Home > けいおん! > 唯「今日から琴吹家の使用人になる!」【後編】

唯「今日から琴吹家の使用人になる!」【後編】

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 16:32:26.28 ID:Uz7rjUwx0
数日後

純「よかった、すっかり元気になったみたいね」

梓「うん。心配してくれてありがとう」

純「だ、誰が心配なんて・・・!」

梓「ふふ。さ・・澪様を起してこなくちゃ!」

純「え?あ、うん、いってらっしゃい」

純「・・・」

純「ねえ」

唯「ん?」

純「最近、梓の機嫌が良すぎて気持ち悪いんだけど」
281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 16:37:04.33 ID:Uz7rjUwx0

梓「澪様、おはようございます」

澪「・・・」

梓「支度のお手伝いさせて頂きますね」

澪「・・・」

梓「あ、制服にシミが!大変!いつの間についたのですかね・・・。代わりのもの用意しますね」

澪「・・・」

梓「ではこちらを」

澪「?」

澪「(機嫌がいいのか?)」
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:13:24.87 ID:Uz7rjUwx0




律「むにゃむにゃ・・・」

梓「あ、律様!!」

律「・・・はっ!!ち、違うぞ、これは寝ぼけてトイレの方向を間違ってなど・・・!」

梓「ふふ、・・・さ、行きますよ」

律「・・・え?(怒られないだと・・・?)」

律「(んにしても最近、梓の機嫌がいいよなー・・・。何かあったのか?)」
292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:18:24.15 ID:M/NhTGvZO
澪は相変わらずクズだな
293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:19:51.69 ID:Uz7rjUwx0

梓「ふふ?ん♪」

唯「なんだか最近機嫌がいいでござるね」

梓「わ!!きゅ、急に話しかけないでくださいよ!」

唯「へへーん、いままでのおかえしだよー」

梓「もう・・・」

唯「最近機嫌いいね。どうしたの?」

梓「そ、そうですか?別にそんなこと」

唯「澪様?」

梓「・・・」

唯「そっかー」

梓「そ、それもありますけど・・・」

唯「うん?」

梓「今はこの仕事が楽しくて仕方ないんです。10年間やってきましたけど、もしかしたら一番楽しい・・・いや、遣り甲斐があるというか
294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:22:21.04 ID:Uz7rjUwx0
唯「やりがいかー」

梓「はい。唯さんは?」

唯「私も!仕事後の食事はおいしいし!」

梓「そっちですか・・・はぁ」

唯「へへ」

婆「梓」

梓「は、はい!」

婆「ちょっと来なさい」

梓「は、はい!」
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:35:57.48 ID:Uz7rjUwx0
梓「え、縁談ですか!?」

婆「はい」

梓「そ、そんな急に・・・!!!」

婆「あなたは琴吹家で10年も頑張ってきました。そこで旦那様が貴方の努力を認め、縁談の話を持ってこられました」

梓「わ、私は・・・」

婆「女の幸せは結婚ですよ。あなたはよく頑張りました」

梓「私はまだこの仕事を続けたいです・・・!」

婆「いいですか、この縁談を逃せばいつ話がくるかわかりませんよ。それにあなたの家系は琴吹家のお世話係のために産まれてきたみたいなものです。
  ・・・それに旦那様が言うには、縁談相手は有名な資産家の息子様らしいです」

梓「でも・・・」

婆「貴方がその息子様と結婚したらいい暮らしはもちろん、貴方の家系も琴吹家と離れます。
  そう、貴方の子孫はもちろん、これからも琴吹家につかえなくていいのですよ」

梓「・・・」

婆「貴方のためにももちろん、これからの家柄としてもいいことだと思います」
299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:40:32.65 ID:Uz7rjUwx0

婆「・・・まだ気持ちの整理はつかないと思いますが、よく考えておきなさい」

梓「・・・」

婆「もちろん断ることはできませんよ。もし断ったら旦那様にも相手の方にも泥を塗ることになります。
  使用人に断られたなんて恥ですからね」

梓「・・・」

婆「ごめんなさいね・・・、何もできなくて」

梓「いえ、婆さんが謝ることはないですよ」

婆「・・・」

梓「失礼します」
300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:40:41.23 ID:/UrmMwD20
まさかの強制退場・・・
301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:41:23.99 ID:OfzsctRVO
そして澪がデレて梓の縁談を何とか回避する澪梓って流れなんだろうけど
ぜひ空気と化してる律紬の活躍もさせてほしい
302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:45:27.84 ID:Uz7rjUwx0
梓「・・・はぁ」

純「・・・」

唯「・・・」

純「どうしたのよ梓、最近まで機嫌がいいと思ったら・・・」

唯「う、うん・・・何かあったのかなぁ・・・」


・・・

梓「澪様、お出かけの時間です・・・」

澪「ああ・・・」

梓「・・・」

澪「・・・」

澪「・・・なあ」

梓「はい」

澪「最近元気ないな」
305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:48:28.66 ID:Uz7rjUwx0
梓「え!?あ、す、すみません!!」

澪「・・・」

梓「・・・」

澪「聞いたぞ、縁談だってな」

梓「え、知って・・・」

澪「お父様が嬉しそうに話してた。・・・まぁいいんじゃないのか。お前の身分じゃ充分すぎる相手だろ」

梓「・・・」

澪「嬉しくないのか?」

梓「私はまだこの仕事を続けたいと思ってます」

澪「・・・変わったやつだな」

梓「そ、そうでしょうか?」

澪「女の幸せは結婚だぞ。女が一生仕事続けて生きていけるわけないだろ」
306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:51:36.73 ID:Uz7rjUwx0


梓「そ、それはそうですが・・・」

澪「有り難く受けることだな」

梓「・・・」


・・・

律「ええええ!?梓が結婚だってえええ!?」

紬「そうなのよ。さっきお父様が話してたわ」

律「そ、そんな・・・わ、私は嫌だぞ!!」

紬「けど縁談の相手は有名な資産家の息子さんよ。それなら梓ちゃんは苦労せず一生幸せに暮らせるわ」

律「け、けど・・・。あいつは小さい頃から一緒にいて、使用人だけど、けど妹みたいな存在で・・・」

紬「りっちゃん・・・」
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:54:56.24 ID:Uz7rjUwx0
使用人宿舎

唯「ええええ!?!?あ、梓ちゃんが結婚!?」

梓「こ、声が大きいです」

唯「ご、ごめん・・・」

梓「・・・」

唯「わ、私は嫌だよ・・・。結婚したら使用人やめちゃうんでしょ?」

梓「そうですね・・・けど、断れないです」

唯「なんで!?」

梓「だって私は使用人。相手は有名な資産家の息子さんですよ。身分が違いすぎます。
  そんな方が使用人相手に縁談を断られたなんて世間に知れたら・・・」

唯「・・・」

梓「本当はこの仕事を続けたいのですが、そうもいかないみたいです」
310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:55:21.41 ID:/UrmMwD20
しえん
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 17:58:59.43 ID:Uz7rjUwx0

唯「・・・。え、縁談の日取りはいつなの?」

梓「今月30日です」

唯「え!?こ、今月!?」

梓「ほんと急ですよね・・・」

唯「急すぎて・・・!だってもう10日もないじゃん!!」

梓「旦那様がやることはよくわかりません、そしていつも急なんですよ」

唯「そ、そんなの酷いよ・・・」

梓「・・・」

唯「うっ・・・やだ、うう・・・」

梓「な、泣かないで下さいよ!!そ、そんな泣かれたら私だって・・・うっううう」

唯「うわああああん、やだあああ、梓ちゃんがいなくなっちゃうなんてやだよおおお!!」

梓「我儘言わないでくださいよ、ううっ」
313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:02:56.22 ID:Uz7rjUwx0

縁談数日前


トントントン

唯「澪様、入ってもよろしいでしょうか」

澪「・・・」

ガチャ

唯「澪様、お話があります」

澪「誰が入っていいって言った」

唯「申し訳ございません・・・。けど・・・」

澪「・・・」

唯「お話・・・いえ、お願いがあります」

澪「使用人のお前がか?」

唯「はい・・・」
315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:11:09.32 ID:Uz7rjUwx0

澪「身分を弁えろ」

唯「梓のことでございます」

澪「梓・・・」

唯「梓に縁談の件は知ってますよね」

澪「・・・ああ」

唯「良い話しだと思います。けど梓は仕事を続けたいと言っています」

澪「・・・」

唯「梓が最近、この仕事が楽しくて仕方ないと言ってました。梓が熱を出して、澪様と一緒に戻ってきたときからです」

澪「・・・・」

唯「何があったのか知りませんが、きっと梓にとっていいことがあったのだと思います」
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:15:41.68 ID:Uz7rjUwx0

唯「私が来て数カ月しかたってませんが、あんな生き生きとした梓を見たことがありません」

澪「・・・」

唯「お願いです、梓の縁談を断ってください!!!」

澪「なぜ私が・・・」

唯「澪様しかいないからです・・・!」

澪「違う者だって・・・」

唯「梓を止められるのは澪様しかいません。お願いです、お願いです・・・!!!!」

澪「・・・」

唯「うっうう・・・」
322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:22:08.56 ID:Uz7rjUwx0

澪「いいか。お前だって私だって人の縁談を断るなんてできないんだぞ」

唯「それは分ってます」

澪「分ってないから言ってるんだろ」

唯「・・・」

澪「なぜお前は梓の縁談を止めたい」

唯「そ、それは友達だから・・・」

澪「友達・・・か。まぁいい。じゃあお前は友達の幸せを願えんのか?」

唯「え?」

澪「女の幸せは結婚だ。それに梓の身分じゃ今度の縁談相手は充分すぎるほどの金持ちだ。
  梓自身、いや、子孫にとってもいい環境になる。琴吹家の雑用のために産まれてきた家系から脱出できるんだ」

唯「それは・・・」

澪「本当に友達と思ってるなら・・・応援してやるんだな」
325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:23:41.22 ID:Uz7rjUwx0

律「・・・」

紬「あら?どうしたのりっちゃん。澪ちゃんの部屋の前で・・・」

律「え!?あ、!!な、なんでもない!!」だっ

紬「?」

・・・

律「つい立ち聞きしちまったけど・・・」

律「あいつがあんな風に思ってるなんてな・・・」
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:27:54.28 ID:Uz7rjUwx0
縁談当日

梓「婆さん、10年間・・・いえ、婆さんには産まれてきてからずっとお世話になりました。ほんとに・・・ありがとうございました」

婆「そうね。・・・貴方は私の娘みたいなものでした。私こそ本当にありがとうね」

梓「うっ・・・婆さん・・・」

婆「貴方なら平気ですよ。・・・ほら、早く行きなさい」

梓「・・・はい」

婆「・・・」

ガチャ

婆「うっ・・・」ぐす
329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:31:35.25 ID:Uz7rjUwx0


屋敷内廊下

梓「あ・・・」

澪「・・・」

梓「み、澪様!おはようございます!」

澪「ああ」

梓「・・・」

澪「そうか、今日か」

梓「・・・はい、今までお世話になりました」

澪「・・・」

梓「私、澪様の専属使用人になれて本当にうれしかったんです。
  辛いことはたくさんありました。けど・・・」

澪「・・・」

梓「私、澪様の事が好きでした。本当はずっともっとお傍にいたかったのですけど・・・無理みたいですね」
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:33:49.11 ID:Uz7rjUwx0
澪「梓・・・」

梓「ずっとお傍でお世話したかったです・・・。それだけが悔やまれます」

澪「・・・」

梓「あ、ご、ごめんなさい!!私如きが何をしゃべって・・・」

澪「・・・」

梓「それでは・・・澪様お元気で」タッ

澪「・・・梓」
333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:37:52.20 ID:Uz7rjUwx0

唯「ほんとにやるんですか!?」

律「あったりまえだ!私は梓の結婚なんて許さない!!」

唯「け、けど・・・!」

律「きっと父上がやってることはお金に絡んでる。あの人は人の幸せなんて望んだことがない」

唯「え?」

律「お金にしか興味ないんだよ。汚い奴だ、ほんと」

唯「・・・」

律「私はあんな奴のため、お金のために梓を利用されたくないんだ!!」

唯「律様・・・」

律「だから・・・」

唯「分りました!!協力します!!」
334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:44:13.62 ID:Uz7rjUwx0

旦那「いやー、今日はよろしくお願いしますぞ」

中将「こちらこそ。しっかし、琴吹家から縁談の申し込みがあるとは思ってもみなかったですぞ」

旦那「はっはっは。そうですかな」

中将「使用人・・・ってのが気になりますがな」

旦那「ほう。なら養子にでも構いませんぞ」

中将「いや、今の時代、芸子と結婚する者もいますからな」

旦那「そう言っていただけると嬉しいです」
335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:47:47.60 ID:Uz7rjUwx0

息子「んーんー!!!」

唯「り、律様、本当にこんなことしていいのですか?」

律「いいんだ!これも梓のため!」

息子「んーんー!(この縄を解け!!)」

律「何言ってるかわかんねーよ!ここで大人しくしてなっ!」バタン

唯「・・・律様ってすごいですね」

律「だろう!はっはっは、もっと褒め称えよ!!」

唯「すごい、すごいよー律さまああ!!」

律「あっはっはっは!!」

336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:50:30.52 ID:9h5eoeNjO
しえ
337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:51:20.95 ID:Uz7rjUwx0

梓「失礼します」

旦那「おお来たか。入れ入れ」

梓「はい・・・」

中将「おお!なかなか可愛い娘ではないですか!我が息子も喜ぶことでしょう」

梓「・・・」

中将「しっかし我が息子は何をしているのだ。ずいぶん遅いな・・・」

律「貴方の息子さんは来ませんよ」

中将「!?」

旦那「律!?」

梓「り、律様!?」

律「この縁談、取りやめにして頂きます」
338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 18:51:54.26 ID:Vf7696Uy0
時代が変われど唯律は変わらず
339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:01:55.84 ID:Uz7rjUwx0
旦那「な、なんだ急に!?」

律「父上、お金のために梓を利用しないでください!!」

旦那「なっ!!」

律「使用人まで金の繋ぎにするなんて最低だ!!」

中将「い、いったい・・・」

澪「私からもお願いします」

律「み、澪!?」

梓「!!」

旦那「み、澪、お前・・・!」
340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:07:29.93 ID:Uz7rjUwx0
澪「父上のやりたいことは丸見えですよ」

旦那「なっ」

澪「中将の息子様と結婚させれば、軍からの援助がもらえますものね」

梓「・・・」

澪「私たちを嫁にださなかったのは秋山家、田井中家の援助が途切れるから。紬に関しては可愛くて手放したくはなかったのでしょう。
  だから残るは使用人の梓」

旦那「ふっふっふ、使用人如きに何熱くなっておる、澪」

澪「熱くなっておりません。ただ梓はこの仕事を続けたいと言ってます。梓は私の専属使用人です。
  私の断りなく話を進められては困りますよ」

旦那「琴吹家の主は私だぞ?」

澪「けど梓は私の使用人です」
341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:08:18.69 ID:Vae1575S0
あずにゃん6歳から働いてるのか…
342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:09:03.34 ID:7Aax21i50
金目当てだとしても梓にとっても得な話だろうに
343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:09:45.29 ID:/UrmMwD20
でも息子がお前らみたいだったらどうよ?
348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:16:16.81 ID:Uz7rjUwx0
旦那「使用人なんていくらでも代わりがいるであろう?」

澪「そうですね、腐るほどいます。けど」

旦那「けど」

澪「私は我儘でおかしな人間です。そんな世話をできるのは梓しかいませんから」

梓「み、澪さま・・・」

澪「あと父上。中将ぐらいで満足しておるのですか?軍の援助が必要なら大将ぐらいの階級は必要かと」

旦那「はっはっは、それもそうだな」

澪「中将の息子様の出世を期待されてたのなら、あれはダメですよ」

中将「なっ!?」

澪「女子にやられては日本の未来など任せられません」
350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:17:24.21 ID:Uz7rjUwx0
律「・・・・」

中将「貴様、何を!?」

澪「貴方の息子なら地下でお眠りでしょう」

中将「!?こ、これはいったい・・・」

旦那「縁談は取りやめですな、中将殿」

中将「なっ!!」

旦那「澪がここまで言うのだから、仕方ないな」

紬「そうですわね」

旦那「紬!」
353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:22:47.46 ID:Uz7rjUwx0

紬「澪ちゃんがここまで使用人に熱い方だと知らなかったわあ」

澪「別にそんなこと」

紬「確かに梓を手放すのはもったいないわ。琴吹家でできる使用人って梓しかいないもの」

旦那「ふむ」

中将「ちょ、っちょっと・・・」

旦那「ではそういうことです中将殿」

中将「あ、待って・・・!!」

354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:24:42.01 ID:/UrmMwD20
中将萌えるwww
355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:25:39.99 ID:Uz7rjUwx0
紬「澪ちゃん・・・」

澪「・・・」

紬「貴方が何やるかは勝手だけど、琴吹家に泥を塗ることはしないでくださる?」

澪「・・・」

紬「秋山家なんて琴吹家がいなければ何もできないんだから」

澪「・・・」

紬「今回の件は父上にうまく言っておくけど、次はないわよ」

澪「わかってる」

紬「・・・琴吹家の恥が」
356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:27:10.78 ID:9h5eoeNjO
紬編始まるよー!!!
357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:27:19.75 ID:nSc8ZOTR0
あれ?ムギさん?
358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:27:34.28 ID:NfN4biXKO
んんんんんん!?
359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:27:57.80 ID:Vf7696Uy0
なん…だと…

こりゃりっちゃんもなんかあるな
360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:28:01.78 ID:/UrmMwD20
ムギ選手アップもせずに全開でキター!!
361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:29:19.17 ID:Uz7rjUwx0
紬「ふふ、なんてね♪ あ、りっちゃーん!」

律「ムギー!どうしてお前がここにいるんだよー!」

紬「りっちゃんのことだからここにいるんじゃないかなーって!もう、私を置いてくなんて酷いじゃない!」

律「ははは、すまん」

紬「ふふふ、私りっちゃんのためなら何でもするわよー?」

律「それは助かる!」

紬「遠慮なく言ってよね、ふふ」


唯「(梓ちゃんの縁談がなくなってよかった・・・!!)」
362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:30:00.41 ID:O9Of681oO
おや?紬の様子が…
365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:33:39.91 ID:Uz7rjUwx0
梓「あ、あのお待ちください、澪様!!」

澪「誰に命令してる」

梓「あ、す、すみません・・」

澪「・・・。よかったのか、これで」

梓「え?」

澪「縁談」

梓「はい!!!これで仕事が続けられます!!澪様のおかげです!!」

澪「別に私は」

梓「まさか澪様が来られると思いませんでした。・・・夢みたいです」
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:38:58.49 ID:Uz7rjUwx0

澪「お前は私に言った。ずっと私の傍で世話ができないのが悔やむって」

梓「あ・・・」

澪「もちろん私の世話をずっとなんて無理な話だ。けどな・・・」

梓「・・・」

澪「悔やみながら嫁がれてもいい気はしないんだよ」

梓「澪様・・・」

澪「いつかまた縁談の話が舞い込んでくるだろう。それまで自分が納得できるよう頑張るんだな」

梓「は、はい・・!!」

澪「帰るぞ」

梓「はい!!お荷物お持ちします!!」

澪「うむ」
367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:40:36.50 ID:/UrmMwD20
なにこの澪さんカッコいいんですけど・・・
368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:42:37.71 ID:Uz7rjUwx0
・・・

和「最近あんた変わったわね」

澪「そうか?」

和「なんか・・・人間らしくなったというか」

澪「失礼だな。私は元々人間だぞ」

和「ふふ、それは失礼しました。・・・澪の専属人使用人が梓でよかったわ」

澪「なぜそこで梓の名前がでる」

和「きっと梓がいなければ、澪は変わらなかった」

澪「・・・」

和「感謝しなさいよ。使用人としても人間としても、あんなできた子はいないわよ」

澪「・・・そうだな」

和「え?」

澪「なんでもない!」

369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:46:32.67 ID:Uz7rjUwx0
・・・

唯「おかーさん、お父さん、憂、お元気ですか、私は・・・」

純「煩いほどお元気です」

唯「うわっ!!」

純「なーに?実家にお手紙?」

唯「か、勝手に見ないでよお!」

純「ははは、ごめんてばー」

唯「うー」

370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:50:24.97 ID:Uz7rjUwx0
数十分後

唯「よしできた!」

純「おめでとー、今から出しに行くの?」

唯「うん!」

純「じゃあ街でお菓子でも買ってきてよー。おなか減った」

唯「えー、じゃあ純ちゃんも一緒に行こうよー」

純「私はやることがあるからね。さ、行った行った!」

唯「もー!」

・・・

紬「あら?唯じゃない」

唯「あ、紬様!こんにちは!」

紬「こんにちはー。あら、お手紙?」

唯「はい!実家に出そうと思って」

紬「ふふ、いいわね。あ、じゃあ私が出してきてあげる!」

唯「え?!」
371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:56:00.35 ID:wM6vn/L3O
ムギュ・・ゴクリ
372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:57:57.69 ID:h1jC5e4XO
澪が男だったら今後の展開も丸く収まるのにな
三姉妹はまだ二転三転するのな
何だか普通にドラマ見てるようだわ
373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:59:37.42 ID:Uz7rjUwx0
紬「今から私、街に用があるの。だからそのついでにね」

唯「そ、そんなの悪いです!!」

紬「いいのいいの!唯にもやることいっぱいあるんじゃない?」

唯「うっ・・・」

紬「遠慮しないで」

唯「じゃ、じゃあよろしくお願いします・・・」

紬「まかせてー!」

・・・

純「あれ、ずいぶん早いね」

唯「紬様が手紙出してきてくれるって」

純「はぁ!?」

唯「やっぱりまずいよね・・・」

純「まずいわよ!!私のお菓子どうなるのよおお!?」

唯「そこ!?」
374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 19:59:48.16 ID:/UrmMwD20
OVAで、ぜひやって欲しい
375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:02:46.57 ID:WlKjv3F/0
純しね図に乗るな
376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:03:29.35 ID:Uz7rjUwx0
車内


紬「・・・使用人のお仕事は大変だけど、みんな優しくてこれからもがんばれそうです・・・ぷぷぷ!
  なにこれ!これが貧乏民の手紙なのね!!つまんないのー!!」

紬「はー、もっと面白いと思って見てみたけど、ヒマつぶしにもならなかったわ」

紬「あ、これ捨てといて」

運転手「はい」
377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:03:30.54 ID:6r+7AR3hO
りっちゃん編マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆
378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:04:49.37 ID:Uz7rjUwx0
・・・

律「うー寒い!」

運転手「そうでございますか?今日は温かい気がしますが」

律「そうかー!?あ、おい、なんか紙ない?」

運転手「紙、でございますか?」

律「そうそう、鼻水が・・・」

運転手「え!?あ、そうださっき紬様から貰った紙が」

律「おっ!ってこれほんとに紙だな!ま、今はそんなこと言ってられないか!」ちーん!

律「・・・あーすっきりした。・・・ってこれ手紙じゃね!?」

運転手「ええ、紬様がいらないとおっしゃたので後で処分する予定でしたが」

律「あいつが手紙・・・?」

律「って、これ!!!差出人が唯じゃねぇか!!」

律「紬のやつまたこういうこと・・・」

律「んにしても・・・鼻水まみれにしちまったぜ。どうすっかな・・・」
379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:06:28.96 ID:YGXgLAMSO
味方だと思ってた奴が敵で敵だと思ってた奴が味方になるのはよくあること
380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:08:19.41 ID:Uz7rjUwx0
律「へーっくしゅん!」

唯「あ、律様!おかえりなさいませ!」

律「あ、ああ」

唯「どうしました?顔が赤いですが・・・」

律「そうかー?」

唯「ちょっと失礼しますね。・・・あ!あつ!律様熱がありますよ!!」

律「どうりでダルいと思ったぜ・・・」

唯「部屋までご案内しますね」

律「頼むよ」

律「(手紙を鼻水まみれにしちまたってこと・・・どうすっかな)」
381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:11:23.26 ID:Uz7rjUwx0
律部屋

唯「ではおかゆを作ってきますね」

律「ああ・・・」

唯「では失礼します」

律「あ、待って」

唯「はい?」

律「最近ここいらで郵便事故が多発してるんだよ」

唯「郵便事故・・・でございますか?」

律「そうそう。よく配達人が襲われ、郵便物が奪われるんだ」

唯「物騒ですね・・・けどなんのために」

律「さ、さあそれは私にはわかんねぇけど!と、とにかく手紙は今は出さない方がいいぜ!」
382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:12:41.71 ID:s3pm1rChO
俺のムギちゃんが…
なんか裏があるに違いないお!!
383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:14:11.12 ID:/UrmMwD20
この屋敷の地下には、琴吹家に代々伝わる拷問部屋が・・・・
384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:15:08.06 ID:qfN+zgq20
澪と紬だけ異常にキャラ崩壊してるな…
まあ澪にもフォロー入ったし、先に期待しよう>>382
385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:16:23.13 ID:Uz7rjUwx0
唯「は、はあ・・・けど今日出しちゃいました!!」

律「おー本当か。・・・そ、そういやあ今日も郵便事故があったらしいぜ」

唯「そうなのですか!?」

律「あ、ああ」

唯「私の手紙が混ざってなければいいけど・・・、けどそれなら届かないと思っておいた方がいいですね」

律「そ、そうだな」

唯「私、学校もろくに行けなかったので文字書きが苦手で・・・。そっか、書き直しかー」

律「・・・」

律「(悪いことしちまったな・・・)」
386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:21:32.90 ID:Uz7rjUwx0
純「郵便事故ー?」

唯「うん。律様が言ってた」

純「そんな事件聞いたことないけど・・・。まぁ律様が言うんだからそうなんでしょうね」

唯「うーん・・・」


・・・

紬「りっちゃんー、風邪平気ー?」

律「ああムギか・・・」

紬「これ、お薬よ。すぐ効くわ」

律「ああ、ありがとな」

紬「どういたしまして」

律「・・・ムギ」

紬「なぁに?」
387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:23:38.82 ID:6r+7AR3hO
ムギちゃんこわいよ!
388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:23:53.80 ID:Uz7rjUwx0
律「人の手紙を見るなんて悪趣味だぞ」

紬「あら、知ってたの?」

律「やっぱお前なんだな・・・」

紬「やだー怒んないでよぉ。ちょっと興味があっただけ」

律「それが悪趣味っていうんだ」

紬「反省してまーす」

律「はぁ・・・」
389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:26:43.51 ID:Uz7rjUwx0

唯「律様、おかゆをお持ちしました」

律「入れ」

唯「失礼します・・・、あ、紬様!」

紬「こんばんはー」

唯「こんばんは!あ、あのさっきは手紙ありがとうございました!」

紬「ふふふ、いいのよー!届くといいわね」

唯「はい!・・・あ、けど最近郵便事故が多発してるらしくて・・・」

律「わーーーーー!!!!!ゆ、唯!早くおかゆをくれ!!飢え死にそうだ!!」

唯「え!?あ、はい!!」

律「(・・・たく)」
395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:37:40.22 ID:Uz7rjUwx0
数日後


街にて

唯「ふー、お使いも終わったことだし、手紙出しに行こう!」

紬「あら、唯じゃない」

唯「あ、紬様!お買い物ですか?」

紬「そんなところね。唯はお使いかしら?」

唯「はい!」

紬「そう・・・あ、手紙?」

唯「そうなんです!あれから結構経ちましたけど返事もないので、やっぱ届いてなかったんだな、と」

紬「それは残念ね」

唯「はい。けど律様から綺麗な便箋を頂きました」

紬「律ちゃんから?」
396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:39:09.63 ID:Uz7rjUwx0
唯「はい、これです」

紬「・・・・・」

唯「つ、紬様?」

紬「あ、ごめんなさい。用を思い出したわ。行くわね」

唯「え?あ、はい!お気をつけて!」


紬「(なんであんな子にあの便箋が・・・!!!)」
397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:40:04.83 ID:rpLFdZ/x0
>>393
「はなまるべんと」って4コマのキャラ
貧乏人でバカな奴だよ
398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:40:54.70 ID:Uz7rjUwx0
屋敷内

紬「ちょっと、律ちゃんいる!?」

使用人「律様ならお部屋に・・・」

紬「・・・」

使用人「どうしたのかしら、あんなにあわてて・・・」


バタン

紬「りっちゃん!!あれはどういうことよ!!!」

律「うわ、び、びっくりしたあ!急に開けるなよ!」

紬「どうして私があげた便箋をあの子にあげるの!?」
400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:44:16.82 ID:Uz7rjUwx0
律「便箋・・・?ああ、あれか」

紬「酷いじゃない・・・!」

律「だって私、手紙書かないし・・・それに書いてもあんな綺麗な便箋使うキャラじゃねぇだろ・・・」

紬「それでも私はりっちゃんに持っていてほしかった・・・!!」

律「便箋だって使ってもらった方が幸せだろ」

紬「便箋に幸せもないわよ!!それになんであんな子にあげるの!?」

律「あんな子って・・・唯のことか」

紬「そうよ!!!使用人のくせに、あんな代物似合わないわよ!!」

律「んなことねぇだろ、それにお前が手紙捨てるから・・・」

紬「もう知らない!!」

律「あ、おい!!」

バタン
401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:50:34.91 ID:Uz7rjUwx0
使用人宿舎

唯「ふーいいお風呂だったー」

ガチャ


唯「・・・・え、なにこれ・・・」

梓「あ、唯さん!どうしたんですか、部屋の前で立ち止まって?」

唯「・・・」

梓「?」

唯「部屋が・・・」

梓「部屋?・・・え」

梓「なにこれ、部屋が荒らされてる・・・」

403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:53:19.53 ID:qfN+zgq20
>>402
そのキャラだと完全に救いようがない。
404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 20:54:13.83 ID:Uz7rjUwx0

唯「・・・」

梓「どういうことですかこれ!?ま、まさか泥棒!?」

使用人1「クスクス」

使用人2「やーね、廊下で大声出しちゃって。みっともなーい」

梓「!?」

使用人1「ってなにこの部屋?きたなー」

使用人2「唯さんってだらしない方だと思ってたけどここまでとはね・・・呆れた」

唯「わ、私じゃないよ・・・」

使用人1「ふふふ」

梓「・・・何か知ってますね?」

使用人2「知らないわよ。あ、もしかして疑ってるの?」

梓「・・・」
405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:03:45.00 ID:Uz7rjUwx0
使用人1「梓さん、最初で最後の忠告よ。唯さんから離れなさい」

梓「はぁ?」

使用人2「忠告はしたわ。・・・いきましょ」

使用人1「ええ。それでは失礼」

唯「・・・どういうこと」

梓「と、とにかく部屋片付けましょう!」

唯「う、うん・・・」

梓「(何が起きてるの・・・)」
406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:04:17.93 ID:rjRSQ7Xw0
>>392
女の子のおねしょに萌える人って多いよね
でも正直、これくらいの年女性が一番恥ずかしがって恐れてるのは経血漏れだと思う
407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:06:01.19 ID:Uz7rjUwx0
朝・食堂

唯「(昨日はなんだったんだろ・・。って今は旦那さま達の食事の準備!)」

使用人1「えい」

唯「え、うわあああ!!!」

ばしゃあああああん

紬「きゃっ!!」

唯「いたた・・・ってあああ!!」

紬「・・・冷たい」

唯「ご、ご、ごめんなさい!!すみません!!!あああどうしよう」

梓「な、なにやってるですか!?紬様タオルを・・・!」

紬「ありがとう・・・」

唯「あう・・・」
409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:06:55.51 ID:Uz7rjUwx0
使用人1「クスクス」



澪「お前は人に水をかけるのが好きなのか」

唯「み、澪様・・・」

澪「ふん」

唯「・・・すみません」

律「おはよー!って紬!?どうしたんだよ、その有様は・・・」

紬「水、かけられちゃった・・・・」

律「かけられた?」

唯「も、申し訳ございません・・・!わ、私が躓いて、それで・・・!」

律「あはは!朝からやってくれたなー!カレーじゃなくてよかったな!」

紬「そういう問題じゃないでしょう!」

律「ほら、ついていってやるから着替えようぜ」

紬「うん・・・」
410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:10:31.63 ID:Uz7rjUwx0
唯「わ、私も・・・!」

紬「着いてこないで!!!」

唯「ひっ」

律「おいおい、そんな怒鳴んなくても・・・ごめんな唯」

唯「い、いえ・・・」

使用人1「クスクス、嫌われちゃったわね?」

使用人2「解雇ね、あんなことやっちゃえば解雇よ」

唯「・・・」

澪「・・・」
411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:10:59.73 ID:RscHZh1w0
昼ドラ展開になってきた
412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:12:28.17 ID:Uz7rjUwx0
紬部屋


紬「最悪!!!もう最悪よおお!!」

律「お、落ちけって」

紬「落ち付けるわけないじゃない!ああ、貴重な朝の時間が!」

律「はぁ・・・」

紬「あの子、全然使えないわね!!」

律「ちょっと失敗しただけじゃねぇか・・・」

紬「ちょっとお!?この私に水をかけたのよ!解雇よ、解雇!!」

律「・・・昨日、唯の部屋が荒らされたそうだ」

紬「それが何・・・!」

律「私はお前が絡んでるとみてる」

紬「はぁ!?」
413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:12:52.47 ID:6r+7AR3hO
憂選手VSムギ選手だったらどっちが強いんだろうな
414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:13:29.09 ID:Uz7rjUwx0
紬「なんで私が!?」

律「違うのか?」

紬「違うわよ、なんで私が!!!」

律「なら信じるぞ」

紬「え、ええ、いいわよ」

律「・・・わかった」

紬「・・・」
415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:16:57.79 ID:Uz7rjUwx0
澪部屋

梓「今日のご帰宅時間は?」

澪「5時ごろかな。・・・そうだ」

梓「はい?」

澪「唯に言っておいてくれ」

梓「ゆ、唯にですか?(澪様が唯の名前覚えた・・・)」

澪「紬には気をつけろ、って」

梓「・・・紬様にですか?」

澪「ああ」

梓「もしかして・・・」

澪「理由はわからないが、・・・とにかく気をつけろ」

梓「はい・・・」
416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:18:01.18 ID:O1ETbk7/O
やっぱ沢庵眉毛は屑やったんや
417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:19:36.23 ID:wlOK7Bts0
追いついた
支援
418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:19:49.58 ID:Uz7rjUwx0
使用人1「あのさーそこにいたら邪魔なんだけど」

唯「邪魔って・・、私ここの掃除担当だし・・」

使用人1「なに、口答えするの?」

唯「別にそんなつもりじゃ・・・」

梓「何してるですか」

使用人1「あ、梓・・・」

梓「唯さん、ここは充分綺麗になりました。他のところの掃除頼みます」

唯「え?あ、うん」

梓「行きましょう」

唯「う、うん」

使用人1「・・・・ちっ」
419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:21:01.54 ID:uXiuDZPM0
澪かっけー
420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:22:17.25 ID:Uz7rjUwx0
梓「唯さん・・・」

唯「ん?」

梓「私は唯さんの味方です」

唯「え?あ、ありがとう」

梓「辞めないでください」

唯「え?ど、どうしたの急に」

梓「私と約束してください。使用人を辞めないと」

唯「う、うん?いいけど・・・ほんとどうしたの?」

梓「約束ですよ!?」

唯「うん!?」

梓「・・・」
421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:23:39.19 ID:DyEj9oAj0
澪が改心して終わりかと思ったら今度はムギか
面白いな支援
422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:25:29.63 ID:Uz7rjUwx0
数日後


使用人1「どきなさいよ、のろま」

使用人2「ひどーい、そこまで言わなくたっていいじゃないー」

唯「・・・」

使用人1・2「クスクス」

紬「・・・唯」

唯「あ、つ、紬様!」

紬「相変わらず失敗続き?」

唯「あ、・・・は、はい・・・」

紬「・・・辞めれば?」

唯「え?」

427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:36:18.77 ID:Uz7rjUwx0


紬「使用人に失敗は許されない・・・知ってるわよね?」

唯「はい・・・」

紬「貴方がここに来て数カ月。進歩した?」

唯「・・・す、少しは」

紬「すこしねー。私に水かけといて進歩したっていうのかしら?」

唯「うっ・・・」

紬「辞めなさいよ」

唯「・・・」

紬「辞めないの?」

唯「辞めたくないです」

紬「そう、なら仕方ないわね」
428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:38:07.05 ID:Uz7rjUwx0
紬「梓を解雇するわ」

唯「・・・え?」

紬「聞こえなかったの?貴方が辞めないなら、代わりに梓を辞めさせます」

唯「え、え!?ど、どうしてそうなるんですか!?」

紬「貴方が辞めないからよ」

唯「そんな・・・」

紬「梓も可哀想ねー。あんたなんかの為に辞めさせられるんだから」

唯「梓は関係ない・・・」

紬「梓を辞めさせたくないならあんたが辞めることね」

唯「・・・」

紬「あんたの代わりなんていくらでもいるのよ」
429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:38:21.58 ID:H/MtFsZs0
お!「めたりか」 だねぇ
430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:39:04.37 ID:/UrmMwD20
こんなに腹黒いムギ選手は久し振りです
431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:41:30.96 ID:Uz7rjUwx0
婆「辞める!?」

唯「はい・・・」

婆「ど、どうして急に・・・」

唯「・・・」

婆「何かあったのですか?」

唯「・・・いえ」

婆「・・・決めたのですか?」

唯「はい・・・」

婆「・・・・そうですか。貴方が決めたのなら私は止めることはできません」

唯「お世話になりました・・・失礼します」


バタン

婆「・・・」
432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:42:13.87 ID:O9Of681oO
憂「殺すぞ沢庵」
433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:44:27.29 ID:HCUfCuuxO
沢庵んんんんんん
434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:46:48.80 ID:Uz7rjUwx0
純「やめる!?」

唯「うん・・・」

純「な、なんで!?どうしたのよ急に!?」

唯「・・・」

純「何かあったの!?ここまで順調に来たじゃない!どうしちゃったのよ!!」

唯「理由は言えない」

純「はぁ!?」

唯「言えないの・・・。うぅっ・・・」

純「ど、どうしちゃったのよ唯ぃ・・・」

唯「うっうう、ふぇっ・・・」
435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:47:17.30 ID:S3vAxWAKO
憂「憂……ジェームス・憂」
436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:48:43.92 ID:tid72IRXP
眉毛引っぺがすぞクソ沢庵
437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:48:46.16 ID:uXiuDZPM0
憂選手がアップを始めたようです
438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:49:10.69 ID:Uz7rjUwx0
数日後


婆「今日は皆さんにお知らせ・・・残念なお知らせがあります」

梓「(あれ、唯さんがいない・・・寝坊!?)」

婆「実は今日、」

梓「婆さん!唯さんが、」

婆「唯さんが使用人を辞めました」

梓「・・・え?」

使用人1・2「くすくす」

梓「そ、そんな・・・意味がわからない・・・」

純「・・・梓、あんた聞いてなかったの?!」

梓「え?」
439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:51:56.34 ID:cfYOMnE2O
使用人たちの暴徒化勃発まであと×××秒
440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:52:21.54 ID:Uz7rjUwx0
婆「梓はちょっと来なさい。他のものは掃除を始めること。解散」

一同「はい!」

婆「梓・・」

梓「は、はい・・・(ゆ、唯さん・・・!?)」


婆「唯さんから辞める話は聞いていましたか?」

梓「・・・」

婆「その様子だと聞いてなかったみたいですね・・・」

梓「ほ、本当にやめたんですか!?」

婆「はい。・・・理由は言いませんでした」

梓「え?」

婆「辞める理由が分らないのです。仕事も順調に覚えていったのに」

梓「・・・」
444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:54:17.38 ID:Uz7rjUwx0
婆「私も何がなんだか・・・・」

梓「・・・」

婆「と、とにかくもう澪様が起きれる時間です。行きなさい」

梓「ゆ、唯さん・・・」

婆「梓!」

梓「は、はい!」

婆「気持ちはわかりますが・・・、貴方は使用人です。気持ちを切り替えなさい」

梓「は、はい・・・。(気持ちを切り替えろったって・・・)」

梓「(あの時の約束は嘘だったの?唯さん・・・)」
445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:55:12.35 ID:sY5S3ZYZ0
俺のむぎゅがこんなに腹黒いわけがない
446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:55:45.77 ID:cXDka/MF0
律は何やってんだ
447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:57:03.66 ID:Uz7rjUwx0
梓「澪様、起床のお時間になりました」

澪「ああ・・・」

梓「・・・」

澪「どうした、今日は一段と暗いな」

梓「は!も、申し訳ございません・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

澪「何かあったのか?」

梓「・・・いえ」

澪「あったんだな」

梓「ないです・・・」

澪「言え」

梓「けど・・・」

澪「言え。命令だぞ」
448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:58:39.56 ID:Uz7rjUwx0

梓「・・・唯が使用人を辞めました」

澪「辞めた?」

梓「はい・・・」

澪「なんでだ」

梓「理由が分らないのです。婆さまも知らないみたいです」

澪「・・・」

梓「私、唯と約束したんです。絶対使用人をやめないって。なのになのに・・・」

澪「・・・」
449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 21:59:31.15 ID:hfNKN/Vw0
この職場いやだなー
450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:01:08.20 ID:mlh0qHuz0
女だらけなんてこんなもんだぜぇ
451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:01:18.70 ID:Uz7rjUwx0
食堂

律「唯が辞めた!?」

使用人「はい・・・」

律「なんで!?」

使用人「さ、さあ・・・それは私には」

律「婆!なんで辞めたんだよ!」

婆「さあ。私も理由は聞いていません」

律「はぁ!?理由なしに辞めたのか?!」

婆「そうなりますね・・・」

律「ど、どうなって・・・」

紬「あらー、唯辞めちゃったのー?」
453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:04:26.74 ID:/bMmYqrA0
この屋敷に俺が務める番外編があるのでしょう?
>>1さん頼みましたよ。
454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:05:14.12 ID:Uz7rjUwx0
律「ムギ・・・」

紬「残念ねー、せっかくお仕事覚えたのにぃ」

律「・・・」

紬「何よ」

律「いや・・・」

紬「さ、ごはんごはーん♪」

澪「・・・おい律」

律「澪・・・」

澪「話がある。食後、私の部屋に来い」

律「?あ、ああわかった」
457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:08:52.72 ID:Uz7rjUwx0
澪部屋

律「・・・相変わらず、可愛い部屋だな・・・」

澪「う、煩い!!!今はそんなことどうでもいい!」

律「はいはい・・・・で、話ってなんだ」

澪「・・・唯が辞めた件だ」

律「・・・」

澪「私はあいつがほんのそこらで辞める奴だとは思ってない」

律「認めてるのか?」

澪「なぜそうなる。・・・まぁ根性だけは認めてやる。私に水をかけても辞めなかったしな」

律「あーそんなこともございましたね・・・」
458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:13:22.90 ID:Uz7rjUwx0
澪「そんなことはどうでもいい」

律「いいんだ」

澪「・・・紬か」

律「・・・」

澪「私はこの件に紬が絡んでると思ってる」

律「・・・」

澪「お前はどう思う」

律「そうだな・・・。そう思いたくはないが」

澪「けどどうして・・・」

律「水かけちゃったのが悪かったか?」

澪「それもあると思うが・・・」
459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:13:49.00 ID:cfYOMnE2O


男「おい!おっさん!チャリとチャカ貸りるわ!」

警察「ああ!!?」

男「緊急事態なんだよ!!」

警察「ああ!」

男「貸りっから!」

警察「ああ!」

男「これで琴吹家潰せる!」シャカシャカ!

警察「ダメだあああああ!!!!」

 
460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:16:11.90 ID:Uz7rjUwx0



澪「紬が絡んでるとすれば律も絡んでる」

律「はぁ!?な、なんで私が・・・!」

澪「あいつが怒ることと言えば全部律関係じゃないか」

律「・・・」

澪「唯が何か律にやったか・・・」

律「?」

澪「律が唯に何かやったか・・・」

律「はぁ!?」

梓「お話中申し訳ございません。澪様、そろそろお支度の時間ですよ」

澪「ああ・・・、じゃあ律、話はまたあとで」

律「あ、ああ・・・」
461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:18:01.60 ID:5yBOAxqN0
おいついた
462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:18:25.57 ID:Uz7rjUwx0
梓「・・・」

澪「唯が辞めた理由・・分るか?」

梓「いえ」

澪「私はあいつがちょっとしたことで辞めるとは思ってない。梓もそう思うだろ?」

梓「はい」

澪「私が見る限り、唯は他の使用人にいじめられてたみたいだな」

梓「・・・」

澪「紬に水をかけた時あるだろ。あれは他の使用人が唯に足を引っ掛けたからだ」

梓「そんな!」

澪「あいつ自身鈍感みたいだから気付いてなかったみたいだが・・・」

梓「・・・そんな」
463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:18:44.25 ID:/UrmMwD20
しえん
464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:20:03.69 ID:Uz7rjUwx0
澪「けどあいつはいじめぐらいで挫ける奴じゃないと思ってる」

梓「・・・」

澪「いじめられても・・・梓、お前はずっと唯の傍にいたんだろ?」

梓「はい」

澪「あいつは一人じゃなかった・・・。それにさっき言ったな・・・。
  使用人を辞めない約束をしたって」

梓「はい・・・」

澪「ならあいつはいじめぐらいで辞めないよ。きっと他に理由がある」

梓「他の理由とは・・・」

澪「紬だ」

梓「つ、紬様ですか」
465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:22:18.03 ID:Uz7rjUwx0
澪「私の考えすぎではなければな」

梓「・・・」

澪「まぁいい。今の話は律と私、そして梓しか知らない。誰にも言うなよ」

梓「分ってます」

澪「・・・」
466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:25:04.90 ID:Uz7rjUwx0
純「梓・・・」

梓「純ちゃん・・・」

純「唯、辞めちゃったね・・・」

梓「う、うん・・・」

純「まさか梓に辞めること言わないで行くなんて・・・。私てっきり・・・」

梓「・・・」

純「梓なら理由を知ってるとおもったんだけど・・・」

梓「純ちゃんは知ってたの?辞めること」

純「うん。辞める数日前に言われた」

梓「そう・・・(私信用されてなかったのかな)」
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:26:03.51 ID:/UrmMwD20
しえん
468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:26:20.27 ID:Uz7rjUwx0
純「あ、そうだ・・」

梓「なに?」

純「唯が言ってたの。『大事な人を傷つけたくない』って」

梓「大事な、人・・・?」

純「うん。詳しく聞いても何も言わなかったんだけど・・・」

梓「・・・」
469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:26:41.82 ID:5yBOAxqN0
しえn
470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:29:37.05 ID:rpLFdZ/x0
>澪「あいつ自身鈍感みたいだから気付いてなかったみたいだが・・・」  
 梓「・・・そんな」


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:31:18.34 ID:tid72IRXP
4yen
472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:31:22.49 ID:Uz7rjUwx0
屋敷外

梓「澪様」

澪「なんだ」

梓「唯が他の使用人に、『大事な人を傷つけたくない』と言って辞めたらしいです」

澪「・・・大事な人」

梓「もう何がなんだか・・・」

澪「・・・梓、お前に3日間の休暇を与える」

梓「え?」

澪「唯を迎えに行って来い」

梓「え、え!?」

澪「これぐらいあれば足りるだろう。菓子一つぐらい持って行ってやれ」

梓「え!?み、澪様、これはどういうことでしょうか・・・?!」
473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:31:52.96 ID:sC7MiNONO
今日中には終わらなさそうだな…

支援
474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:33:31.75 ID:/UrmMwD20
思わぬ大長編だが、支援のし甲斐はある
475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:34:58.47 ID:D2BA0L1S0
何これおもろい。支援
476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:36:18.11 ID:Uz7rjUwx0
澪「私の推測が間違ってなければこれでいいはず」

梓「澪様・・・?」

澪「婆には私から言っておく。ほら、行け」

梓「は、はい!?」ダッ


紬「・・・澪ちゃん、あなたいつからそんな使用人に優しくなったの?」

澪「・・・」

紬「前は使用人なんてゴミだとか言ってたくせに」

澪「黙れ」

紬「そういえば最近梓に優しくなったわよねー。何かあったのかしら」

澪「お前には関係ないだろ」

紬「ふふふ」
477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:36:30.32 ID:qfN+zgq20
たかが一使用人じゃねえか、て思ってしまった俺の心は汚れている。
支援。
478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:36:53.43 ID:DyEj9oAj0
澪の好感度が急上昇
479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:37:42.45 ID:D6p+wfBY0
アニメ見てないから普段がよくわからんけど紬のクズっぷりがマッハ
480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:39:13.70 ID:Uz7rjUwx0
澪「そんなことより・・・」

紬「なに?」

澪「お前はほんと汚いな」

紬「今までのあなたにそんなこと言われたくないのだけど」

澪「・・・」


・・・

純「どうしたの!?そんな慌てて!」

梓「今から唯の家に行ってくる!!」

純「ふーん、・・・ってえええええ!?」

梓「澪様命令なのおお!」

純「い、意味がわからない・・・!!」

梓「それは私のセリフだよおお!」
481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:41:45.00 ID:sC7MiNONO
確かに「お前が言うな」だなwww
482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:42:41.34 ID:Uz7rjUwx0
婆「唯の実家に行くですって!?」

梓「はい。澪様命令で・・・」

婆「・・・そうですか。いいでしょう」

梓「え?」

婆「どうしたのですか。ほら、これが唯の住所ですよ」

梓「・・・あっさり許してくださるのですね」

婆「唯もあたなと同じ不思議な子です。失敗は多いですが、人を惹きつけるような・・・。
  とにかく私は唯が辞める理由を知りたいのです。それだけです」

梓「・・・」

婆「必ず連れて帰ってくるのですよ」

梓「は、はい!!」
483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:44:58.37 ID:Uz7rjUwx0
律「梓を唯の家に向かわせた?」

澪「ああ。私の推測が間違ってなければ・・・、そして梓がうまくやってくれれば戻ってくるだろう」

律「唯が?」

澪「多分な」

律「・・・どうしてそこまでやるんだ?」

澪「使用人にどうしてそこまでするってことか?」

律「ああ」

澪「私もびっくりだよ」

律「・・・」

澪「けど、嫌なんだ。梓が暗い顔をしてるのが・・・」

484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:46:54.48 ID:xWnddUnJO
支援です
485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:47:41.89 ID:Uz7rjUwx0
澪「別に唯が辞めるのはどうでもいい。あいつぐらいの使用人なんていくらでもいるからな」

律「・・・」

澪「けど、梓が・・・って何を話してるんだ私は!!」

律「ぷっ・・・あはは!」

澪「な、何がおかしいんだよ!!」

律「ほーんとお前変ったよな!なんつーか、見なおしたよ」

澪「う、うるさい!」

律「あとは・・・紬だけか」

487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:48:28.71 ID:09jjFrTN0
俺もシエンスル
488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:48:37.21 ID:/UrmMwD20
梓澪ですか
これまた結構な品ですね
489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:51:22.13 ID:Uz7rjUwx0


母「もー、いきなり使用人の仕事を辞めて帰ってきたと思ったら・・・、ほらゴロゴロしてないで畑の仕事でも手伝いなさい!」

唯「んー・・・」

憂「おかーさん!いいじゃない、ちょっとぐらい!畑の仕事は私がやるから!」

母「あんまり甘やかしちゃダメよー。あ、そうだ、ちょっと出かけてくるわね」

憂「うん。いってらっしゃーい・・・」

唯「・・・」

憂「おねーちゃん、私、おねーちゃんが戻ってきてくれて嬉しいよ」

唯「うん・・・」

憂「おねーちゃんは頑張ったよ・・・。何があったかは知らないけど、当分はゆっくりするといいよ」

唯「ありがと、憂・・・」

490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:51:33.13 ID:Vf7696Uy0
今のところ梓澪、唯律、紬→律、といったところか
491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:53:08.99 ID:pWVWUXnJO
しえん!
492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:57:19.16 ID:Uz7rjUwx0
?「ごめんくださいー!」

憂「ん?お客さんだ!ちょっと行ってくるね」

唯「うん・・・」

唯「(ああ、私辞めちゃったのか・・・
   これでいいんだよね、これで・・・)」

憂「おねーちゃんにお客さんだけど・・・」

唯「え?私に?」

憂「中野 梓さんって方なんだけど」

唯「え?!あ、梓ちゃん!?」
496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 22:59:04.56 ID:Uz7rjUwx0
ダダダッ


唯「あ、梓ちゃん!!?」

梓「こんにちは」

唯「こ、こんにちは。・・・ってえええ!?」

梓「びっくりしました?」

唯「そりゃ、もう・・・心臓が痛いです」

梓「ふふ、それはよかった」

唯「???」

梓「話があります」
497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:00:29.52 ID:KKH+v8uQO
金持ちや財閥の娘なんてだいたいこんなもんさ………
498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:01:01.27 ID:5yBOAxqN0
?
499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:01:50.28 ID:Uz7rjUwx0



梓「・・・」

唯「・・・」

梓「どうして辞めたんですか」

唯「・・・」

梓「どうして辞めること、私に言ってくれなかったんですか!?」

唯「ご、ごめん・・・」

梓「私すごくショックだったんですよ・・・」

唯「梓ちゃん・・・」
500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:01:51.91 ID:iopcOwQRO
なんか、フジの昼にやってた安達由美のドラマを思い出すな。歌が、「田井中?いらないよ?」って聞こえるやつ
501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:02:31.73 ID:/UrmMwD20
>>500
何か知らんが、屋上行っとく?
502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:04:15.56 ID:5MXQgU6T0
>>500さんへ
体育館裏にきて下さい
503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:05:43.62 ID:D2BA0L1S0
>>500
とりあえず表出ようか^^
505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:06:56.86 ID:rpLFdZ/x0
>>500
ちょっと顔貸せや
506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:07:36.24 ID:kxspIZMZO
>>500
娼婦と淑女か、キャラが黒い雰囲気がな
ストーリーは全然違うが
507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:07:46.92 ID:WlKjv3F/0
>>500娼婦と淑女な結構おもしろかった
確かに聞こえるけどは
508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:08:21.01 ID:mlh0qHuz0
>>500人気だなwwww
外でよーか?
512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:09:46.69 ID:nkhXOmGb0
>>500の人気に嫉妬したいところだが屋上な
514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:11:41.27 ID:CeUcRyvC0
屋上行ったら人だらけだったんだけど
516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:13:16.04 ID:kxspIZMZO
屋上でダンスパーティでも開かれるんだろ、貴族的に考えて
509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:08:38.68 ID:Vf7696Uy0
>>500
おれも屋上行くわ
504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:05:58.69 ID:Uz7rjUwx0
梓「それに、約束したじゃないですか・・・。使用人を辞めないって・・・」

唯「・・・」

梓「もしかして忘れてました?」

唯「忘れるわけないじゃん!!!!その約束のおかげで今まで続けて・・・」

梓「ならどうして!!!」

唯「言えない・・・」

梓「なんで言えないんですか!?」

唯「言えないものは言えないの!」

梓「うっ・・・ひくっ・・・」

唯「あ、梓ちゃん!?」
511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:09:05.82 ID:Uz7rjUwx0
梓「私は数か月の間に唯さんを友達と思ってました・・・!けど唯さんは違ったみたいですね」

唯「そんなこと・・・!」

梓「唯さんは私のこと友達と思ってますか?」

唯「当たり前じゃん!!梓ちゃんがいなかったら私とっくに辞めてたよ・・・!」

梓「今、唯さんは使用人じゃないです。私と唯さんの関係はただの友達関係です」

唯「うん」

梓「友達と思ってくれてるなら・・・辞めた理由教えてください」

唯「・・・うん」
513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:10:28.47 ID:Uz7rjUwx0
唯「・・・あのね」

梓「はい」

唯「紬様に・・・」

梓「紬様・・・?(やっぱり絡んでたのか?!)」

唯「辞めろって言われたの」

梓「・・・それで辞めたのですか?」

唯「違う」

梓「じゃあ・・・」

唯「私が辞めなければ、梓ちゃんが辞めさせられちゃうって・・・」

梓「私が?」

唯「うん・・・」
515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:12:06.11 ID:cXDka/MF0
糞眉毛陰湿だな
517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:14:30.68 ID:/bMmYqrA0
 まあまあ
           落ち着いて
                , -─-、
               /     ?
               l彡  ミ   |  + +
         + +   |  l     |  +
           +   | r──ァ  l +
             +  | l__ノ  /         nnn
  nnn          ヽ____ノ       | | | |n
 .n| | | |          _ノ   ヽ_     ,、| - l
  ! - レヽ       /         ?   ヽ ヽ _ノ
  ヽ / /      /            ヽ  ./  /
   ?  ?    /   /l        |?  ?/  /
     ?  ?  /   / .|       .|  ?    /
      ?  ヽ/  /  l          l   ?_/
       ?   /    |       |
         ` -´      |        |
                |       |
               /          |
                /   ∧   |
                /    / l    |
             /   /  !    |
             l   ?  .|   |
              ?   ?|   |
               ?   |   |
                 ?  |   |
                  ?|   |
                   ノ| , -‐-、
                  (_{(____)
518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:16:02.04 ID:rpLFdZ/x0
>>500とハードラックの舞踏会だよ
519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:16:29.66 ID:FZTx2umtO
吉屋信子の少女小説っぽい世界だなー
520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:16:52.09 ID:Uz7rjUwx0
梓「だから辞めたのですか?」

唯「うん・・・」

梓「・・・」

唯「あ、梓ちゃん・・」

梓「唯さんのばああああああああああああああああああああああああああか!!!!!!!!!!」

唯「え!?」

梓「そんなことで辞めちゃわないでくださいよ!!」

唯「そ、そんなことって・・・」

梓「私がそんなことで辞めるわけないでしょう?!」
521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:19:08.52 ID:Uz7rjUwx0

唯「だって・・・」

梓「もし紬様が私を辞めさせようとしても澪様が止めてくれます!!!」

唯「み、澪様が・・・?」

梓「か、確信はないですけど、なんだか最近信用されてるというかなんというか・・・。
  う、自惚れてるわけじゃないですよ!?」

唯「う、うん」

梓「とにかく!紬様の脅しぐらいで折れる私じゃありません!!!」

唯「あ、梓ちゃん・・・」

梓「私の事もっと信用してくださいよ・・・」

唯「梓ちゃん・・・」

梓「約束破るわけないじゃないですか・・・」

唯「うん・・・ぐすっうっ」
522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:20:22.34 ID:JseAuu6H0
ばかああああああああああああああああああああああああああ
なら怒ってるように見えるけど
ばああああああああああああああああああああああああああか
だとマジで馬鹿にしてるように見える
523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:20:23.05 ID:WlKjv3F/0
ばあああああぁぁぁぁあああああか!
吹いた
524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:20:50.30 ID:rpLFdZ/x0
なんかりっちゃんが影でリスカしてそう
525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:21:13.10 ID:bzFjrarj0
支援
527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:22:54.35 ID:O9Of681oO
ぶるああああああああああああああああか
526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:22:27.65 ID:Uz7rjUwx0

梓「純に言ったんですね。『大事な人を失いたくない』って・・・」

唯「あ・・・うん・・・」

梓「大事な人って私でいいんですか?」

唯「うん」

梓「ふふ、嬉しいです…」

唯「へへ・・・///」

梓「で、もちろん帰ってきてくれるのですよね?」

唯「へ?」

梓「もう一度、使用人をやりますよね!?」

唯「で、でも・・・」


528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:26:40.59 ID:Uz7rjUwx0
唯「辞めるって言っちゃったし、今さら・・・」

梓「唯さんに拒否権はないです」

唯「え!?」

梓「私、婆さんに連れ戻してこいって言われて来たんですよ。 
  たとえ辞めるとしても婆さんにきっちんと理由を言ってください。じゃないと辞めさせません」

唯「・・・」

梓「辞めたくないんでしょ?」

唯「・・・・」

梓「そうなんでしょ!?」

唯「辞めたくない!!ううっ・・・ッ 私、使用人の仕事続けたいよおお!!」

梓「ふふふ、鼻水が大変なことになってますよ」

唯「うっうう・・・」ちーん
529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:27:03.05 ID:OfzsctRVO
この後ムギが勝手に泣きながら「りっちゃんのことが大好きだったから」的な独白して
それじゃ仕方ないよねみたいな空気で律紬になると思うと胸が熱くなるな
532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:29:33.37 ID:cXDka/MF0
>>529
イラ壁だな
530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:28:46.76 ID:Uz7rjUwx0


梓「戻りましょう」

唯「いいのかな・・・」

梓「もちろんです!ダメって言われたらそん時です!」

唯「そ、そんな・・・」

梓「嘘ですよ。私が必ず続けさせてやります!」

唯「うん・・・!あ、梓ちゃん・・・」

梓「はい?」

唯「本当にありがとう!!」

梓「ふふ、どういたしまして」


梓「・・・しかし困りましたね」

唯「どうしたの?」

531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:29:13.61 ID:6idw3fEaO
>>515
「糞眉毛隠毛だな」に見えた
533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:30:45.04 ID:7djmis2MO

唯←→梓
↑解雇


胸熱
534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:31:45.21 ID:Uz7rjUwx0
梓「今日はもう帰りの電車がないみたいです。
  ここら辺に宿ありませんか?」

唯「宿・・・?あ、うん、あるよ!」

梓「本当ですか!よかったら案内してもらえると助かるのですが・・・」

唯「もちろんだよ!着いてきて!」

梓「はい!」

・・・

唯「ここだよー!」

梓「・・・ここ唯さんの家ですよね」

唯「そうでーす!」

梓「私は宿と・・!」

唯「今日は泊ってってよ!」


535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:32:10.35 ID:jB0BVwzW0
やっぱクソ眉毛やな

しえん
536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:34:27.19 ID:hfNKN/Vw0
ういー
537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:35:03.81 ID:Uz7rjUwx0
梓「え、でも・・!」

唯「いいからー!」

梓「ちょ、っちょっと・・・」

唯「ういー!お客さんだよー!」

憂「はいはーい!ってあれ、さっきの・・・」

唯「今日、泊らせるから」

憂「泊る?うん、別にいいけど?」

梓「ゆ、唯さん・・・!」

唯「いいから!ね、憂!」

憂「うん!おねーちゃんのお友達なら大歓迎ですよ!」

梓「うっあ・・・お、お世話になります・・・」
538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:36:53.09 ID:iopcOwQRO
あれ?なんで俺フルボッコに?
539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:37:48.84 ID:Uz7rjUwx0
憂「そうそう、今日お父さんとお母さんが急用で隣町に行ったよ」

唯「ふーん」

憂「今日は帰って来ないって」

唯「えー!?みんなに梓ちゃんを紹介させようと思ったにー」

梓「ちょ、ちょっと!」

唯「大切な友達ができたって言いたかったなー・・・」

梓「・・・」

憂「ふふ、おねえちゃんをよろしくお願いします」

梓「え、あ?こ、こちらこそ・・・」
540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:38:13.74 ID:N7DvRvVl0
>>459
なんかワロタwww
541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:38:34.06 ID:sC7MiNONO
唯と仲良くする梓を見て憂がブチ切れて殺害、原因を作った琴吹家の面々も憂に惨殺エンドだな
542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:40:21.07 ID:NfN4biXKO
>>538
まだ生きてる件
543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:41:01.21 ID:Uz7rjUwx0
次の日


唯「それじゃあ憂!お母さんたちによろしくね!」

憂「もー、きっとお母さんたちびっくりすると思うよー?辞めて帰って来たと思ったら、また行くって・・・」

唯「へへ、ごめんごめん」

憂「ふふ、けどお姉ちゃんが続けた仕事が見つかってよかったよ」

唯「うん!」

憂「頑張ってね!!」

唯「うん!ありがとう、憂!!」

ポーーーッ(汽車の音)
544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:41:34.01 ID:/UrmMwD20
>>538
これに懲りたら>>500みたいな事二度と言うんじゃないぞ
545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:43:46.57 ID:Uz7rjUwx0
汽車内

唯「ほんとにこれでよかったのかな・・・」

梓「なんですか?まだ悩んでるんですか?」

唯「だって・・・」

梓「指きりしましょう!!」

唯「え?」

梓「いいから!!」

唯「え、あ!」

梓「指きりげんまん、嘘ついたらひゃくせんぼんのーます!指切った!っと」

唯「・・・」

梓「絶対使用人は辞めない!指きりしましたからね!」

唯「う、うん・・・!!!」
546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:44:02.21 ID:N7DvRvVl0
>>493
またワロタwww
547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:45:51.99 ID:Kkp4QM1LO
ひゃくせんぼんってなんだよ
548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:46:49.41 ID:Uz7rjUwx0
屋敷外


梓「ふぅ、帰ってきました・・・」

唯「・・・」

梓「ほら、顔あげて!!」

唯「う、うん・・・」


婆「・・・ゆ、唯!?」

唯「ば、婆さん!!」

婆「唯!!よかった、よかった!帰ってきてくれたのですね!!」

唯「はい!!心配かけてすみませんでした・・・!」

婆「本当ですよ・・・!けど、ほんと、ほんとによかった・・・!」
549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:46:56.01 ID:jB0BVwzW0
ちんーぽーもりもりーぴーたーぱんしえん
550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:47:39.60 ID:/bMmYqrA0
>>547
可愛いね
551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:49:02.77 ID:Uz7rjUwx0
婆「もちろん続けるために帰って来たのですよね?」

唯「はい・・・!」

婆「よろしい。さっそく荷物を片付けなさい」

唯「はい!!」


使用人宿舎


梓「良かったですね、怒られなくて」

唯「うん!見つかった時は心臓止まったけど」

梓「ふふ」

使用人1「あれ?なんであんたがいるのよ・・・」
560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:53:28.83 ID:Uz7rjUwx0
使用人2「辞めたんじゃないの!?」

使用人1「あんたが入ってきていい・・・」

唯「また使用人を続けることにしました。よろしくお願いします!!」

使用人1・2「はぁ!?」

唯「負けないから」

使用人1・2「なっ!!!」

梓「あんた達がどんだけ卑怯なことしてきても挫けないから」

使用人1「あ、梓!あんた何こんな奴のことかばって・・・!」

梓「唯は私の友達です!!!友達に酷いことしたら許さないから!!!!」

使用人1「ひっ」

使用人2「い、行こう」

使用人1「う、うん・・・」ダッ
561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:54:27.56 ID:/bMmYqrA0
使用人1,2弱すぎワロタwwwww
562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:55:35.67 ID:Uz7rjUwx0
唯「あ、梓ちゃん・・・」

梓「はーーーすっきりした!!」

唯「ごめんね、ありがとう・・・!」

梓「ま、あいつらがこれで止めるとは思いませんから。一緒に頑張りましょ!」

唯「うん!!」
563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:56:39.49 ID:6AKjwuxn0
使用人1,2にも名前ほしかったな
564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:57:30.07 ID:Uz7rjUwx0
澪「何?2人が帰ってきた?」

婆「はい。先ほど帰って参りました。今部屋の片づけをしているところです。もう少し経ったらこちらへ来るでしょう」

澪「そ、そっか・・・。ってなんで私に報告する!」

婆「いえ、一番心配していると思っていたので・・・」

澪「な、なわけないだろ!」

婆「そうですか?」

澪「そうだ!!たくっ・・・(よかった)」
565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:57:48.07 ID:/UrmMwD20
使用人1:いちご
使用人2:エリ
566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:57:54.48 ID:4nhnpSyT0
使用人1、2のような陰気なキャラは会長にぴったりだね!
567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:58:39.79 ID:cfYOMnE2O

男「おっさん!チャリとチャカ返しにきた!!」シャカシャカ!

警察「ああ!」

男「多分、俺の出番ないよ!!」シャカシャカ!

警察「ああ!」

男「あ!ブレーキ千切れた!」シャカシャカ!

警察「ああ!」

ドーン!

警察「ああ!!?」
568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:58:54.93 ID:VmhH3azT0
華やか也、我が一族そのままじゃねーかwww

もうちょいひねれよw
569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/28(木) 23:59:49.24 ID:Uz7rjUwx0
澪部屋


梓「澪様!入ってもよろしいでしょうか?」

澪「入れ」

梓「失礼します・・・」

唯「失礼します」

澪「・・・連れて帰ってきたんだな」

梓「はい!澪様のおかげです!!澪様が行ってこいと言ってくれなかったら私・・・!」

唯「え、澪様が言ったの?!」

澪「ば、ばかか!!そんな言うわけ・・・!!」

梓「本当にありがとうございます!!!」

澪「・・・あ、ああ・・・」
570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:03:41.11 ID:lmrf9IM30
紬「・・・誰が帰ってきていいって言ったのよ」

唯「つ、紬様・・・」

紬「なんで戻ってきたの?」

唯「続けたいからです」

紬「なに、あなたはこの仕事が天職だと思ってるわけ?」

唯「そんなことは思ってません・・・!けど今はこの仕事を続けたいんです!!」

紬「私は許さないわよ」

唯「紬様!!!」

紬「絶対嫌だから!!!」
571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:04:12.84 ID:f3FlxkFKO
澪しゃまかわゆす
572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:04:55.50 ID:7Tob3wCzO
そういやまだ婆の本名は出てなかったな
573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:05:46.57 ID:4i1PnHXA0
頑張れ唯ちゃん
574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:06:32.61 ID:WSKUeQM0O
>>572
さわ…何でもない
575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:06:42.46 ID:lmrf9IM30
律「いい加減にしろよムギ」

紬「り、りっちゃん!?」

唯「律様?!」

律「唯おかえり、それとごめんな・・・」

唯「た、ただいまです・・え、あ、どうして律様が謝るのですか?」

律「全ての原因は私にある。・・・ムギごめんな」

紬「!!」

律「私が唯にお前から貰った便箋をあげてしまったのが気に入らなかったんだろ?」

紬「・・・」

律「やっぱりな・・・はぁ」
576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:06:47.02 ID:4jo07J21O

紬「ファイナルフュージョン…しようにんっ!」

なんつって
577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:07:52.06 ID:yPJqG6ev0
澪さまかわゆすぎる
578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:10:25.41 ID:lmrf9IM30
律「たく、しょーもない」

紬「しょーもないって・・・!!!」

律「しょーもないだろうが!!!!どうして私たちの問題に唯を巻き込む!?」

紬「だ、だってりっちゃんがコイツに便箋を・・・!」

律「なら私を怨めばいいだろう!?当る相手が間違ってるんだよ!!!」

紬「だ、だって!」

律「だってもクソもねぇよ!!」

紬「うっ・・・」

律「いいか・・・、お前のやり方は汚い。私がいっちばん嫌いな陰湿な最低な行為だ」

紬「うぅ・・・」
585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:14:39.08 ID:lmrf9IM30
律「澪だって変われた。ならお前だって変われるよ」

紬「変わる・・・?」

律「その最低最悪な根性、私が叩き直してやるよ!!!」

紬「ひっ!!」

澪「だ、だから私は変わってなど・・・」

律「謝れ」

紬「え?」

律「唯に謝れ。酷いことしてごめんなさいって」

紬「なっ!!ど、どうして使用人にこの私が・・・!!」

律「使用人だって人間なんだよ!!たとえ身分が違えど、人間は人間だろ!?」

紬「人間!?笑わせないでよ!!!使用人が人間なわけ・・・!」
586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:15:31.46 ID:xFwLrAcL0
律(私かっこいいー^ω^)
587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:17:09.66 ID:8WGOo23vO
こんなんだから眉毛は不人気なんだよ
588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:18:10.24 ID:W6QcK9YI0
それでも私はムギさんを愛しています
589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:18:18.01 ID:21SH29wRO
ムギも澪もドレス着てそうなのにりっちゃんだけ白のタキシード+胸元に貴族のヒラヒラつけてそうだな
590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:18:57.26 ID:ZkYonkxH0
シルクハットとカイゼル髭も装備だな
591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:18:59.76 ID:H1k3JylM0
SSのテンプレりっちゃんだなw
澪は小物、ムギは大物な性格が似合うんだが
592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:25:59.70 ID:6THocSxi0
猿?
593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:27:01.34 ID:lmrf9IM30
パァアアアン

紬「いたっ!!!」

律「いい加減にしろ!!!」

紬「な、なによおお、この私をひっぱ叩くなんて・・・!!」

唯「紬様・・・」

紬「なによ!!あんたは引っ込んでなさいよ!!」

唯「ごめんなさい・・・」

紬「はぁ!?」

唯「私が全て悪いんです」

紬「そうよ、何もかもあんたが悪いのよ!!!!」

唯「だから、チャンスをください」

紬「チャンス!?」
594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:28:17.35 ID:lmrf9IM30
唯「もう一度、使用人として頑張って見せます」

紬「なっ、な・・・」

唯「私、まだこの仕事続けたいのです!!お願いします!!チャンスをください!!」

紬「あんた何を言って・・・」

唯「使用人が紬様に何を言ってるってことですよね!分ってます!けど、けど私はこの仕事を・・・!」

梓「私からもお願いします!!!チャンスをください!!!」

紬「な、なによ梓まで・・・!」

澪「じゃー私からも」

紬「はぁ?!澪まで・・・!!!」

律「じゃあ私も」

紬「律!?」

紬「な、なんなのよ一体・・・!!!」
595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:28:24.93 ID:b56tMzS/0
撃たれたのかと思った
596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:30:14.40 ID:8MFmWXttP
俺「じゃあ俺も」
597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:30:40.37 ID:QIStlEcLO
じゃあ俺が
598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:33:10.19 ID:lmrf9IM30
紬「こ、これじゃ私一人が悪者じゃない!!たかが使用人如きに何みんなで・・・!」

律「たかが使用人か。使用人がいなけりゃ何もできないお嬢様がよく言うぜ」

紬「なっ!!」

律「もう少し使用人の気持ち・・・考えてみろよ」

紬「っ!!も、もう好きにすればいいじゃない!!!どうなったって知らないから!!!」ダッ

唯「あっ・・・!!」

律「ふー・・・」

唯「り、律様・・・」

律「好きにしろだって。あいつはどうだか知らんが、チャンスをくれたと思っていいんじゃないのか?」

唯「い、いいのかな・・・」

澪「好きにしろって言ったんだからいいんじゃないのか」

梓「そうですよ!よかったですね!唯さん!!」

唯「う、うん!!」
599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:33:25.23 ID:DzSO656kO
紬「じゃ、じゃあ私からも……」

唯梓澪律「「「「どうぞどうぞ」」」」
600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:34:57.69 ID:lmrf9IM30
梓「これからもずっとずっと一緒に頑張っていきましょうね!!」

唯「うん!!」

梓「約束忘れないでくださいよ!?」

唯「もちろんだよ!!」


・・・

『お母さん、お父さん、憂へ
 
みなさんお元気ですか?私は皆から煩いといわれるほど元気にしてます。
この前は色々ごめんなさい。けどやっぱり今の仕事を続けたかったのです。
今では戻ってきてよかったと思います。後悔はありません。
まだ失敗は多いし、迷惑ばかりかけちゃってるけど、けど今の仕事がすごく楽しいです。

大切な友達もできました。今度の正月には連れていきますね。

それではまた』

唯「ふぅ・・・」

純「それしか書かないのー?」

唯「うわ!!!」
601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:36:05.50 ID:FQ5NcvqsO
>>599 ダチョウなんたらさん、お疲れッス
602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:36:39.72 ID:f3FlxkFKO
ねるまえまでに完成させてくれぇぇ
603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:36:50.42 ID:lmrf9IM30
純「そんな驚かないでよー」

唯「きゅ、急に出てきたら驚くよ!!!」

純「ふふ。で、その大切な友達って私のことでしょうねー?」

唯「うん!」

純「・・・え!?」

唯「え?」

純「そ、そうなの?」

唯「そうだけど。あ、あと梓ちゃんね」

純「そ、そう・・・(大切な友達だったんだ、私・・・)」
604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:37:35.31 ID:lmrf9IM30
唯「正月空けといてね!」

純「う、うん。って何勝手に決めてんのよ!!」

唯「へへー。あ、嫌だった?」

純「べ、別に嫌じゃ・・・」

唯「あ、お掃除の時間だ!いこーっと!」

純「ちょ、っちょっと人の話を!!」

唯「いこっ、純ちゃん!」

純「う、し、仕方ないわね!」

唯「よーし、今日も琴吹家の皆さんのため、いっぱい尽くすぞーー!」


END
605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:39:01.69 ID:viBTftH40
おつ
606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:39:08.27 ID:js24DXbpO
追いついた
607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:39:16.11 ID:HuePMKPt0
え?
608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:39:39.75 ID:xRP1dOF7P
あ、はい
609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:39:49.44 ID:MjFsqxkZO
610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:39:52.91 ID:IJY7+v12O
あれ 終わり? まだ続けられそうなのに
611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:39:54.16 ID:W6QcK9YI0
うむ、乙乙
612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 00:40:10.76 ID:mSbe+u0h0
唯「っていう夢を見たんだー」
630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 01:01:15.82 ID:21SH29wRO
悔しさからムギが唯を観察し続けるうちに気づいたら自然と目で追ってしまうようになり
そんなムギの変化に何故か苛つく律が唯と対決するものだと予想してたのに
でも面白かった乙
631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 01:02:46.11 ID:/7E+DaX+O
さわ子「あ、あのー…………あ、やっぱりなんでもないです……」
632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 01:04:28.99 ID:GygHkVIBO
ムギが典型的な悪役の去り方すぎて吹いた
633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 01:04:52.42 ID:dzCaE0M/0
追いついた!
面白かった!乙
634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/29(金) 01:05:05.80 ID:ihTkmWYU0
乙乙ー
楽しく読ませていただきましたー

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > けいおん! > 唯「今日から琴吹家の使用人になる!」【後編】

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP