Home > けいおん! > 梓「ゆ、唯先輩は愚鈍じゃないですよ!!」

梓「ゆ、唯先輩は愚鈍じゃないですよ!!」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

< メイン登場人物 >

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:12:22.03 ID:zxODCkvU0
梓(急に何言い出すのかと…ていうか自覚あったんだ)


唯「ううん、だってあずにゃんはツインテールじゃん?だから私はグドンだよ!」

梓「(なんかイントネーション変…)
  いや、私の髪型と唯先輩が愚鈍かどうかは関係なくないですか?」

唯「いくぞぅあずにゃん!ほら準備して!」

梓「は?あの… あ、練習の準備ですか」

唯「もー、ツインテールとグドンが揃ってるんだよ?怪獣ごっこに決まってるよ?!
  はやくシャチホコのポーズになってよ?興醒めだよう…それっ!」

梓「あ、あの唯せんぱ…きゃっ!」ガクンッ

ズデェエン!
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:14:26.33 ID:zxODCkvU0
梓をうつぶせに引き倒し背中を踏みつけ上半身を固定し、
足首を引っ張り強引に下半身を吊り上げる

梓「痛い!いたいたいたいたぁあああい!!」

ギリギリギリ…

唯「あっ あずにゃん体かたいなぁ…えいっえいっ」

ギッギッ…ギシシ…

梓「あげっ がっ ひぐっ」

ガララ…
律「おぃす! っておいおい、何やってんだ唯!?ゴキブリ駆除ごっこか!?」

梓「あ…ぎぃ…りちゅしぇんぱぃ…たしゅけ…」

唯「違うよ怪獣ごっこだよ?、ちなみにあずにゃんは見ての通りツインテールだよ!」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:14:31.09 ID:sA7ajrZe0
君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。
ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ!だって。かわいいねえ。 ふふ。」
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなーなんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」

それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。
君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。

天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む

        2 ゲ ッ ト
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:16:11.06 ID:zxODCkvU0
律「!?ってことは唯!お前はグドンだな!」

唯「おーさっすがりっちゃん隊員!話がはやおすなぁ^^」

律「いやっ違うぞ唯グドン!今の私はウルトラりっちゃんマンだ!!とぅっ」
フワッ

梓「ぇっ…」

律「ウルトラストンピングっ!!」
ズドッギャァ!

梓「ぎゃああああーーーッッッ!!!!!!1」

唯「ちがうよりっちゃんマン、ツインテールは確か目を潰されて暴走するんだよ?」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:19:39.29 ID:ui5uGK5Q0
あずにゃんは海老の味
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:24:57.16 ID:zxODCkvU0
律「ていうかもうちょっと似せないと気分が乗らないなー」

梓「ぁが…ぁぐ…」ピクピク

唯「う?ん…あっ!そうだ!りっちゃんハサミ持ってる?」

律「あぁ、あるけど…ほら」

唯「ありがとー。よ?し…それっ!」ジョキン

梓「あっ」

律「つ、ツインテールのツインテールを切ってどうすんだ唯!?」

唯「へへ?」プランプラン

梓「ぁ…あ…」ジワッ…

唯「これを両足首にくくりつけて…と! これでどうだ!」

律「あっ!お?なるほどなー、なんかそれっぽくなった!唯やるなあ」

唯「へへへ、ありがとうございや?す」

梓「わ、私の髪…ぅう…」グスッグスン
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:27:04.24 ID:3FDjrvXkO
>>1死ね
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:30:27.52 ID:zxODCkvU0
唯「よーしじゃああとは薬品か何かであずにゃんの目を潰して…」

律「それで暴れ狂って唯に攻撃したところを」

唯「私がガブリひと噛み!ツインテール退治完了!」

律「オッケー!じゃ私理科室行って何か使えそうなの探してくるわ!」

唯「ありがとー」

梓「じょ、じょ、冗談ですよね?唯先輩」

唯「…え?ツインテール今何か鳴いた?でもごめんね、怪獣語は分からないや」

梓「」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 19:52:50.60 ID:vIwHhMS3O
ゴキブリ駆除お疲れ様です
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:20:31.50 ID:zxODCkvU0
律「おまたせーっ!」ガチャリ

梓「ひっ!!」

唯「待ってたよりっちゃ?ん、さっそくやっちゃおう!」

律「この薬品入り水鉄砲の狙いを怪獣の目に定めましてェ?…」

梓「や、やだ…やめて…やだあああ」ジタバタ

唯「あっ!怪獣め、悪あがきするなっ!目をあけるんだ!」ガッ ググググ…

梓「ぐぇっ、やめっ…やめてええええ」

律「捉えた!食らえッ、怪獣め!!」ピュピュー

梓「!!!!!!!!!!1」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:22:50.22 ID:zxODCkvU0
――――――

紬「みんな遅れてごめんね?、今お茶淹れるわね」

唯「あ!ムギちゃん今日はお菓子いいよ?、りっちゃんと私で飲茶を用意しました!」

律「じゃーん!エビシューマ?イ」

紬「わぁ、良い匂い…♪」クンクン

澪「どれどれ」パク

澪「う、うまい!」

唯「でしょ?!私もたーべよっと」もぐもぐ

紬「ふふふ、今日は一段と楽しいティータイムになりそうね♪」

澪「むぐむぐ… そういえば梓まだなのか、せっかくのおいしいシューマイが冷めるぞ」

律「まったくだ」もぐもぐ

唯「ん? うまい!!」
13: ケノービ将軍◆Kenobi/bM2 2009/08/11(火) 20:24:13.08 ID:i4g1ln1KO
俺もさっきエビシューマイ食べたんだが・・・ウエッ





ゴキブリ混入だなんて・・・
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:27:16.94 ID:6n6mEgzoP
これがかの八仙飯店之人肉饅頭か……
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:30:39.45 ID:zxODCkvU0
キーンコーンカーンコーン

律「ふ?授業終わった!唯ぃ、部活行こ?ぜい」

唯「ほーい」

紬「今日はシュークリーム持ってきたわ♪早く音楽室に行きましょう」

唯「やった♪やった♪やったったー♪」

律「…おい、唯」グィ

唯「へっ 何?」

律「…ちょっと賭けしないか?w」

唯「賭け?何を?」

律「えっとな?…ゴニョゴニョ…」

唯「うんうん…えっ!?ちょっとかわいそうじゃない?…うん…」

紬「なぁに?なんの話?」

律「いや!なんでもないよ。ムギは先行ってお茶の準備しててくれ?」

紬「わ、分かったわ…」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:32:28.39 ID:OFVtyjYx0
やめろやめろやめろ
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:33:01.80 ID:tacnFy2f0
梓「私どうなるの・・・・・」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:35:57.92 ID:zxODCkvU0
律「唯、お前どっちに賭ける?」

唯「うーん、じゃあこっち!」

律「オッケー!なんだ私と同じじゃん…とりあえず澪にも話してくるから先行ってて」

唯「了解であります!」

―――――

紬(さっき何の話してたのかしら…ちょっと仲間ハズレ意識しちゃう…)

ガチャ

唯「おまたせ?」

紬「あ、唯ちゃん。…あ、あの、さっき…」

唯「んん?」

紬(…だめだめ、細かい事気にして神経質な奴って思われちゃうかも…聞かないでおこう)

紬「な、なんでもないわ♪お茶淹れるわね」コポポ

唯「しゅーくりーむもは?や?く?♪」トントン♪

紬「フフフ♪(いつも通りの唯ちゃん…かわいい///)」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:40:06.99 ID:zxODCkvU0
澪「おーす」ガチャ

律「おっ、良い匂い!」

紬「あっ、二人とももうお茶入ってるわ」

澪「サンキューむぎ」

律「あーっ、唯何先にシュークリーム食べてんだよ!」

唯「もひゃもひゃ…ゴックン」

紬「ふふふ、怒らなくてもりっちゃんの分もたっぷりあるわよ♪」

律「……なぁムギ」

紬「? 何?」





律「ムギって友達いないのか?」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:42:37.60 ID:tacnFy2f0
梓は
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:44:55.31 ID:zxODCkvU0
紬「えっ」ガチャ

唯「ムギちゃんは私達の大切なお友達だよりっちゃん」チラッ

澪「そうだぞ律」チラリ

律「いや、そういうことじゃなくてさ…軽音部に入る前からの友達って意味」

紬「うっ…」

澪「そ、そういえば…」

唯「あ!ムギちゃん合宿の時お友達とお泊まりするの初めてって言ってた!!」

律「だろ?ムギどうなの?別に馬鹿にしたりしないからさ」ニヤニヤ

紬「え、えぇっと…」モジモジ

唯「ん?ん?」

律「んんんん?」

紬「あっ …と…ぇと…」

澪「まさか本当にいないのか?」

紬「ぁうっ…あ…」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:46:41.61 ID:tacnFy2f0
梓はお腹の中か
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:47:02.29 ID:OFVtyjYx0
おいやめろ
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:48:23.87 ID:zxODCkvU0
律「いないんだな!ヤホーッ、私の勝ちぃ!」

紬「!?」

唯「私も勝ちぃ!いる方に賭けた澪ちゃんの一人負けだね!」

紬(か、賭けっ…!?私に友達がいるかいないかでっ…賭け…!!?)

澪「ぐっ…」

律「じゃあ負けた澪のお菓子もーらい♪」ヒョイ

唯「わーい」ヒョイ

紬(で、でも澪ちゃんはいる方に賭けてくれたんだ…)

澪「ず…ずるいぞ!私だっていない方に賭けたかったのに…
  律が全員同じじゃ成立しないからって無理矢理いる方に賭けさせたんだろ!」

紬「」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:50:43.48 ID:RwvGBbV2O
ムギちゃんにはボクがいるよ^^
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:50:58.88 ID:gVeSJ+VN0
澪かわいそうです(´;ω;`)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:51:18.94 ID:tacnFy2f0
紬が残りの三人食うのか

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:51:42.79 ID:zxODCkvU0
紬「わ、わ、私にだって!」バン!

唯律澪「!?」

紬「み、皆以外にと、と、と、とも、友達ぐらい…い… いっ…」

澪「…い?」

律「い」

唯「いぃ?」

紬「あぅ…だから…いっ… い」


唯「いーむほー てっぷ」ドン ドン

紬「えっ」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:54:37.73 ID:zxODCkvU0
律「イームホー テップ」ドン ドン

澪「イームホー テップ」ドン ドン

紬「な…何…?」ビクビク

唯「いーむほー てっぷ」ドン ドン


唯律澪『イームホー テップ』ドン! ドン!

唯律澪『イームホー テップ!』ドンッ! ドンッ!


バリーン! ビュゴオオオオオオオオッ


紬「えっ!?ひぃっ…ぎいいやあああああああああッッッ!!!!!!1」グルングルングルン



紬「はがっはがっはがはがはが…はがあああああああ」ギュルルルル




唯律澪『イームホー テップ!イームホー テップ!』ドンッ! ドンッ!
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:56:23.35 ID:RwvGBbV2O
もうスレタイ関係ないなwwwwwww
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:57:43.69 ID:HNRAsty40
イムホテップクソワロタwww
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:57:49.67 ID:zxODCkvU0
―――――

唯「……はっ!? こ、これは!!」

律「ムギが…ミイラに…」

澪「見えない見えない見えない見えない見えない」ガクガクブルブル


?「ゥウ…ググ…アググ…」


唯「!?な、何?」

律「こ、このミイラ…動いて…」

澪「ひいいい見えない聞こえない見えない聞こえない」ガクブル

?「ニ…ニヤァアア…ニャアー…」

唯「!!まさか…」

律「梓…か!?」

梓「ギギ…マダ…マダタリヌワ……」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 20:57:49.98 ID:tacnFy2f0
すげぇ・・・・
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:05:40.85 ID:zxODCkvU0
唯「そんな…だ、だってあずにゃんは私達の…その…」ポンポン

律「あ、ああ…だが目の前にいる微妙に湿り気のあるこのミイラ…確かに梓…!」

澪「あわわあわあわわわ」ガクガク

律「はっ!ま、まさか…私達は梓を食った…梓のはらわたを…!」

唯「も、もしかしてい、い、生贄に選ばれたの!?」

梓「ソノトオリダ…カクゴシロ…」ジリッ

律「に、逃げろ!」ダッ

唯「わああああ」ダダッ

澪「あ、あわ まま待ってッ…!」ドタッ

唯「み、澪ちゃん!」

律「だめだ唯、もう間に合わない!諦めるしかない…許せ澪ぉっ…!」ダッ


澪「は…はわ…はわはわはわ…」

梓「ググ……グフフ…」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:10:22.18 ID:zxODCkvU0
澪「みみみ見えない聞こえない見えない聞こここえないいいい」ガクブルガクブル

梓「ソウカ ナラソノ メ ト ミミ ハ イルマイ」ブシュウウ

澪「ひぎぃいいああああああああっ!!!!」

澪「…あ…ぁっ…あああ…」

梓「ふぅ…少しはマシになってきたぞ…くく」

澪「あぅあぅ…み、みんなどこ…置いてかないで…」サワサワ

梓「澪先輩の目、よく見えますよ♪ふふふ」ガシッ

澪「あが」

梓「全部吸い取ってあげましょう!」シュゴオオオオオ

澪「ぎいいやあああああああああ」

ゴロンッ

梓「ゲプッ」

梓「さて、残りの二人はどこへ行ったのかな…」ガチャリ
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:12:24.26 ID:jHSOvABxO
ハムナプ虎
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:12:28.92 ID:xjAs9Rpl0
ゴキブリの生命力!
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:16:26.50 ID:6n6mEgzoP
澪のおっぱいまで吸収したのか、このゴキブリは
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:16:33.66 ID:zxODCkvU0
さわ子「あら、梓ちゃんじゃ…!?」

梓「……」ゴゴゴ

さわ子「よ、良く見ると所々肉が削げ落ちて… ひッ…!」

梓「……」ザワザワザワザワザワッ

さわ子「えッ、何っ!?こ、これは…ミニ梓ちゃんの大群ッ…」

ザワザワザワザワザワッ

さわ子「ひょああああああああああああああ!!!」

ガサガサガサガサ…

梓「ふふ、さわ子先生…綺麗な白骨になりましたね…理科室に飾っておきますね」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:18:21.13 ID:zxODCkvU0
生徒A「きゃあああああああ!」

ザワザワザワザワザワ

生徒B「な、な、な、何っ!?なっ ぎやあああああっ!!」

ザワザワザワザワザワ

純「はばああああああっ!」

ザワザワザワザワザワ

梓「……どこにいるの…出てきなさい、先輩達…」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:20:02.27 ID:lYtp6rxfO
たいへんなSSがあらわれたな
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:25:56.11 ID:zxODCkvU0
憂「な…何が起きてるの…?これ…」

憂「はっ!お、お姉ちゃん!お姉ちゃんは無事なの!?」キョロキョロ

梓「!!あれは… ウイクスナムン…!」

憂「えっ 梓ちゃ… !!(何?あ、あの姿…まるでゾンビ…)」

梓「ウイクスナムン…ずっと探してたんだよ…」スッ

憂「ひっ!(怖くて体が竦んでっ…)」ガクガク

梓「思い出さないの?私だよ。アズホテップだよ…」ムチュウウ

憂「!!?!?!?」ゾワワッ



唯「憂からはなれろーっ!!」

ガァン!
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:27:09.11 ID:tjFSU1+NO
自由過ぎだろ
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:27:31.61 ID:8KgixVPrO
ウイクスナンwww
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:28:51.40 ID:R3e544tCO
支援
ハムナプトラか


フリーザ様とスネークというか、アルフレッドとモンタナというか
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:29:22.47 ID:zxODCkvU0
梓「……唯先輩…ふふ、探す手間が省けましたよ…」

唯「に、逃げよう憂っ」グッ

憂「お、おねえちゃ…」ジワッ

梓「そう簡単に行くと思いますか?やっぱり先輩は馬鹿ですね」

ザワザワザワッ

唯「わあああ憂走ってえええ」ダダダ

憂「ひいいい」ダダッ

梓「あははは!逃げろ逃げろー!」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:38:56.20 ID:zxODCkvU0
唯「はぁ…はぁ…はぁ…!」

憂「ぅう…おねえちゃ…も、もうっ…」

唯「はぁっ…憂っ…がんばってっ…!」

梓「そろそろ限界ですか?あはは」

律「唯っ こっちだ!」バァン

唯「りっちゃん!」

律「この虫どもめ、消火器を食らえー!!」バシュウウウウ

ミニ梓「みぎああああああああ」

梓「なに!? で、デコめ?ッ…!」ダンッダンッ

律「はぁはぁ…行こう唯!憂ちゃん!」

憂「あ、ありがとうございます律さん」

唯「とにかく逃げなきゃ…憂、もう少し頑張って!」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:44:54.31 ID:zxODCkvU0
梓「…くそ、校外に出られたか…余裕かましすぎたかな」

梓「まぁいいや。時間はタップリある。まずは…」

梓「そうだなあ、ベタだけど律先輩の家に行ってみよう。馬鹿だから戻ってるかも」

―――――

唯「はぁはぁ…と、とりあえず見つからないとこまで来たけど…どうしよう」

律「家には戻れないな… 憂ちゃん大丈夫?」

憂「なんとか…これは一体なんなんですか!?梓ちゃんはどうして…」

唯「うっ そ、それは…」

律「憂ちゃん!世の中には知らなくていいこともあるんだ!知らないでくれ!」キリッ

憂「わ、分かりました…」

律「とりあえず今言えることは一つ。梓は私と唯を狙ってるってことだけだ」

憂「お、お姉ちゃんを!?」

唯「ぅう…そうなんだよ?…なんとかしてあずにゃんを塵にしなきゃ…」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:49:35.47 ID:zxODCkvU0
梓「ふぅ、ついたぞ」ピンポーン

梓「ククッ、まさか普通にインターホン押してくるなんて思ってもいまい」

「は?い今でます」

梓「ホントに居るし。馬鹿だね先輩も」

ガチャ

聡「どなたで… えっ?」

梓「…なんだお前は…」

聡「なっ なっ なん…あわ(ゾ、ゾ、ゾンビ…!?ツインテールのゾンビ…!)」

梓「ここは田井中律の家だよね」

聡「あっあわ…ね、姉ちゃんに何か…」

梓「…そうか、お前は弟か」

聡「そそそうです…お、俺、姉ちゃんが帰ってくる前にアイス買ってきておかないといけないんで…」

梓「待て」ガッ

聡「ひぃ!!!」

梓「…姉に使い走られる奴隷というわけか…クク」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:52:55.66 ID:zxODCkvU0
梓「お前を使ってやろう。感謝しろ」

聡「はっ はっ ははぁ?ッ!!ありがたき幸せっ!!」ズザーッ

梓「では律先輩を探してこい」

聡「は、はいお任せください!」タッタッタッ

聡(……)タッタッタッ

聡「はぁはぁ…も、もうここまで来れば大丈夫か…」

聡「なんだったんだあれ…と、とにかく姉ちゃんに知らせないと…」


梓「やはり裏切るか」


聡「えっ!?」

ビュゴオオオオオオオオ

聡「はがああああああああああああ」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:54:33.29 ID:1n42ehekO
エネファーム・・・
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:57:16.83 ID:FrfaqSxIO
なんだけいおん!とウルトラマンのクロスかと思ったら違うのか
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 21:58:31.99 ID:3FDjrvXkO
最終的にあずにゃんが勝利するなら支援
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:05:07.62 ID:zxODCkvU0
唯「とりあえずあのあずにゃんミイラが何なのか、そこから考えようよ」

律「いや…正体は分かってる。あれはアズホテップだ」

憂「アズホテップ…そういえば私にそう名乗っていました」

憂「そ、それで私の事はウイクス…えっと、なんだったっけ…」

律「ウイクスナムン!?」

憂「そ、そ、それです、そう呼んでました」

唯「りっちゃん、何か知ってるの?」

律「こりゃあ私達だけの問題かと思っていたけどそうでもなさそうだ…」

憂「あ、あの…」

律「とりあえず私達が逆転勝利できる鍵はある!」

唯「ほんと!?りっちゃん!」

律「あぁ、だけど桜高の図書室に行かないと…」

憂「あ、あ、あそこに戻るんですか!?」

唯「気がすすまないよう?…」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:08:06.19 ID:rypRnhGeO
憂「不死身じゃないわ…」ニヤッ

まで読んだ
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:12:45.94 ID:zxODCkvU0
唯達は今、公園の茂みに隠れていた

ガサガサッ

律「どうだ…?」

唯「うっ…」

町民『アーズホー テップ』ザッザッ

町民『アーズホー テップ』ザッザッ

律「なんてこった…」

?「話は聞いておりましたぞ」

唯「!?み、見つかった!」ガサ!

律「くそ!」

?「落ちつかれよ!私はあなた方の見方です!」

憂「えっ?」

斉藤「私、琴吹家執事の斉藤と申します」

律「む、むぎの…」

唯「そ、そうなんですか…ごめんなさい、ムギちゃんはもう…」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:16:38.79 ID:ySyhr9nvO
アナクスナムーーーーーーーン
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:17:30.12 ID:zxODCkvU0
斉藤「いえ、分かっております。だからこそ…」

斉藤「だからこそッ!あなた方には紬お嬢様の仇を取っていただきたいッ!!」

律「!!」

斉藤「…あれをご覧ください」スッ

唯「…?どれですか?」

律「まさか…あのマンホール?」

斉藤「左様でございます。あのマンホールは桜高裏庭へと続いております」

憂「で、でもここからあそこまでは町の人達の群れが…」

斉藤「私が血路を拓きましょう」

律「!!」

唯「で、でも…」

斉藤「その代わりといっては何ですが…必ずや紬お嬢様の仇を…」

律「分かりました…」

唯「り、りっちゃん!」

斉藤「では皆様。おさらばでございます!」ダッ
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:21:46.89 ID:HNRAsty40
ハナクソナムーン
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:22:55.38 ID:zxODCkvU0
町民『アーズホー テップ』ザッザッ

斉藤「ぬおわあああああああっ!」ドドドド

律「今だ、走るぞ唯!憂ちゃん!」

唯「うっ うん!」

憂「斉藤さん…!」

ダダダダ

斉藤「ぬぅうっ、流石にこの数は…はっ!?」

町民『アーズホー テップ』

斉藤「し、しまった!あちらにも町民が…!」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:28:01.92 ID:zxODCkvU0
律「くそっ、あと少しなのに… …唯行けぇーっ!!」クルッ

唯「り、りっちゃん!?」

憂「律さん!」

律「ここは私が食い止める、行け唯ぃーっ!!」ガッシ ボカッ

唯「でも!」

律「いいんだ、元はと言えば私達が撒いた種…私はここらで責任を取るとするよ…」

唯「でもでも…!」

律「いいから行くんだっ、間に合わなくなるぞ!」

町民『アーズホー テップ』ガシガシ

律「ぐっ」

唯「わ、分かった…!で、でも図書室に行ってどうすれば!?」

律「し、死者の書を…死者の書を探すんだッ!」

唯「そ、それをどうすればいいの…!?」

律「大丈夫だ、憂ちゃんがいれば…うわーっ!」

唯「!!」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:31:17.05 ID:zxODCkvU0
憂「お、お姉ちゃん行こう!」グッ

唯「う、憂待っ…!」

ガコォン

律「へへ、唯…がんばれよ…」

町民『』ピタリ

律「…?な、なんだ?急に…  …!!」

梓「ここまでですね。律先輩」ビュオッ

律「あ、梓…いや、アズホテップ…!」

梓「ではいただくとしますね、律先輩!」シュゴオオオオオ

律「う…み、澪っ…澪おおおおおおおおおお!!!」ギュルルルルル

ゴトッ

梓「ふぅうううううう…」

梓「残りは唯先輩だけ…ウイクスナムン、待っていて…」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:34:33.41 ID:zxODCkvU0
―――――

ガタン

憂「はぁはぁ…ついた…」

唯「うっうっ…ぇぐ…りっちゃあああん…」グスッ

憂「お姉ちゃん、泣かないで…律さんの意志をムダにしないためにも今は図書室へ」

憂「!?」

ブワッ

唯「あ…あ…」

梓「どうしました?何を驚いているんですか?先輩…」

唯「…ぁっ…う… おでこ…おでこが…肉の削げ落ちていたおでこが…」

梓「ふふっ、瑞々しく張りのある綺麗なおでこでしょう」

憂「…ということは、律先輩は… …くっ…」

梓「そう、そして残るは唯先輩ただ一人!!」

梓「そしてウイクスナムン、あなたは私のものになるの!!」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:41:03.24 ID:zxODCkvU0
唯「ひぃい助けてええええっ!」

梓「逃がしませんよ」ガシ

憂「あ、梓ちゃんお姉ちゃんを話して!」ポカポカ

梓「あははははいただきまーーーーす!」

唯「わあああああああ」

―――――

「ぁぁぁぁああああああっ!!!!!???」ガバッ!

紬「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」

斉藤「紬お嬢様っ、いかがなされました!?」バン!

紬「さ、斉藤…はぁはぁ…」

斉藤「お、お嬢様…ひどい寝汗ですぞ…今タオルを」

紬「とても…とても怖い夢を見ていました…」

斉藤「…もう大丈夫です、お嬢様…」サスサス

紬「斉藤…ありがとう…ぅっ…」

斉藤(お嬢様のかぐわしい香り…)スンスン(はぁあああっ幸せですぞ)クンクン…
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:44:59.52 ID:xjAs9Rpl0
夢オチわろた
好きだぞ
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:47:45.89 ID:zxODCkvU0
紬「夢の中で私は…軽音部のみんなに友達がいるかいないかと賭けの対象にされて…」

紬「ぅっ…うう…」

斉藤「皆さんがそのようなことをなさるはずがありません」

紬「そ、そうよね…ぅっ…私、こんな育ちだから…実際に今まで友達がいなかったわ…」

紬「やっと出来た友達を万が一にも失うのが怖いの…」

紬「皆には私よりも付き合いが深い友達がそれぞれいて…」

紬「結局私は部活の友達って間柄で終わってしまうんじゃないかって…不安なの…」

斉藤「…もしもお嬢様がお友達を失われても、お嬢様が一人になることはございません」

紬「斉藤…」

斉藤「私がいつまでも傍におりますゆえ」

紬「斉藤っ…」ガバ

斉藤「お、お嬢様っ(なんという幸せ…至高の時ッ…!)」クンクンスンスン スハー
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:51:00.99 ID:xjAs9Rpl0
さいとうwww
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:52:19.94 ID:zxODCkvU0
――――――

唯「おっはよ?!」

律「よー唯、おはよ お、ムギもおはよう!」

紬「ふふふ、おはよう(あんな夢見るなんてどうかしてたわ…)」

・・・・・・

律「ふあー授業終わったー!部活部活!」

唯「わーいムギちゃん今日はお菓子何なの?」

紬「ふふ、行ってからのお楽しみ♪」

律「…おい唯」グィッ

唯「ぁうっ なに?」

紬(!?こ、これは…)

律「あ、ムギ先行ってて」

紬「う、うん」

紬(……うぅ、まさか正夢…??よ?よ、そんなことあるはずないじゃない)
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:54:52.18 ID:E0XcrhGT0
>>14 プイ!!!
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:56:16.74 ID:zxODCkvU0
――――――

紬「……」ソワソワ

ガチャ

唯「おっかし♪お?かし?♪」

紬「あ、唯ちゃん…」

紬「……あ、あの」

ガチャ

紬「!」

澪「おーす」

律「ふームギ、お茶?」

紬「え、ええ今淹れるわね、ちょっと待ってて…」トタトタ

律「…あ。そういえばさ」

紬「!!!!」ピタリ
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:59:01.58 ID:zxODCkvU0
律「澪って私以外に友達いるのか?」

紬「え」

澪「」

唯「あ…そういえば…」



澪「……」



澪「……そっ、それより梓どこいった?」


唯律紬「あっ」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:00:56.82 ID:zxODCkvU0
オレオ食う?
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:04:22.67 ID:gxWVqDtw0
>>74
なんだ?俺を食う?って言いたいのか?馬鹿なのか?あ?馬鹿なのか?


いいからさっさと脱げよ…
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:04:45.96 ID:jHSOvABxO
やかましいわ
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:13:34.09 ID:zxODCkvU0
律「そういえば遅いな、梓…」

唯「ほらね…」モグモグ  ポトッ

唯「あ!お菓子落としちゃった…もったいないもったいな… ひっ!?」

カサッ

澪「ど、どうした唯」

唯「ごっ ご、ごきぶり!」

澪「ひぃっ!どこっ!?」ガタンッ

カササ…

律「う、うわ… …まぁ学校だしなぁ?っ、ゴキブリの一匹や二匹、いるかもなぁ?ッ…」

ガチャン!ガチャン!

律「ん?ほ、他にも何かいるぞ…」

ミニ梓「シシシッ…見ツケタゾ…!」

唯「こ、これは…小さいあずにゃん!?お菓子のカケラを…!」

ミニ梓「シシシシッ…!」スタタタタタァーッ

律「あっ!ヤロッ、ちくしょぉ?っ 追うぞ!」ダッ
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:17:56.90 ID:6n6mEgzoP
今度はジョジョかww
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:19:26.63 ID:jHSOvABxO
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・・
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:19:52.47 ID:rypRnhGeO
梓はそういう運命なのか…
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:20:04.86 ID:zxODCkvU0
唯「はぁはぁ…早いっ… 野郎ォーっ!」ダッダッダッ

スタタタタタ

憂「ちくしょおッ!何者だ てめーッ! ブッ殺してやるぜコラァ!」ダダッ

唯「!! 憂!」

憂「! お、お姉ちゃん!」

憂「見てよお姉ちゃん!小さい梓ちゃんだブッ殺してやるッ!二匹いるよッ!」ドドドド

唯「うんわかってる!あのうち一匹は音楽室にいたから追ってきた!」ドドドッ

唯「…ねぇ憂、どんなことされたの?ブッ殺すって言ってたけど…」

梓「何もされてないよ?っ…でも『唯先輩見ツケタゾ シシシッ』とか口にしてやがったからッ!」

唯「」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:26:50.45 ID:HNRAsty40
昨日あずにゃん生け捕りにした

アズジェットプロぶっ掛けたのに生きてやがった

やれやれだぜ
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:32:36.97 ID:gxWVqDtw0
>>82
憂が梓に乗っ取られてるのは気のせいなのか
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:34:01.57 ID:zxODCkvU0
唯「う、憂…肩のところに乗ってる、それっ…」

憂「えっ」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:37:04.28 ID:zxODCkvU0
梓「シシシッ!『何もされてないよっ』シシシシ!」

憂「あッ! ヤロッ!!!!」バシバシ ドッギャアアーン

梓「シシ…!」バブチィ

憂「やったッ!一匹ブチ殺してやったよお姉ちゃんッ!!」イエスッ!

唯「う、う、うい、あれ見て…」

スタタタタ
スタタタ
スタタタタタタタ

ズラァアアア?ッ!!

憂「うっ…ち、小さい梓ちゃんがあんなに…!」

梓「ふふふそうだよ」スッ

憂「!?」

梓「全隊ィ…構えェーっ!!!!」



唯「梓ちゃんそれごっちゃになってるよ」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:37:33.70 ID:pF8Z7yDm0
いちおう続いてはいるように見えるけど短編集だよねこれ
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:39:59.87 ID:zxODCkvU0
梓「えっ!な、何故あずにゃんと呼んでくれないんですか!?」

唯「こんな梓ちゃんは気持ち悪いのであずにゃんとは呼ばないよ」

憂「プクク ゴキにゃんだねどっちかっていうと」

唯「ういそれ良い!ごきにゃーん」

梓「」ピクク

梓「私ね、昔っから怒ると目尻がピグピグするって言われてるのね…すっごくね」ピグピググ
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:40:45.03 ID:zxODCkvU0
>>88
その通りでございます
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:49:36.25 ID:YM8pR1AR0
荒木絵の唯と憂とあずにゃん想像して吐いた
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:57:29.47 ID:NwomosT0O
もう終わりなのか?
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:01:53.83 ID:bEMnDQIK0
自由に使ってくれ
俺はマンモスの肉スナックを食う

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > けいおん! > 梓「ゆ、唯先輩は愚鈍じゃないですよ!!」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP