだけよ」

唯「や、やだよー!」

唯「そんなのかっこ悪い! かっこ良くない!」

和「無理だと言われた理由に、何かっこ良さ求めてんのよ」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:28:03.01 ID:2P/L7TL00
憂「和ちゃんが来てるって?」

唯「あ、憂」

和「お邪魔してるわ」

和「ところで憂、あんたのお姉ちゃんが変な事言ってるんだけど」

憂「変な事?」

唯「ビバ! 世界征服!」

和「……ほら」

憂「かわいい……」

和「まぁ、可愛いことは否定しないわ」

唯「ビバビバ!」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:31:06.85 ID:2P/L7TL00
唯「憂なら……」

唯「憂! お姉ちゃんは世界征服できるよね!」

憂「ファイトだよ! お姉ちゃん」

唯「お、おぉー!」

憂「ファイトー!」

唯「おぉー!」

和「上手く誤魔化されてるわよ」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:34:06.96 ID:2P/L7TL00
唯「さて」

唯「憂が退場しました」

和「言わんでもわかるわ」

唯「……」

唯「……」

和「何よ。そんな心配そうな目でじろじろと」

唯「和ちゃん……」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:37:12.06 ID:2P/L7TL00
唯「もうハードル下げて人類侵略にしようかなぁ」

和「それって下がってるの?」

唯「世界>人類じゃない?」

和「うーん」

唯「そうだと思うなぁ」

○カ娘「呼んだでゲソ?」

唯・和「だれ?」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:41:03.54 ID:2P/L7TL00
唯「無理だと思ってるからダメなんだ!」

和「ん?」

唯「やればできるって言葉があります」

和「あるわね」

唯「つまり、そういうことでしょ?」

和「やるにしてもできることは限られてるから」

和「あんたの場合失敗に終わるわよ」

唯「……」

唯「失敗は成功のもとという言葉が……」

和「はいはい」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:44:12.30 ID:2P/L7TL00
唯「ああ言えばこう言う」

唯「和ちゃんってばひどい!」

和「事実を言ってるだけなのよ」

唯「なっ……!」

唯「傷ついた、謝って……」

和「傷つけるつもりはなかったの。ごめんね、唯」

唯「傷心中……」

和「帰ろうかなぁ」

唯「ごめん! 謝るから帰らないで!」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:47:17.08 ID:2P/L7TL00
和「唯は悪いことは好き? 嫌い?」

唯「好きなわけないよ」

唯「悪いことは悪いことだからね!」

和「世界征服って悪いことじゃない?」

唯「……」

和「じゃない?」

唯「ま、またまたそんなご冗談を!」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:50:06.62 ID:2P/L7TL00
和「思ったんだけど」

和「あんたが目指す世界征服って何よ」

唯「言葉の意味が……」

和「ほら色々とあるじゃない。世界に混沌をとか」

唯「やや!」

唯「やーっ! 和ちゃんってば恥ずかしいー!」

唯「世界に混沌だってー! 憂ー、聞いてー!」

和「せ、世界征服企んでるやつに笑われたくない!」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:53:05.44 ID:2P/L7TL00
唯「……」

唯「……ぷぷ」

和「まだ笑うかっ」

唯「も、もう笑わない! 笑わないから鼻つままないで?」

和「……絶対だからね?」

唯「うんうん」

唯「……ふぅ」

唯「こん……」

和「ていっ」

唯「違う! 今度一緒にカラオケ行こうって言おうとしただけ! ホントだよ!? ぷぷぷっ」

和「ぷぷぷって何よ!」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 21:56:08.64 ID:2P/L7TL00
唯母「和ちゃんゆっくりしていってね。それじゃ、お菓子ここに置いておくから」

和「ありがとうございます」

唯「お母さんありがとー」

和「……」

和「唯のお母さんって可愛い」

唯「なんかそれ嬉しいけど複雑だよぅ」

和「まぁ、年上に対して可愛いは失礼かな……」

唯母「……」

憂「お母さん顔赤いよ? 風邪?」

唯母「えへへ?」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:00:05.05 ID:2P/L7TL00
和「お邪魔しました」

唯「それじゃばいばーい」

和「うん。それじゃあね」

唯「あー、楽しかった!」

憂「よかったね。あ、もうすぐ晩ご飯だから」

唯「この匂いはカレーですな!」

憂「内緒?」

唯「いけずぅ」

唯「……」

唯「……」

唯「あれ?」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:03:18.06 ID:2P/L7TL00
唯「世界征服」

和「また呼びだされたと思ったらこれか」

唯「うまく誤魔化して帰っちゃった和ちゃんが悪いよ!」

和「今日はせっかく晩ご飯が豪勢な物だったのに……」

和「あんたのせいで食べ損ねた」

唯「うちだって豪勢な晩ご飯だよ?」

唯「カレーだよ?」

和「……」

和「豪勢?」

唯「かなぁ」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:06:04.05 ID:2P/L7TL00
唯「そんなに今日の真鍋家はすごい晩ご飯だったの?」

和「うん……」

唯「焼き肉? しゃぶしゃぶ?」

和「ううん、コロッケ」

唯「コロッケ……」

和「そう、コロッケ……」

唯「コロッケかぁ……」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:09:03.95 ID:2P/L7TL00
唯「せっかくだからうちのカレー食べていきなよ?」

和「いいの?」

唯「だめなんて言わないよ」

憂「お姉ちゃん、ご飯持ってきたよ」

唯「お?!」

和「悪いわね。ごちそうになっちゃって」

憂「ふふ、今日はお母さんが作ってくれたんだよー」

憂「はい、カレードリア」

唯・和「カレー……?」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:12:02.68 ID:2P/L7TL00
和「とっても美味しかったわ」

唯「カレーでグラタンでご飯入ってるんだもんね」

唯「美味しいはずだよ?!」

和「そうね」

唯「……」

和「……」

唯・和「でもなんか裏切られた気分……」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:15:06.83 ID:2P/L7TL00
和「で、でも! 裏切られたにしてもいい裏切りよ?」

唯「そうだよね! だってカレーとライスの上にグラタンまでついてるんだもんね!」

唯「すっごいお得感!」

和「そう、それ!」

唯・和「でも!」

和「予想外だった……」

唯「ドリアだとはねぇ……」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:18:10.46 ID:2P/L7TL00
唯「例えばだよ?」

和「いきなり何」

唯「例えば和ちゃんが世界征服するとします」

和「うん」

唯「まず最初に何する?」

和「そうね……」

和「色々考える、かな」

唯「なるほど!」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:21:02.63 ID:2P/L7TL00
唯「うーん」

唯「わからない、わからないよ」

和「世界征服のこと?」

唯「うん」

和「あんたの平和な頭じゃ所詮その程度ってことよ」

唯「じゃあ物騒な頭になればいい?」

和「何それ。どんなの?」

唯「うへへへへ」

和「それで物騒?」

唯「うへへへへ」

唯「なんか物騒なこと考えてるように見えない?」

和「馬鹿みたい」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:25:12.55 ID:2P/L7TL00
和「そもそもあんた、見た目からして世界征服とか言っちゃダメよ」

唯「え?!?」

和「見た目って大事よ」

唯「形から入るってやつだね」

唯「じゃあ……」

唯「マントとかしてみるといいかなぁ」

和「マント?」

唯「マントつけるとそれっぽくない?」

和「ごめん、わからないわ」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:28:03.40 ID:2P/L7TL00
唯「ネットで世界征服調べてみたよ」

和「どうだった?」

唯「わけわかんなかった!」

和「でしょうね」

唯「でも色々と果てしない道のりがあって征服できることを知った」

和「できないって言ってるでしょうに」

唯「とりあえず漫画とかでありがちな秘密結社的なものを立ち上げようと思うんだ」

和「それなら参考になりそうなところがあるから見てきたら?」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:31:29.16 ID:2P/L7TL00
唯「ここが和ちゃんが言ってた秘密結社……」

「た?か?の?つ?め?」

唯「たのもー!」

○統「む、○田くん。なにやら可愛らしいJKが入ってきおったぞ」

○田「○統。あれは唯ちゃんです。見てくださいあのプリティーなお尻を」

○統「○田くん! それはまずいっ、そいつはまずい。本当に!」

○田「チキン! チキンすぎるぜ! このいくじなしー!」

○統「いくら煽ったって無茶はせんぞ! フラッシュアニメの我々が天下のけい○ん!様に喧嘩は売れん!」

○田「島根でもけい○ん!!は放送されました。あの島根でもですよ!」

唯「ここが秘密結社か?」

菩○峠「ママ」

唯「およ?」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:34:55.12 ID:2P/L7TL00
唯「ただいまー」

和「どうだった? 秘密結社」

唯「軽音部と変わりなかったね」

和「そうなの?」

菩○峠「パパ」

和「あら?」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:37:58.14 ID:2P/L7TL00
唯「世界征服を企む者としてはライバル的ポジションが欲しいね」

和「五色の戦隊とか改造されたバッタ人間とか?」

唯「いいね、なんとかして潰さなきゃいけない気がするよ!」

唯「悪の秘密結社に対抗するってことはなんかすごいのとか持ってそうだよね」

唯「ロボットとか! バイクとか!」

和「半年ぐらい経ってパワーアップしたり?」

唯「いいね、いいね! あ、必殺技もなきゃ燃えないよ!」

和「そうねぇ、キックとか光線とか……」

和「あ、楽器を使って戦うヒーローなんて面白いと思うんだけど!」

唯「いいねー! 太鼓とかラッパとか使ったり、ギターなんかもいいんじゃないかなー!」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:42:08.54 ID:2P/L7TL00
唯「名付けてケイオンジャー!」

和「ありきたりな感じがする」

唯「シンプルイズベスト! わかりやすさって大切だよ」

和「それもそうね」

和「あ、そろそろ帰らないと。それじゃあ唯」

唯「もうこんな時間? はやいなぁ。じゃあね、和ちゃーん」

和「ええ、ばいばい」

唯「ばいばーい!」

唯「……」

唯「……」

唯「はっ……!」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:46:00.69 ID:2P/L7TL00
唯「和ちゃんじゃダメだ。こんなときこそ頼りになってくれるのは」

唯「やっぱりりっちゃんかなと」

律「なるほど」

律「じゃなくてだなっ」

唯「文句があると?」

律「そりゃあこんな時間に呼びだされた身になってみろよ」

唯「今夜はサタデーナイトだよ」

唯「至福の時間だよ」

律「知らんっ」


後半へ続く
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:53:37.10 ID:2P/L7TL00
梓「やってやれです」



純「梓、大変だ!」

梓「どうしたの?」

純「見て、憂の髪縛るゴムがあんな高いところに引っかかってる」

憂「う?、届かないよぉ?」

純「憂が困ってるよ。助けてあげて梓!」

梓「なんであんな所に……」

純「私が飛ばして遊んでたら引っかかっちゃって……」

梓「あんたが取れよ」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 22:56:12.95 ID:2P/L7TL00
梓「憂の髪ってふわふわしてて好きだなぁ」

憂「えへへ、そんなこと言われたら照れちゃうよ?」

純「梓」

梓「なに?」

純「身近にあるもの程、その良さに気づかないってことあるよね」

梓「そう? そうかな」

純「そうだと思う。すっごく身近なのに、すっごーく! すっごぉーく!」

梓「純の髪はもふもふしてて好きだよ」

純「えへへ、そんなこと言われたら照れちゃうよぅ!」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:00:24.17 ID:2P/L7TL00
純「宿題? やってない」

憂「え、大丈夫……?」

梓「純に比べて憂はしっかりやってきて立派だっていうのに」

梓「だらしないなぁ」

純「違うんだよ! そうじゃない!」

純「私はね、宿題が出ていることは知ってた」

純「それでも宿題より漫画を読むことを優先としていたわけだ」

純「私思うんだけどね、宿題やれば偉いのかな!? 果たして!」

梓「言い訳は立派だなぁ」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:03:05.39 ID:2P/L7TL00
純「憂のお弁当ってすごく美味しそう」

憂「ちょっと食べる?」

純「えへへ、おいひー!」

梓「ふふ、憂がお嫁さんになってくれないかなぁ」

憂「あ、梓ちゃあんっ」

純「私はむしろ一家に二台欲しいね」

憂「……」

憂「に、二台?」

純「二台」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:06:17.30 ID:2P/L7TL00
梓「どうして二台なの?」

純「一つは使用用」

純「もう一つは観賞用」

純「ってところかな」

梓「保存用と布教用はいいの?」

純「なるほど、じゃあもう二台追加ね。憂!」

憂「……」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:10:06.95 ID:2P/L7TL00
梓「テストどうだった?」

憂「良くも悪くもまぁまぁ、かなぁ」

純「そういうのに限って高得点ってオチでしょ」

梓「純は?」

純「……まぁまぁ、かなぁ」

梓「こういうのは低得点ってか」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:13:19.16 ID:2P/L7TL00
純「次の体育は外だって」

梓「えー、寒いのにやだなぁ」

憂「ジャージの下に何か着ていったら?」

梓「そうだね。憂は着ないの?」

憂「私汗すぐかいちゃって暑くなるから……それに」

憂「む、胸のところに汗かいちゃって……えへへ」

梓・純「ちっ!」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:16:04.43 ID:2P/L7TL00
純「あれ、梓もう行くのー?」

梓「うん。軽音部行かなきゃだから」

憂「楽しそうだね」

梓「憂も入ればいいのにー」

憂「えー? どうしようかなぁ」

梓「きっと楽しめるよ?。唯先輩もいるし」

憂「そうだねー……ティータイムとかもいいし、合宿も楽しそうだし!」

梓「それじゃあ遊んでばっかだよー」

憂・梓「あははは!」

純「じゃ、ジャズ研だって……楽しいもん、楽しいもん!」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:19:16.32 ID:2P/L7TL00
梓「唯先輩の隣に座っている人ってなんか怖そうです……」

澪「そういえば前に教室に来たときもそんなこと言ってたな」

律「お、噂をすれば」

姫子「……」

律「試しに声かけてみなよ」

梓「え、でも……よ、よし」

梓「あっ、あのー」

姫子「いらっしゃいませー!!」

梓・姫子「!?」

姫子「きゃー! きゃー!」

律「姫子、コンビニのバイトしてて今研修中なんだよ」

梓「かわいい……」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:23:39.48 ID:2P/L7TL00
いちご「……それじゃあ、伝えたから」

唯「うん。ありがとねー」

梓「あの人は?」

唯「いちごちゃんだよ」

梓「クールそうな人ですね」

唯「ううん、面白い子だよ」

唯「弱点くすぐると顔真っ赤にして無言でずっと堪えてるんだよ。面白いよ」

梓「どうりでさっき顔赤かったんだ……」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:27:00.23 ID:2P/L7TL00
梓「コーラってちょっと苦手です」

紬「どうして?」

梓「なんていうか飲んだ後の……」

梓「それに歯がギシギシになるのが」

エリ「コーラが好きじゃない」

梓「え!?」

エリ「そんなあなたにも勧められちゃう! 後味すっきり、気分爽快!」

エリ「これでゼロカロリー? うそー」

エリ「美味しいところが、いい。ペ○シNEX」

梓「え」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:30:16.93 ID:2P/L7TL00
唯「トンちゃんは可愛いよぉ、美人さんだよ?」

梓「スッポンの中の美人の定義ってなんですか?」

唯「鼻、かな」

梓「えー、でも鼻ペッチャンコじゃないですか」

唯「潰れてても良いものは良いの! 例えばあずにゃんだって!」

梓「や、やめてくださ……ふがっ」

唯「……」

梓「ふがっ」

唯「あ、鼻毛一本出てる……」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:34:01.25 ID:2P/L7TL00
トンちゃん「……」

梓「トンちゃんエサだよ。いっぱいお食べ」

トンちゃん「……」

梓「ん、よく見ると水槽の中に虫が」

トンちゃん「……」

梓「いけ、いけ! トンちゃんやれ!」

トンちゃん「……」

梓「そこだ! やってやれです!」

トンちゃん「……完」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:37:34.73 ID:2P/L7TL00
唯「世界征服したい! 後半始まるよ?」


律「なーんでまたそんな事を」

唯「これ答えるの二度目なんだよね」

律「じゃあいっか」

唯「聞きたくないの?」

唯「いいの?」

律「なんだよ、そんなに聞いてもらいたいのか?」

唯「いや、理由考える手間が省けて助かったなぁって」

律「ないのかよ!」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:41:20.23 ID:2P/L7TL00
唯「――と、様々な議論を交わしたわけだよ。和ちゃんと」

律「じゃあこれ以上話合うこともないだろ」

律「てことで私、明日早いから帰るわ」

唯「待って!」

唯「いかないで……」

律「唯……」

唯「暇なの……」

律「このやろー」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:45:02.66 ID:2P/L7TL00
律「世界征服って言うほど簡単なことじゃないんだぞ」

唯「その口ぶりはまるでかつて世界征服を企んでいたようだね」

律「いや、むしろ私世界救う方だから」

唯「なにっ」

唯「ていうことはお前は敵だなあちょー!」

律「むしろお前が敵だとりゃー!」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:49:35.97 ID:2P/L7TL00
律「はぁ、はぁ」

唯「はぁ、はぁ……ふふ」

唯「やるね、りっちゃん……」

律「お前こそ……」

「こうして敵対しあっていた二つの勢力、プリテーシスターとデコビカリーは」

「お互いを認め合い、仲良くなったとさ」

憂「めでたし、めでたし」

唯・律「なにっ」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:53:21.04 ID:2P/L7TL00
憂「さっきからドタバタってうるさいよー。お姉ちゃん」

憂「もう遅いんだから夜中に騒いじゃめっ、だよ?」

唯「ゆるしてつかんさーい!」

憂「よろしい。それじゃあおやすみなさーい」

唯・律「おやすみー」

唯「憂に怒られちゃったし、今日のところはもう寝よっか。りっちゃん」

律「そうだな」

律「……」

律「あれ、なんで私泊ることになってんだ……」

唯「添い寝してあげよう。カモン、りっちゃん」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/07(日) 23:56:30.83 ID:2P/L7TL00
律「寝れないな」

唯「寝れないね」

唯「りっちゃん」

律「ん?」

唯「世界征服、本気だからね」

律「まだ言ってんのかよ」

律「……そうだ。明日お前にいいもの持ってきてやるよ」

唯「え、いいものー!?」

律「きっと今の唯にとってすっごく嬉しいもんだよ」

唯「楽しみにしてるね! わくわくするなぁ?! ふふふっ」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:00:33.99 ID:08JvAw+K0
唯「……」

唯「何これ」

律「何って、アリの巣だよ」

唯「へー……」

唯「じゃなくて!」

唯「これのどこがいいものなのさ!」

律「世界征服する前の練習だよ。こいつを人間社会に見立ててみな」

唯「無理っ」

律「まぁまぁ、とにかくお前は今この瞬間! 一つのアリの巣を征服する権利が与えられた」

唯「いらないよ! 返上するよ!」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:03:34.69 ID:08JvAw+K0
憂「とか言ったのに」

憂「結局もらっちゃったんだ? アリの巣」

唯「違う、押しつけられた」

唯「やだよぉ。こんなの侵略でも征服でもないよ」

憂「エサはハチミツとか昆虫とか……へ?、色々あるよー」

唯「何飼う気になってるの!?」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:06:58.36 ID:08JvAw+K0
憂「ほら、お姉ちゃん。見て」

唯「ん……」

憂「アリさんがエサを一生懸命運んでるよ。可愛いね」

唯「可愛くないもん」

憂「あ、アリさん同士がこんがらがっちゃった」

憂「解けたみたい……よかったぁ」

唯「……」

憂「女王アリさんが卵産んでるんだねー」

唯「ちょっときゅうり持ってくる!」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:10:05.11 ID:08JvAw+K0
憂「なんだか夏休みの自由研究してるみたいだねー」

唯「ねー!」

唯「見てみて」

唯「このアリ、私たちのこと見てるよ?」

憂「ふふ」

憂「でもアリさんからしては私達ってどういう風に見えてるのかな」

唯「巨人」

唯「いや、魔王……」

憂「え?」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:13:29.30 ID:08JvAw+K0
唯「支配者だよ! アリ社会の支配者」

憂「ど、どうかな」

唯「お前達の世界はこの私の手の中にあるー! はっはっはー!」

憂「これって世界……?」

唯「でも」

唯「なんか可哀想になってきた」

憂「切り替わり早いね!?」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:16:13.64 ID:08JvAw+K0
唯「やっぱり」

唯「世界征服なんてするべきじゃないね」

憂「どうしたの急に?」

唯「ううん、ただ平和が一番だってことに気づいたんだぁ」

唯「このアリたち見てたらそうかなぁって」

憂「うん」

憂「そうだね」

憂「平和が一番だよ、お姉ちゃん」

唯「うん。平和って素敵だよ」

唯・憂「あったか、あったか」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:19:27.76 ID:08JvAw+K0
和「世界征服、やめたの?」

唯「私には荷が重かったんだよ」

和「根性無し」

唯「実は期待してたの!?」

和「さぁ」

澪「世界をお花畑でいっぱいにできたら素敵だと思わないか?」

律「お前の頭の中のメルヘン花畑だけで十分だよ」



お わ り
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:24:16.04 ID:QrHV5Y7iO
面白かった!乙
こういうの好きだよ
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:46:43.37 ID:3mjpzZP9O
ムギ…
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 00:52:51.83 ID:Fi9U8SGG0
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 02:46:15.15 ID:Dp1PcMmBO

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > けいおん! > 唯「世界征服したい!」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP