Home > ストパン > サーニャ「エイラ気持ち悪い」エイラ「」

サーニャ「エイラ気持ち悪い」エイラ「」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 13:10:51.43 ID:ZZ0DXJnR0
明け方 エイラの部屋

エイラ(サーニャはまだ帰ってこないのかナ・・・はやくサーニャをクンカクンカしたいンダナ)

ガチャ

エイラ(来タ・・・)

サーニャ「・・・」ボスッ

エイラ(今ダ!クンカクンカ!スーハースーハー!)

サーニャ(・・・)

エイラ「ハァ・・・ハァ‥・・・ ショウガナイナー、今日だけだかんナー」

サーニャ「エイラ・・・気持ち悪い」

エイラ「」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:12:47.86 ID:1t14kkoEO
????翌朝・宮藤の部屋????


エイラ「……宮藤。起きろ、聞いてくれ」

宮藤「……何ですか、まだ5時ですよ……?」

エイラ「……サーニャに嫌われたんだ」

宮藤「エイラさんがあんまりヘンなことするからですよ……じゃあおやすみなさい」ドサ

エイラ「おいバカっ寝るなぁ!!それに私はベツにヘンなことなんかしてないぞ!!」

宮藤「……じゃあ何をしたっていうんですか」

エイラ「夜間哨戒後のサーニャのにおいを嗅いでたんだ」

宮藤「じゅうぶんヘンですそれは」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:22:45.81 ID:1t14kkoEO
エイラ「だってオマエ、一晩中履いてたズボン脱いだ後のサーニャだぞ?!想像してみろあぁっもうムラムラしてきたじゃないか!!」

宮藤「まぁ、ムレてますよね」

エイラ「そうだろそうだろ?!そんなのが横に寝てたら嗅がざるを得ないダロガ!!」

宮藤「まぁ、それは確かに」

エイラ「なのにサーニャときたら、私のことを『気持ち悪い』なんて言うんだ!あんなの不可抗力だっつうのに!」

宮藤「せめてサーニャちゃんが完全に寝ちゃうまで、におい嗅ぐの待てなかったんですか?」

エイラ「それが出来たらこんな苦労してないんだよ」

宮藤「いろんな意味で強敵ですもんねぇ……サーニャちゃん」

エイラ「……それはそうと宮藤、オマエとっくに目ェ覚めてるダロ」

宮藤「サーニャちゃんのにおい想像したらギンギンになっちゃいました」

エイラ「……サーニャをそんな目で見んなああぁーっ!!」

宮藤「ええぇ?!」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:36:21.96 ID:1t14kkoEO
宮藤「想像しろと言ったのはエイラさんじゃないですか」

エイラ「あれは自分に言い聞かせてたんだ」

宮藤(ああなるほど、これは気持ち悪い)

エイラ「ときに宮藤、扶桑にはこんなコトワザがあるらしいナ……”人を呪わば穴二つ”」

宮藤「後半部分は下ネタに聞こえるかも知れませんが、それわりとまっとうな意味の諺ですよ」

エイラ「……知ってるよ。”他人を呪うくらい嫌うんだったら、自分にも同等の報いがあるってことを覚悟しろ”って意味ダロ」

宮藤「そうですが」

エイラ「つまり、だ」

宮藤「?」

エイラ「”サーニャに嫌われれば穴二つ”。……宮藤、オマエもサーニャに嫌われてこい」

宮藤「……はぁ?」

エイラ「オマエも今夜あたりサーニャのにおい嗅いでこいって言ってンだよ」

宮藤「いいんですか?」

エイラ「少し悔しくはあるが、”人を呪わば穴二つ”だ」

宮藤「いやいや、だんだん意味わかんなくなってますが」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:46:16.31 ID:1t14kkoEO
????その日の晩・エイラーニャ私室????

宮藤「ということで、今日一日だけエイラさんと部屋を交換したわけだけど」

宮藤「そろそろ、サーニャちゃんが夜間哨戒から帰ってくる時間かなぁ」

ドア「ガチャ」

サーニャ「……ふわぁ」

宮藤(服を脱ぎつつベッドに接近してくるサーニャちゃんキター!!)

ドサ

宮藤「」ドキドキ

宮藤(既に何かしらのいいにおいが漂ってくる……)

サーニャ「……zzz」

宮藤(……やばい。想像以上に、これはやばい)
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 14:55:59.89 ID:1t14kkoEO
宮藤(もうすぐにでもサーニャちゃんを思いっきりハグして、全身隈なくなめ回した後に頭皮のにおいとか足のにおいとか嗅ぎまわしたい……うっはぁギンギンしてきたぁ)

サーニャ「……zzz」

宮藤(……でもまだダメ。まだサーニャちゃんが寝てから少ししか経ってない。……待つんだ、サーニャちゃんがもっと深い眠りにつくのを)

サーニャ「……zzz」

宮藤(我慢だ我慢……私はすぐに手を出しちゃうエイラさんみたいなケダモノとは違う……)ブツブツ

サーニャ「……zzz」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 15:02:14.53 ID:1t14kkoEO
????30分後????

宮藤(やばい……もう限界だ……死ぬ……萌え死ぬ……)

サーニャ「……んぅ」ゴロ

宮藤「!!」ビク

宮藤(サーニャちゃんが……ひっついてきた……)ドキドキ

サーニャ「……すんすん」

宮藤(えっ?!……これって、まさか……)

サーニャ「……すんすん」

宮藤( 私 が 逆 に に お い を 嗅 が れ て い る ? ! )

サーニャ「……すんすん」
21: 20ちがいます 2010/10/20(水) 15:39:31.19 ID:1t14kkoEO
宮藤(……動けない)ドキドキ

サーニャ「ん……いいにおい……」

宮藤(……って、サーニャちゃんアナタどこ嗅いでるんですかーっ?!)

サーニャ「すんすん」

宮藤(それはわたしの髪の毛ですが……)

サーニャ「すんすん」

宮藤(……やばい。なんていうかやばい。)

サーニャ「すんすん」

宮藤(今日はまだお風呂入ってないのにっ!!)

サーニャ「すんすん」モゾMOZO

宮藤(?????っ?!)

サーニャ「すんすん」モゾMOZO

宮藤(髪の毛から……うなじに移行……)ドキドキ
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 16:12:13.35 ID:1t14kkoEO
宮藤(……うあぁ///)

サーニャ「すんすん」

宮藤(……サーニャちゃんの顔が頭皮が頭が髪の毛が近い近い近い近い近い近い近い近い近い近い近い)ドキドキ

サーニャ「すんすん……ぺろ」

宮藤(???????っ?!)

サーニャ「ぺろ」

宮藤(く、首なめるのは…だ、だめぇ……)

サーニャ「ぺろ」

宮藤「んっ……あぁ……///」

サーニャ「……芳佳ちゃん、おいしい」

宮藤「」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 16:17:11.13 ID:1t14kkoEO
宮藤「……えっと、サーニャ、ちゃん……?」

サーニャ「なぁに、芳佳ちゃん」

宮藤「……起きてた?」

サーニャ「うん、ずっと」

宮藤「……」

サーニャ「……」

宮藤「……」

サーニャ「……ぺろ」

宮藤「ひゃあぁっ?!……じゃなくて!!ちょっとストップ!ストップ!!」

サーニャ「……芳佳ちゃんおいしいのに」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 16:28:24.53 ID:1t14kkoEO
サーニャ「どうして?芳佳ちゃんは私のこと嫌い?」ズイ

宮藤「い、いやそんなことないよ!私、サーニャちゃんのこと大好き!」

サーニャ「そう、よかった。私も芳佳ちゃんのことが大好きよ」

宮藤(うわっはぁーやめろー爆発しちゃうぅぅぅぅぅ)

サーニャ「だから芳佳ちゃん、芳佳ちゃんなこと、なめさせて」

宮藤「い、いやそれは……」

サーニャ「私のことも好きにしていいわ」

宮藤「なん……だと……」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 20:04:41.59 ID:ADyOh8xDO
サーニャ!
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 20:38:28.95 ID:kDSQNcsu0
サーニャ!
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 20:44:06.86 ID:47Fb57Vp0
サーニャ!
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 21:03:29.22 ID:zrbi2OTDO
サーニャ!
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 21:22:27.18 ID:b9CODi8K0
サーニャ!
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 21:52:51.72 ID:ZNkoLotZ0
サーニャ!
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 21:56:21.76 ID:byAJF5q30
サーニャ!
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 22:00:52.33 ID:ELXxzCfj0
サーニャ!
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 22:06:21.41 ID:Iyow3G0z0
サーニャ!
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 22:09:15.92 ID:EKIP6oSy0
サーニャ!
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 22:26:45.98 ID:rF1femBT0
エイラさんマジ自重
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 23:53:04.68 ID:1t14kkoEO
????で・翌日????

エイラ「……ハナシを聞こうか」

宮藤「いやぁ、実はかくかくしかじかでして」

エイラ「うん」

宮藤「そのままイロイロと楽しんじゃった?、みたいな」

エイラ「ほうほう、なるほどナー。しかけようと思って寝てたら、何故かサーニャのほうからけしかけて、流れに呑まれてそのままヤっちゃった、と……」

宮藤「えへへ」

エイラ「……ンなワケあるかああああぁぁぁーっ!!えへへとか言うなああああぁぁっ!!」

宮藤「やっぱこうなりますか、ごめんなさい」

エイラ「謝って済む問題だとか思ってンのかオイ……」

宮藤「でもやっぱり、あらゆる意味でサーニャちゃんは強敵なんですよ」

エイラ「あん?」

宮藤「いやほらね、”据え膳食わぬは武士の恥”と言いますか。サーニャちゃんほどの娘に誘われて拒否したら、それはもう逆に罪ですよ」

エイラ「それはそーかもだケド……」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 23:56:25.92 ID:zrbi2OTDO
エイラかわいいよね。なんかどんなにいじめても泣かなさそうだし最後はうまく丸め込めそう。
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 00:06:06.56 ID:UobitSPuO
宮藤「責めるなら私よりサーニャちゃんですよ」

エイラ「な!何言ってんだ宮藤!私がサーニャを責めるなんて、出来るワケないダロガ!!」

宮藤「ヘタレ攻めとおもいきや完全に受けですもんね、エイラさんは」

エイラ「ソッチの”せめ”じゃなーい!!」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 02:41:50.35 ID:UobitSPuO
宮藤「とりあえず、エイラさんに対しての『気持ち悪い』発言について言及できなかったのは謝ります。すいませんでした」

エイラ「あ、うん」

宮藤「ということで」

エイラ「?」

宮藤「今晩、もう一回サーニャちゃんと寝てみます」

エイラ「……」

宮藤「……にひ」

エイラ「……オイ」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 03:54:15.86 ID:UobitSPuO
エイラ「……オマエ、またサーニャとヤりたいだけダロ」

宮藤「にひ……いやいやそんなことないですよじゅるり」

エイラ「……じゅるりじゃねーよサーニャをそんな目で見んなっつってんだろぉぉぉぉぉぉ?!」

宮藤「いや、いや大丈夫ですって。今度こそ真面目に聞き出しますから。なんで私は良くてエイラさんはダメなのか」

エイラ「うっ……改めてそういう言い方されるとキツいものがあるぞ」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 04:16:34.70 ID:UobitSPuO
宮藤「とにかく私は今夜もサーニャちゃんと寝ますから」

エイラ「……やるからには真剣にやれよ」

宮藤「大丈ぉー夫ですよぉ」ニヘラ

エイラ「顔全体の筋肉が緩みきってるぞ」

宮藤「まぁ、サーニャちゃんから色々と聞いた後のイロイロは、報酬みたいなものだと考えます」ニヘラ

エイラ「くぅっ……自分からサーニャに聞く度胸がないのが悔しい……」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 04:58:38.93 ID:UobitSPuO
????その日の晩・エイラーニャ私室????

宮藤「standby ready」

宮藤「まだかなーサーニャちゃんまだかなー」ソワソワ

ドア「ガチャ」

宮藤(キター!!!!)ギンギン

サーニャ「ふふ、いらっしゃい、芳佳ちゃん」

宮藤「えへへ。今日も来ちゃった」

サーニャ「ちょっと待ってて。今着替えるから」

宮藤(?いつもはそのままじゃ……)

サーニャ「こういうのはどうかしら、芳佳ちゃん?」

宮藤(スケスケベビードール(黒)の……サーニャちゃん……だと……)

宮藤「Woo…」
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 13:50:25.68 ID:UobitSPuO
????いかがわしいシーン略????

サーニャ「かわいかったわ、芳佳ちゃん」

宮藤「……」←感無量

サーニャ「好きよ、芳佳ちゃん」ペロ

宮藤「ひゃうっ!」ビク

サーニャ「ふふ」ニコ

宮藤(もぉ死んでもいい……)

サーニャ「ねぇ芳佳ちゃん」

宮藤「?」

サーニャ「昨日はどうして私のベッドにいたの?」

宮藤「……えっと(……これはアレだ。”カノジョとのデート中に、他のオンナの話をするのは御法度”的なアレだ。ここでエイラさんの名前は出すべきじゃない……)」

宮藤「……うん。サーニャちゃんに、会いたくなったの」

サーニャ「……嬉しいわ、芳佳ちゃん」ギュ

宮藤「!」

宮藤(……嗚呼、ごめんエイラさん……)
129: エロシーン書けないのにみんな文句言わないね 2010/10/21(木) 22:54:07.19 ID:UobitSPuO
エイラ「……で」

宮藤「……えへへ」

エイラ「……」

宮藤「forgot♪」

エイラ「ナメンナーっ!!!!!」

宮藤「……いやですからね、”据え膳食わぬは武士の」

エイラ「ンな屁理屈にゃあ、もー騙されないかんナー!!」

宮藤「ちっ」

エイラ「”ちっ?!”今オマエ舌打ちしたかー?!」
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 17:10:29.37 ID:UobitSPuO
宮藤「よーし、じゃあこうしましょう」

エイラ「キャッカ」

宮藤「いやまだなんにも言ってませんけど……」

エイラ「どーせ”もう一晩寝て、今度こそ聞き出します”とか言うんダロ」

宮藤「まさにそう言うつもりでしたけど、何か問題でも?」

エイラ「無限ループが目に見えてンだよバーカ」
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 17:11:12.41 ID:6a6L1Fmi0
さすがエイラ!頭いい!
169: 166やめて 2010/10/21(木) 22:54:07.19 ID:UobitSPuO
宮藤「わかりました、じゃあ今夜はサーニャちゃんの部屋には行きません」

エイラ「自室に呼ぶ、なんて言ったらぶっ飛ばすカンナ」

宮藤(ちっ)

宮藤「違いますよ。今日のところは、私とエイラさんで作戦会議をするんです」

エイラ「?」

宮藤「昨日はちょっと考えが足りませんでした。やっぱり、事前にきっちり計画を練ってからサーニャちゃんに挑むべきなんですよ」

エイラ「おい、サーニャをラスボスみたく言うな……」

宮藤「じゃなきゃ、いつまで経ってもサーニャちゃん『エイラ気持ち悪い』発言の真意はわかりませんよ?」

エイラ「うぅ……それはそうかもしれない……」
171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 23:23:27.35 ID:UobitSPuO
宮藤「やっぱり、においの違いなんじゃないですかね?」

エイラ「私と宮藤のか?」

宮藤「そうです。趣味嗜好は人それぞれですから、サーニャちゃんの鼻にエイラさんのにおいは合わなかったんじゃないですか?」

エイラ「うわああぁそういう人を全否定するよーなコト言うなあぁっ!!」

宮藤「(たかがにおいが全否定って……)でも私、考えたんですよ。においってそんなに個人個人で変わるものなのかなぁ、って」

エイラ「……?」

宮藤「で、調べてみたら、体のにおいっていうのは食生活で変わるみたいなんですよ」

エイラ「へぇ……」
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/21(木) 23:55:57.69 ID:UobitSPuO
宮藤「まぁそれはさておき」

エイラ「えっ?さておくのか?」

宮藤「まず、ほんとにエイラさんのにおいがダメなにおいなのかを調べるのが最優先事項だと思うんですよ」

エイラ「……え」

宮藤「ですからまずはエイラさんのにおいを」

エイラ「いや待て待て宮藤。……なんかイヤな予感がすんぞ」

宮藤「ほら、私前々からちょっと、ねぇ」ズイ

エイラ「『ちょっと、ねぇ』じゃねーよ!!ニヤニヤしながらこっち来んなーっ!!」

宮藤「エイラさんって髪長いのに、あんまりお湯につからないじゃないですか。サウナばっかじゃないですか」ズイ

エイラ「来ーんーなーぁー!!!」

宮藤「……にひ」
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 00:28:00.80 ID:39YulfwNO
宮藤「ぽすっ」

エイラ「うわぁっ」

宮藤「すんすん」

エイラ「やっヤメロぉ!!アタマのにおいとか嗅いでンじゃねーっ!!」

宮藤「すんすん……あっ、動いちゃダメですよぅ」

エイラ「動くに決まってンダロガそんなことされたらー!!!」

宮藤「……サーニャちゃんのにおいは嗅ぐくせに?」

エイラ「うっ……」

宮藤「すんすん」

エイラ「うぁあ……はずかしい……///」

宮藤「すんすん」
186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 01:00:16.71 ID:39YulfwNO
宮藤「すんすん……ぷはぁーっ」

エイラ「終わったか……?」

宮藤「はい。良かったです」

エイラ「何がだよ?!」

宮藤「エイラさんのにおいが、です。せっけんのにおいとかがあんまりしないのがなんていうか逆にイイですね」

エイラ「??????っ///」

宮藤「さて、次です」

エイラ「あぁ、早く別のコトに移ろう……」

宮藤「次はやっぱり、足のにおいとか嗅ぎましょうかねぇ」

エイラ「」
192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 01:44:12.95 ID:39YulfwNO
宮藤「さぁさエイラさん、ちゃっちゃとそのズボンを脱いじゃってください」

エイラ「なぁ、アタマだけじゃダメなのか……?」

宮藤「サーニャちゃんが、エイラさんのどこのにおいが気に入らなかったのかはわかりませんからね」

宮藤「私の主観ではエイラさんのアタマはすごくイイ感じでした。でもそれ以外の場所がどうかはわかりません。さぁ」ズイ

エイラ「うわっバカ引っ張るな!自分で、自分で脱ぐから!」
197: オレのナニ事情はいいから書け、と。そういうことか…… 2010/10/22(金) 03:47:29.09 ID:39YulfwNO
宮藤「……思ったんですけど、エイラさんってその白い長ズボン履く意味ないんじゃないですか?」

エイラ「……どーいう意味だソレ」

宮藤「だって生足もこんなに白くて綺麗で……うじゅる」

エイラ「ひっ」

宮藤「ねぇエイラさん」

エイラ「なんだよ……におい嗅ぐとかなら早くやってくれよぉ……」

宮藤「そのことなんですが」ドサ

エイラ「?……なんでオマエが寝転がるんだ」

宮藤「えーと……私が仰向けになりますから、エイラさんは足の親指で、軽く私の鼻を踏んでくれませんか?」

エイラ「」

宮藤「あ、あくまで軽ーくですよ」

エイラ「……オマエ段々エスカレートしてきたナ」
237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 14:47:21.19 ID:39YulfwNO
宮藤「さ、はやくはやく」ウズ

エイラ「……わかった、いくぞ」

フニ

宮藤「ふぁ」

エイラ「こんなもんでいいか……?」

宮藤「……」グッ

エイラ「親指立てるだけじゃなくてなんか言えよ……」

宮藤「……すんすん」

エイラ「うっ……やっぱ慣れないナ……」

宮藤「すんすん」
239: 238そうです 2010/10/22(金) 15:01:46.66 ID:39YulfwNO
宮藤「すんすん」

エイラ「なぁ、そろそろ……」

宮藤「すんす……ぺろ」

エイラ「んぅなぁっ?!」ビク

宮藤「ぺろ」ガシッ

エイラ「ばっばか、ヤメロ離せーっ!!」

宮藤「すんすんぺろぺろ」

エイラ「うっ……はぁ、あ……」
249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 16:52:13.74 ID:39YulfwNO
宮藤「あむっ」

エイラ「ふぁっ」

宮藤「んっ……」

エイラ(指に……しゃぶりついて……っ)

宮藤「ん……はぁ……」

エイラ「あぅっ……み、宮藤ぃ……」

宮藤「んっ……エイラさんの指、おいしいです……」

エイラ「ヘンなこと、言うなぁっ……」

宮藤「ちゅぅ…………んはぁ」

エイラ「はぁ……はぁ……」
252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 17:00:09.34 ID:39YulfwNO
宮藤「……ごくん」

エイラ「……終わりか……?」

宮藤「はい。エイラさん、足も合格です。満点です」ツヤツヤ

エイラ「う……嬉しかネーよ、そんなん」

宮藤「そうですか?なめられてるときのエイラさん、すごいいい顔してましたけど」ツヤツヤ

エイラ「は、はぁ?!テキトーなこと言うなよ?!」

宮藤「自覚はしてないようですね」ツヤツヤ

エイラ「するワケないダロガ……っていうかツヤツヤスンナー!!」

宮藤「でも、エイラさんこんなに美味しいのになぁ……。サーニャちゃんの趣味嗜好がサッパリわかんなくなってきた……」
253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 17:06:09.98 ID:39YulfwNO
エイラ「でも、宮藤のにおいは好きなんダロ、サーニャは」

宮藤「そうですね。……ねぇエイラさん」

エイラ「……なんだよ」

宮藤「私のにおい、嗅ぎます?」

エイラ「嗅がねーよばーっか!!私が女なら誰でもいいヤツだと思ったら大間違いだかンナ!!」

宮藤「でもほら、サーニャちゃんの好きなにおいですよ?」

エイラ「そういう問題かよ……」

宮藤「そういう問題じゃありませんか?」

エイラ「むむむ……」
256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 17:17:53.68 ID:39YulfwNO
宮藤「嗅がないなら続けますよ?」

エイラ「えっ?」ゾク

宮藤「つぎは……やっぱおまんk

エイラ「そ・れ・だ・け・は・や・っ・た・ら・コ・ロ・ス・か・ン・ナ」

宮藤「……ちぇっ」

エイラ「……オマエ、もうただ自分がやりたいコトやってるだけだナ」

宮藤「あ、バレました?」

エイラ「ったりメーだっ!!」

宮藤「じゃあ、次はどうしましょうか」

エイラ「う?ん、考えてみたら、なんか全然ハナシが進んでない気がしてきたぞ……」

宮藤「あ、バレました?」

エイラ「宮藤オマエなああぁぁぁっ!!」
289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/22(金) 23:35:04.68 ID:39YulfwNO
宮藤「で、どうするんですか」

エイラ「何をだ?」

宮藤「決まってるでしょ。私がエイラさんを嗅ぐのか、エイラさんが私を嗅ぐのか、ですよ」

エイラ「いや他に選択肢ねーのかよ!」

宮藤「ないですね」

エイラ「な、なんて自分本意なヤツだ……」

宮藤「でー、どーうーすーるーんーでーすーかーぁー」

エイラ「……うぅ」

宮藤「もー、そんなことだから、エイラさんは”ヘタレ受け”なんていう一番情けないポジショニングを確立してしまうんですよ」

エイラ「お、おいっ”ヘタレ攻め”じゃなくてか?!」

宮藤「ヘタレでも攻めの姿勢を貫ける人とそれすらできない人がいるんですよ。エイラさんはもぉ間違いなく後者です」

エイラ「ぐ、ぐぬぬ……」

304: てことで289からです◆dWVtcnK36s 2010/10/23(土) 01:24:52.47 ID:A7loqwGB0
エイラ「だぁーっ!わかった!わかったよやってやるよ!」

宮藤「さすがエイラさん、そう言ってくれると思ってました」

エイラ「ウルセー宮藤!!さっさと脱げコノヤロー!!」

宮藤「……はぁ、なんかムードも何もあったもんじゃありませんね」

エイラ「オマエが言えたセリフかよっ!!いーから脱ぎやがれっ!!」
305: ◆dWVtcnK36s 2010/10/23(土) 01:29:44.80 ID:A7loqwGB0
宮藤「はいはい……っと」ヌギ

エイラ「」フンスフンス

宮藤「ちょ、エイラさん鼻息荒いですよ」

エイラ「ウルセーさっさと脱げ」

宮藤(……なんかヘンなスイッチが入ったみたい)

エイラ「じーっ」フンス

宮藤「ううっ……なんかやりにくいなぁ」
306: ◆dWVtcnK36s 2010/10/23(土) 01:49:23.32 ID:A7loqwGB0
ぱさ

宮藤「とりあえず上着は脱ぎましたが」

エイラ「うん。そこでストップだ宮藤」

宮藤「はい?」

エイラ「私ナ、オマエとか坂本少佐、あとは竹井大尉なんかもそうなんだが……とにかく扶桑の軍服みてたら思うことがあってサ」

宮藤「?」

エイラ「その下に着てる水泳着?みたいなヤツが……えろいなぁって」

宮藤「……」

エイラ「特にサ、お尻がかわいいと思うんだよ、そのカッコ」

宮藤(……エイラさんやっぱ素質あるわ)
307: ◆dWVtcnK36s 2010/10/23(土) 01:54:42.56 ID:A7loqwGB0
ぱさ

宮藤「とりあえず上着は脱ぎましたが」

エイラ「うん。そこでストップだ宮藤」

宮藤「はい?」

エイラ「私ナ、オマエとか坂本少佐、あとは竹井大尉なんかもそうなんだが……とにかく扶桑の軍服みてたら思うことがあってサ」

宮藤「?」

エイラ「その下に着てる水泳着?みたいなヤツが……えろいなぁって」

宮藤「……」

エイラ「特にサ、お尻がかわいいと思うんだよ、そのカッコ」

宮藤(……エイラさんやっぱ素質あるわ)
377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/23(土) 22:56:03.47 ID:i5dFPm55O
????えシーン割愛????

エイラ「はぁ。終わった終わった」

宮藤「……あの、エイラさん」

エイラ「ん?」

宮藤「いやですね、何かこう……言ってくれると助かるんですけど」

エイラ「何か、ってなんだよ」

宮藤「感想ですよ。私の」

エイラ「ん?。つってもなぁ……」

宮藤「無言で脇とかなめられたのはちょっと怖かったですよ。息遣いだけはすごい荒かったですけど」

エイラ「感想、なぁ……」
380: ◆dWVtcnK36s 2010/10/23(土) 23:24:46.42 ID:i5dFPm55O
えシーン→えろシーン
です




エイラ「あ」

宮藤「なんかありました?」

エイラ「いやナ、なんかオマエのにおいって……」

宮藤「うんうん」

エイラ「洗い立ての飼い犬みたいなにおいだよナー、って……」

宮藤「」

エイラ「……」

宮藤「」

エイラ「……うわごめん宮藤!!ナシ!今のナシで!!」

宮藤「」

エイラ「そんなにか?!そんなにイヤか犬と一緒なのが?!オマエって確か柴犬が使い魔ダロ?!」

宮藤「……犬、かぁ」アハハ
381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/23(土) 23:43:27.78 ID:i5dFPm55O
宮藤「……となると、サーニャちゃんは私ををペット扱いしてる、というワケですか」

エイラ「まさにオナ○ットだナ」

宮藤「あの、それ隠せてませんけど」

エイラ「あぁ?……。私もサーニャの○ナペットになりたいナ……」

宮藤「エイラさんは犬のにおいしませんもんねぇ」

エイラ「……なぁ宮藤、私はどうすれば犬っぽいにおいを出せるんだろうか」

宮藤「やっぱ食生活ですかね?」

エイラ「と、なると。やっぱ扶桑の食べ物か」

宮藤「ブリタニアの基地でもここ(アドリア海沿岸基地)でも、けっこう扶桑料理は出してますけどねぇ」

エイラ「じゃあなにか、一朝一夕じゃコトは済まない、ってコトか」

宮藤「どうなんですかねぇ」
385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 00:08:00.18 ID:2+y/3yqlO
宮藤「ちなみにエイラさんって、501以外では何食べてました?」

エイラ「シュールストレミング」

宮藤「えっ……」

エイラ「いやナ、スオムスにいたとき、酔っ払ったじいさんにやたら渡されたことがあったンだよ。三食ぜんぶシュールストレミングだったときもあったっけ」

宮藤「……それであんないいにおいがするなんて……エイラさんの身体はどうなって……」

エイラ「ん?なんか言ったか?」

宮藤「ああ、いやなんでも」
390: 387そんなきがしてきたうわあ◆dWVtcnK36s 2010/10/24(日) 00:51:17.81 ID:2+y/3yqlO
エイラ「ともかく!私はすぐにでもサーニャのオナペッ○になりたいンダ!食生活なんてまだるっこしいコトしてるヒマなんかないンだかンナ!!」

宮藤「うわあ、なんてわがまま」

エイラ「わがままだけじゃないぞ!ちゃんと考えだってある!」

宮藤「……と、いうと?」

エイラ「さっき、ヒントを発見したんだ……。宮藤、オマエの使い魔は柴犬ダロ?」

宮藤「そうですが」

エイラ「……ちょっとそれ貸して」

宮藤「は………………。は、はぁ?!」

エイラ「私の立てた仮説によるとダナ!ウィッチの体質っていうのは、使い魔としてどの動物を使役するか、ってところに依る部分が大きいんだ!!」

宮藤「いやなにを根拠にそんな」

エイラ「だっつ柴犬が使い魔の宮藤は犬くさいじゃん」

宮藤「くさいとか言わないでくださいよっ!!」
392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 01:36:37.03 ID:2+y/3yqlO
エイラ「ウルセーいいからその豆柴をよこせっ!!」

宮藤「いやよこせって言われても、どうすればいいんですか?!」

エイラ「……それもそうだナ」

宮藤「うわっ一気にクールダウン」

エイラ「あーもー、私がサーニャのオナペ○トになるには一体どーしたらいいンダー……」

宮藤「……なんか問題が変わってませんか?」

エイラ「結果は同じだろう」

宮藤「そうかなぁ……」
397: ◆dWVtcnK36s 2010/10/24(日) 02:17:14.76 ID:2+y/3yqlO
宮藤「あ!だったら、こういうのはどうですか?」

エイラ「ん?」

宮藤「耳貸してください……ゴニョゴニョ」

エイラ「えっと……ソレはたぶんダメだと思うんだが」

宮藤「いや、決して根も葉も無いような説じゃないですよ」

エイラ「そうかぁ……?」

宮藤「とにかく、早速今夜にでもこの作戦をやりますよ」

エイラ「マジデカ……」
399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 03:05:07.72 ID:2+y/3yqlO
????その夜・エイラーニャ私室????

エイラ「……」ソワソワ

エイラ「……ホントにだいじょぶかよ」ソワソワ

エイラ「たかが”こんなもん”で、サーニャの○ナペットになれるとは思えない……」ソワソワ

エイラ「……う?、落ち着かないナ……」ソワソワ

回想宮藤((”ソレ”さえあれば、きっとサーニャちゃんもエイラさんのことオナペッ○扱いしてくれますよ!ファイトですエイラさん!!))

エイラ「……宮藤はああ言ってたケド、やっぱなぁ……」

ドア「ガチャ」

エイラ「!!」

サーニャ「ふわぁ」

エイラ(……き、きた……!)ゴクリ
402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 03:33:32.71 ID:2+y/3yqlO
エイラ「お、おかえりサーニャ……」

サーニャ「……」

エイラ「……」

サーニャ「……うん。ただいま、エイラ」

エイラ(ななな゙っ?!ノーリアクションかよっ?!)

サーニャ「……いた」ゴツン

エイラ「わっ、なに壁にぶつかってんだサーニャ?!だいじょぶか?!」

サーニャ「……うん、平気。暗くてよく見えないだけ」

エイラ「そ、そうか……」

エイラ(……”コレ”に対して反応がないのは、見えてないだけか……)
404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 04:15:03.44 ID:2+y/3yqlO
エイラ「サーニャ、こっちだぞ」

サーニャ「うん……」

てくてく

サーニャ「ぽすっ」

エイラ(……サーニャを私のベッドに誘い込むのには成功した……次の作戦だ)

エイラ「サーニャ、目は慣れたか?」

サーニャ「……眠たくて、よくわからないわ……」

エイラ「そ、そうか……」

エイラ「……ちょっと、サーニャに見てほしいものがあるんだが……」

サーニャ「明日じゃダメなの……?」

エイラ「う、うん。できれば今がいいかナ」

サーニャ「……?」
412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 04:34:24.39 ID:2+y/3yqlO
サーニャ「だったらもう少し起きてるわ……」

エイラ「う、うん。悪いナ」

サーニャ「……少しずつ目が慣れてきた」

エイラ「……サーニャ、ちょっと私のほうを向いてくれないか?」

サーニャ「……?」ゴロ

エイラ「みっ……見える、か……?」

サーニャ「……!」

エイラ「えっと……サーニャ、こういうの好きかナって思ってサ……」

サーニャ「……犬耳」
448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 19:06:24.77 ID:2+y/3yqlO
????回想????

宮藤「じゃーん」

エイラ「……なんだこれ」

宮藤「犬耳です」

エイラ「……なんで?」

宮藤「私もちょっと仮説をたててみました」

エイラ「はぁ」

宮藤「サーニャちゃんは、別に犬っぽいにおいが好きってわけじゃないのかもしれません」

エイラ「つまり、犬ならなんでもいいかも、ってことか……?」

宮藤「あくまで”かも”ですけどね」

エイラ「で、私にコレをつけろってのか」

宮藤「はい」

エイラ「……あのなぁ」
457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 21:39:16.96 ID:2+y/3yqlO
エイラ(……あぁ、やっぱダメだよなぁー……)

サーニャ「……」

エイラ「あ!いや違うンダサーニャ!!ナシで!!やっぱコレナシで……!」

サーニャ「……エイラ、かわいい」ニコ

エイラ「っ?!」

サーニャ「……ねぇ、エイラ」ニコ

エイラ「は?!はいっ?!」ビク

サーニャ「ひとつ、お願いがあるの」ニコ

エイラ(……こ、このサーニャの笑顔……!イケるンじゃないか……?!)

エイラ「サ、サーニャ……!」

サーニャ「エイラ」

エイラ「う、うん……!」

サーニャ「お手」

エイラ「」
461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/24(日) 22:13:33.21 ID:2+y/3yqlO
エイラ(……コレダ)

エイラ(……コレナンダ)

エイラ(今ココにっ!!私の求めていた理想郷が……っ!!)

エイラ「わん!」

てし

サーニャ「よし、いい子いい子」ナデ

エイラ「わん!」

エイラ(うわぁ……もぉ死んでもいいぞコレ……)

サーニャ「エイラ、かわいいわ」ナデ

エイラ「わんわん!」

サーニャ「ふふふ」ナデ

エイラ「わんわんわん!」
484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/25(月) 02:40:42.23 ID:zmVEMDFgO
サーニャ「ちゅ」

エイラ「!!!」

エイラ(おデコに……!サーニャが私のおデコにキスを……!)

サーニャ「よしよし」ナデ

エイラ「わん!」

サーニャ「ちゅ」

エイラ「……///」ポヤ

サーニャ「エイラかわいい」

ぎゅ

エイラ「ふぁ、あ……///」

ぎゅ

サーニャ「ちゅ」
490: ◆dWVtcnK36s 2010/10/25(月) 03:27:38.82 ID:zmVEMDFgO
????えろシーン割愛????

サーニャ「ねぇエイラ」

エイラ「わん?」

サーニャ「今日はなぜ、犬耳をつけていたの?」

エイラ「……サーニャ。あのな、こないだ、サーニャが私のことを『気持ち悪い』って言ったの、覚えてるか?」

サーニャ「えっ?」

エイラ「私ナ、それで、イロイロ考えたンダ。私の何がいけなかったのか、とか。どうやったらサーニャは喜んでくれるのかなぁ、とか。……まぁその結果、なぜか犬耳に落ち着いたわけなんだケド」

サーニャ「……あのね、エイラ」

エイラ「うん」






サーニャ「私、そんなこと言った覚えがまったくないのだけど」

エイラ「」
555: ◆dWVtcnK36s 2010/10/26(火) 00:36:06.60 ID:J47LCUFGO
エイラ「えっ?!ちょ、ちょっと待てサーニャ、私は確かに聞いたんだぞ……!」

サーニャ「でもエイラ。私、エイラのことが大好きよ。そんなエイラに向かって『気持ち悪い』なんて、言うはずないじゃない」

エイラ「そ、ソレもそうダ……///」

サーニャ「ね?」

エイラ「で、でもサ!じゃあ私が聞いたあの声はいったい……?」
561: 560色々吹っ切れました精神的な疲労だったのかも◆dWVtcnK36s 2010/10/26(火) 01:33:45.55 ID:J47LCUFGO
エイラ「……ま・いっか」

サーニャ「いいの?」

エイラ「うん。私はサーニャが一緒にいてくれるなら、なんでもいい」

サーニャ「……エイラ」

エイラ「……サーニャ」

サーニャ「……ぎゅ」

エイラ「ぎゅー」






宮藤「……ふむ、ひとまず大団円、ってとこかな」
565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/26(火) 02:03:36.25 ID:J47LCUFGO
宮藤「いやぁ、にしてもお得な体験ができたなー」

宮藤「サーニャちゃんとエイラさんをハシゴしたのち、エイラさんにごうかn……襲われる、なんて」

宮藤「それはまるで、夢のような日々の名残り」

宮藤「んー、やっぱ最後にもう一回くらいはサーニャちゃんとエイラさん、両方をいただきたいところだけど……」
566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/26(火) 02:05:23.73 ID:J47LCUFGO
エイラ「……なぁ、サーニャ」

サーニャ「?」

エイラ「その……、もう一回、いいかな?」

サーニャ「……ふふ」

ちゅ

エイラ「……///」







宮藤(ふはッ!!これは乱入OKフラグじゃあーりませんかー?!)
595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/26(火) 19:42:26.79 ID:svgbLu1jO
サーニャ「エイラ気持ちいい?」エイラ「」
598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/26(火) 20:30:11.68 ID:E/cRK8EI0
エイラがいるような気がしたけどなんだただの天使か
610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/26(火) 23:29:19.83 ID:J47LCUFGO
エイラ「ちゅ」

サーニャ「ちゅ」



ドア「バタンッ」

サーニャ&エイラ「!!」

宮藤「……ちょっと待って二人とも」

エイラ「な、なんだ宮藤……」

エイラ(……ヤな予感しかしない)
618: ラスト◆dWVtcnK36s 2010/10/27(水) 01:37:13.42 ID:JRDDLMKe0
宮藤「……私も」

エイラ&サーニャ「?」

宮藤「私も混ぜて!!」

エイラ「ふざくんな!!絶対ヤだ!!」

宮藤「えっ」

エイラ「私がココまで到達するのにどンだけ苦労したと思ってンだ!!!!!!」

エイラ「NTR嗜好があるわけでもないのにサーニャを寝取られりしたり好きでもないオマエのにおい嗅ぐハメになったり、数々の苦行を乗り越えてようやくサーニャのオ○ペットになれたっつーのに、なんでここまできてオマエなんかの相手しなきゃなんないんだよばーか!!」

エイラ「一回二回サーニャと寝たからっていい気になるんじゃねーぞあンなのノーカンだカンナわかったかサーニャは私のものっつーか私がサーニャのモノなンだココに指の一本も入る余地なんかねーぞとっととどっか行きヤガレ!!!!」

エイラ「犬っころは黙ってリーネのデカ乳でも揉むなり坂本少佐から烈風斬ぶっ込まれるなりすりゃいいダロわかったら私とサーニャの間に入ってくんなーっ!!!!」

宮藤「……そ、そんな」

サーニャ「エイラ……」

エイラ「なぁサーニャ、サーニャもそう思うだろ?」

サーニャ「……さすがにそれは」

サーニャ「エイラ気持ち悪い」

エイラ「」
619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 01:41:57.73 ID:hkbeNI8g0
ふおおおおおおおおおおおおおお
620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 01:43:23.49 ID:J/yxWgKpO
オチ上手いな
625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 01:51:45.83 ID:hkbeNI8g0
おつ
630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 02:11:47.74 ID:ttZsnF6j0
これは久しぶりの良スレだった
634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 02:56:16.29 ID:qXs0itfq0
良い乙だ
いや良い落ちだ
637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 09:21:34.75 ID:q7EsXrj7O
乙 楽しかった
639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 12:04:00.57 ID:X338GIxeO
サーニャ!
644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 16:56:42.25 ID:4T0Ea4aD0
サーニャ!
645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 17:22:50.04 ID:pvwhUjGo0
サーニャ!
646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 17:28:48.77 ID:Xg4JdaQu0
サーニャ!
647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 17:55:31.44 ID:2LRy0uwqO
サーニャ!
648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 18:02:44.83 ID:cQ1OENDR0
サーニャ!
649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 18:34:55.72 ID:UAjUe4LA0
サーニャ!
658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/27(水) 21:02:59.05 ID:UAjUe4LA0
サーニャ!
668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 00:03:32.75 ID:MYWN6wRNO
サーニャ!

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > ストパン > サーニャ「エイラ気持ち悪い」エイラ「」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP