Home > とある > 御坂「よーっす」インデックス「おはよーなんだよ」【4】

御坂「よーっす」インデックス「おはよーなんだよ」【4】

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 18:52:36.09 ID:iuKX92pR0
―――その頃、見えないビルの中


アレイスター「…………」(メルメル

――送信

アレイスター「…………ハナちゃん、怒るであろうな」

      「約束を守るなんて最低だ」

      「嫌われたら、どうしよう」

      「………けど、学園都市が崩壊するようなことは、避けなければならないし」


      「私にとって、彼女との触れあいの時が『生きている』と思える時なのに」
772: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 18:53:29.90 ID:iuKX92pR0
アレイスター「…………」

      「…………ハナちゃんに嫌われたら、どうしよう」(グスン  

      「ハァ」


      「……」

      「…………」

      「………………、返信、まだかな」(ポツリ
773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 18:54:59.63 ID:9dgF3ViI0
こんなアレイスター嫌だw
けど好きになってしまいそうでもある
774: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:08:11.86 ID:lZXoPfpt0
エイワスが爆笑してそうだな
775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:08:42.65 ID:iuKX92pR0
……コツコツコツ。


土御門「よう、アレイスター」

アレイスター「返信来ない返信来ない返信来ない」

土御門「来客を乗せたプライベートジェットが、もうすぐ極秘裏に第二十三学区の空港に到着する」

アレイスター「もしかして……ハナちゃんに嫌われ、た……?」

土御門「今回のコレ。公での会談ではない。
    英国清教含めて十字教の各宗派は今のところ静観の態度を崩していない。
    しかし、ビアージオが何か面倒くせぇモンを持ちこんでくるのはほぼ確実
    ――――少なくとも、もしものことがあれば、必要悪の教会は介入することも辞さないぞ、学園都市統括理事長」

アレイスター「どうしようどうしようどうしよう」

土御門「…………俺の話、ちゃんとを聞いているかにゃー?」

アレイスター「…………もうだめだ、私はいきていけない」

土御門「まったく聞いてねぇ、コイツ」
776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:10:25.88 ID:peqTXK/C0
キター
777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:21:06.83 ID:iuKX92pR0
アレイスター「……………」
   
      「こうやって何も考えずに、ただ浮くというのも良いものだな」(プカー…

土御門「無気力で液体の中を漂うな。現実逃避するな」

アレイスター「…………」(プカー…

土御門「……何があったか知らんが、報告を続けさせてもらうぞ。後で記録したモンで確認しろ―――、」


?世界に?ひーとーつだけ?のハナちゃん/?世界に?ひーとーつだけ?のハナちゃん/


アレイスター「――――ッ!! ハナちゃんからのメールだ!!!」

土御門「なんだよ、どっかで聞いたことあるけどなんか微妙に違和感を覚える着メロ」

アレイスター「私が作成したハナちゃん専用の曲だ」(キリッ

土御門「突然反応すんなよ。
    オマエのテンション上がり下がりが激しくてついていけねーし。
    つーか、俺がココに居ることわかっててその上で無視してやがったな、このクソ野郎」
778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:21:20.71 ID:dzqUCw+S0
土御門は誰とひっついたんだろうか
順当に義妹か?
779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:26:00.41 ID:C6Z2c4zMO
エイワスとカザキリの会話が見たい
780: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:29:42.29 ID:iuKX92pR0
アレイスター「…………しかし、返信が来たが、なんて書いてあるんだ」(ガタブル

      「…………」

      「…………」

      「…………ッ!!」(パァァァアアアアア



土御門「なんか、ビーカーの中の人が、急ににやにやしはじめてキモイ」
781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:29:45.42 ID:lZXoPfpt0
>>779
ハナちゃん(笑)とか学園都市オワタとか話してそうだな
782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:42:50.58 ID:iuKX92pR0
アレイスター「土御門」

土御門「なんだ」

アレイスター「衝撃の杖はどこに保管してある?」

土御門「……衝撃の杖? 
    ああ、アンタがロシア出張したときに使った霊装のことか?
    魔道書やら霊装やらを適当におしこんでる物品庫の中にでもあると思うが」

アレイスター「ハナちゃんと外でデートすることになったから、数日後までに必要になる」

土御門「つーか、ハナちゃんハナちゃんってうるせえな。
    確か、オマエが熱を上げている女教師だったか。
    いまは女に関してどうこう言えるような状況ではないだろう。
    結構な緊急事態なんだぞ。そこんところちゃんと理解しているのか、統括理事長」


    「――――優先順位を考えろ」


アレイスター「理解はしている。ただ、私の中でも優先順位第一位がハナちゃんなだけだ」

土御門「余計に立ち悪いわ!!!」




783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:46:11.74 ID:C6Z2c4zMO
アレイスターなら霊装なしでも教皇級魔術を使えてもおかしくなさそうな
784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 19:47:22.36 ID:dJTNx1On0
約束守るなら最低じゃないだろ
性質を立ちと間違えるのはともかくこういう意味が全く変わる間違いってどうやったらできるんだ?
785: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:00:00.27 ID:iuKX92pR0
アレイスター「年若い女性が喜びそうな場所……。映画館、ショッピング?」 
      
       「食事はフレンチやイタリアン、和食もいいな!」

       「…………」

       「――――土御門、お勧めの場所とか何か知っているか!!?」

土御門「知らん」

アレイスター「なんだ、若いのにしけてるな」

土御門「好き勝手いうな。
    デート云々はコレが片付いてからゆっくり考えろ。
    そもそも、この事態を収拾しなければデートどころではなくなるだろう?」



アレイスター「…………そうだな」

      「一方一秒でも早くハナちゃんとの逢瀬を迎えるためにも」

      「さっさと、片づけることとしよう」
786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:02:49.22 ID:dJTNx1On0
一分一秒
787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:12:49.73 ID:9HNufDsz0
誤字やミスを指摘するのはいいけど絡み方がちょっとアレだなw
788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:14:21.30 ID:hc4j9xXWO
こまけぇこたぁ(ry
789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:14:34.11 ID:iuKX92pR0
アレイスター「ああ、そうだ。土御門、木原をこちらに呼び戻せ」

土御門「……木原数多を?」

アレイスター「十字教徒側を刺激しないように、護送には警備員を動員するのだろう?」

土御門「ああ。こちら側からの警護も必要だしな。
    さきほど『里帰り』をしにこちらに戻って来たシスターにも、すでに警備員が接触している」

アレイスター「おや、彼女から聞いていた『里帰り』の時間帯より少しばかり早いな」

土御門「ああ、それで対応が遅れている」

アレイスター「――――ふむ。一応、警備強度は第三級警報にしておけ。生徒たちの外出を制限しろ。
       学園都市の主要路、各施設にすべての警備員を配置。
       ここの警備は木原(猟犬部隊)に任せる」

土御門「…………ったく、はじめっからそういう風にしてくれていたら、
    こちらも仕事が迅速に進めらたというのに」
790: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:17:01.13 ID:8pIKsv+4O
真面目なアレイ☆さんかっけぇ…
791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:22:35.92 ID:C6Z2c4zMO
学園都市が警報を出すなんてビアージオとインデックスの夫婦喧嘩はどんだけ大規模なんだよ
792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:36:17.06 ID:iuKX92pR0
――――第十一学区


黄泉川「迎えにきたじゃんよ、シスターさん?」

禁書「お手数をおかけてしてしまって申し訳ない。わざわざありがとうなんだよ」

娘「こんにちは」

黄泉川「おっ、娘さんかい? 自分から挨拶できるのか、おねえちゃんじゃんよー」(ナデナデ

娘「……///」

黄泉川「確か、上条のところに居候していた女の子ってのが―――」

禁書「うん、私なんだよ。とうまの知り合い?」

黄泉川「アイツの高校時の体育教師」

禁書「そうなんだ。あ、あの途中で寄り道して貰ってもかまわない?」

黄泉川「シスターさんが早めに『里帰り』して来たから時間の余裕はあるじゃん。目的地は?」

禁書「とーまとみことの家に。娘を預かってもらう約束はすでにしてるから」
793: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:37:49.66 ID:iuKX92pR0
娘「とーまとみことの家?」

禁書「今日、アナタがお泊りに行くおうちだよ」


娘「…………」

 「日本には、おとーさまに会いにきたんじゃないの?」


禁書「…………」

黄泉川「…………」


娘「ねぇ、おかーさま」

禁書 「……今日おとーさまと会うのは、おかーさまだけ。
    いい子だから、アナタはみことの家で待っていてほしいんだよ。―――ね?」

娘「…………、わかった」


黄泉川「それじゃ、まずは上条の家に向かおうか」

禁書「お願いします」
794: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:39:45.38 ID:9HNufDsz0
聞き分けのいい娘だなぁ
かわいい
795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:43:15.81 ID:9dgF3ViI0
それだけに離婚は切ない
796: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:47:54.61 ID:ixc5klFJO
娘はあれか突然変異か何かか
禁書と十字架野郎の子供とは思えん
797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 20:51:31.35 ID:dzqUCw+S0
娘の名前が気になる
798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:15:13.96 ID:bC0ITZMfO
799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:23:06.60 ID:6i77wVPpO
安価かな
800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:33:25.77 ID:iuKX92pR0
――――第二十三学区



ビオージオ「…………いやはや、まさかこんなことになってしまうとは」

     「確かに、わたしにも非があったともいえなくもない」

     「けれど、……何故、今になってあれほど感情を乱し、わたしに楯突いてきたのか」

     「…………」

     「…………」

     「あやつは喧しい娘ではあるが、激情とは無縁と思っていのだが」

     「すっかり、忘れていたな。アレは『禁書目録』だ」
   
     「――――我が妻ながら、時折、旋律すら覚えてしまうのも仕方ないというもの」



 

ビアージオ「帰ってきた途端、魔術をぶっ放すとか、あああ恐ろしい恐ろしい怖い」(ブツブツ

警備員「そ、そんなに身体震わせて、だいじょうぶですか……?」

ビアージオ「大丈夫ではないから、ココまで逃げてたのだ」(ボソ
801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:39:02.80 ID:EYlSXiCB0
他の部分で幸せや切なさや朗らかさが演出される中こいつは何やってんだwwwwww
802: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:41:26.52 ID:9HNufDsz0
小物臭たっぷりな所がそれっぽいwww
803: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:41:44.66 ID:9dgF3ViI0
浮気しまくるからだろwww
804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:45:25.86 ID:rlTzEZYuO
阿呆の子がいるwww
805: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:49:15.12 ID:iuKX92pR0
ビアージオ「怒るのは別にいい。怒鳴るのだって噛みつくのだっていつものことなんだ」

警備員「はぁ……」

ビアージオ「奴が無表情で、淡々と魔道書を用いた魔術の組み立てを始めたときの恐怖といったらなかった……っ!」

警備員「まどうしょ……?」

ビアージオ「あの時、私は主への元への旅立ちが脳裏によぎったんだぞぉおお!!?」

警備員「いや、一警備員である自分に言われましても……」

ビアージオ「アヤツに女と手を切れと言われたから、
      その子を我が家に呼んで話をしていただけなのに。ひどいと思わんかね!?」

警備員「えっと、奥さんに女と手を切れって言われたってことは―――、失礼ですけど不倫相手をご自宅に招いたってことですか?」

ビアージオ「そうだ」(キッパリ

警備員「いや、自業自得では……」


禁書の旦那(ビアージオ)が愚痴りまくっている警備員は誰?>>+5
また、禁書との間にもうけた一人娘の名前は?>>+10
806: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:51:22.12 ID:41I9+/4sO
kskst
807: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:51:29.31 ID:9HNufDsz0
ksk
808: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:52:04.27 ID:9HNufDsz0
佐天さん
809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:52:53.83 ID:CWGNfvFJ0
佐天さん
810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:52:55.61 ID:9dgF3ViI0
服部 半蔵
811: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:54:18.26 ID:uNgbIysbO
インコテンツ
812: ◆9oabbxLctw 2010/10/12(火) 21:55:14.40 ID:AJcSLk9b0
ksk
813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:55:30.36 ID:9HNufDsz0
ksk
814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:55:33.84 ID:OtMu7ENy0
ぶっくまーk・・・シオリ
815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:55:37.55 ID:EYlSXiCB0
アクアリウム
816: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 21:56:29.10 ID:9dgF3ViI0
インポテンツ
817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:13:30.60 ID:C6Z2c4zMO
半蔵にアクアリウムか
818: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:14:54.50 ID:iuKX92pR0
ビアージオ「あの時はアクアリウムが仲裁してくれたから一命は取りとめたものの、
      今だって血眼になって私のことを探しているに違いない」(ガタブル…

服部「……アクアリウム? え、水生生物の飼育設備が仲裁……?」

ビアージオ「娘の名だ」

服部「また奇抜な名前ッすね」

ビアージオ「ああ、私はイタリア人だが、妻が英国系なのでね。娘の名も英語なんだ」

服部〈……いや、そういう意味じゃなかったんだけど。まぁ、いいか〉


服部「それでは、これから統括理事長の所までご案内します」

ビアージオ「ああ頼むよ。アレイスター殿になんとか御助力願いたい」

     「―――それに、学園都市自慢の見えないビルとやらが、一番安全なシェルター代わりになりそうだし」(ボソッ


服部(ああ、ようは怖??い奥さんから逃げてきて、学園都市を隠れ蓑にするつもりなのか……)

  (なんつーか、小物臭ェオヤジだなぁ)
819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:16:33.22 ID:9dgF3ViI0
最初は立場上丁寧な言葉遣いを心がけていたが、相手があまりにアホなのでちょっと素の反応が出た服部w
820: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:18:46.43 ID:9HNufDsz0
半蔵がアンチスキルって事は黄泉川さんとなんかあるっぽいなぁw
821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:26:23.79 ID:EYlSXiCB0
禁書wiki見てきたけどビアージオの項目ひでえwww
>>部下の失態や上層部の決定などのしわ寄せを受けて、周囲を無能と罵る典型的な小物悪役のパターン。
>>禁書世界では珍しい、生粋の小悪人の敵であった。

しかも
>>『アドリア海の女王』と『刻限のロザリオ』を用いて、
>>学園都市、引いては科学サイド全てを破壊・消滅させる計画の遂行を任じられていた。
こんなことやっといてシェルター代わりにする気かよwwww
822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:30:14.08 ID:iuKX92pR0
――――そして、時刻は深夜。

木原「猟犬部隊の配置等すべて完了だ。ったく、人にこき使わせやがって」

アレイスター「この一件が終れば――、そうだな、オマエには長期休暇の取得を許可してやろう」

木原「あ? それは願ってもない話だが、なんでまた突然」

アレイスター「会談までの時間、少し滞空回線の情報を解析してな」

木原「―――俺はクソ長ぇ独り言を言ってただけだぞ」

アレイスター「―――なに、唯の気まぐれさ」

木原「……ああ、そうかい。ま、有難く休ませてもらうとするわ」
823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:33:46.80 ID:M3P75bqGO
唯の気まぐれ・・・
中の人繋がりか
824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:34:24.73 ID:9dgF3ViI0
怒った初春にフォロー入れてくれたお礼か
825: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:39:02.97 ID:C6Z2c4zMO
それよりスキルアウトだった連中が軒並みアンチスキルかその関係者ということに胸熱
いったい何があった
826: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:45:08.84 ID:41I9+/4sO
不良が世話になった先生や警官に憧れたり就職の世話してもらうのは
漫画とかだと王道だろ
827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:45:13.62 ID:iuKX92pR0
土御門「いやいやどうも、ご両人。こっちの準備も終わったんで加勢にきたぜい」

黄泉川「―――警備員の配備完了じゃんよ。
    しっかし、こんなに警備員が増員されるのなんて何時ぶりだって話だ」

服部「さぁな。俺が入隊してからは一度もねぇっすね」

黄泉川「私がオマエぐらいの歳の時くらい、だったかもな」

アレイスター「皆、御苦労だった」



木原「さぁて、アレイスター。今世紀最大の夫婦喧嘩の舞台の準備は整ったぞ?」

アレイスター「後は役者達のが揃うのみ、だな」

木原「さて、この舞台。喜劇か? それとも悲劇か?」

アレイスター「さぁ、私も分りかねるよ」



      「―――私だって、観客の一人にすぎないのだから」
828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:46:40.43 ID:9HNufDsz0
アンチスキル大増員での警護が必要な夫婦喧嘩パネェwwwww
829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:54:58.55 ID:iuKX92pR0
―――――数日後。


『ねぇねぇ、あの夜の大きな閃光見たー?』

『見た見た、ママが言ってたけど、十数年前にも似たような現象が起こったことがあるんだってー!!』

『あ、それ知ってるかも、学園都市都市伝説「九の月に夜に、狂信的な科学者が黒魔術を使って天使を降臨させた」ってヤツでしょ?』

『でも、絶対ソレ嘘だよね』

『ねー。なんか出来過ぎてて、逆に信憑性に欠けるのよねー』

『それにしても、ズドーン! とかすごい騒音だったね。うるさくて眠れなかったもん』

『なんか、警備員の人に聞いたら、大型の実験をしてたみたいだよ』

『へー。でもま、学園都市なら何を実験してても不思議じゃないかもねー』〈クスクスクス

『だしかに』〈アハハハハ




アレイスター「――――ふむ。情報統制も上手くいっているようだな」
830: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:56:18.86 ID:C6Z2c4zMO
まじでどういうお仕置きするんだインデックスは
この警備体制だとイノケンティウスで小隊編成でもするつもりか
831: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 22:58:37.15 ID:EYlSXiCB0
>>830
口の中にドラゴンブレスのエネルギー滞留させたまま相手の頭に噛み付くとかどうよ
832: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:02:09.33 ID:VrH4o6wl0
忍者は統括理事に就職する法則でもあんのか
833: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:02:46.88 ID:ixc5klFJO
天使レベルの術式使ったのか
そういえば衝撃の杖結局何に使ったんだ?
834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:02:45.05 ID:+urXYpRp0
ドラゴンブレスって確か弊害で記憶かき消すよな
835: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:05:28.25 ID:iuKX92pR0
アレイスター「あまりにも楽しみにし過ぎて、約束の時間の1時間も前に待ち合わせの噴水広場に来てしまった』

キョロキョロ

アレイスター「ハナちゃんは、まだ来ていないようだ」

      「…………」

      「…………ああ、もう少しで、ハナちゃんとリアルでは初めて会うのか」

      「回線を使ったテレビ電話も何度かしたことはあるが……」

      「やはり、緊張するな」
     
      「花束も用意したし、デートプランも徹夜で考え抜いたし、何処も抜かりはない」

      「……………」

      「……………」

      「―――――今日の目標。手をつなぐ」
836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:06:21.41 ID:zpRsN0wq0
ドラゴンブレスですか
837: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:06:28.23 ID:EYlSXiCB0
ピュアwwwww
838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:07:22.70 ID:9HNufDsz0
おおう、一番見たかった展開ktkr!
☆かわいいよ☆
839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:08:25.12 ID:9dgF3ViI0
少なくとも恋愛に関してアレイスターのメンタリティは中学一年生レベルか
840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:12:13.12 ID:aNP9MtPZ0
             ラブプラス
とある統括理事長の恋愛模様
841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:12:16.56 ID:SshmFyAWO
アクアリウム…
842: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:14:04.90 ID:gRtWVZzI0
アレイスターは性魔術やりまくってたはずなんだがなw
843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:17:55.81 ID:iuKX92pR0
初春「ハニー、お待たせしました」

アレイスター「は、ハナちゃん……っ!」

初春「こんちには」

アレイスター「は、ハナちゃんっ!」

初春「…………」(///

アレイスター「…………」(///


初春「き、緊張しますね」(アハハ…///

アレイスター「そ、そうだな」(ドキドキ///
844: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:18:47.85 ID:IBZw1hDnO
確か、ヤりすぎて病気のやつ何人も出しちゃったんで追い出されたんだよな
845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:22:02.11 ID:iuKX92pR0
アレイスター「え、えっと。その」

      「ハナちゃん」

      「こ、これをどうか受け取ってはもらえないだろうか……」(スッ…

初春「……これは?」

アレイスター「私が君のために選び、君への想いを花の一本一本に託した花束……です」

初春「綺麗…。それはアカシアの花、ですね」

アレイスター「さすが、ハナちゃん。可憐なばかりでなく聡明でもある」

初春「い、いえ。そんなことはっ!」

アレイスター「そしてそれを鼻にかけることなく、謙虚。――――ああ、なんて素敵な人だろうか」

初春「?????ッ!!」(///
846: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:31:36.41 ID:uKxPdzg/0
私怨
847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:33:34.09 ID:iuKX92pR0
アレイスター「もちろん、花にくわしいハナちゃんなら知っているかもしれないが……」

      「アカシアには一つ、昔から伝わる話がある」

      「―――――純情なインディアンの青年は、枝を折ってアカシアの花を愛する娘に贈った」

      「娘は、頬を染め無言のままアカシアの花を受け取り―――、」

初春「―――お互いの愛を確かめた。……ですよね?」

アレイスター「やはり、知っていたみたいだ」

初春「ええ、お花に関する神話や伝説も大好きですから」

アレイスター「そうか」

初春「はい」
848: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:36:00.98 ID:lZXoPfpt0
初春のきまぐれで学園都市…いや世界の運命が決まるのか…
849: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:39:07.92 ID:iuKX92pR0
アレイスター「…………このアカシアは、私自身がその手で折ったものではないけれど」

      「君のこと想い、君だけへの愛を誓うためだけに、選んだよ」

      「……受け取っては、もらえないだろうか……?」


初春「…………」

  「…………」

  「…………」〈スッ…


アレイスター「は、ハナちゃん…///」

初春「ふふ。アカシアを贈られた娘は、無言のまま受け取らないと、ね///」



――――初春視点・終―――
850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:41:14.83 ID:B265EF0g0
ってことは、ついに最終章「禁書目録視点」だな
851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:44:10.67 ID:9HNufDsz0
なんて幸せな世界だ
852: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:44:25.20 ID:1s2aPYPM0
厳密には最終章じゃないぞ

エピローグ「ショタコン最終信号の憂鬱」が残ってる
853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:44:37.42 ID:9dgF3ViI0
アレイスターさんマジイケメン
854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:46:08.02 ID:K94DGfu1O
さてんさん空気状態w
855: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:48:04.34 ID:KaUBt2Yl0
安価合戦(ファン人気)では頻出なのに本編に出ないなんて…
まさに佐天さんじゃないか!
856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:48:14.22 ID:C6Z2c4zMO
ついに次は禁書目録なのか
ステイル、神裂、天草式にアニェーゼ達にアックア達とイギリス組がまだ出てないからな


個人的なお願いだけど
吹寄とエイワス、カザキリの後日談をお願いします
857: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:49:31.12 ID:EYlSXiCB0
おまいら希望を述べるのはいいが
残り150レス切ってんだぞwwww
858: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:54:22.17 ID:iuKX92pR0
―――禁書視点―――
             ・
             ・
             ・
             ・

禁書『―――うん、じゃあそっちに着いたら、直接みことの家に行くね』

美琴『了解』

禁書『突然のお願いなのに、ありがとうね、みこと』

美琴『いいのよ。困った時はお互いさまって言うでしょ。それしても―――、』

禁書『うん?』

美琴『アンタ、なんか様子が変よ?』

禁書『そう、かな?』

美琴『――――色々大変なんでしょうけど、アンタがぶっ倒れたら意味がないんだからね』

禁書『うん、わかってるよ。』

  『でも、そろそろ本当の意味で、決着をつけに行くの』

美琴『――――私は何があろうと、アンタの味方だから』

禁書『ありがと、みこと』
859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:54:30.75 ID:ixc5klFJO
話面白いから一区切りついたら製作で別キャラのも書いて欲しいわ
860: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 23:59:34.33 ID:9HNufDsz0
こんな新鮮かつカオスな組み合わせを見事調理してみせるのはマジ凄いし面白い
861: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:07:13.61 ID:aZMWKK500
禁書『それじゃ、そろそろ家を出ないと』

美琴『ん。日本で待ってるわ』

禁書『うん、日本で会おうね』


ガチャ。


禁書「…………ハァ」

アクアリウム「……おかーさま? どうしたの?」

禁書「ううん、なんでもないんだよ、アクアリウム」

アクアリウム「でも。お顔が真っ青だよ」

禁書「そうだね。すこしお仕事が忙しくて疲れているかも。でも、心配ないんだよ」

アクアリウム「……私、あかーさまのそういう所、好きじゃない」

禁書「――――アナタは優しい子ね、アクアリウム」(ギュウ…

アクアリウム「おかーさま……」(ナデナデ


禁書「ありがとう、アクアリウム」

  「――――こんなおかーさまで、ごめんね」
862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:08:58.17 ID:/wQqL/0e0
アクアリウムたんと結婚したい
863: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:17:25.27 ID:aZMWKK500
禁書「さ、アクアリウム。出かける準備をしてすぐにでもローマをたつんだよ」

アクアリウム「また日本に行くの?」

禁書「そう。今度はアクアリウムも一緒に」

アクアリウム「……おとーさまは一緒―――じゃ、ないよね」

禁書「おかーさまと二人だけじゃ駄目かな?」

アクアリウム「――――わたしは、三人一緒がいいの!!」

禁書「……………」

アクアリウム「―――ッ!! あ、その」

禁書「いいのよ、アクアリム」

  「…………、そうだね」

  「本当はね」

  「おかーさまも三人一緒が、良かったなぁ」
864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:19:53.03 ID:qyU9fSNQ0
切ない
865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:21:34.64 ID:Kjy38vETO
くわぁー胸に来るな、安価悪ふざけなのに
この話展開凄腕だな
866: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:32:12.17 ID:Ngd5p0Xi0
そういや打ち止め編もあるんだっけ?
超ショタ打ち止めさんパネェッス
867: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:32:39.96 ID:KsJh4FNjO
なんて健気な娘なんだ、とてもこの親子から産まれたとは思えない
しかしインデックスはまるでこれからビアージオを殺しに行く人みたいだな
これはあれか、ヤンデレなのか
868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:32:57.95 ID:aZMWKK500
アクアリウム「―――じゃあっ!」

禁書「でも、おかーさまがそう思うだけじゃ、だめなの」

アクアリウム「えっ?」

禁書「幼いアナタとって、とても、とても、残酷なことをおかーさまはアナタに言うわ」

アクアリウム「ざんこくな、こと……?」

禁書「アクアリウムは、三人一緒がいいのよね?」

アクアリウム「……うん」

禁書「おかーさまも、出来ることなら、三人が良かった」

  「けどね、アクアリウム」

  「おとーさまも、『三人一緒がいい』って思ってくださらないと、意味がないのよ」

アクアリウム「……意、味?」

禁書「……家族でいる意味が、なくなってしまうの」
869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:39:02.93 ID:aZMWKK500
ちょっと休憩してくるノシ 
870: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:40:44.75 ID:Ngd5p0Xi0
おつおつ!
871: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:52:53.90 ID:Kjy38vETO
はぁ切なくて胸にグサッと突き刺さるわ
872: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:54:01.37 ID:lASqAk4a0
>>871
でもビアージオなんだぜww
873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:55:18.82 ID:2soyH8D80
>>872
これで相手が上条さんだったりしたら余計に胸に来るだろw
874: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 00:56:53.34 ID:QjnFnKnb0
>>873
>>25に感謝
875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:21:53.81 ID:P1GVaqLR0
支援
876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:22:12.09 ID:1FlLjgTBO
今はビアージオとロレンツェッティは幽閉中なんだっけ
右席編終わったから解放endか?
877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:48:31.83 ID:aZMWKK500
>>+3 
禁書目録が十字教の知り合いに相談に乗ってもらうようです。誰?
878: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:49:24.34 ID:oJIxT8BRO
かんじゃき
879: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:49:50.52 ID:Ngd5p0Xi0
オルソラさん
880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:49:57.06 ID:qyU9fSNQ0
五和
881: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:50:04.20 ID:PeR7wV17O
ねーちん
882: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:50:05.37 ID:Kjy38vETO
オッレルス
883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 01:51:27.03 ID:PeR7wV17O
喫煙厨
884: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:08:52.49 ID:pbrHQEsvO
まあまあマトモだな
885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:16:37.84 ID:aZMWKK500
禁書「よし、準備も終ったし、すぐにでも出発――、と、いきたいところなんだけど、
   多分、私がビアージオの後を追って行くってことは直ぐに露見するだろうし……」

――

ローラ「いいこと、禁書目録。お前は次期清教派トップたる最大主教の最有力候補。
    王室派、騎士派との話し合いがある故、まだ正式な勅命は下せずにおるけれど、
    私はお前が継ぎしものだと考えているけるの。――――己がどのような立場に位置しているのか、夢夢忘れでなきよ、禁書目録」

――

禁書「―――なんて、最大主教に言われたばかりだし……」(ハァ

  「……ローマに帰ってきた時は、ビアージオが不倫相手とイチャイチャしてた所とばったり遭遇しちゃって、……」
 
  「つい、今まで溜まってモノがプッツンしちゃって」
  
  「気が付いたら、『神よ、何故私を見捨てたのですか』発動をカウントダウンをしていたんだよ……」

  「三カウント目で、アクアリウムの声が聞こえてきて正気に戻ったけど………」




    「………本当に、どうして、神さまはわたしのことを見捨てちゃったんだろう」
886: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:23:37.27 ID:aZMWKK500
禁書「さすがに、不倫相手に直接遭遇するとは思わなかったから、混乱しちゃったんだよ……」
  
  「――――大丈夫、今回は大丈夫。しっかりと覚悟を決めて、あの人と対峙するって決めたんだから」

  「ちゃんと私の気持ちを話して、ちゃんとビアージオの気持ちを聞いて」

  「その上で」

  「離婚するって決めたんだから」
887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:29:04.65 ID:1Dk8t9Wa0
支援
888: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:36:33.44 ID:aZMWKK500
禁書「私が突然向こうに行くってだけで、日本の十字教徒はアタフタしちゃう……よね」

  「天草式の人に、日本に行くって前持って言って置こうかな。古なじみだし、天草式は日本内の十字教徒への影響力も今では結構大きいし」

  「かおり……は、今は女教皇だし、すぐに連絡と取れそうにないかも」

  「――――なら」

――prrrrrrr,prrrrrrrrrr


五和『はい、もしもし。五和です』

禁書「あ、五和? 久しぶり。私、インデックスだよ」

五和『い、インデックスさん。はわわわわわ、な、なにか御用ですか?』

禁書「そんなにあわてないで、別に清教派とか必要悪の教会絡みの連絡じゃないから」

五和『あ、そうなんですか? インデックスさんからの電話だから、てっきり』

禁書「あははは、まあ普段はそういう役回りが多いかもだけど……」
889: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:41:26.00 ID:aZMWKK500
瞼が重いので、最後に安価をして終りたいと思います。おやすいなさい

学園都市で発生した大きな閃光その正体、
もとい、禁書が旦那(ビアージオ)に実行したお仕置きは何?>>+7 
890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:52:35.69 ID:Ngd5p0Xi0
ksk
891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:53:47.74 ID:Kjy38vETO
加速乙
892: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 02:56:08.81 ID:Ngd5p0Xi0
今度はどんな鬼畜安価がくるのか
893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 03:01:37.15 ID:e+w6nhfW0
ksk
894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 03:02:14.25 ID:Ngd5p0Xi0
もっかいksk

俺必死wwwwwww
895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 03:03:40.75 ID:pKmtLdNyP
kskst
896: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 03:03:57.34 ID:HRWf1Xqn0
そげぶ
897: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 03:08:06.64 ID:e+w6nhfW0
ぺクスヂィルヴァの深紅石
硫黄の雨は大地を焼く
神よ、何故私を見捨てたのですか
ドラゴンブレス
のコンボ
898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 03:12:32.06 ID:8tIp23Nm0
>>896
ナイス
899: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 03:54:33.59 ID:ZGuoKiNaO
>>896
なんかきれいにまとまったなw
900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 04:02:17.12 ID:Sx7pRvbG0
インデックスもそげぶできたのかw
901: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 05:38:49.47 ID:QjnFnKnb0
902: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 06:28:57.66 ID:ZGuoKiNaO
学校いってくる

保守
903: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 06:40:44.00 ID:bs2OJ9dT0
スレ消化しそうだな
904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 06:53:50.94 ID:KsJh4FNjO
消化ペースだな
しかしどうやってそげぶすんだ
905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 07:04:14.06 ID:Emoh8MbsO
その
幻想 で
ぶち殺す
906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 07:05:21.94 ID:bs2OJ9dT0
>>904
不倫相手は実は男だった!

そんな感じでもいいね
907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 07:28:19.31 ID:UJsz0anW0
ksk
908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 07:29:27.82 ID:UJsz0anW0
ksk
909: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 07:30:22.95 ID:uzQS+dUm0
不倫相手が元上条さんかよ


ドロドロな上に誰得過ぎる
910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 08:24:07.01 ID:ZGuoKiNaO
やっぱり>>1の腕できれいにまとめてほしいな
911: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 08:27:14.65 ID:P1GVaqLR0
930: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:01:31.55 ID:aZMWKK500
五和『お仕事以外の用事ってこと、ですよね。どういった御用件で?』

禁書「大した用事ではないんだけど、個人的な用事で日本――、
   というか学園都市にこれから向かいますって、現地に居る天草式の人に前もって報告して置こうと思って」

五和『い、今からで学園都市に?』

禁書「うん。ただ誰にも何も言わずにローマをたったら、色々と騒ぎになるかもしれないから」

五和『当たり前です。ただでさえインデックスさんは英国清教派の重鎮の一人なんですから』

禁書「あははは、気が付いたらそうなっちゃてたからねぇ……」
931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:08:11.41 ID:aZMWKK500
五和『ふふ。そうですね。十数年前まではお互い一介の魔導師とシスターでしたのに」

禁書「時がたつのは早いね。気が付いたらもう三十路なんだよ」

五和『いやあああ、お互い微妙なお年頃なんですから、年齢のことは言わないでぇぇええええーーーッッ!!!!』

禁書「…………い、いつわ?」

五和『私はまだ若いんですよ、おばさんなんかじゃないです……』(ブツブツ

禁書(……たぶん。たてみやさん辺りに、何か言われたんだね)
932: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:17:49.99 ID:aZMWKK500
五和『―――ッは!! ごめんなさい。と、取り乱してしまいました…』

禁書「う、ううん。大丈夫だなんだよ」

五和「ご用件はわかりました。私的な来日とのことですが護衛等は――、』

禁書「必要ないよ。なんていうか――――『里帰り』。
   そう、『里帰り』に行くみたいなものだから。お気づかいありがと」

五和『そうですか。日本にいる十字教各派には天草式と通じて、それとなくインデックスさんが『里帰り』すると伝えておきますね」

禁書「お願いできるかな?」

五和『ええ、もちろんです。
   しかし、インデックスさんといい、女教皇様といい。
   組織の頂点に近いお人柄である以上、中々自由気ままに動けないってのは大変ですね』

禁書「かおりもその辺り苦労しているんだね」

五和『ええ。みたいですね。
   インデックスさん、いつもは家事育児に
   シスターとしての責務にと、次官に追われて忙しいとは思いますが、
   今回の『里帰り』で羽根をのばして、ゆっくり休んで来てくださいね』

禁書「――――うん、そうするんだよ」
933: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:19:14.39 ID:aZMWKK500
五和『機会があれば天草式にも顔を出して下さい。女教皇様もお喜びになります』

禁書「用事が片付いてひと段落したら、お邪魔しにいこうかな」

五和『ぜひお越しくださいね。――?それでは』

禁書「うん、またね」


ガチャン



五和「…………あれ?」

  「インデックスさん、『現地に居る天草式』には報告って言ってだけど、英国の本部にもちゃんと連絡したのかな……?」

  「……………」

  「う?ん、インデックスさんは大事なお立場に居る人だし……」

  「一応、万が一にも備えて、私のほうから報告するとしますか」
934: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:22:24.21 ID:1Dk8t9Wa0
支援
935: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:28:03.44 ID:TllVMQUT0
下手に支援すると残りがががが
936: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:29:10.77 ID:aZMWKK500
アクアリウム「…………」

      「…………」

      「――――わたしは、」

      「わたしがいて、おかーさまがいて、……おとーさまもいて」

      「みんなが楽しく笑って暮らせたら他に何も要らない」

      「…………それだけで、いいのに」

      「…………そだだけが、欲しいのに」

      「…………」
     
      「きっと、わたしが悪い子だから―――、」



禁書「アクアリウム。そろそろお家を出るんだよ」

アクアリウム「ッ!?」

禁書「アクアリウム……?」

アクアリウム「……ううん、なんでもない」
937: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:42:40.32 ID:KsJh4FNjO
アクアリウムちゃん……
938: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:47:00.30 ID:aZMWKK500
――――英国清教第零聖堂区


ローラ「……遅かれ早かれこのようなことになることくらい、容易に予想がついていたわ」

   「元々、アヤツはそれほど器の大きな人ではなきことよ」

   「あの子の周りには、それこそ幻想殺しや魔女狩りの王などが居たというのに……」

   「………………」(ハァ

   「あんな小物風情の何処に情が湧くとうのか、とんと、私は理解できかねる」

   「しかし、まぁ。小物は所詮小物であったなぁ」

   「部下の失態は上司の失態」

   「―――――さて、十字教最大派閥の主よ。このおとしまえ、どうするつもりかえ?」



マタイ・リースの後を継いでローマ教皇になったのは誰?>>+3
939: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:48:20.92 ID:WYvcZLfS0
ヴェントさん
940: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:54:07.47 ID:aCsQugF9O
フィアンマ
941: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:54:33.84 ID:BLy3sech0
アックア
942: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:55:00.96 ID:2Ov9W91LO
フィアンマ
943: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 17:57:25.96 ID:KsJh4FNjO
>>939ー942
お前らむしろ降格してるじゃねーか
944: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 18:09:59.83 ID:XbGhQjf10
>931
魔道師って魔道書書いた人じゃなかったっけ?
945: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 18:12:16.64 ID:aZMWKK500
アックア「……返すことも言葉もないのである」

ローラ「私だって、事をおおげさにはしとうなきよ。
    当人の禁書目録が今まで静観していたのだから、不満はあれ、表だってそれを露わにしたことはありんせん」

アックア「うむ。それは私も同じであった。
     妻に当たる禁書目録が現状に不平を垂れなかったため、介入すべきではにと判断していたのである」

ローラ「しかし、ビアージオが学園都市に赴いたというのが本当であれば、由々しき事態にもなりかねなんだ」

アックア「部下からの報告では、ローマにて、禁書目録が大規模魔術の使用を試みる所だった……らしい」

ローラ「浮気現場を目撃して、憤怒したのであったなー」

アックア「いわゆる「プッツン」というヤツであるか。いはやはや女人とは恐ろしいものである」

ローラ「――ハッ、不倫を繰り返す下衆男の自業自得なのよ」

アックア「我が部下であるが、フォローしてやれぬな」
946: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 18:27:58.34 ID:aZMWKK500
ローラ「さらに最悪なことに、禁書目録も学園都市にむかっているとのこと」

アックア「…………それは、真であるか?」

ローラ「必要悪の教会所属の魔術師からの確かな情報なのよん」
    
   「真だからこそ、最悪」

   「――――いままでずっと我慢に我慢を重ねてきた禁書目録は、今は怒り心頭であろうなぁ」

アックア「…………天使級の魔術をもって暴れられたりしたら、厄介である」

ローラ「しかも舞台に選ばれてしまったのは皮肉にも、科学の街・学園都市」

947: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 18:29:54.38 ID:aZMWKK500
アックア「第三次世界大戦のような、科学と魔術の対立は絶対に避けねばならん」

ローラ「和平関係にあるとはいえ、学園都市内でこちら側の人間が容易く動き回ろうことが出来ようわけもなし」

アックア「…………学園都市への連絡は?」

ローラ「既に済んでいる。
    禁書目録が『里帰り』する予定の時刻も伝えておるゆえ、それまでに出来るだけの対策を願う―――と」

アックア「…………出来れば、学園都市内で起きた『ちょっと騒がしい夫婦喧嘩』で収まればいいのであるが……」

ローラ「あの子も次期最大主教として目されている人物。ある程度は自制してくれるであろうと思うけれど」

アックア「ただ、次期最大主教であれ、高貴なシスターであれ―――、」

ローラ「その前に、禁書目録だって一人の女」

   「―――――何が起こるかは、保障は出来かねるのよ」




アックア・ローラ「「――――ハァ」」
948: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 18:31:09.32 ID:Ngd5p0Xi0
なんとも息が合ってる事でwwww
949: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 18:36:04.05 ID:WYvcZLfS0
口調が変なもの同士
リズムがあうのかもな
950: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 18:45:27.11 ID:aZMWKK500
――――学園都市、クレープの移動販売がある某公園



禁書「―――さて、ようやく学園都市に着いたんだよ」

アクアリウム「…………くぅ」(スヤスヤ

禁書「急にローマから日本までの空旅だったからね、疲れて眠っちゃったみたいだね」

アクアリウム「…………」(スースー

禁書「……あの人が学園都市に着くのは、多分今日の夜。
   わたしたちはつてを頼って超音速旅客機でこっちに来たから、先回り出来たけど……」

  「…………ちょっと、早く来すぎたかもしれないなぁ」

  「それにしても、科学は常に進歩しているね」

  「名前も速度も同じでも、昔と違って気分を悪くすることなかったんだよ」




アクアリウム「……おかぁ、さま……、…………お、とーさま」(ポツリ…スースー
951: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:01:15.09 ID:q4rTjaEt0
保守
952: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:02:29.37 ID:aZMWKK500
――――――
――――
―――
――


アクアリウム『―――おとーさま、おかーさま!!』(ドタバタ

禁書『なぁに? アクアリウム』

ビアージオ『朝から騒がしくするな。淑女はそのような振る舞いはしないぞ、アクアリウム』

アクアリウム『あ、ごめんなさい。おとーさま』(シュン…

禁書『ビアージオ、子供相手にきつく言いすぎるのは、あまり感心しないんだよ』

ビアージオ『常々、オマエがこの子を甘やかすのが悪いのではないか」

禁書『その分、アナタが厳しく躾けてくださるから、丁度いい配分だと思うけど?』

ビアージオ『――――フンッ』
953: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:04:34.36 ID:aZMWKK500
禁書『さぁ、アクアリウム、そんなにしょ気ないで。
   嬉しそうに走って来たけど、いったい何があったのかな。おかーさまとおとーさまに教えて?』

アクアリウム『あ、あのね! 
       朝起きたら、クリスマスツリーの下にプレゼントが沢山おいてあったの!』

禁書『そうなんだ! 良かったね、アクアリウム。
   サンタさんから、アナタへのクリスマスプレゼントよ』

アクアリウム『あんなにたくさん、わたしが貰ってもいいのかな?』

ビアージオ『…………。普段のオマエの行いに、主が答えて下さったのだろう』

アクアリウム『……? わたしのおこない?』
954: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:06:51.91 ID:aZMWKK500
禁書『「アクアリウムがいい子にしてたから、サンタさんが願いを叶えてくれたんだ」ってことだよ。
    まったく、おとーさまはなんでも難しく言いすぎて困っちゃうね』

アクアリウム『ねー!』

ビアージオ『うるさいぞ、少しは黙れ』

禁書『素直じゃない、とも言う』

ビアージオ『―――――インデックスっ!』

アクアリウム『あはははは、おとーさまお顔、まっかっか!』 (クスクス

禁書『あ、本当だ。照れちゃってるんだー?』(クスクス

ビアージオ『勝手にぬかせ』


――
―――
――――
―――――
955: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:12:07.30 ID:Kjy38vETO
>>944
原典保有した魔術師、魔術を教え導く師範辺りが該当するな
まあ原典作成出来る化け物ならそれもまた魔導師だな
956: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:13:58.81 ID:2lWclmKP0
持ち上げて落とす…か
ビアージオへのお仕置きタイムが楽しみでしょうがない
957: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:24:26.30 ID:aZMWKK500
禁書「まだ時間があるけど、あまりゆっくりしている時間はないんだよね」

  「ビアージオが学園都市の『何処』に隠れようとしているのかまでは、分らないし……」

  「…………」

  「……いや、まぁ、私の魔術から身を守れるそうな場所なんて、『あそこ』くらいしかないだろうし……」

  「でも、あそこってどうやって入るんだろう……」


…………テクテクテク。


木原「あんなきの抜けるチャット履歴みた翌日にシャッキリと仕事なんて出来ねェっての」

  「ま、俺がいなくたって、一方通行とか白井とかが適当に仕事するだろ」

  「ハナちゃん(笑)もああ見えて仕事熱心だしな」

  「しっかし、ハナちゃん(笑)にハニー(笑)とか、まったくひどいもんだわ」



禁書「…………あれ? あの人どっかで見たことあるような?」

アクアリウム「………サンタ、さん……むにゃむにゃ」(スヤスヤ
958: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:39:10.75 ID:aZMWKK500
禁書「……あ、そうだ。あの人、ひょーかを」


禁書「あの」

木原「クソ。だりぃ」

禁書「あの、ちょっとすみません」

木原「ぁあ!? なんなんだよ、うざってぇな――――、」

禁書「わたしインデックスっていうんですけど、昔、わたしと会ったことありますよね? えっと、確か名前は木原くン?」

木原「…………」(ピシィ

禁書「か、勘違いだったのかな。いや、でも、私の完全記憶能力が消えたわけちゃないし……」

木原「―――――い、」

禁書「い?」


木原「い、禁書目録(インデックス)―――――!!!!???」


アクアリウム「(ビク!)……ふえっ!? な、なに!?」
959: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:40:33.89 ID:Ngd5p0Xi0
木原クン大慌て の巻
960: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:43:19.82 ID:aZMWKK500
晩飯いってきますノシ
打ち止め視点のオマケの分もあるので、
少し、2スレ目まで長引くこと先だってお詫び申し上げます。
961: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:46:03.89 ID:WYvcZLfS0
いってりゃ
962: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 19:46:07.28 ID:z6OjSII90
全く問題ないぜ。
むしろもっと続けてくれ。
963: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 20:10:20.82 ID:YBP3XsLa0
2スレめ突入と決まれば保守し放題だな
964: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 20:39:25.68 ID:8Qq7TlaPO
保守
965: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 20:39:51.63 ID:KsJh4FNjO
大長編となったな
もう思いきって全ヒロインやってしまえ
淡希に吹寄に姫神に御坂妹に小萌先生にアニェーゼに神裂にもうみんなやっちまえ
966: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 20:40:09.95 ID:Kjy38vETO
967: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 20:44:48.65 ID:pPcF8VBi0
>>965
何スレ必要なんだよww
968: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:19:10.13 ID:Lk1LDjCB0
何スレでも付き合うぜ?
つーかひとつぐらい安価とってみたいw
969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:22:12.08 ID:u4f1j7Xt0
こんな旦那ならステイルなんてブチ切れだろwww
970: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:27:23.61 ID:Ngd5p0Xi0
案外、ステイルも浜面と同じで故人なのかもしれない
971: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:29:31.55 ID:yUo/EoRl0
むしろ生きていて欲しい
そして実年齢と外見年齢のギャップがどうなっているのか見てみたい
972: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:44:51.06 ID:Ss2LOQa0O
イギリス人だし良い感じの三十くらいの青年になってそう
小萌先生は…
973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:49:12.26 ID:yDw8/+um0
小萌先生は永遠に幼女なんだよ!
974: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:52:20.47 ID:aZMWKK500
ただいま あいすうめぇ
975: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:55:19.85 ID:9O3822WxO
おかえり あいすくれぇ
976: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 21:55:43.46 ID:yUo/EoRl0
おかえり あいすほすぃ
977: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:05:17.44 ID:aZMWKK500
アクアリウム「い、今の声なに?」(キョロキョロ


木原「な、んで、オマエがココにいる……?」

禁書「……?」

  「わたしがココに居て、何が不都合でも――――、」

  「…………」


  「不都合が、あるんだね?」


木原「いや、それは」
978: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:06:44.98 ID:aZMWKK500
禁書「そもそも、私はここに来ることをある一部の人にしか伝えていないんだけど……」

  「さっき木原くンは『なんでここに居る?』って聞いたよね?」

  「もちろん、私が『禁書目録』って知った上、で」

  「ねぇ」

  「わたしが学園都市に来るって、木原くンは前もって知ってたのかな?」

木原「…………、いや俺は――、」


禁書「どうして、かな?」(ニコッ


木原「…………」

アクアリウム「お、おかーさま、こわい……」(ガタブル
979: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:08:49.21 ID:Ngd5p0Xi0
流石の木原クンも形無しwwwww
980: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:10:03.02 ID:qyU9fSNQ0
逃亡中のビアージオさんからですね、わかります
981: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:10:18.07 ID:gyZyY3DS0
何だかんだで木原くンも10年で丸くなったんだなあ
982: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:11:50.43 ID:q4rTjaEt0
絵師とかいたらアクアリウムみたいなこのスレから誕生したキャラを書いてくれないか
983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:12:56.60 ID:YBP3XsLa0
           /ヽ  ,. . .-‐…‐- . .
        {_/)’⌒ヽ: : : : : : : : : 〉`: 、
        {>:´∧;;;;;/. : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : /;;;;;;Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : .___
.   /: : : :/丁⌒: : :∧ : : /: /` }: : : : : :ハ;;;;;;}
   /: : : :/: : :{: : 八: :{:>x/| /   |:i : : :}: : : };;;∧
.  /: : :/} : : :八Y⌒jY´んハ从  从-‐ノ: : :/Y: : :.
 /: : / /: :/: : : V(.  弋ツ    心Yイ : ∧ノ: : ハ
 !: : :!//i: : : : : 个i ””     , {ツ /彡く: ハ: : : :i
 }: : :ヽ  / : : : i: :´{入   _     /: : : ∧: i i: : : |    ジャッジメントですの!
〃. : : : ∨: : : :/l: :/⌒ヽ、  `  イ: : : :/ }: リ: : :ノ
: : :/?: : V : /ノ:/     VT爪_八: : : { 彡. : イ{
: :( /: ?:} /: :/{     rv?j  { >‐=ミー=彡ヘ: ヽ
`)’ ){: (  ): : :{八   /ヘJ ̄ ̄ {_/ /   ?j: : 八: :}
 (  ー=ミ  彡’  ト、 / / 〔o〕     `トしヘ. _ ?{ j ノ
   r=彡’ ー=ァ |?{.      . -‐、‐=ァ′  ヽ  ?(
   `フ   (   |   ?_/  x个彳)   ∧   ?
             ヽ   | _/  ∨ {?  /、ヽ     ヽ
            ヽ  ー-ヘ.    ∨j   ヽ{__>  . _}
            〉    ?   ?
               /       ?   ?
           /           ?   ?
            〈               j?   ?
          / ー–==ニニ=く  ?
984: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:13:50.58 ID:KsJh4FNjO
さすがの木原くンでもドラゴンブレスをいつでもぶっ放せる魔神相手だとそりゃこうなるわな
985: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:15:49.64 ID:aZMWKK500
木原「――――、さあな」

禁書「しらばっくれる気?」

木原「…………」(ハァ
  
  「俺が知っているのは、アンタの旦那がこっちに来るってことだけだ」

禁書「本当に?」

木原「ああ。なんでアンタが旦那が来るのか、理由は定かではないがな」

禁書「……ふ?ん」

木原「それ以上は知らねぇよ。――――これで、満足か?」

禁書「…………木原くンは私の旦那が来ることは知ってたってことは、つまり」

木原「何が言いたい」

禁書「あの人が接触図るとするなら、学園都市統括理事長にして、過去最大の魔術師とうたわれたアレイスター・クロウリー以外に考えられないんだよ」

木原「――――俺が、アレイスターの近くに居る人物か、知りたい訳か」

禁書「まぁ、色々知ってるみたいだし、既に確定的かも?」

986: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:20:30.18 ID:XbGhQjf10
一部の人にしか伝えてない→木原知らない→木原の前に禁書目録
そら驚くだろ
987: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:26:03.73 ID:aZMWKK500
禁書「……あの人の目的地は例の『見えないビル』、だよね?」

木原「さあな」

禁書「木原くン。これでも私はまだ穏便に事を進めてるつもりだよ?」

木原「…………」

  「ま、和平相手でる、英国清教の次期トップに借りを作って置くのも悪くねぇか」

禁書「ありがとう、木原くン」

木原「で、俺に何を協力してほしい訳だ」



禁書「――――わたしも、アレイスター・クロウリーとの会談を申し込むんだよ」



>>+3


さて、禁書さんもアレイスターさんのところへ行くようです。
『見えないビル』への移動手段は何?

1,昔と変わらず『案内人』
2,今は許可を貰った人のみに限って、自由に行き来できます。

この安価決定後、次スレへ
988: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:27:39.72 ID:Kjy38vETO
窓の無いビルね
989: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:28:25.78 ID:WYvcZLfS0
990: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:28:26.60 ID:nLhFOST30
1
991: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/13(水) 22:29:46.28 ID:SBAW01VxO
3 アレイスターと街中でばったり
次:
  • 御坂「よーっす」インデックス「おはよーなんだよ」【5】
    coming soon…

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > とある > 御坂「よーっす」インデックス「おはよーなんだよ」【4】

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP