Home > けいおん! > 憂「今日、お姉ちゃんは部活で遅いから・・・しよ?」

憂「今日、お姉ちゃんは部活で遅いから・・・しよ?」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 04:09:51.44 ID:5WUKw4PxO
純「うん……」


梓「よし、じゃあ始めようか……」






憂&純&梓「ぱじゃまぱーてぃーをっ!!!」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 04:17:38.01 ID:5WUKw4PxO
――こんにちわ、平沢憂です。三度のご飯よりお姉ちゃんが大好きな、平沢憂です。

でも、確かに、お姉ちゃんのことは大好きだけれど。

私も、同級生の友達と遊ぶ時間は欲しい。


今夜は、お姉ちゃんとけいおん部のみなさんが泊まり込みで受験勉強会を開くそうなので、純ちゃんと梓ちゃんがうちにお泊りにきてくれることになったんです。

明日までお姉ちゃんに会えないのはちょっとだけ寂しいけど、でも梓ちゃんと純ちゃんと一緒にお泊り会ができるのはすごく嬉しいです。

今夜はなにをして過ごそうかな。
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 04:24:16.35 ID:5WUKw4PxO
憂「と、いうことで」

梓「ふとんこんなかんじ?」とんとん

憂「うん、ありがとう梓ちゃん」

梓「こら純ー、ちょっとは手伝ってよー」

純「待って待って。次の巻で海南戦終わるから」

梓「もー、せっかく憂の家でぱじゃまぱーてぃーだっていうのに、ここにきてスラムダンクなんか読み始めて……」

憂「まぁまぁ梓ちゃん。いいじゃん、スラムダンク面白いし」

梓「また憂はそうやってー。ちょっと純を甘やかしすぎだよ」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 04:27:47.21 ID:YlENVmw80
憂ちゃん可愛い
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 04:31:54.41 ID:5WUKw4PxO
純「よし」ぱたん

梓「終わった?」

純「うん。次綾南」

梓「まだ読む気?!」

純「いやー、なんか止まらないよね、スラムダンク」

憂「うんうん」

梓「あのねぇ……」

純「もう、ウソウソ。憂ー、最後まで借りてっていいー?」

憂「うん、いいよー」

純「続きは家でじっくり読みますから」ふんす

梓「ま、まぁ良しとしよう……」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 04:42:58.49 ID:5WUKw4PxO
純「でもさー、まだ8時じゃん。ぱじゃま着てふとんしいたって、なーんも眠くないよ?」

梓「ゔ……ぱ、ぱじゃまぱーてぃーっていうものはそういうものなんだよ……」

憂「なんか”お泊りしてる”って気分になるよね?」

梓「そうそう」

純「いや、梓はともかく憂は自分ん家でしょ」

梓「……じゅーんー……」

純「あははごめん冗談だよ冗談」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 04:50:42.22 ID:5WUKw4PxO
純「でも、実際問題これから何するのさ」

憂「おしゃべりとか」

梓「ぱじゃまぱーてぃーの醍醐味だね」

純「ふむ。じゃ定番に恋ばなかな?……二人は今好きな人とかいるの?」

憂「えっ……、いないなぁ」

梓「私も。特には」

純「女子校だしねー」

憂「ねー」

梓「……純ってさぁ……話題すぼませる天才だよね」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 05:12:49.35 ID:5WUKw4PxO
純「うーん、なーにーしーよーうー」ごろ

憂「ゲームでもやろうか?」

梓「うん、いいけど」

純「ねぇ憂うい、64ある、64?」

梓「へ?」

憂「うん、あるにはあるけど」

純「おっし、64やろーよ64!」

梓「え?……」

純「なによぅ梓。64面白いんだよ。4人同時に対戦できるんだよ。プレステじゃこうはいかないよっ」

梓「そりゃそうかもしれないけど」

憂「ちょっと待っててねー。押し入れから出してくるから」

梓「え、ちょっとそれ手間かかりそうじゃん。無理にやんなくてもいいよ」

純「やだ!64やる!!」

梓「じゃあ憂を手伝いに行けっ」ぽけ

純「いたっ」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 05:25:41.18 ID:5WUKw4PxO
どさ

純「うひゃあー、年期入ってるねこりゃ」

憂「懐かしいな?、昔よくお姉ちゃんと遊んだっけ」
梓「ねぇ、コントローラーはいくつあるの?」

憂「私とお姉ちゃんので……二つだね」

純「ありゃ。三人でスマブラできないじゃん」

梓「……じゅーんー」

純「アハハ、ダメだこりゃ」

梓「……どうすんのさコレ」

憂「んー、じゃあさ、一人用を代わりばんこにやってこうよ」

純「お、憂ナイスアイデア」

梓「もぉ……」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 05:36:05.72 ID:5WUKw4PxO
純「ソフトは?」

憂「この箱のなかに入ってるよ」

純「がさごそ」

梓「なんかごめんね、純がこんなで」

憂「ううん、けっこう楽しいよ。それに梓ちゃんが謝ることじゃないよ」

梓「そっか、ならいいけど……」

純「あ!ゼルダあるゼルダやろう!!」

憂「うん、やろう!」

梓「うわー、懐かしいなー」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 05:47:55.11 ID:5WUKw4PxO
がしょっ

純「よーし、やるぞー」

梓「あ、当たり前みたくコントローラー持ってるし」

データ1 ゆい
データ2 うい
データ3 NONE

純「お、空きがあるんだ」

憂「じゃあそこから始めよっか」

梓「唯先輩と憂はどこまで進めたの?」

憂「私はあんまりやらなかったなぁ?……お姉ちゃんは大人になってしばらくしたら飽きちゃったみたい」

梓「へぇ?」

純「名前は……あずさ、でいいか」

梓「?!」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 05:53:58.74 ID:5WUKw4PxO
梓「また勝手な……」

純「まぁまぁ。名前くらいでそう怒りなさんなって」

憂「あ、始まったよ」

純「うっし、やるか!」

梓「はぁ。……えっと、まず最初はどうするんだっけ?」

純「盾と剣を取りに行くんだよ。そうしないとデクの樹さまのところまで行けないの」

憂「へぇ、よく覚えてるねぇ」

純「んふふ」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 06:04:44.09 ID:5WUKw4PxO
純「ここをくぐるとね」

梓「あー、思い出してきた」

憂「奥の宝箱だよね?」

純「そうそう。ぱかっ」

梓「まずは剣ゲットだね」

憂「盾はどうするんだっけ?」

純「買うんだよ」

梓「え、買うんだっけ?」

純「うん。身も蓋も無く。ちなみに40ルピー」

梓「へ、へぇ……」

憂「池の石を跳んで渡ると5ルピーもらえたよね」

純「そーそー」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 06:22:05.28 ID:5WUKw4PxO
純「で、店のカウンターの裏にも5ルピーが隠れてて」

憂「これで剣と盾が揃ったね」

梓「さっそく最初のダンジョンだよ」

純「おっとその前に。プチ戦闘があるのをお忘れなく」

ぐぁば

梓「わっ!びっくりした……!」

純「デクババはね、トドメをどこに刺すかで得られるアイテムが変わるのですよ」

憂「そうなの?」

純「うん。茎を切って倒すとデクの棒。頭を切って倒すとデクの実がもらえるわけ」

梓「へぇ、昔はわかんなかったなぁ……」

純「ってかデクの実って使い時ないんだよね。棒よこせ棒」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 19:07:09.91 ID:5WUKw4PxO
純「さぁさ、デクの樹さまの中ですよー」

梓「最初は上に行くんだよね?」

純「うん。パチンコを取るのです」

憂「そこのハシゴのぼって」

梓「そこの部屋だ」

がらら

憂「まずは練習って感じだね」

純「はいデクナッツげきはー」

梓「……よくみたら可愛いなこのコ」

純「ゔぇ梓その趣味はオカシイ」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 19:35:14.54 ID:5WUKw4PxO
憂「パチンコゲットだね!」

梓「で、もっと上に昇れるんだね……あ、宝箱」

純「あれはコンパスだよ、確か」

憂「へぇ……、ってあれ?取らないの?」

純「コンパスとダンジョンマップって、持ってても結局あんま使わないしね。だからあの宝箱は開けません。それが私のジャスティス」

梓「なんのこっちゃ」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 20:35:53.04 ID:5WUKw4PxO
純「んー……」

憂「ん、どうしたの純ちゃん?」

純「飽きたっ!!」

梓「えぇっ?!」

純「だってなんかもぉ覚えてんだもん」

梓「あのねぇ……」

憂「別のゲームにしよっか?」

純「んー、いいや。ゲームそのものが飽きた」

梓「はぁ……」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 20:58:25.60 ID:5WUKw4PxO
梓「じゃ、何するの?」

憂「んー、どうしよっか」

純「ねぇ、おなか空かない?」

梓「いや、二時間前に晩御飯食べたじゃん」

純「えへへ。なんかちょっと間をおいたらぜんぜん入る」

梓「太るよ」

純「うん」

梓「いや”うん”って……」

憂「うーん、でもどうしよう。晩御飯は残らなかったし」

純「コンビニ行こうよコンビニ」

梓「へっ?」

純「なんかお菓子とか食べたい」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 21:25:04.12 ID:5WUKw4PxO
ぴろりろりろ

店員「しゃんせー」

純「んー、夜のコンビニってなんかいいよねー」

憂「あ、なんかわかる。いつもと違って人が少ないのがいいよねぇ」

梓「なにそれ、よくわかんない」

純「なんか意味なくライターのとこ言っちゃうよねー」

梓「え、純ライターなんかどうすんの」

純「こうね、火に向かって指をシュッて。シュッて」

梓「うわああ!!何やってんの指燃えるよ?!」

純「だいじょぶだよー、熱くないもん」しゅっ

憂「純ちゃん、火遊びはよくないよ」

純「こうね、熱さを感じないギリギリのスピードで火に指を……熱っ!」

梓「言わんこっちゃない」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 21:41:14.37 ID:tkBikZ12Q
純ちゃん見てると飽きないな
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 21:46:37.98 ID:VBf96JrjP
純ちゃんは幼女の好奇心を持ったまま高校生になったんだ
可愛いなァ…
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 22:23:17.51 ID:5WUKw4PxO
純「そんなことよりお菓子だよ!」

梓「それはこっちのセリフだよ」

憂「なに食べる?」

純「しょっぱいものが欲しいよね」

梓「ポテチとか?」

純「そうそう。ポテチ」

憂「ジュースも買おっか。今うち置いてないし」

純「さすが憂だねっ!!……さて、じゃあ、二、三袋ほどポテチを見繕いますか」

梓「え、そんなに?!」

純「一人二、三袋ね」

梓「いやいやいや」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/08(月) 22:37:09.55 ID:5WUKw4PxO
店員「1500円でーす。あしゃんしたー」

純「ふぅ、買った買った」

梓「ほんとに、お菓子とジュースだけで1500円もいくと思わなかったよ……」

憂「ぱーてぃーだもん。たまには、ね」

純「そうそう、たまには、ね」

梓「純はいっつもこんなんじゃん」

純「えへへ」

憂「ん、じゃあ帰ろうか」

純「おー」

梓「おー」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 00:43:30.69 ID:j4dMyvgdO
純「さぁ!食べるぞぅ!」

梓「どれから開ける?」

純「なに言ってんの梓。全部開けちゃえばいいでしょうが」

ばさんばさん

梓「なっ……!」

憂「あ、そうすると食べ比べとかできて楽しそうだね」

純「ふふん、そういうことさ」

梓「途中で食べらんなくなっても知らないよー」

純「へーきへーき。ぱく」

憂「ジュース注ごうか。梓ちゃん純ちゃん、どれがいい?」

梓「私コーラ」

純「みつや」

憂「は?い」

とぽとぽ
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 01:34:11.75 ID:j4dMyvgdO
純「では」

梓「ひらさわけぱじゃまぱーてぃー第二部の開始に」

憂「かぱ?い!!」

純「んぐっ」

梓「ぱり。やっぱえびせんは美味しいね」

憂「韓国のり風味、っていうのも買ってみたよ」

純「苦しゅうない。開けてたもれ」

梓「はいはい」ばさん

憂「改めて見ると……いっぱいあるねぇ」

純「ね。よりどりみどりだよ」

梓「……後のことを考えなきゃ、けっこう楽しいね」

純「まーた梓は一言多いんだから」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 01:37:25.52 ID:W+1Jr2II0
憂ちゃん可愛い
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 01:37:32.00 ID:NY4TSNAWP
純ちゃんは自由に生きてるなァ
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 02:28:08.24 ID:j4dMyvgdO
純「”こだわりの塩”……?」

梓「うん、なんか普通のうす塩より美味しそうな気がして買ってみた」

純「ふぅん。……ぱり」

憂「どう、純ちゃん?」

純「うん、普通のより美味しい……気がする」

梓「……気がするだけかい」

純「いや、でもなんか普通のとは違う……気がする、よ」

憂「私、このぎざぎざになってるポテチ好きなんだ?」

純「あーわかる。ギザギザなだけで美味しい気がするよね」

梓「さっきから”気がする”ばっかり……ぱり」

純「おっ、梓”こだわりの塩”食べてるじゃん。どう?」

梓「普通のより美味しい……気が、する」

純「ね」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 03:10:21.50 ID:j4dMyvgdO
純「くはぁ?っ、この一杯のために生きてる気がするよっ!」

梓「ビールじゃないんだから」

憂「純ちゃんはみつやサイダー好きなんだね」

純「うん。コイツの炭酸が一番いいの」

梓「炭酸ってジュースで変わるものかなぁ?」

純「なんていうかね、炭酸の強さだよ。みつやは強めなんだ」

憂「へぇ」

梓「どれどれ……ごく」

純「でしょ?」

梓「うんわかんない」

純「もー梓はばか舌なんだから」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 03:49:50.09 ID:j4dMyvgdO
梓「んー、わさビーフも美味しいね」

純「最近はわさビーフ置くコンビニもめっきり減ってさぁ」

憂「そうなの?」

純「うん」

梓「でも、これってビーフの要素はどこにあるんだろうね」

憂「わさびの辛さを抜いたら、味はコンソメだよね」

純「チキンコンソメ、ってよく聞くよね」

梓「……ビ、ビーフはどこへ」

純「まぁ美味しいからどうでもいいんだけどね。ぱり」

憂「ぱりぱり」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 04:04:14.27 ID:j4dMyvgdO
憂「そろそろ残り少なくなってきたね」

梓「意外と入るもんだなぁ……」

純「深夜の食欲をナメてはいけないよ中野くん。」

梓「あーあ、どうして太りやすい時間帯に一番食欲湧くんだか。人間の身体って不便だね」

憂「あはは、確かに」

純「……あっ!いいこと思い付いた!!」

憂「ん?なぁに?」

純「憂、小鉢かなんかある?」

憂「うん、あるよ。持ってくるね」

梓「??なにする気?」

純「ふっふん」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 04:53:29.02 ID:j4dMyvgdO
憂「はい、持ってきたよ」ごと

純「んふふ」

梓「なんか企んでる顔だ」

純「目の前には空っぽの小鉢。私の回りには、口の開いた残り少ないポテチ袋」

純「これをこう、ぜんぶ小鉢のなかにね」

どざぁ

梓「わ!どれがどれだかわかんないじゃん!」

純「ふふふ。これぞ名付けて、”ろしあんるーれっとすなっく”」

憂「わ、面白そう」

純「そして、袋の底に残った粉も上から振り掛けちゃおう」

ざば

梓「味が混ざっちゃったんじゃない……?」

純「ま・それが狙いだからねー」

憂「ねぇねぇ、食べていい?食べていい?」

梓「うわっそして憂がすごい乗り気だ」
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 12:28:13.40 ID:j4dMyvgdO
梓「っていうか、”ろしあんるーれっと”じゃなかったの?もうぜんぶの味になっちゃってないコレ」

純「ははは、まぁ細かいことは言いっこなしだよ。ぱり……あー辛」

梓「ぱり……辛っ」

憂「あはは、二人ともわさビーフだ」

純「憂も食べなよ」

憂「うん、じゃあ私はえびせん行くね。ぱり……辛い」

梓「えびせんもか」

純「あははー、やっぱわさビーフの粉でみんなわさび風味になってんね」

梓「……わさえびせん」

憂「あんがい美味しいよ。ぱり」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 12:39:38.91 ID:j4dMyvgdO
純「……ふぅ、完食だー」

梓「もうしばらく辛いのはいらないや」

憂「ちょっと食べ飽きちゃったね、わさビーフも」

純「っていうかポテチ自体もう一ヶ月はいらないです」

梓「確かに一ヶ月ぶんは食べたかな」

憂「これだけ食べると、さすがに歯に挟まるねー」

梓「あーわかる」

純「んじゃ、なんか飲んで流しちゃえばいいよ」

憂「うん、でももうジュースもないよ」

純「ふっふっふ、冷蔵庫の中を見てみるがいいよ」

憂「??う、うん……」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 12:53:13.19 ID:j4dMyvgdO
梓「純、人んちの冷蔵庫になにしたの」

純「やだなー梓。それじゃ私がイタズラしたみたいじゃん。……ちょっと”とっておき”を冷やしといただけだよ」

梓「うーん怪しい……」

憂「持ってきたよ、純ちゃん」てこてこ

純「うむ、苦しゅうない」

梓「なにその瓶……?」

憂「えーとね、”すかいぶるー”と”すみのふ”ってかいてある」

梓「」

純「わくわく」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 13:03:15.03 ID:j4dMyvgdO
梓「ちょっと純!それおさk……もご」

純「はい梓ちょっーと静かにしようねー」

憂「?梓ちゃんどうかしたの?」

純「んーんなんでもない。ちょっと珍しいヤツだから、テンションあがっちゃって」

憂「そっか」

梓「いやいやいや、そんなウソすぐバレるって!コンビニにも置いてあるじゃんアレ!」←小声

純「だいじょーぶ、潰れちゃえば記憶飛んじゃうから」←小声

梓「そーいう問題じゃないっ」←小声

純「ささ、飲も飲も」

憂「?おー」
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 16:41:20.52 ID:j4dMyvgdO
憂「どっちから開ける?」

純「憂好きなほう選びなよ」

憂「んー、このすみのふってやつからいってみるね」

ぽん

とくとく

純「ままままま」

憂「ととととと。梓ちゃんもはい、どうぞ」

梓「あ、いやいいよ私は」

純「ぬぁにっ?!私のすみのふが飲めんというのかっ!」

梓「まだ飲んでないのにそのテンション?!」

憂「?……くぴ」

純「どう、憂?」

憂「んー、けっこう美味しいね」
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 16:58:17.52 ID:j4dMyvgdO
????ごふんご????

憂「てろん」

純「うわー、憂よっわ」

梓「このうちってお酒飲む機会もなさそうだしね。しょーがないよ。くぴ」

純「んー梓ぁ。飲まないんじゃなかったの?」

梓「うるさいの」

憂「てろーん」

梓「て、まだすみのふ半分以上残ってんじゃん」

純「私たちでカラにしちゃお。すかいぶるーもね」

梓「んー、だいじょぶかなぁ……」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 17:20:24.48 ID:j4dMyvgdO
憂「むく」

梓「あー憂、起きたんだ?だいじょぶ?」

憂「……」

てこてこ

純「あらら、シカトかいな」

梓「けっこう重症だね……っていうかどこ行ったんだろ」

純「さぁ?」

てこてこ

Y憂「あずにゃ?ん」

梓「???っ?!」

だきっ

純「おお……髪型が唯せんぱいになってる」

Y憂「あずにゃん」

ぎゅう

梓「はわわわわ……」
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 20:43:46.08 ID:j4dMyvgdO
Y憂「あずにゃんあずにゃん」

ぎゅう

梓「」

純「おーい梓、だいじょぶかー?」

純(なにこの疎外感)

梓「……るいです」

純「お?」

梓「ずるいです!!いっつもゆいせんぱいばっかりずるいです!!」

ぎゅう

Y憂「ふぁ」

梓「私だってゆいせんぱいのこと大好きなのにっ!!いっつもゆいせんぱいばっかり抱き着いてきて!!私だってゆいせんぱいのことぎゅってしたいんです!!」

ぎゅうう

Y憂「ふあーあ……」

純「んー、なんか聞いちゃいけない本音を聞いちゃった気がするなぁ……」
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 21:06:13.98 ID:j4dMyvgdO
Y憂「よしよし」

梓「ゔぅ?っ、もっとです!もっとなでなでするです!」

純「く、気まずい……」

Y憂「あずにゃんはかわいいねぇ」

純「お……?!なんか顔が近いぞ憂と梓?!」

梓「ゆいせんぱい……」

Y憂「あずにゃん……」

どきどき

純「え?!なに、まさかするの?!しちゃうの?!チューを?!」

梓「純ちょっと黙ってて」きりっ

純「え、なに今のキリっとした顔」

Y憂「あずにゃん……」

梓「ゆいせんぱい……」

どさ

純「わ、わーわー!!梓が憂に押し倒されたー!!」
129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 21:29:44.30 ID:j4dMyvgdO
憂「くぅ」

梓「くぅ」

純「ね……寝た、のか……」

純「ったく、ヤキモキさせてくれちゃって」

くぴ

純「うわ、もう3時(am)なんだ。そりゃ眠いよねぇ」

純「……憂、梓、ごめんね。お酒飲ませちゃって」

なでなで

憂「んぅ」

梓「あぅ」

純「んふふ、かわいいなこいつら」

純「私もそろそろ寝ようかなー」
134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 22:12:10.91 ID:j4dMyvgdO
純「ったく、こんなべったりひっついちゃってもぉ」

ずいずい

純「ふとん用意してあって助かったね」

純「さぁーて、諸々の後片付けは明日にまわして、私も寝よっと」

ごろん

憂「くぅ」

梓「んぅ」

純(……またも疎外感)
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 22:52:20.17 ID:j4dMyvgdO
純「あーもぉ」

ぐい

憂「んぅ」

梓「あぅ」

ぎゅ

純「私も混ぜろっ」

梓「ん……」

憂「あずさちゃん……じゅんちゃん……」

純「?」

憂「うにゃ……」

純「なんだ寝言か……」

憂「だいすき……」

純「……」

純「……ちっくしょー照れるじゃんか憂のばか」

ぎゅう
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 22:53:49.93 ID:u7xyi9t30
憂ちゃん可愛い
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 22:55:41.02 ID:5aI8BF2r0
モップのほうが可愛い
139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 22:59:14.10 ID:FhND+Yi8O
どっちも可愛い
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 23:29:42.10 ID:j4dMyvgdO
????よくあさ????

唯「ただいま?」

しぃん

唯「ん?うい?」

がちゃ

憂「Zzz」

梓「Zzz」

純「Zzz」

唯「ありゃりゃ……なんかすごいことになってる」

唯「昨日は楽しかったみたいだね。……よかったね、うい」

憂「んん……」ごろん

憂「お姉ちゃん……だいすき……」

唯「お姉ちゃんもだいすきだよー」

なでなで

おわり
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 23:33:00.38 ID:u7xyi9t30
終わりか

おつ!!
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/09(火) 23:34:39.04 ID:96Zx5aMlQ

純ちゃん分を補給できた
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:26:00.14 ID:N19bKSfL0
乙!!
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/10(水) 00:35:26.40 ID:nXqW43FDP
おつだ

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > けいおん! > 憂「今日、お姉ちゃんは部活で遅いから・・・しよ?」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP