Home > とある > 御坂「よーっす」インデックス「おはよーなんだよ」【終】

御坂「よーっす」インデックス「おはよーなんだよ」【終】

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 21:44:42.32 ID:Kg4QpKut0
トボトボトボ……

滝壺「…………浜面が帰ってくる、かぁ」

  「――――」

  「――――」

  「どうなんだろう」

  「はまづらは前だけ向いてがむしゃらに走っていくような人だから」

  「…………」

  「後ろを振り向いて、」

  「私のことを、思い出してくれることってあるのかな」

  「…………帰って、くるのかなぁ」
277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 21:48:22.14 ID:oPgngkb9O
きたか
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 21:51:07.01 ID:Kg4QpKut0
滝壺「…………」

  スタスタスタ

滝壺「…………」

  スタスタスタ

滝壺「…………」

  スタスタスタ

滝壺「…………」

  スタスタスタ

 
 ――――ヒュ-…

  スタスタ……ピタッ


滝壺「…………?」

  「――――なに?」
279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 21:51:48.58 ID:ywCA73qP0
オヤシロさま的なやつか
280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 21:51:57.28 ID:Kg4QpKut0





―――――『滝壺っ』――――――




281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:05:31.48 ID:Kg4QpKut0
 頬に微かな風を感じ不意に立ち止まると、ふいに、懐かしい声が聞こえたきがした。

「…………えっ?」

 懐かしい耳触りが鼓膜を震わせる。 

 大きなくちをあけて笑うのが印象的だった、彼の声。
 互いの気持ちを伝え合ったばかりの頃、「滝壺」と照れくさそうに私の名を紡いだ、彼の声。 
 
 間違える、はずがない。

 何度も、
 何度も、
 耳元で私に愛を囁いてくれた、浜面仕上げの声だった。

「は、まづら……?」

 結婚してから、仕上と呼んでいたのに、反射的に喉の奥から出てきたのは、彼の昔の呼び名。
 瞬時に感じだ音色に含んだ若さに、自分の中の時計が左回りに進んだのかもしれない。
 
 そう、
 それこそ、二人で学園都市の泥沼を這いずりまわり、ロシアの雪原へと旅していた、あの頃まで。
282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:06:08.07 ID:ywCA73qP0
上条さん「そげぶ!!!!!!」
283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:09:44.86 ID:Kg4QpKut0

「……は、まづら、だよね……?」

 後ろを振り返るのが怖くて、震える声で尋ねる。

「…………」

 どれほど待っても、答えは来ない。

「――――ッはまづら!!」

 耐えきれなくなった私は、感情のままに勢いをつけて振り返った。

 いったい、なんの感情に背中を押されたのか。
 
 昔を懐かしむ哀愁か、
 彼をいとしく想う恋慕か、
 
 彼が死んでしまったても、それでも尚、彼に会いたいと切望する寂寥か。

 

 そして、振り返ったその先には―――、



284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:11:25.71 ID:Kg4QpKut0




―――――彼が、いるはずもなく。



―――――ただ存在するのは、淡い光を灯す、蛍が一匹。






285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:17:12.66 ID:Kg4QpKut0
滝壺「…………」

  「そう、だよね」

  「はまづらは―――、仕上は、もうこの世にはいないのに」

  「…………なに、馬鹿なことを」

  「馬鹿なことを、期待してしまったんだろう」

  「…………」

  「…………ッ」


 ホワッ……。ホワ……。


滝壺「…………なぁに? オマエ、とつぜん光りはじめて……」

  「もしかして」

  「――――わたしを、慰めてくれててる?」


 ホワッ……。ホワ……。


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:20:48.46 ID:Kg4QpKut0
滝壺「……やさしい子だね、オマエ」

   「ありがとう」

   「だいじょうぶだよ」

   「私はだいじょうぶだから、仲間のところへお帰り」



 ホワッ……。ホワ……。


滝壺「こら、ついてこないの」

  「…………」

  「…………」

  「……どうして、ずっとついてくるの……?」
287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:26:54.17 ID:Kg4QpKut0


―――――『男はみんなロマンチストなんだよ』



―――――頬を薄っすらと上気させて、拗ねたように彼がそう呟いてことを、ふと思い出す。


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:30:57.58 ID:Kg4QpKut0
滝壺「……………」

  「ねぇ、もしかして」

  「アナタ、『はまずら』?」



 ホワッ……。ホワ……。



滝壺「――――て、聞いても分かるワケないか」

  「……うん、でも」

  「アナタが、『はまずら』なら嬉しいな」

  「…………」(クスッ

  「淡い光を灯す蛍の形になって、お盆の夜に、妻のまえに現れる―――」

  「なんて」

  「すごく、ロマンチックだし、ね」
289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:35:03.37 ID:Kg4QpKut0
――――同時刻、居酒屋『根性』


フレンダ「すいっませーん、お会計おねがいしまーす」

佐天「はーいっ!」


最愛「…………気持ち悪い、気持ち悪い、超頭ずきずきするぅ??っ」

麦野「ほら、移動するよっ!!」

最愛「…………ふぁい」

麦野「ああ、もう、しゃっきり歩く!!」
290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:37:50.13 ID:Kg4QpKut0
      ・
      ・
      ・
      ・

佐天「ありがとう御座いましたー!!」

削板「よかったら、また来てくれよな!!」


ガラガラガラ


フレンダ「ご馳走さまでしたっと」

最愛「うう、明日絶対二日よいです」(フラフラ

麦野「そこの千鳥足の人。いいから私の肩につかまんなさい。転ぶわよ」

最愛「超お手数おかけしまう……」
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:41:50.65 ID:9XHqhWAP0
肩と思ったら腕から先がなくなってた原始崩しでした!→絹旗が絹/旗に!
292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:44:37.28 ID:Kg4QpKut0
フレンダ「――――結局、今日は空が一段と澄んでる」

最愛「……空気も超新鮮です。ちょっとだけ気分も行きかえります」

麦野「お盆の時期って、なんでか夜が静かだったりするのよね、不思議と」

フレンダ「…………」

    「滝壺、浜面に会えてるといいねぇ」

麦野「まぁ死んだ人間相手に『会う』っていう表現もちょっと違うかもしれないけど」

   「――――そうね」

   「アイツら」

   「ちゃんと、会えてるといいわね」

293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:46:24.41 ID:W/1/P7byO
始めの頃から見てたがここまで発展してるとはwww
最後まで見届けさせてもらおうか
294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:50:59.60 ID:5E669Fd+0
綺麗に処理したなぁ・・・
295: ◆9oabbxLctw 2010/10/14(木) 22:59:12.37 ID:qpQUO5jS0
すげえ文才
俺もこんなんかけたらなあ…
296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 22:59:41.07 ID:zqaUGOQX0
正直今まで見てきたSSスレの中で最高の完成度
297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:02:10.28 ID:wRrCGg8f0
鬼畜安価をここまで上手くまとめる手腕に嫉妬をおぼえるわ
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:07:38.11 ID:/kvbmNnJ0
地震だ。
振動3か。それにしても最近の地震速報は速いね。地震に気がついてテレビつけたら既に速報流れてた。
299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:08:17.02 ID:viEEAWlx0
どこいな
300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:13:44.86 ID:Kg4QpKut0
――――さらに同時刻・居酒屋『根性』


ワイワイガヤガヤ。


当麻「―――でさ、その時に」

一方(さて、いい加減それとなく打ち止めと麻琴の件についてコイツから聞いてみねェとなァ…)

当麻「俺は全然悪くないのに、美琴のやつがカンカンに怒ったんだよ」

一方(鈍感なコイツのこと。核心にせまる答えは返って来ねェかもしれン。
   しかし、だからといって打ち止めの姉である超電磁砲に聞くのは偲ばれる)

当麻「『ワイシャツにキスマークつけて!!』て怒り心頭してたけど、電車の中で女の人とぶつかっただけだっつーのに……」
301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:14:25.15 ID:iovAzoP7O
まれにVIPには>>1みたいなとんでもない才能持った奴がいるから面白い
302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:20:05.71 ID:Zbyl3MqzO
最初は浜面蘇生で滝壺と再婚(?)かよと思ったらこう落とすか
ていうかこういう話の落としかたがあるのか
なるほど勉強になった
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:20:14.97 ID:Kg4QpKut0
一方(三下が何も知らねェことを前提に、いっそのこと、ストレートにぶちまけてみるのも手か……?
   『オマエンところの息子がウチの娘(=オマエの嫁さんのクローン)が出来てますよー☆』って―――、)

当麻「まったく、美琴の独占欲には時々疲れる―――、」

一方「言えるわけねェェェェええええだろォォォォおおおお!!!」(ガタッ!!

当麻「―――あ、一方通行っ!?」(ビクッ

一方「…………っハ! いや、なんでもねェ。気にすんな」(ストン……

当麻「おう……」
  
  (め、めちゃくちゃ気になるんですけど……)


>>+5

打ち止めのお父さん(一方通行)は麻琴のお父さん(当麻)にどう対応するべき?

1これは御坂家に関わる問題だは正直に打ち止めたちのかんけいを言う
2やはりハッキリいうのははばかれる。それとなく御坂家の様子の尋ねる
304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:22:06.08 ID:Y5gkKgZIO
いやまあ>>1がすごいのはわかるけどさ
お前らの馴れ合いがあまりにも酷すぎて見てて気持ち悪い
305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:22:22.10 ID:YDBGvCh80
ksk
306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:22:49.46 ID:wYh/oJx10
1
307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:22:52.45 ID:/kvbmNnJ0
1
308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:22:54.37 ID:ywCA73qP0
1
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:23:02.22 ID:738hh0Gr0
1
310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:23:08.73 ID:W/1/P7byO
2
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:23:20.19 ID:NTMstH9H0
3美琴を寝取る
312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:23:51.20 ID:1e74rKW8O
2
313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:24:20.85 ID:W/1/P7byO
もしもしでは力不足だったかorz
314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:24:39.22 ID:Q7wz9mMw0
はらわってはなす
315: ◆9oabbxLctw 2010/10/14(木) 23:25:04.06 ID:qpQUO5jS0
>>304
もしもしェ…
316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:36:58.69 ID:Zbyl3MqzO
317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:40:14.92 ID:WjWcnfsf0
>>311
3番とかつまらないから。意外性のあるオレカコイイとか寒いわ。
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:53:54.88 ID:Kg4QpKut0
一方(――――なんて、甘っちょろい事言ってる時間はねェわな。
   俺よりも、コイツや超電磁砲の近くに存在している出来事だ。
   どのみち、いずれ知らぬ存ぜぬでは通用しなくなる―――それなら、)

一方「なぁ、上条。ちょっといいか」

当麻「あーなんだ。ようやく本題に入るのか?」

一方「―――オマエ、なンでっ」

当麻「『ちょっと聞きたいことがある』って飲み屋に誘ったのはお前だろ」

一方「あ、ああ。そうだったな……」

当麻「んで? 聞きたいことってなんだよ」

一方「聞きたいことっていうか、確認したいこと、なンだがな……」

当麻「……??」
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/14(木) 23:54:59.69 ID:vvW/cPMA0
支援
320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:12:11.77 ID:8j0j7su40
一方「――――その、オマエの倅のことで、ちょっとな」

当麻「……麻琴のこと?」

一方「なんつーか、その、すげェ言いにくいことだが」

当麻「よくわからんがハッキリ言ってくれよ。俺の息子のことなら、尚更だ」

一方「ああ……そうだな」

当麻「……美琴のやつも最近「麻琴の様子がおかしい」って眉をひそめていたし、な」

一方「麻琴の様子がおかしいって、具体的には」

当麻「なんだったかな。多分「最近私や美子のことを極端に避けてる」って言ってた」

一方「…………なるほどなァ」

  (そりゃ、自分の想い人と自分の母親と妹が同じような面構えしてやがるンだ。気まずくもなるってな)
321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:12:37.62 ID:d7zKXp3AO
保守
322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:14:14.53 ID:8j0j7su40
すいません、今日は早いですがここまでにしたいと思います。
今日中に終ったのは禁書視点まででしたね…orz
いつも保守・支援等ありがとうございます。

また明日の午前中にお会いしましょう ノシ
323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:15:06.52 ID:uA36tMfW0
>>322
乙でした
続きを楽しみにしてますね
324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:19:38.63 ID:bbfJjfFK0
>>253
>>264
>>265
仕事で遅くなった
ありがとう
325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:24:48.34 ID:vqOYhzSr0

近親婚がタブー視されるのは倫理問題と遺伝子(遺伝病)問題からだと聞くが
倫理的にタブーってのはどこから来たんだ?
遺伝子問題は学園都市なら何とかなりそうだが
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:27:50.86 ID:bbfJjfFK0
間違えた
>>263です
327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:31:30.78 ID:dvZ3Zt4JO
おいついたんだよッて思ったら(´・ω・)
328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:40:33.26 ID:faxA80e30
>>325
明治あたりの作家が「近親とかハマるからマズいよドゥフフwww」って文を寄稿してた気がする
だから日本においてはそれ以前からあるタブーなんだろうけどさっぱりわからん
329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:49:02.69 ID:c+J/dOTJO
>>220
上条さんは防御結界をそげぶして入って居るので、テレポートとか不要なのですよ。
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 00:55:07.57 ID:ltVow9SM0
世界的に見ると、いとこ婚が合法な日本は近親婚に対する忌避感が薄い方らしいけどな
331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 01:20:02.19 ID:0p3+bvmO0
>>325
そりゃあ宗教や道徳心の問題だよな
近親婚の場合だと実害(この場合だと遺伝病)に起因していて、昔の人はそれをもちろん科学的にではなく実学的に知りえていたからかな
奇形が生まれるとかそんな感じで
332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 01:23:26.33 ID:I87wViHt0
実際には1世代程度の近親じゃ奇形児の確率って非近親の場合とほとんど変わらないらしいけどな

3,4世代と重なっていくとやばいけど
333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 01:55:55.49 ID:riNf2b/zO
単純にコミニュティが広がらないからだと思う。
政略結婚とかみれば近親婚は社会的に無駄だもん。
334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 02:28:30.73 ID:+Qq8mSF00
明日があるので保守
頼む、持っていてくれ…!!
335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 03:01:58.09 ID:HXoKSd/W0
そういや木原くンと黄泉川についてもまだだな。
336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 03:48:15.42 ID:ML7emMQnO
このスレだけでちゃんと終わるんかな
337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 04:20:15.30 ID:ZqrSeyGH0
じっくり続けていけば良いよ
まだ妹達が1万近く残ってるし
338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 04:55:26.83 ID:ML7emMQnO
何スレ消化すりゃいいんだか
339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 05:25:44.60 ID:HvoJ6b7a0
どっちみち製作おちてんだからここでやるしかねーじゃんほす
340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 05:58:40.77 ID:o9OoLokZ0
ほっす
341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 06:25:50.52 ID:vkFBlvee0
ほす
342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 07:04:55.79 ID:GXn2UgiqO
343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 07:40:23.00 ID:uA36tMfW0
保守
344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 08:24:47.90 ID:vkFBlvee0
ニートの俺なら保守余裕
345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 09:21:51.23 ID:kk9fs4pGO
ニートその2
346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 10:01:02.90 ID:vkFBlvee0
347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 10:16:14.24 ID:FFtXqbK5O
おいついた
打ち止めショタコンかよw
348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 10:44:17.85 ID:zmnL7TVa0
ただいま。ごめん午前中からは無理そうっす。
お昼ごはん後に再開 ノシ
349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 11:16:38.53 ID:NLwD0GbCO
待ってるよよよ
350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 12:08:00.59 ID:lUafQwg+O
保守なんだよ
351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 12:33:11.90 ID:2Q1m4g9OO
しかし麻琴はいつまでショタやってられるんだろうね
ショタコンはロリコンよりシビアらしいから
352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 12:52:39.42 ID:K1mYpVbO0
>>336 このスレで終わりですよ。今日で終り。

オマケの安価ラスト。
なのでちょっと大目ですがよろしくお願いします。

打ち止めが麻琴のどこに惚れた?>>+5
打ち止めと麻琴の恋愛の今後の方向性は?>>+8
木原くんはどうして黄泉川さんが苦手?>>+11

最後の最後、いちゃらぶ書くとしたらのどの組み合わせ>>+15
(今までに出てきた組み合わせ以外の場合は、誰×誰かご指定ください)
353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 12:55:42.71 ID:zx7d1uY5O
kskですの!
354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:02:33.23 ID:tp8iJlUy0
こりゃまた今後を決める重要な安価だ
ksk
355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:06:50.59 ID:SX5Tpmq00
kskst
356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:07:49.38 ID:JaTwjFm30
Kskst
357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:08:06.69 ID:hleu07rp0
困ってるモノを助けたいという両親の美徳を引継ぎつつも
考えなしに突っ込まず、一人で抱え込まず、冷静に対処しようとする姿勢。
358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:09:01.20 ID:tp8iJlUy0
また随分細かい指定だなwwwww
続けてksk
359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:10:14.04 ID:SX5Tpmq00
kskst
360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:10:16.42 ID:JaTwjFm30
>>357
麻琴イケメン過ぎkskst
361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:12:23.14 ID:KEaw3oQ20
イチャイチャ、かつネチョネチョ
362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:12:48.56 ID:tp8iJlUy0
恐ろしい・・・
再加速
363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:12:52.44 ID:yCP7FT9J0
原作読んだけど
滝壺って強いんだね
364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:13:44.23 ID:tp8iJlUy0
SM調教されたから
365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:14:04.81 ID:erbSnOTo0
死んだお婆ちゃんに似ているから
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:17:29.18 ID:RMS1pi0i0
この>>1ってイマジンブレイカーの人?
367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:17:37.15 ID:tp8iJlUy0
五和と削板
368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:17:49.16 ID:JaTwjFm30
美琴
369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:21:24.78 ID:K1mYpVbO0
木原くんはどうして黄泉川さんが苦手?のみ再安価>>+3
370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:24:18.24 ID:JaTwjFm30
371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:24:25.84 ID:tp8iJlUy0
くっ、安価下にならなかったか
まあいい一つ安価取れたし
372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:26:58.12 ID:riNf2b/zO
ガチで戦ってズタボロにされた
373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:30:54.35 ID:K1mYpVbO0
>>366 いいえ、違いますよ
374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 13:45:11.49 ID:K1mYpVbO0
一方「突然『何を言い出すんだ、コイツ』って思うかもしれないが、今から俺が言うことは、本当のことだ」

当麻「んなこと、思わねえよ。一方通行がくだらない嘘を言うようなヤツじゃねえことぐらい、俺だって知ってるさ」

一方「――――ハッ、そいつァ意外な評価だ」

当麻「オルソラだってオマエのそーゆう所に惚れたんじゃね?」

一方「知らねェよ。聞いたこともねェし。―――と、今はアイツの事じゃなくて麻琴達の事だ」

当麻「……麻琴、『達』?」

一方「……あァ、麻琴達の、な」

当麻「…………、いったい、なんなんだ……?」

一方「…………」

  「…………」

  「この間、打ち止めが家にやって来て、俺に言ってきたンだ」

  「…………」

 
  「アイツは―――打ち止めは、オマエの倅と真剣な交際をしてる、ってな」



375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 14:06:07.41 ID:tp8iJlUy0
>>372
木原くンに圧勝するとか黄泉川さんパネェ・・・
376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 14:30:58.59 ID:K1mYpVbO0
――――翌日、とある小学校

キーンコーンカーンコーン。

友達「絶望した! 夏休み期間だというのに学校に来なければならないという現実に絶望した!!」

麻琴「そりゃ、中学受験挑戦するなら夏休みも何もないだろ」

友達「でも、いまお盆ですよ!?」

麻琴「お盆でも平日なら補習とかで普通にあるし」

友達「でも、今日は休日ですよ!?」

麻琴「ああそうだな。だから、中学受験組の奴以外は普通に学校来てないな」

友達「絶望した! 俺は中学受験という荒波に―――、」

麻琴「ウルサイ。というか、オマエそのフレーズを言いたいだけなんだろ?」

友達「…………、麻琴、オマエクールすぎねぇ? もっと小学生楽しめよ」

麻琴「残念。生まれたときからこういうたちだよ」
377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 14:35:30.40 ID:fOqa+vQtO
こんな小学生やだw
378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 14:50:33.42 ID:K1mYpVbO0
友達「オマエ、第一志望何処だっけ?」

麻琴「霧ケ丘付属」

友達「え、マジで? 意外だわ。オマエのことだから能力研付属の中等部に行くのかと思ってた」

麻琴「……能力研付属は、ちょっと。あそこは原石の保護・解明が主な目的だろ」
  
友達「原石じゃなくても、特異な能力を持ってたり偏差値が高けりゃ入学は可能って聞いたけど」

麻琴「霧ケ丘付属なら能力研とたいして偏差値変わらない。霧ケ丘のほうが家から近い」

友達「さいですか」

麻琴「…………」

  「――――それに、能力研付属はあの人がいる学校だし、な」(ボソッ

友達「? なんか言ったか」

麻琴「いいや、何も」
379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 14:54:31.45 ID:NLwD0GbCO
wktk
380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 14:57:37.70 ID:6loVfD85O
地獄の底もずい分改善されたんだな
381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:15:02.90 ID:K1mYpVbO0
友達「オマエさ、ついこの間まで中学受験とか興味なさそうにしてたじゃん?
   『無能力者だし、別に通えるところならどこでもいい』みたいな感じで」

麻琴「…………」

友達「麻琴?」

麻琴「…………別に」

  「――――気まぐれみたいなモン、かな」
 
  「別に受験してみてもいいかって思い直しただけだよ。」

友達「ふ?ん。ま、無能力者っつっても、オマエは阿保なくらい頭の出来いいし。
   常盤台みたいに、能力が絶対条件になる学校以外は全部受かるからいいよなー」

麻琴「そんなことないさ。能力を考慮しないで試験うけさせてくれる学校は限られてくる」
382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:16:57.54 ID:ZqrSeyGH0
霧が丘って女子高のイメージ持ってた
383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:21:44.90 ID:nRCJLNCU0
麻琴も無能力者なのか
きっちり遺伝してんのな、頭の良さとかも
384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:22:52.57 ID:K1mYpVbO0
友達「ゆくゆくは長点上機にでも進むんだろうな、オマエ」

麻琴「多分、そうなるかな。てか、俺のことはどうでもいいだろ。オマエは何処に行くつもりなんだ?」

友達「能力研か十字教系のミッション学校のどっちか、かな」

麻琴「どっちか? 曖昧だな。そろそろ第一志望きめとかねーとヤバイだろ」

友達「俺の父さん原石で、俺の母さん十字教徒だからさ。色々と意見が纏まらない感じ」

麻琴「なんだ? 親御さんが意見対立でもしてんのか?」

友達「ううん、違う。父さん側の人と、母さん側の人で意見が真っ二つに分れてるんだよ」

麻琴「まじかよ、うざいなソレ」
385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:24:13.25 ID:wuZz5sxQ0
あのレベル5、超電磁砲の息子ということで最初は周囲からすごく期待されたんだろうなぁ…と思うとちょっと切ない
386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:26:35.88 ID:6loVfD85O
>>382
女学院と付属は別の施設
詳しくは下を参照
http://www12.atwiki.jp/index-index/
387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:29:50.56 ID:K1mYpVbO0
友達「本当になー。父さんや母さんが口出しするのは、まぁ、まだ分かるけど。他の関係ない外野は黙っててほしいわ」

麻琴「オマエも色々と苦労してんだな」

友達「お互いだよ。オマエだって親関係で、その、色々あるだろ?」

麻琴「いや、俺は別にないよ」

友達「なんでさ。オマエの両親って、あの『超電磁砲』と『幻想殺し』だろ?」

麻琴「万年無能力者の俺には、特にそう言うのはないよ」

友達「えぇ? マジで? 
   俺、『原石のこども』ってだけで小さい頃から色んな科学者たちに声かけられるぞ?」

麻琴「――――そういうのは、妹のほうが濃く受け継がれてるみたいだから」

友達「美子ちゃん、だっけ?」

麻琴「おう、なんか最近は、まだ幼稚園の年少なのにもうビリビリ感電してるわ」

友達「へー。母親と同じ発電系か。オマエんとこの家、もうちょっと捻った遺伝の仕方すれば面白いのにな」

麻琴「阿保か。遺伝はひねったりとかはできねーだろ」

友達「遺伝子組み換え麻琴くん!」

麻琴「やめろ、人を遺伝子組み換え納豆みないなノリで呼ぶな」
388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:45:16.91 ID:Qhif1jjX0
しかし終始鬼畜な安価だな
389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:46:45.76 ID:Qhif1jjX0
あ、読み違えてた
スルーしてくれ
390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:47:14.22 ID:K1mYpVbO0
友達「納豆か。今日の晩飯納豆だといいな」

麻琴「マジメな話題から急にどうでもいい話に飛ぶんだな」

友達「気にするな。『空が青いな、よし、今日も根性だ!!』的に考えておけ」

麻琴「例えがわからん、意味不明」

友達「父さんの口癖」

麻琴「うん、オマエの親父さんが意味不明だな」

友達「うん、俺もそう思う」
391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:48:16.03 ID:K1mYpVbO0


黄泉川「ほらほら、そこのオマエら。もうすぐ完全下校時刻じゃんよー。さっさと家に帰れじゃんよー」


友達「あ、教頭先生だ」

麻琴「すみません、すぐ帰ります」

黄泉川「中学受験に向けての講習だったのか? お疲れさんじゃんよ」

友達「めっっちゃしごかれました」

麻琴「―――と、えばっているコイツですが、半分爆睡してました、本当は」

友達「おい、麻琴っ!」

麻琴「俺はちゃんと受けてけど」

黄泉川「あっはっは!! オマエ等仲いいな。それじゃ、気をつけて帰るんだよ」

麻琴・友達「「教頭せんせい、さようなら」」

黄泉川「はい、さようなら」
392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 15:51:23.61 ID:ML7emMQnO
友達モブキャラじゃないのか
393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:11:40.96 ID:K1mYpVbO0
――――とある小学校・校門前

友達「あーそうだ、第十二学区にいこうと思ってたんだった。忘れてた」

麻琴「第十二学区?」

友達「神学系のパンフレットいくつか貰いに行こうかと思って」

麻琴「ふーん。とりあえずは、能力研と神学系、両方視野に入れとくってことか」

友達「ま、一応」


テクテクテク。ピタ。


友達「――あれ?」

麻琴「ん?」

友達「なぁ、麻琴。校門の前に立ってる女のひと、オマエのお袋さんじゃねえの?」

麻琴「え? マジかよ」


打ち止め「あ、ようやく会えたんだよ、ってミサカはミサカは待ちくたびれた事を隠さずに麻琴に報告してみたり」


麻琴「―――ら、打ち止めさん」
394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:14:11.89 ID:K1mYpVbO0
小休止。晩飯後に再開ノシ
395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:18:01.58 ID:GxiGMqki0
真琴が無能力なのはレールガンの遺伝子をイマジンブレーカーの遺伝子が破壊したからだろ?
396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:21:17.32 ID:+7yvpS5y0
真琴はじつは御坂夫妻の子じゃなかったとか
397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:26:00.93 ID:fZ/l8JrQ0
友達の母親って誰だ?出てたっけ?と思ったら>>367の安価かw
相変わらず展開が楽しみすぎるw
398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:28:25.36 ID:4DjZRrQcO
てっきり居酒屋夫婦経営の削板佐天かと思ってた
でもおしぼりなら居酒屋は納得
399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:36:05.06 ID:IA/YUnxSO
打ち止めの名前変わってねぇのか
結婚したらどうなるんだろ
400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:40:42.19 ID:ck2YzwoJO
打ち止めの外見年齢は20ぐらいか
401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:41:13.62 ID:0s6ITI9l0
安価で五和当たってるのに今気づいた
>>367まじGJ
402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 16:56:57.64 ID:00hqW6GvO
>>400
黒子が29だから打ち止めは20台半ばだな

あわきんもびっくりの年齢差だ
403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 17:27:02.22 ID:ck2YzwoJO
404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 17:29:14.01 ID:isnsbvx+0
美琴も20半ばで通用するくらい若いんだろうな
405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 17:59:34.60 ID:ck2YzwoJO
ほしほし
406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 18:24:17.03 ID:riNf2b/zO
あげあげ
407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 18:28:15.28 ID:6loVfD85O
保守
408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:03:05.87 ID:ZvypUEcjO
神裂と身長2mの14才の話は無しか…
409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:08:02.90 ID:K1mYpVbO0
友達「らすとおーだー? レールガンじゃなくて?」

麻琴「あー……、母方の親戚だよ」

友達「てか、まじで瓜二つだな。お袋さんの妹さんとか?」

麻琴「そんなとこ。―――じゃあ、俺行くわ」

友達「おう、また明日な」(スタスタスタ……




打ち止め「その、突然連絡もせずに待ち伏せちゃってごめんね? ってミサカはミサカは謝りつつ首をかしげてみたり」

麻琴「それはいいけど、何か用?」

打ち止め「…………うん。用って言うか、なんとなく麻琴に会いたくなったの、ってミサカはミサカは正直に告白してみる」

麻琴「――――なんか、あったんだろ。暗い顔してる」

打ち止め「…………」

麻琴「話を聞くにもココじゃあれだし、近くの公園にでも移動する?」

打ち止め「……うん、ってミサカはミサカはアナタの意見に同意して頷いてみたり……」
410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:14:57.74 ID:S9×65AGVO
誰か


兄妹「電波兄妹!」


ってスレを立ててください
411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:23:50.39 ID:QFrblBIU0
>>410
/1287138184/
412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:27:43.09 ID:K1mYpVbO0
――――公園


打ち止め「…………」

    「…………」

麻琴「ン」

ピタ

打ち止め「ひあっ!!?」

麻琴「ほら」

打ち止め「????ッ冷たいだけど!! ってミサカはミサカはアナタの行為に合議してみるっ」

麻琴「そらそうだろ。缶コーヒーだし」

打ち止め「――――別に、普通に渡してくれたっていいじゃない、
     ってミサカはミサカは缶コーヒーを後ろから首筋に押し付けてきたアナタに文句を言ってみる」

麻琴「小学生のちょっとした悪戯心。てか、ほら、さっさと受け取れって」(スッ

打ち止め「―――ありがと、ってミサカはミサカは感謝の言葉を告げてみる」
413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:33:10.18 ID:NLwD0GbCO
おかえり
414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:39:49.51 ID:K1mYpVbO0
打ち止め「あ、お金」

麻琴「いらない」

打ち止め「いや、さすがに麻琴に奢ってもらう訳にはいかないって、ミサカはミサカは」

麻琴「貰う必要がない。それ、タダ」

打ち止め「え?」

麻琴「アソコの赤い自販機にはちょっとした裏技があるんだよ。えーっと、名前は何だったかな」

打ち止め「…………もしかして、常盤台中学内伝おばーちゃん式ナナメ四十五度からの打撃法による故障機械再生法?」

麻琴「そう、それ。よく知ってるな」

打ち止め「昔、お姉さまがソレをやっている映像を、
     ミサカネットワークで発見したことがあるからって、ミサカはミサカは情報源を暴露してみたり」

当麻「母さん曰く、またの名(?)を『ちぇいさー!』」
415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:41:01.78 ID:I87wViHt0
おいこら元上条さんwwwwwwwww
416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:47:58.34 ID:K1mYpVbO0
痛恨の間違い × 当麻 ○ 麻琴
417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:52:10.42 ID:K1mYpVbO0
打ち止め「…………」

麻琴「打ち止めさん?」

打ち止め「お姉さまも自分の子どもにいったいを教えているんだか、ってミサカはミサカは嘆息してみる」(ハァ

麻琴「いや、教えてくれたのは『ちぇいさー!』を目撃した父さん」

打ち止め「…………」

麻琴「俺こずかいも奨学金もそんなに多くないから、結構重宝してる、コレ」

打ち止め「……お行儀が悪いからやめなさい、ってミサカはミサカは麻琴にお姉さんらしく注意をしてみたり」

麻琴「気が向いたら」

打ち止め「ちょっと、たまには年上の言うことを聞くものだよ!? ってミサカはミサカは反論してみたり!!」

麻琴「そうやって一回りも年下のガキにムキになる辺り、年上の貫禄もなにも無いとおうだけど」

  「なぁ?―――打ち止め?」

打ち止め「?????ッ」(///

    「突然呼び捨てにするのは卑怯なんだよって、ミサカは、ぅぁ、ミサカはぁ……」(///
418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:54:24.19 ID:I87wViHt0
おばあさんになってもミサカはミサカは言ってると思うと胸が熱くなるな
419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 19:56:13.15 ID:lUafQwg+O
打ち止めは合法ロリなんだろうな
420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:02:24.12 ID:ZqrSeyGH0
合議してみるってミサカネットワーク使って妹達とか
421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:08:57.14 ID:K1mYpVbO0
麻琴「―――ま、ある程度は元気でた?」

打ち止め「……うん。少し、元気出た、かな」

麻琴「なら、よかった。やっぱり、打ち止めは笑ったほうが可愛いからさ」

打ち止め「……いっつも疑問に思うんだけど、麻琴って本当に小学生なの? ってミサカはミサカは抱いている疑念について尋ねてみる」

麻琴「正真正銘、小学生の12歳だって」
422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:13:33.13 ID:wuZz5sxQ0
上条さんのクローンだったら面白いのになw
423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:15:36.73 ID:K1mYpVbO0
打ち止め「…………」
   
    「12歳、かぁ……」

麻琴「なんで、改まってそんなこと聞くかな」

打ち止め「麻琴、私の半分の年齢なんだよね、
     ってミサカはミサカは今更ながら現実の壁の存在を確認して、ため息をついてみたり……」

麻琴「――――現実の壁?」

打ち止め「…………」

    「…………」

    「うん、現実の壁……」
424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:18:23.59 ID:K1mYpVbO0
麻琴「…………現実の壁、ね」

  「いったい、何を指して言ってる訳?」

打ち止め「………そ、れは」

麻琴「伯母と甥っていう関係性?」
   
  「1回りも違う年齢差?」

  「社会人と小学生っていう立場の違い?」

打ち止め「――――そ、れは」

麻琴「それとも別の何か?」

打ち止め「…………わかんない」

    「わかんないだよって、ミサカはミサカは正直に吐露してみる」

    「もう、頭が混乱して、わかんないんだよ……っ」
425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:21:38.23 ID:K1mYpVbO0
打ち止め「――――あの人に、」

    「一方通行に、言ったの……」

    「好きな人が出来たって」

    「私を想ってくれる人が出来たって」

    「…………あの人は、今まで、ずっとずっとミサカのことを一番に心配してくれた人だから」

    「私はもう大丈夫だよって、幸せだよって」

    「…………」

    「そう、伝えたかっただけなのに」
426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:30:30.61 ID:K1mYpVbO0
麻琴「…………一方通行さんに、俺たちのこと言ったんだ」

打ち止め「私たちのこと、簡単に言い振らしちゃいけないってわかってたけど……」

    「…………、あの人なら」

    「…………、あの人だけなら」(グスッ


麻琴「――――応援してくれる、とでも?」

打ち止め「…………ッ!」


麻琴「なぁ、今の話し聞いた俺の感想、言ってもいい?」

打ち止め「……なぁに? ミサカはミサカは怖い顔のアナタに恐る恐る尋ねてみる……」

麻琴「馬鹿」

打ち止め「っ!!」

麻琴「馬鹿だよ、オマエ」

打ち止め「……一方通行にも、言われた、ってミサカはミサカはあの時のことを思い返してみる……」
427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:37:25.97 ID:K1mYpVbO0
麻琴「どうして俺に相談もなく、そんなことしたんだよ」

打ち止め「―――アナタに、余計な心配かけたくなかったから……」

麻琴「俺が、ガキだから? 頼りないから?」

打ち止め「そんな、つもりは……っ!」

麻琴「…………」
 
  「たしかに、俺は子供だよ」

  「打ち止めを守ることすらできない、ガキだよ……ッ!」

  「そうやって、打ち止めに頼られない力ない自分が情けないよ、……畜生」

  「…………」

  「……けど」

  「けど、覚悟だけなら、もうちゃんと決めてる」

  「どんなに反対をうけようと」

  「社会の誰から、友達から、家族から、罵声を浴びせられる未来だったとしても」

  「どんなことがあっても、俺は、打ち止めと歩むって」

  「ちゃんと、俺は覚悟を決めたよ、打ち止め」
428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:38:29.19 ID:isnsbvx+0
なにこのショタ条さん
429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:44:34.44 ID:ur9GXotDO

麻琴さん二人の良いとこだけ似たのかな
430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:47:12.44 ID:K1mYpVbO0
麻琴「―――――」

  「打ち止めは、揺らいでるんだろ」

打ち止め「…………違うっ!」

麻琴「違わないよ」

打ち止め「……違うよ」

麻琴「違わない」

打ち止め「違う! ミサカは麻琴のこと大好きだもの!」



麻琴「―――でも、一方通行さんに反対されて、今そうして迷ってるじゃないか!!!!」

打ち止め「ッ」(ビクッ



麻琴「…………ッ。ごめん、つい」

打ち止め「……ううん、大丈夫」
431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:51:57.02 ID:K1mYpVbO0
麻琴「…………ごめん」

打ち止め「だから、いいて」

麻琴「…………」

打ち止め「―――――」

    「ほんとは」

    「麻琴の言うとおりなのかもってミサカはミサカは思いなおしてみる」

    「…………ミサカ、自信が無くなったのかもしれない」

    「――――麻琴と一緒に居ることの、自信が」
432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:52:36.44 ID:sWiS8An40
2スレ目になってサクサク感がなくなったなぁ。
433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 20:54:35.63 ID:ta3zpJBQ0
いいよいいよ
434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:01:09.17 ID:K1mYpVbO0
―――――
――――
―――
――


オルソラ「…………えっ?」

一方「――――オィ、打ち止め。オマエ今なにを言いやがった」

打ち止め「だから、麻琴と付き合ってるんだよってミサカはミサカはもう一度同じ言葉を繰り返してみたり」

オルソラ「もしや、とは思いますが、『麻琴』って、……その、御坂ご夫妻の息子さんの麻琴くんのこと、でございましょうか……?」

打ち止め「――――そうだよ、ってミサカはミサカはハッキリと宣言してみる」
435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:02:43.72 ID:K1mYpVbO0
一方「…………」

  「あー……、悪ィな。俺も歳でも取ったモンだ。幻聴が聞こえてきやがった」

  「これ以上、その話は終いだ、打ち止め」

打ち止め「ふざけないで、ってミサカはミサカはぶーたれてみたり!」

一方「…………ふざけないで、だァ?」

オルソラ「っ! 一方通行さん……っ!」

一方「ふざけてンのはオマエだろォが、打ち止めァ!!!」

打ち止め「―――――ッ!!」
436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:06:16.57 ID:tdo41ZTR0
うちどめァ!!!
437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:06:32.85 ID:K1mYpVbO0
一方通行「こンの馬鹿野郎がッ!!」

打ち止め「な、馬鹿ってヒドイ!!」

オルソラ「そんな、大声まで出さなくても」

一方「…………コイツが馬鹿なこと言ってることぐらいわかるだろ、黙ってろオルソラ」

オルソラ「そ、れは……」

一方「打ち止め、オマエ何を口走ってるのか、ちゃんと理解してんのか」

打ち止め「り、理解してるよってミサカはミサカは返事をしてみたり!!」
438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:14:17.67 ID:K1mYpVbO0
一方「…………理解、だと?」

打ち止め「そう、だよ」

一方「何をだ」

打ち止め「何をって……」

一方「一つも答えられないってほど、オマエも馬鹿じゃねェだろ」

打ち止め「……本当は、恋愛しちゃいけない関係ってこと、だよね」

一方「そんな可愛い言葉で誤魔化そうとすンな」

  「近親相姦」

  「淫行」

  「正しい言葉は、こいつらだろォが」

打ち止め「――――私たちは、そんな関係じゃない」

一方「たとえ、今はそういう関係になくて清い交際だと言って、ソレらから逃れられると思ってんのか」

打ち止め「…………」
439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:21:15.25 ID:tp8iJlUy0
しえん
440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:22:48.94 ID:zx7d1uY5O
ゴクリ。支援。
441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:35:12.65 ID:K1mYpVbO0
一方「――――この世には色んな、恋愛がある。
   もしかしたら、正しい恋愛の形なんてないのかもしれねェ」
   オマエの気持ちも嘘だと否定するつもりもねェ。けどな、オマエは大人なんだ。そこをよく弁えろ」

打ち止め「大人だから、社会のルールを守れって言いたいのってミサカはミサカは聞き返してみる」

一方「当たり前だ。社会規範も守れずに、何が恋愛だ、クソったれ」

打ち止め「…………でも」
442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:37:01.94 ID:K1mYpVbO0
一方「ソレ以上に解せねェのは、お前のその態度だ。―――オマエの気持ちは本物なんだろ?」

打ち止め「じゃなかったら、付き合ってないってミサカはミサカは断言してみる」

一方「――――なぜ、惚れたヤツに、大切だと思ってるヤツに、わざわざ茨の道を歩ませようとするンだ」

打ち止め「…………ッ」

一方「オマエと麻琴は遺伝子学的に見て親子だ。年齢差将来的にどうなるとしても、こればかりはどうにもできン」

  「茨の道と以外、なンといえばいいんだ」

  「12のガキに何故そんな刻なことを背負わせる」
 
  「大切なヤツに、そんな道を歩まることをオマエは何とも思わないのか、打ち止め」

443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:53:13.36 ID:jUGFRp3T0
一方さンマジお父さン
444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:54:14.53 ID:K1mYpVbO0

――
―――
――――
―――――

打ち止め「…………一方通行の、いう通り」

    「ミサカは、『麻琴と一緒にいたい』って自分の気持ちばっかり考えてた……」

麻琴「…………それで、迷ってるんだ?」

打ち止め「―――――うん」

麻琴「俺の気持ちはさっき言った通りだよ。茨の道だろうがなんだろうが、気にしない」

打ち止め「ま、こと……」

麻琴「つーか、それぐらいの手ごたえがあった人生のほうが飽きないし楽しそうだ」

打ち止め「でもッ!」

麻琴「…………」(グィ




打ち止め「ふぇ……」(///

麻琴「ごめん、打ち止めからそういうこともう聞きたくないから、口塞いだ」
445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:55:50.22 ID:JaTwjFm30
麻琴さんパネェwwww
446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 21:57:33.88 ID:wuZz5sxQ0
バーロー並みのチート小学生だろw
447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:01:55.68 ID:K1mYpVbO0
麻琴「さっきは柄にもなく取り乱したから怒鳴ったけど、迷ってもいいよ、打ち止め」

打ち止め「…………迷っても、いい?」

麻琴「迷って悩んで立ち止まって。色々と、考えたっていい」

打ち止め「麻琴……」

麻琴「俺だって、考え込むことはあるし。
   俺たちの関係を考えれば、何も考えないってほうがおかしいんだ」

打ち止め「迷って、その結果別れ――」

麻琴「先に言っとく。俺は、別れるつもりはこれっぽちもないからな」
448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:04:15.83 ID:K1mYpVbO0
打ち止め「じゃあ、どうして迷ってもいいて言うの? ってミサカはミサカは聞き返してみる」

麻琴「俺たちが進むために、色んなことを一生に立ち止まって考えて、答えをみつけて行けばいいってこと」

打ち止め「…………麻琴」

麻琴「だから、迷っていいよ打ち止め。俺が、支える」

  「今は無理かもしれないけど、支えられるような男になるから」

  「絶対に、なるから」

  「打ち止め、俺を信じて、待っててくれない?」
449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:07:19.94 ID:wuZz5sxQ0
父親の口八丁はちゃんと受け継がれているな
450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:19:05.24 ID:K1mYpVbO0
打ち止め「?????っ」(///

麻琴「…………待っててくれないの?」(コテン

打ち止め「ぅぅうう。麻琴はズルイ、
     ってミサカはミサカは首をかしげて上目づかいでおねだりしてくるアナタに不平不満をいってみる!!」(///

麻琴「年下のこういう仕草って、ショタコンには正直ドキっと来るだろ?」(キラキラ

打ち止め「キラキラした眼差しでそんなこと言わないで! 
     それにミサカはショタコンじゃない!! ってミサカはミサカは憤慨してみたり!!」(///

麻琴「え、ショタコンじゃないの?」

打ち止め「確かにアナタは12歳だけど、そういう理由でアナタに惹かれた訳じゃないよ、ってミサカはミサカは―――、」

麻琴「じゃあ、俺の何処がいいんだ?」

打ち止め「そ、れは……///」

麻琴「聞きたいな。――――――駄目?」(キラキラ

打ち止め「…………困ってる人を助けたい思うやさしい心。
     ミサカと違って、考えなしに突っ込ないところ。
     一人で抱え込まないで、冷静に対処しようとするところ。それから、それから」

麻琴「ん。十分だよ。やっば、俺ってばすげえ愛されてねぇ?」(ニコニコ

打ち止め「――――は、恥かしい……」(///
451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:21:06.22 ID:riNf2b/zO
まあ戸籍は捏造できるコネあるから
問題は当人達の意識と家族の許しか
452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:22:33.50 ID:0dS8N/e5O
こいつが12歳の小学生とか嘘だろ・・・
高校生・・・せめて中学生だろ・・・
453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:29:04.20 ID:sWiS8An40
エンターテインメント忘れてオナヌーにはしっとるな。
>>1がど素人に戻ってしまった。。。
454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:30:43.54 ID:MFl+4J1d0
ムチャぶり安価なんだから仕方ないだろ
455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:35:22.56 ID:K1mYpVbO0
麻琴「――――んで、どうなの?」




打ち止め「―――――うん、待ってるよってミサカはミサカはうなずいてみる」


456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:36:01.59 ID:+2dG8U9e0
>>451
遺伝的な問題で…


               /=======ァ^ト┐
               ト=======扣z<ヽ
               人二二二二式 |:.:’,   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 /:/:{/-|/}/}/-ヾ :l|.:.:|  |  ガチで
             |イ:i:代ナ 弋ナ ? .:| <   No
         /}}}    Nリ  __   rjノ :|  |    Thank
       f爪n |jノif}    }ゝ.└─┘イ:i.:|:i.:.|  |      You 
    -={  j.{=|’ ノ   /イ:.i:|`r斤ー’>、:|:|八  ?__________
      ヽ ノ三 |     jィT∨ヘ/} /?{ ?
      -= ヘ王│  _/V,’ {」/ / {/ハ
        ‘,-ヘ! |∠、 V |  |/ 〈†〉 }ノ  ‘、
        ヽ 乂 } │ {│    │ イ   〉
            ?__,xくl /} |     |   |   /

457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:41:00.73 ID:zx7d1uY5O
さすが麻琴さん、話術サイドのサラブレッドなだけあるw
458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:41:10.75 ID:K1mYpVbO0
――――御坂家


麻琴「ただいま」

美子「にぃに、おかえりー!!」

麻琴「うん、ただいま美子」

当麻「完全下校時刻ギリギリだったな。もう十分遅かったら母さんが怒り狂ってるとこだぞー」

麻琴「ごめん、ちょっと寄り道してたんだ」

当麻「そうか」

  「母さんがオマエに話があるみたいだから、カバン置いたら応接間に行って来い」

麻琴「…………話って、なに?」

当麻「それは、母さんに聞いてみると言い」

麻琴「……ん、わかった」

当麻「麻琴」

麻琴「なに、父さん」

当麻「俺は、オマエが納得して覚悟をもてるなら、好きな通りに生きて構わないと、そう思うぞ」

麻琴「――――うん、ありがと」
459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:45:43.65 ID:K1mYpVbO0
美子「ねーパパ。ママとにぃにはなんのおはなしするの?」

当麻「なに、美子が心配することじゃないよ」

美子「にぃに、なにかいたずらでもしたの? 

当麻「してないよ」

美子「まま、にぃにのことおこるの?」

当麻「ママは怒らないよ」

美子「ほんとう? にぃに、えーんえーんしない?」

当麻「だいじょうぶだよ、美子。ただ、ママとにぃには、お話をするだけだから」
460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:50:38.63 ID:K1mYpVbO0
――――応接間

ガチャ。

美琴「ちょっと、麻琴。もうすぐで完全下校時刻よ。帰ってくるの遅いんじゃないの?」

麻琴「その前にはちゃんと帰ってきたじゃん」

美琴「そうだけど。明日からはもっと早く帰るようにしなさいね?」

麻琴「へいへい。…………で、話ってなに、母さん」

美琴「…………話ってほどではないわ。一方通行からアンタ達の話を聞いたって言おうと思っただけ」

麻琴「――――それだけ?」

美琴「それだけよ」
461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:55:15.73 ID:K1mYpVbO0
麻琴「…………」

美琴「なに拍子抜けした顔してんの」

麻琴「いや、だって……っ」

美琴「なんで、反対もなにもしないのかって?」

麻琴「…………」

美琴「―――正直言うと、アンタ達の話を聞いて、驚きのあまり失神したわよ、私」

麻琴「失神…!?」

美琴「当たり前でしょう。アンタは私の息子、あの子は私の妹だし……大勢いる『私』の中の一人だもの」

麻琴「…………その、身体は大丈夫。なの?」

美琴「今はね。大したことないわ」
462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 22:57:11.67 ID:tp8iJlUy0
まあ複雑だろうなぁ
463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:00:30.21 ID:K1mYpVbO0
美琴「――――なにも言わないんじゃなくて、何も言えないのよ」

麻琴「……母さん」

美琴「怒りたいのか、泣きたいのか」

  「それすらも、今は考え付かない」
   
  「…………」

  「それほど私にとっては衝撃的なことだし、これからどれほどの感情に振りまわれるのかすら、わからない」

麻琴「――――ッその」

美琴「一時的な感情で謝ろうとするんじゃないの。
   私の今の現状を見た程度で、揺るぐなら、所詮その程度ってことになるわよ」
464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:12:57.71 ID:K1mYpVbO0
美琴「一方通行の話を聞いた限りだと、打ち止めは多分落ち込んだ。
   貴方は優しい子だし自分の力を信じているから、
   きっと、打ち止めの前では大丈夫って言ったんでしょうね」
  
  「でも、そんなの私や当麻から見れば、こども精一杯の虚勢にしか聞こえない」

麻琴「虚勢、のつもりはないんだけど」

美琴「…………アナタは当麻に――父さんに似て、とても強い子だし、
   色んなものを背を得るようになる、とは思う。
   けど、それは麻琴がちゃんと成長して、ちゃんと大人になってからの話しなのよ」

麻琴「……今日、それを嫌ってほど思い知った」

美琴「そう。それなら一歩進めたのね。まず麻琴は子どもだってこと知りなさい」

  「自分の実力を過信しないの、アナタは私たちの庇護がないと、食べることすら困るほどに力がないと知りなさい」

  「多分、私はこれからアナタに色んな事を言うし、もしかしたら実力行使だってするかもしれない」

  「―――――それが、あの子との未来を選ぶなら、避けては通れない道よ」

  「ちゃんと、覚えておきなさい」
465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:15:33.43 ID:s8M94lD0O
とりあえず一方通行とサシで勝負させようぜ
466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:18:35.78 ID:nECK8Fkc0
そーだよね、12の子供の言う覚悟なんてどんなに立派だろうと結局その程度
それでもちゃんとそこを教えて見守ってあげるこのビリビリマジ良いお母さん

>>465大昔のモヤシ一方さんだったらもしかしてら勝てたかもしれないのになw
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:20:33.51 ID:wuZz5sxQ0
>>465
打ち止めがネットワーク切断して一方さんの負けというオチがw
468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:21:30.20 ID:ZqrSeyGH0
上条さんから天然ジゴロ能力受け継いだと思われる麻琴なら
美琴の庇護無くても他所の庇護を渡り歩いて食うに困る事は無いと思う
469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:25:51.58 ID:K1mYpVbO0
麻琴「―――――ッ」

美琴「得意の減らず口すら出ないほど図星をつかれてると思うなら、せめて努力してみなさい」

麻琴「母、さん?」

美琴「突然アンタが中学受験をすると言いだしたときは驚いたけど、あの子のため、だったと分れば合点がいったわ」

麻琴「―――うん、子供だから、力がないから」

美琴「打ち止めを何かもから守れるほどの力を手に入れるってことね」

  「…………まぁ、せいぜい足掻いてみなさい」

麻琴「――――足掻いて、いいの?」

美琴「アンタが大人になって、もし、その道を選んで、もし、その道に私が立ちふさがったら全力で来なさい」

  「――――全力で、相手してあげるわ」

麻琴「…………ぜ、全力って」

美琴「『超電磁砲』程度になに甘っちょろいこと言ってんの。
   悪いけど、その時の私の後ろにはさらに怖い『一方通行』が居るわよ」

麻琴「…………そう、だね」

美琴「そうよ」
470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:30:33.19 ID:vqOYhzSr0
自分と同じと言える女
自分の夫との間の息子

ある意味自分と同じような形だし余計に複雑だろうなぁ
471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:33:38.83 ID:K1mYpVbO0
美琴「さて、いい加減この話は終りにしましょ。
   今日はカレーよ。もちろん人参は残さずに食べること」

麻琴「え、いや、人参は……」

美琴「ていうか、人参程度で駄々こねるなら、色々と話にならないわよー」

麻琴「…………うっ」

ガチャ

当麻「話、終ったか?」

美琴「ええ、ちょっと長くなったけど終ったわ」

美子「まま、にぃにのこと怒ってない?」

美琴「やーねぇ。怒ってなんかないわ。ちょっと将来の大事なおはなししてただけよ」

美子「えっと、ちゅーがくじゅけん?」

美琴「――――そうね、それを含めて、ね」

美子「そっか! にぃに、おこられなくてよかったね」

麻琴「…………結構、心にきたけどね」

みこ「?」
472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:39:34.94 ID:faxA80e30
これでは一方通行がトーチャンではないか
ええい旅掛はどうした何をしている
473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:43:26.55 ID:K1mYpVbO0
美子「かれー♪ かれー♪ きょうは、びーふ、か・れ・え!!」(パタパタ

当麻「あ、こら。美子、いい子だから、廊下を走るんじゃありません!!」(スタスタ

美琴「ほら、麻琴、アンタをちゃっちゃと居間に行く。
   せっかくの母さんお手製のカレーが覚めちゃうでしょ」

麻琴「…………うん」

美琴「あ、やば。そういえば、お茶切らしてるんだった。
  貰い物のお茶っぱ何処に仕しまったっけ……?」

麻琴「…………」

  「…………」

  「母さん」

美琴「んー?」



麻琴「―――俺、母さんと対峙できるくらいの男になるよ」

美琴「―――そう。手加減はしないわよ」

474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:45:16.21 ID:wuZz5sxQ0
上条さんは打ち止めのことどう思ってるんだろ
見た目は「若い頃の妻」なんだよな?
475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:52:39.80 ID:K1mYpVbO0
――――同時刻、一方通行宅

一方「腹減った」

オルソラ「今日のご飯はピーチのラグーでございますよ」

一方「また麺か? 昨日はボロニェーゼだったじゃねェか」

オルソラ「ごめんなさい、イタリア料理のほうがどうにも作りなれているものですから……」

一方「いや、別に文句を言ってるつもりは――、」


prrrrrrrrr、prrrrrrrrr


オルソラ「あらあら、お電話でございますね。
     電話にでてきますので、お先に召しあがっていてくださいな」

一方「いや、そンぐらいの時間待ってる」

オルソラ「そうでございますか?」

一方「あァ」
476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:52:58.40 ID:ZW7KBQMR0
そりゃ妹のうちの一人だろ
上条さんは一緒くたにはしないさ
477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/15(金) 23:59:28.60 ID:vqOYhzSr0
御坂妹のことも一人の人間として見てたしな
478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:06:18.37 ID:GEr+MJDw0
オルソラ「はい、もしもし?」

打ち止め『…………あの』

オルソラ「……もしかして、打ち止めさん?」

打ち止め『……ミサカだよ、ってミサカはミサカは報告してみる』

オルソラ「やはりそうでございましたか。あの後ちゃんと家には帰れましたか?」

打ち止め『タクシー拾って帰ったよ』

オルソラ「心配しておりましたので、声を聞けてひとまず安心いたしました」

打ち止め『……心配かけてごめんなさいってミサカはミサカはオルソラさんに謝ってみたり』

オルソラ「いいえ。それは良いのでございます。
     打ち止めさんは、一方通行さんにお話があるのでしょう。
     今わかりますので、ちょっと、待っててくださいますか?」

打ち止め『うん、お願いしますってミサカはミサカは頼んでみる』

一方「―――ッ!」
479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:15:38.33 ID:GEr+MJDw0
オルソラ「と、いうことです。電話でに出てあげてくださいませ」

一方「俺はアイツに顔も見たくねェって言ったはずだぞ」

オルソラ「ええ拝聴しました。けれど、わたくしは『声を聞きたくない』とは聞いておりませんので」

一方「妙な知恵を働かせンな」

オルソラ「しばらくはウチの敷居をまたげない、と打ち止めさんもわかっているからこそ
     直接我が家を訪れずに、お電話してきたのでございましょう?
     電話くらい、出てあげてもよいのではありませんか?」

一方「アイツと話すことなンざねェ。電話もきっちまえ」

オルソラ「……何事も、話し合わないと解決しないとわたくしは思いますけれども」

一方「突き放さねェと、わからねェこともあンだよ」
480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:16:34.39 ID:DEruet5U0
?
481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:24:47.44 ID:GEr+MJDw0
オルソラ「……電話にでないと、明日から一カ月間、麺類のご飯しか出しませんよ?」

一方「勝手にしろ」

オルソラ「もちろん、外食も禁止でございます。朝食、お弁当、夕食、三食全て――」

一方「麺でもかまやしねェよ。文句もいわねェ」

オルソラ「……朝出かける時と夜帰って来た時の口づけも、しばらくしませんよ?」

一方「……だから、電話には出ねェって」

オルソラ「わかりました。
     では、麺類強化月間は挨拶の口づけはもちろんなし、
     寝室も別、ということでかまいませんね?」

一方「はァ!!?」

オルソラ「それが嫌でしたら、電話に出てあげてくださいませ」

    「…………打ち止めさん、とても勇気をだして電話をして来たのでございましょう」

    「ですから、何卒」
482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:25:20.53 ID:ba14SCe10
家庭内別居wwwwww
483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:26:20.00 ID:VYrEdUXd0
一方さんなんだかんだでオルソラ大好きだなwww
設定上当たり前なんだがなんだか面白い
484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:26:57.48 ID:kWFo+6ye0
はァ!!?とか言っちゃう一方さんかわゆい
485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:27:23.66 ID:K9X73iz70
ソーメンオンリーにしてあげればいい
486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:28:50.27 ID:HodS+HZA0
スパゲッティのお弁当持たされるのはキツイなww
487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:31:21.61 ID:GEr+MJDw0
一方「????っ!!」

オルソラ「ほら、一方通行さん」

一方通行「…………いつもなら、オマエの言うことを聞いてやるところだが、今回ばかりは聞かねェ」

オルソラ「……脅しではございませんよ? 本当に実行いたしますよ?」

一方「…………脅されても、電話には出ねェ」

オルソラ「何故、それほど頑なに……」

一方「…………アイツは、1人で考えないと駄目だ」

  「俺が少しでもやさしい言葉をかけてみろ。あいつはまた、俺に甘える」

  「誰かに甘えるよォじゃ、話にならねェ」

  「アイツは、アイツ自身の足で立たないと駄目だとわかるまで、俺はアイツに一切手を差し伸べるつもりはない」

  「――――だから、電話にもでねェ」

  「甘やかせるのま、もう終いだ」
488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:40:36.19 ID:GEr+MJDw0
オルソラ「…………」

一方通行「オマエも、必要以上に甘やかすなよ」

オルソラ「…………電話には、出ないのでございますね」

一方通行「何度も同じこと言わせンな」

オルソラ「わかりました」




打ち止め『…………やっぱり、出てくれないか、ってミサカはミサカは予想していた結果を驚かずに聞いてみる』

オルソラ「ごめんなさいね、ほら、あの人素直ではございませんから……」

打ち止め『ううん、きっとそれがあの人の優しさなんだよね、ってミサカはミサカは振り返ってみる』
489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:42:17.86 ID:VYrEdUXd0
一方さん良い父親すぎる
オルソラとの子供いないのが悔やまれるほどに
490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:42:22.75 ID:SkxvBup10
俺弁当箱いっぱいのナポリタンや焼きそば持っててたぞ
俺のリクエストで
弁当の中身それのみ
491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:51:19.04 ID:HodS+HZA0
>>490
ごめん…(´・ω・`)
492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:55:52.17 ID:GEr+MJDw0
オルソラ「……関係のないわたくしが、口をはさんでいいのかわかりませんが」

打ち止め『ううん。そんなことないよ。オルソラさんはミサカのもう1人のお姉さまだもの』

オルソラ「……私としましても、その、声を大きくして賛成することは難しい問題だと、思います」

打ち止め『当たり前だよ。……色んなものを抱える道になりそうかな、ってミサカはミサカは苦笑いをしてみたり』

オルソラ「アナタ様が背負う十字架は、とてもとても重くて担ぐのか大変になることでしょう」

打ち止め『――――うん』

オルソラ「…………どのような明日を迎えようとも、アナタ様のひたむきさだけは、どうかお忘れにならないでくださいませ」

打ち止め『ありがとう、オルソラさん』
493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 00:57:07.70 ID:GEr+MJDw0
オルソラ「――――どうか、貴方様にも主の救いが賜りますように」

打ち止め『……神さまってよくわからないけど、
     誰かに頼らなくてもいいように、ミサカも麻琴を守ってあげられるように、頑張ってみるよ』

オルソラ「……さようでございますか」



オルソラ「また、いつの日か。私の手料理を食べに来てくださいませね」

打ち止め『うん、楽しみにしてる―――それじゃ、またね』




494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:04:51.17 ID:GEr+MJDw0
オルソラ「……さぁ、ご飯にいたしましょうか」

一方「……あァ、そうだな」

オルソラ「そうだ、明日のご飯のリクエストはございますか? もちろん麺類限定で」

一方「…………やっぱ、実行するのか、全部」

オルソラ「当たり前でございます。シスターたるもの、嘘は申しません」(ニコ
495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:06:23.22 ID:A448ZJDtO
やっぱり打ち止め気にして子供産んでなかったんだろうなぁ一通

しかしこの一通、言葉遣い云々で奥様方からの不評はあれど子供からの人気は絶大だろうなwww
496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:06:50.13 ID:GEr+MJDw0
一方「…………ウチ、ベット一つしかねェんだけど」

オルソラ「どちかが一カ月、ソファーで寝起きすれば済む話しでございます」

一方「…………明日は、焼きそば」

オルソラ「では、明日のお弁当は焼きそばに致しましょう!」

一方「ソファーには俺が寝る。オマエがベット使え……」

オルソラ「あら、よろしいので?」

一方「いいって」

オルソラ「わかりました。ではお言葉に甘えるますね」

一方「…………メシ、うめェわ」

オルソラ「たくさん作りましたので、おかわりしてくださいませね」

一方「…………おォ」
497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:16:49.67 ID:GEr+MJDw0
――――時間は夕方まで戻り居酒屋「根性」


五和「あなたー!! 注文してた仕入れの品ってココに置いておけばいいのー?」

佐天「あっ! ちょ、女将さん、そんな重たいもの運んじゃいけませんって!」

五和「大丈夫ですよ、大丈夫大丈夫」

佐天「でも……」


ダダダダダダダ


削板「五和ぁぁぁぁっぁああああああああ!!!!」

佐天「うわっ、店長突然登場しないで下さいよ、ビックリするじゃないですか!!」
498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:18:56.10 ID:GEr+MJDw0
五和「あ、あなた。ねぇ、魚一さんから仕入れのお魚が届いたんだけど、運ぶのここでよかった?」

削板「おまっ、こんな重たいもの運んだのか!? そうなのか!?」

五和「そんなに重たくないって」

削板「駄目!! そういうことは俺に任せてくれていいから、五和は安全にしてなきゃ駄目!!」

五和「そんな大げさな。もう安定期に入ってるんだし、別にコレくらい」

削板「赤ん坊の健やかな成長はオマエにしか守れないんだ。悔しいが、俺の根性をもってしてもそればかりはどうにもならない」

佐天「そうですよ。妊婦さんは休んでいてください。こういう時のために私みたいな店員がいるんですから!」

削板「そうだ、五和は休め!! 根性で休め!!」

佐天「根性で休むってどういうことですか……」

五和「……そう? じゃ、お言葉にあまえさせてもらおうかな」
499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:21:16.35 ID:DEruet5U0
いいなぁいいなぁ
500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:26:10.22 ID:GEr+MJDw0
佐天「さぁ、店長ちゃっちゃと開店準備はじめちゃいましょう!」

削板「そうだな佐天! よし、下準備は終ってるし、残りの細かい仕上げを終わらせるぞ!」

佐天「はーいっ!」



五和「……暇ですね」

  「……ねぇ、赤ちゃんお母さんすごく暇なのー」

  「…………」

  「よし、座卓でも拭くかな」(スタっ



佐天「あっ! コラ、女将さん!?」

削板「五和! いま、働こうとしただろう!? 駄目だ、ちゃんと安静にしてろ!!」



五和「うっ、二人とも鋭い……」
501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:27:53.85 ID:HodS+HZA0
科学、魔術、無能力者、全員が「根性」に揃ってるのか。平和な世界がやってきたって感じで何かぐっと来るな
502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:36:04.84 ID:GEr+MJDw0
ガラガラガラ。

息子「ただいまー」

五和「あ、おかえりー」


削板「お帰り! 息子よ!!」(バタバタ

佐天「あ、坊ちゃんおかえりなさーい」(バタバタ


五和「ほらお兄ちゃんがただいまーだって」

息子「ただいま、赤ちゃん」(サスサス

五和「あら、お兄ちゃんにお腹撫ででもらえてよかったねー」

息子「なんか、まだ兄貴になるって自覚でないな―」

五和「生まれたら、嫌でもお兄ちゃんの自覚がでてくるから大丈夫よ」

息子「そんなもんかなー? まあ、いいや。今日も賑やかだね、お店」

五和「お父さんと佐天はいるも賑やかだから。それにしても、いつもより遅かったね。どこかでお友達と遊びに行ってた?」

息子「あーうん、御坂の奴と少し教室で駄弁ってた。そのあと第十二学区によってた」
503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:43:24.62 ID:GEr+MJDw0
五和「中学校の下見?」

息子「まーねぇ。神学系でもいくつか良いところ見つけたよ。能力研でも神学系でも、どっちに進んでも楽しそう」

五和「私も、お父さんも貴方が進みたい学校でいいっていつも言ってるでしょう?」

息子「そうだけど。やっぱ学校の先生とか、知り合いの科学者とか、声かけてくれる人は多いし」

五和「天草式の人にはこの間きつく言っといたから『息子に執拗に十字教に勧誘しないで』って」

息子「あ、マジで? 建宮さんたち良い人なんだけど、
   『カモン、将来的には天草式へ☆』みたいなノリがちょっと……」

五和「そもそも、主の存在を自ら望んでその身に感じ、祈りをささげないと意味がないっていうのにあの人たちは……」

息子「でも、ぶっちゃけると、母さんだって俺が神学系いったほうが嬉しいとか、ない?」

五和「ない、とか断言できないけど、それでも貴方が進みたい道を応援する気持ちのほうが勝ってるわよ」

息子「……そっか、さんきゅ」

五和「原石関係の人にも、お父さんになんとか言ってもらうから、自由になさい」

息子「……お父さん、説得とか苦手そう……」

五和「……それは、一応、お父さんをしんじてあげよう……?」
504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:44:31.65 ID:Ikzprwaz0
サルよけ
505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:44:55.70 ID:JajZLMsO0
禁書2期の2話と並行してこっち見てるとどっちも頭に入ってこねぇwwww
506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:49:50.70 ID:GEr+MJDw0
息子「まぁ、『すごいぱーんち』でなんとかしてくれると願おうかな」

五和「……また御近所さんから苦情来るのだけ嫌だなぁ……」

息子「この間回覧版で回ったんだっけ?」

五和「うん。『カラフルな煙幕で周囲一帯が包まれて、前が見えにくくなりました』って」

息子「……あの煙幕ってどこからでてるんだろ……?」

五和「世界最大の原石だもの、謎よ。全て、謎」



佐天「よし、じゃあ暖簾かけてきますねー」(ガラララ

削板「『根性』開店だ!! 今日も一日根性で頑張るぞぉぉおおおおお!!」


五和「お客さんきそうだし、私たちは居住空間(二階)に戻ろうか」

息子「うん、そうだね」
507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 01:51:20.95 ID:K9X73iz70
そういえば五和って下の名前出てないんだよな
508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:00:07.87 ID:GEr+MJDw0
509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:00:51.98 ID:JajZLMsO0
>>508
どうした
510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:03:31.33 ID:NV9AOphWO
>>509
今日が禁書二期の放送日だということを忘れてたに一票
511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:04:31.64 ID:GEr+MJDw0
――――居酒屋『根性』閉店

佐天「それじゃあお疲れさまでした」

削板「おう! 明日も頼むな!」

佐天「失礼しまーす」(パタパタ


削板「………ふぅ、今日もよく働いたな、俺」

五和「お疲れ様、あなた」

削板「五和」

五和「お酒持ってきたから、一杯どう? わたしはお酌しか出来ないけど」

削板「もう二時すぎてるんだぞ? もう寝た方がいいんじゃないのか?」

五和「そうだけど、たまには二人っきりの時間を過ごしたっていいじゃない」

削板「…………そう言われると、強くでれんな……」

五和「ほら、隣の椅子に座る座る」(ポンポン
512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:06:20.96 ID:GEr+MJDw0
いえ、なんでもないです。コーラの缶が倒れてビックリして、つい。
513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:26:02.23 ID:NV9AOphWO
しかし喫茶店愚痴トークからエライ発展のしようだな
514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:32:23.18 ID:IhpKXhox0
保守

515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:37:35.51 ID:GEr+MJDw0
五和「きょうも一日お仕事お疲れさまでした」

削板「お、さんきゅーっ、てこれ鬼殺し……」

五和「ささ、ぐぐいっと」

削板「……男は根性ッ!!」(グイ

五和「いい飲みっぷり。ささ、遠慮せずにもういっぱい」

削板「おう!」
516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:46:04.32 ID:rF8t4cQ30
支援
517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:46:26.96 ID:GEr+MJDw0
五和「………あら、もう空になっちゃった。もう一本飲みます?」

削板「さ、さすがにこいじょうはキツイ……」

五和「えぇー。もっと飲んでるところ見てたかったのにー」

削板「……いや、もう既に頭が痛くなってるから、な?」

五和「むむむ…」

削板「ほら、夜も遅いしもう五和も寝ろ」

五和「嫌です」

削板「五和」
518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:49:22.19 ID:GEr+MJDw0

五和「…………だから、たまには二人っきりの時間を楽しみたいんだってば」

削板「…………」
 
  「あー、畜生」

五和「……? あなた?」

削板「俺、今すぐ、五和のこと即効で押し倒したい気分です」

五和「ちょ……。だぁめー。赤ちゃんビックリしちゃうから」

削板「わかってるって。だから自制しただろ俺。ていうか根性で自制してるっつーの」

五和「あははは、根性で頑張って。ねー? お父さん?」

削板「…………あーもう、可愛いこと言いまくりだな、オマエ」

  「赤ん坊生まれたあとは、覚悟しとけよ?」

五和「やだっ、もう、あなたったら!」(バンバン

削板「背中叩くな! ちょ、まじで吐きそうになるからあああ!!」
519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:55:05.23 ID:DEruet5U0
この調子で何人家族にまで増えるんだろうかね・・・
520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:56:56.56 ID:GEr+MJDw0
削板「……五和の奴ああ見えてけっこう力あるからなぁ。マジで逆流しそうになった……」(ゲッホゴホ

五和「…………」

  「――――ねぇ、あなた」

削板「なんだ?」(ゴホ

五和「…………さっき言ったの言葉、忘れちゃ駄目だからね?」

削板「……ぉ、おう」
521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:57:30.13 ID:gZUQQPjL0
てs
522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:02:04.29 ID:ba14SCe10
佐天さんは一人なのかな…
523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:02:17.05 ID:GEr+MJDw0
五和「…………」

削板「…………」


五和「……あなた」

削板「……五和っ!」


ガラッ


息子「なんか小腹すいた……て、あれ?」


五和「 」

削板「 」


息子「――――スイマセン、オジャマシマシタ」


バタン


削板「…………もう夜遅いし、寝るか」

五和「…………そ、そうね」
524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:08:39.25 ID:GEr+MJDw0
―――――居酒屋『根性』の周辺の路地


黄泉川「ぜんっぜん、飲み足りないじゃんよー!!」

木原「あほか、今日は何軒回ったとおもってんだ。もう充分だろ」

黄泉川「今日はまだ4件しか回ってない!」

木原「十分多いわ、ボケ」

黄泉川「いいじゃんよー。ようやく例の件の後片付けが終ったんだからさー?」

木原「……だからと言って、そのフラフラな足元では何処もいけねえだろ。いい加減、終いにしようぜ」

黄泉川「えぇー」

木原「ええーじゃねっつーの。タクシー拾ってやるから帰れ酔っ払い」

黄泉川「のーみーたーりーなーいーじゃーん!!!!」

木原「うっせぇ! そんなに飲みたけりゃ、家買って晩酌でもしてろ!!」
525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:09:19.87 ID:GEr+MJDw0
×家買って ○家帰って
526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:09:57.62 ID:rxHgoUcI0
麻琴と打ち止めって、身も蓋もない言い方すれば
『男の子の初恋は母親』の一言で片付くんだよな
527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:13:48.38 ID:GEr+MJDw0
黄泉川「一人で飲むのなんてツマラナイ」

木原「ここまで付き合ってやったんだ。これ以上は勘弁してくれ」

黄泉川「一人で飲むのなんて寂しいじゃん」

木原「ババァがつまらないとか寂しいとかいうな」

黄泉川「木原せんせーだって、ジジィじゃんか」

木原「俺はジジィじゃねっての」

黄泉川「何? 生涯現役発言? やーらしい」

木原「卑猥なのはそういう思考にもっていくオマエの思考だ」
528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:17:57.15 ID:GEr+MJDw0
黄泉川「……ていうかさ、木原先生、私のこと避けてるよね?」

木原「………………」

  「んなこたねーよ」

黄泉川「今日の飲みだって、すごいしぶって私が強引に連れ出したし」

木原「わかってんじゃねーかよ。そうだよ、俺はオマエに無理やり連れ出されて疲れてんだよ。いい加減帰らせろ」

黄泉川「…………そんなこと言いつつ、最後まで付き合ってくれるところ、嫌いじゃないじゃんよ」(ボソ

木原「ほら、タクシー拾える通りまで歩くぞ」

黄泉川「りょーかい…っ」
529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:23:10.57 ID:GEr+MJDw0
黄泉川「………あっ」

木原「なんだよ。急に思いだしたように立ち止まるな。居酒屋に財布でも忘れたか?」

黄泉川「いやいやいや、そういうことじゃないじゃんよ」

木原「なら、いったいなんだってんだよ」

黄泉川「ふと思ったんだけど、
   木原くんは私のこと避けるようになったのって、
   警備員、猟犬部隊の合同演習の1対1の試合で私が木原先生に圧勝したときから…?」

木原「…………さぁな」(ギク

黄泉川「……目が、左右に泳いでるじゃん?」

木原「いや、あれはただの模擬戦闘だろ。そんな遊びの闘いの結果なんていちいち気にしてらんねーっての」

黄泉川「ふーん。まぁ、いいけど」
530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:24:18.20 ID:VnASmVbp0
あまぁい
531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:25:02.87 ID:ba14SCe10
黄泉川先生強いなw
532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:32:33.10 ID:GEr+MJDw0
木原「おーい、タクシー」


ブロロロロロロ。キキッ。


木原「――――おら、タクシー来たぞ」

黄泉川「木原先生は?」

木原「歩いて帰れる。たいして時間もかかんねえし、酔い覚ましも兼ねてな」

黄泉川「…………」

   「やっぱ、一人で家でのみ直すのはさびしいし」

   「木原先生、これから私の家に来るじゃん?」

木原「―――――」

  「ッハ。馬鹿も休み休み言え。これ以上オマエに付き合ってやる義理はねえ」
533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:33:54.25 ID:GEr+MJDw0
黄泉川「あららら、来ないのか。それは残念じゃんよ」

木原「冗談にしては笑えてーな」

黄泉川「結構、冗談じゃなかっり?」

木原「…………俺たちは、今のこの関係でいいだろ」

黄泉川「…………そう、じゃんね。今のまま気楽で一番だ」

木原「……そういうこった。おら、さっさと行けや酔っ払い」

黄泉川「今日は飲みの付き合いありがとーじゃんよ、また今度」

木原「いかねーよ」

黄泉川「なら、今日と同じ、無理やり引きずってく!!」

木原「オイオイオイ……」

黄泉川「じゃ、またじゃんよー!」


ブロロロロロ
534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:39:05.80 ID:GEr+MJDw0
木原「あー……ようやく静かになった」

  「さて、俺も帰るか」

  「………歳だな、こりゃ明日は朝おきれそうにない」

  「ま、長期休暇中だし、なんの支障もねーけどな」

  「ったく、どうでもいいことだけ勘のいい女だな、アイツも」

  「…………」(ハァ


  (あの時、はじめて女にぶちのめされて。
   
   ――――背筋のピンを伸ばして堂々としている背中にほれ込んだ、なんて)


  

   「口がさけても、絶対にいえやしねぇ」
535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:40:15.89 ID:GEr+MJDw0
――――打ち止め(滝壺・五和・木原視点込)・終――――
536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 03:42:34.22 ID:HodS+HZA0
あれ、黄泉川先生の歳って下手すりゃ…
537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:01:34.75 ID:GEr+MJDw0
これにて終り。美琴を30歳として想定していたので、おおよそ16年後のパラレルでした
2スレ目からかなりグダグダでありきたりな展開が続いてしまいましたが、ここまでお付き合いありがとうございました。
予想もできない安価が沢山あって、面白かったwwwwww
538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:11:45.63 ID:sjjGYaKd0
乙!おもしろかったよ!!!
できれば打ち止めと麻琴のその後も知りたかったり・・・
539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:24:15.69 ID:ba14SCe10
お疲れ様でした
個人的に初春とアレイスター、介旅と黒子がお気に入り
540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:24:57.21 ID:RpEt/vY3O
とりあえず今回はこれで終わりです。
麻琴と打ち止めはなるようになったのではないでしょうかw彼らの後ろには美琴とオルソラ、そして上条さんが居るのできっと大丈夫でしょう
暇があれば全スレ1と同じ会話から始まる新しいパラレルストーリーを書いてもいいかなと思っています。また鬼畜安価よろしくwww
それでは録画した禁書を見ながら寝るとします
読んでくれてありがとう!
541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:25:02.10 ID:E3JUKATM0
神裂とステイルと姫神を忘(ry
542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:30:04.64 ID:7q2jTFk70
おお、これで終わりなのか
最高に乙でした!!
どんな安価にも最高の技術で応えてくれて感動しました
できればトリ着けていただければ嬉しいかなとw

とりあえず、本当にお疲れ様でした
543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:30:36.28 ID:7Oz7owyyO



……と言いたいところだが姫神や神裂や吹寄やアニェーゼやレッサーがまだまだなんだぜ
544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:38:55.68 ID:/WzAnEJK0
乙でした。
今度は別のキャラの展開も期待してるぜw
545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:49:18.53 ID:VnASmVbp0
乙!

ステイルとか文字通り人が変わったイザードとかも見て見たかっ(ry
546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:51:51.01 ID:y9NuInl2O
乙、近親相姦は駄目だな
それ以外最高に面白かったよ
547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 04:52:13.83 ID:56u+2AW40

ストーリー作るのは上手いけどもう少し国語勉強してね
タイプミスと思われる誤字脱字も多いけどそういうレベルとは異なる
明らかに間違って覚えてる言葉使いが何度も目に付いて気になったよ
548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 05:00:06.61 ID:DEruet5U0
お疲れ!
無茶振りからよくもまあこんだけ話広げたもんだwwwwww
ホントにスゲェと思います、乙!
549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 06:44:27.99 ID:9ZsaqwmI0

550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 07:37:38.46 ID:qvNFfiDaO
ああ面白かった
このスレが気になって睡眠時間が減っちまった
>>1乙&GJ
551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 08:08:34.27 ID:pG9gTUkG0

よくもあれだけの無茶振りに応えたもんだ
552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 09:10:21.43 ID:A448ZJDtO
乙!
麻琴が一方と御坂を倒せる頃には学園都市最強の無能力者になりそうだwww
553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 09:51:13.16 ID:lr1yGLbS0
くっそ途中で寝てしまうとは……乙

話ももちろん面白かったが、
安価取るのがこれほど楽しいスレは久々だったぜ
554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 09:57:14.60 ID:hbgRebAw0
近親相姦はいらなかったな
前スレの>>703は死ね
555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 10:21:34.86 ID:URLR3Tm30
おつ
556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 11:04:16.08 ID:sRL8knYtO
おはよう
終わってたね、乙

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > とある > 御坂「よーっす」インデックス「おはよーなんだよ」【終】

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP