Home > ハルヒ > キョン「本気で谷口の事、好きなんだな。」

キョン「本気で谷口の事、好きなんだな。」

ライトノベル新刊情報サイト「ラノベ総合案内所」が出来ました.

< メイン登場人物 >

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:05:59.02 ID:QYQL3UJo0
たぶん前スレ「………視線を感じる……。」↓

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1249823449/

あらすじ

最近熱い視線を感じるキョン。
だがしかし、その視線は谷口に送られていた!
少女からの依頼を受け、その恋をサポートするSOS団だったが、
いかんせん谷口はとんでもない鈍感ヤローだったのだ!
そうこうしている間に少女の転校がせまる!
難攻不落のニブチン要塞谷口は、はたして落ちるのだろうか!?
そして大きいお友達に迫る地震の恐怖!!
はたしてこの話、生きてる間に終わるのだろうか!?


てか、昨日見てた人いるのかな?
皆死んだとか勘弁してよ………

始めます
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:07:21.33 ID:2GK0rx3aO
キョン「本気で谷口の事、好きなんだが。」
に見えた
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:08:41.17 ID:T4EJe0UF0
           __
        , ‐’ ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_’______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  ’゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , ‘::::::::ヽ、/     そんなことより野球しようぜ!
.    {.l   ‘⌒      ゙ 6′,!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー’_ , ‐’´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐”, ‐´‐:ラ ‘:::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` “´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; ‘´   /´? /   r’?
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ?i:::::::/:::::::::::::/  ?
.      ヽ       ヽ,.ァ‐’´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:17:46.78 ID:beOZKo/20
あれえ?
楽しみにしててスレまで立てたが余計なことだったか

兎に角続きにwktk
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:21:42.16 ID:QYQL3UJo0
少女宅

少女「…………………」グスグス

谷口《なーなー、実は今度合コンあるんだよ?来てくれよ?》

キョン《無理だ。というかお前よく飽きないな、そんなに彼女欲しいのか?》

谷口《あたり前だろ!?俺は諦めないぞ!勝つまでやるんだ!!
   俺の手でサイコーに可愛い彼女作ってやるぞっ!!!》

少女「……………私、やっぱり…………」

ハルヒ《あたし達が付いてるわよ!》
みくる《頑張ってくださ?い》
長門《支援する。》
古泉《一緒にガンバリましょう》
キョン《できるだけのことはやるさ。》

少女「………でも………もう少しだけ、頑張ろう………。」


キョン「…………どうやら地固まったようだな。」
ハルヒ「来るまでもなかったわね。」
古泉「さあ、我々もがんばりましょう。」

キョン(谷口が気づいてくれなきゃ世界崩壊かもだからな。死ぬ気でサポートしないと………)

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:33:36.18 ID:QYQL3UJo0
>>4
あ、ごめんなさい 土下座しながら書きます すいません


翌日

少女「ご、ご迷惑をお掛けしましたっ!」ペコリッ

キョン「なに、どおってことないさ。」

ハルヒ「そんなことより、これはゆゆしき事態よ!
    何が何でもあのアホ毛を振り向かせないとね!!」

みくる「早くしないと転校しちゃいますもんね?」

キョン「え?っと、どこ転校すんだって?」

長門「大阪の茨木市。」

キョン「この前地図で調べたけどそんなとこなかったぞ」

長門「それは明らかに貴方の探し方が悪い。大阪に向かって土下座することを推奨する。」

キョン「いやだね」

ハルヒ「じゃあアタシに土下座」

キョン「ごめんなさい大阪ぁぁぁぁぁああ!!」

ハルヒ「………そんなに嫌か。」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:34:49.45 ID:8H46n5Ml0
これ谷口悪くないのに悪者にされてたやつだよな
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:43:08.16 ID:beOZKo/20
>>6
いや俺知らずにてた見たいで
こっちこそスマン
面白いと思うから頑張ってくれ支援
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:44:18.80 ID:QYQL3UJo0
古泉「では、次の作戦を貴方に説明しないといけませんね。」ニコッ

少女「次…ですか?」

長門「不良作戦。」

キョン「君を不良に絡ませて、通りかかった谷口に助けさせる作戦だ。」

少女「でも、不良さんは……、皆さんは顔知られてますよね?」

ハルヒ「ふっふーん♪その点は抜かりないわ!
    不良役なら呼んでるからっ!!」ビシイッ!

キョン「まるでお前が呼んだみたいな言い方だな。」

ハルヒ「何言ってんの?部下の手柄は少なからずアタシの手柄よ」

キョン「グルメサイトの?」
長門「ふーむー。」

古泉「息ピッタリですね。嫉妬します」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 22:54:20.51 ID:QYQL3UJo0
古泉「私の友人である彼らに協力を依頼しました。入って下さい。」

ガチャ

ツインテのスケ番「よろしくお願いします。」

やたら老けた番長「サポートはお任せを。」

少女「あっあの、こちらこそよろしくおねがっおねがいします!」ワタワタ

長門「おねが」


キョン「………無理がないか?」

古泉「いえいえ、そんなことは」

ハルヒ「う?ん…まあいいわ!顔さえわかんなけりゃ十分よ!
    明日決行するから皆、気を引き締めなさいよ!」

みくる「は?い」
長門「了解」
古泉「もちろん」
少女「はっはい!」

ハルヒ「じゃあ解散っ!!!」

キョン「……………」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:03:50.33 ID:beOZKo/20
森さんと新川さんか

しかしこのスレ、書き手と俺しかいないんじゃないか?
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:11:22.88 ID:QYQL3UJo0
非常階段

キョン「………なあ古泉。」

古泉「なんでしょうか」

キョン「俺思うんだが、今回の件谷口悪く無いよな?」

古泉「と言うと?」

キョン「今回のハルヒは、谷口の鈍感さに腹が立ってイライラしているが、
    考えても見ろ。今まで全然女にモテなかったのに、
    ある日突然下駄箱に手紙があったら警戒するだろ。」

古泉「ふむふむ。」

キョン「呼び出しの時だってそうだ、女に飢えてる谷口だぞ?
    嫌がらせの可能性がある呼び出しなんかより、
    確実に出会いがある合コンを優先するだろ。」

古泉「女性に飢えているのであれば、獲物を見た獣の如く、
   すぐラブレターに食いつくんじゃないんですか?」

キョン「………なにが言いたい?」

古泉「今回の件は、皆悪くないし、皆悪いんですよ。」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:14:15.68 ID:MPmWjibw0
>>11
南方で奮戦するSOS団を読んだ直後の俺が来たぞ
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:18:04.42 ID:beOZKo/20
>>13
そういえば北海道で熊に虐殺されるSOS団なんてのもあったな
もうなんでもありだな
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:37:19.56 ID:QYQL3UJo0
キョン「………は?」

古泉「貴方は谷口さんを悪くないと思っている。
   でもほかの人に聴けば、『中身をマトモに見ようとしなかった谷口さんの所為』
   という意見もあるかもしれません。
   もっといえば、『メールのこの時代にラブレター作戦っていうのがまずかった。』とか
   そもそも『悪い噂のあるSOS団に協力を依頼したのが間違い』とか。」

キョン「………だからなんなんだ?」

古泉「貴方の意見も尤もですが、涼宮さんの考えも尤もです。
   恐らく貴方がなんと言おうと、涼宮さんは谷口さんを悪いと思うでしょう。
   あの人は誰にも侵されない自分の考えを持ってますから。」

キョン「………えーっとつまり、たとえ谷口が無罪でも、
    ハルヒの個人的な恨みや考えを含めた主観によって、世界が崩壊すると?」

古泉「大事なのは、そのものの在り方ではなく、 
   その物を見てどう思ったか、ですから。」ニコッ

キョン「谷口、どうやらお前は可哀そうな奴らしい。」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:43:54.17 ID:VQc3NKImO
>>4が立てたスレで待ってたのに・・・

しえんぬ
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:44:58.72 ID:aTN7VwI+O
茨木市ってもろ地元なんだけどwww
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/11(火) 23:49:55.88 ID:QYQL3UJo0
古泉「おそらく次、谷口さんが彼女に振り向かない場合、
   世界の何かが変わってしまうかもしれません。
   100%では無いですが、ゼロじゃあ無いです。」

キョン「頑張るのはあの子じゃなくて、谷口の方か。
    世界の命運が一人のナンパ魔の行動一つで左右するとは………」

古泉「本人が命運を握っていることを知ってさえいれば、
   彼も頑張りようがあるんですがね。」

番長「古泉、我々はそろそろ………。」

古泉「ああ、はい。では、僕は仕事があるので。」

キョン「おお、くれぐれも気をつけてな。」

スケ番(貴方が機嫌を良くすれば、私たちも気をつける必要はないのだけど。)

キョン「…………今度は谷口に学食奢ってやろう。うん。」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:00:58.59 ID:Xq8+SfG20
谷口「…………んっ、ふあ?あよく寝た。」

キーンコーンカーンコーン

谷口「お、もう放課後か。とっととかえろーっと」ガタッ

谷口「こういう景色もいいねえ?」

谷口「ん?」

???《……すー………すー………》

谷口「………なんか、前にこんなこと、あったような………?」

???《ありが……う……ます》

谷口「…………?なんだっけ?
   ……………まあいいか!思い出せないってことはどうでもいいことだ!!」

谷口「今日ーといーうー特別なー日がー♪」


茨木転校まであと15日
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:12:54.98 ID:Xq8+SfG20
翌日の放課後

谷口「あー終わった終わった?」

キョン「なあ谷口、折り入って頼みがあるんだが。」

谷口「ああ?なんだよキョン、お前が俺に頼みごとか?」

キョン「実は今日、妹の学校へ迎えにいかないといけなくなってな。
    そのことハルヒに行っといてくれ。」

谷口「んなもん、自分で行けよ。」

キョン「え!?えーっと……今すぐ行かないと間に合わないんだ!
    だから頼む!今度学食奢るから!!」

谷口「え!?まじか!!デザートも付けろよ!!
   ドリンクもだぞ!!」

キョン「ああ!付けるとも!!そんなんで世界が救われるんなら安いもんだ!!」

谷口「え?」

キョン「いやなんでもない、こっちのはなし。」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:14:39.08 ID:vwRRRlSuO
WAWAWA支援?
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:24:17.00 ID:Xq8+SfG20


キョン<………という訳で、確かにそっちへ行かせたぞ。>

ハルヒ「上出来よキョン、学食代の一割払ってあげるわ」

キョン<一割だけかよ>

ハルヒ「なっ……なによぅ!アタシがケチだって言いたいの!?
    ……じゃあいいわよ!半分払ってあげるわよっ!!」

キョン<ありがとな、さすが団長。>

ハルヒ「きっ……今日だけだかんね!!
    次はないわよ!!じゃあ切るわよ!!オーバー!!」プツッ!

ハルヒ「準備はいいわね!じゃあスタート!!
    有希、みくるちゃん、古泉君!私たちは隠れましょ!!」

長門「素直じゃない」

ハルヒ「なんか言った!!?」

長門「別に」

ハルヒ「ほ、ホントになにもないんだからね!!」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:34:56.20 ID:mePfNJpW0
     / ̄?_____
     |^o^  |        ヽ 三
     ?_/_____  )  三 ゴオオ・・・
     / /         ( (  二
    / /          |  | 三
    ◎           ?   三
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:36:02.49 ID:Xq8+SfG20
ドタドタ ワーワー

谷口「ん?なんだ?喧嘩か?このままだと部室にいけないんだが……」


スケ番「いいから有り金全部置いてけよゴルアアアアア!!
    なめたらいかんぜよおおおおおおおお!!!???」

少女「いっ痛いですぅ?やめてくださいぃ?(棒読み)」

番長「ウダウダ言ってっと、女だからっていてこましたるぞ、我ええええ!!?」


ハルヒ「完璧ね!」

長門「どこが」

ハルヒ「なによ?問題あるの?」

長門「もう、どこから指摘すればいいのか戸惑うくらい」

ハルヒ「?おかしいわね………私にはさっぱり。
    この前みたドラマを参考にしたんだけど」

長門「ちなみに何を?」

ハルヒ「スケバン刑事とスクールなんとか」

長門「」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:46:59.90 ID:L1ZewQzH0
資料古りいw
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:49:09.08 ID:Xq8+SfG20
谷口「な………なんだあれ……?」

スケ番「こちとら仕事で忙しいんじゃァァァァあああ!!手ぇ煩わせんじゃねえええ!!」

少女「え?あの、台本と違いますけど………」

番長「私もまだまだ現役じゃァァァァァァァああああああああああ!!!!!」

谷口「あれってカツアゲだよな?というか誰だあの二人?
   いや、でもあの女の子のピンチであることは間違いない……。でも、」

スケ番「メイドとはああ!!!振り向かないことだああああああああ!!!!」

番長「ご無沙汰なんじゃああああああああああああああ!!!!」

谷口「あんなのに勝てんのか………?
   あんな時代に置いてけぼりにされたファッションなのにきてるってことは、
   恐ろしくて誰も注意できなかったってことじゃないのか……?」

ハルヒ「でもあの格好の方が、返って弱そうに見えない?」

長門「ある意味強そうに見える」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:58:49.07 ID:GBN6V/1I0
何で昨日も立ててたくせにこんなに遅いんだ?
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 00:59:59.80 ID:Xq8+SfG20
谷口「でもあの女の子、助けないとマジで危ないぞ………」

少女(早く来てっ………谷口さん………!)

谷口「どうする、どうする、どうする!?
   逃げちゃ駄目なのか!?逃げちゃ駄目なのか!?逃げちゃ駄目なのか!?」

スケ番「ハハハハハハハハハハハハハハ!!!」
番長「あらかワハハハハハハハハハハハハハ!!!」

ハルヒ「さあ、助けなさい!!そして恋のトライアングラーよ!!!」

長門「最近覚えた英語の意味くらいは調べておくべき。」

谷口「どうするの俺!?どうすんのよ!?続かない!!」

谷口「…………………………あれ?
   …………よくよく考えたら、」


谷口「ダッシュで先生を呼んだ方が………良くね?」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:09:03.39 ID:Xq8+SfG20
谷口「………うん、その方が賢明だな。
   安全だし。
   じゃあ失礼して……………」ソソクサッ

ハルヒ「あっ!逃げた!!?」

古泉「まずい!?なんとかしないと!また閉鎖空間が………!!」

少女「たっ谷口さん………!?」

スケ番「チッ」

バサッ

森「逃がすかぁぁぁああ!!」ダダダダダダダ

谷口「うわあああ!!メイドが追ってきたぁぁぁぁぁあああああ!???」ドタドタドタ

番長「森!待ちなさい!捕まえてどうする!?」

森「貴方の所為でよけいな仕事が増えるんだよオオオオおおお!!
  一発ぐらい殴らせろやあああああああああああああああ!!!」ダダダダダ

谷口「何の話だあああああああああ!!!」ドドドドドドドドド……


少女「………谷口、さん………」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:16:44.60 ID:Xq8+SfG20
谷口「いやああああああ!!!」ダダダダダダダダ

森「逃がすかぁぁぁ!!!くらええええ!!」バッ!

谷口「うわあああ!!?離せエエエエええええ!!!」

森「パロォ、スペシャルウウウウウウ!!!!!!」ベキバキボキ!!

谷口「ぎゃああああああああああああ!!!!」


少女「…………………」

長門「…………気を落とさないで。」

少女「……………うん。」

長門「…………」

ハルヒ「…………………………」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

古泉「……………行きましょうか、新川さん。」

新川「………………ああ。」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:22:05.30 ID:QsgsVHb7O
森さんwww
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:27:18.76 ID:Xq8+SfG20


とある日の夜、商店街

少女「あとは、にんじんと………あとそれから………」

ギャル男「なあ、いいだろ?ちょっとくらい許してくれよ?」
ギャル女「別にいいけどぉ、本命はアタシなんでしょうね?」

少女「んっ…………?」

ギャル男「当り前だろ!?ただナンパだけはやめられないんだって!」
ギャル女「アンタ、ホントに欲望に忠実よね??でもそこが好き?♪」
ギャル男「じゃあカップル成立ってことで!早速ホテルいこ?ぜ?」
ギャル女「え??いきなりヤんの?まあ気持ちイイならいいけど?」


少女「……………。付き合うって、何なんだろう……………」

あと14日
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:32:43.77 ID:N1K2PAdw0
なんだか話が思わぬ方向に・・・
シエンヌ
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:38:13.04 ID:Xq8+SfG20
生徒A「フフ?ン♪こっそり家に行って驚かそうっと!
    それにしても少女ちゃん大丈夫かな?
    最近すっかり元気ないし…………」

ブス「で?なんで私が一緒に行かなきゃ行けないの?」タプンタプン

生徒A「前に痛い思いさせたから謝罪をするんです!
    言っとくけどあなた以外はもう誤ってるのよ?
    今日こそちゃんと謝ってもらうわよ!」

ブス「ふん!私の知った事じゃないわよ!」デブンッ!

生徒A「さあ着いたわっ♪
    お邪魔しま?すっ
    って、あら……?」

ブス「あ!キョ、キョ、キョン君………///!」カアッ
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:49:01.76 ID:Xq8+SfG20
ハルヒ「ねえ!開けなさいよっ!聞いてるの!?」ドンドン!

キョン「三回失敗したからってなんだ?
    四回目は行けるかもしれないだろ?なあ!」

ドア「…………………。」

みくる「いっ一緒にガンバリましょうよ?」アセアセッ

古泉「こんどこそ完璧な作戦を考えました。
   話だけでも聴いて下さい!!」

長門「………………開けて。」

ドア「………………。」

ハルヒ「キョン、ドアを壊しなさい!」

キョン「んなことできねえよ」

ハルヒ「じゃあどうすんのよ!?このままじゃ
    引き籠ったまま転校になんのよ!?いいの!?」

キョン「いいわけねえだろうが!!だから
    もっと他の方法を考えろってんだ!!」


生徒A「あれはたしかSOS団さんですね……」

ブス「キョン君…………///」モジモジ
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:52:41.15 ID:ZkVlB14vO
茨木には大きなサティがある
そこで映画を見るなりデートを楽しむといい
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:56:45.74 ID:Xq8+SfG20
生徒A「ねえ、貴方達。」

ハルヒ「ハア!?誰よあんた!」

ブス「キョンく?ん、あのねえ、んとねえ……」モジモジ

キョン「ん?」

生徒A「どういうことか、説明して貰いたいんですが……
    彼女になにかあったんですか?」

ハルヒ「アンタ、この子の友達?………いいわ。
    古泉君!教えてあげて。」

古泉「あっはい、実は……………。」


生徒A「………そっか、やっぱり好きになっちゃったんだ。」

ブス(あの谷口を好きになったとか頭おかしいんじゃないの………)ボソッ

長門「…………殴りたい。」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 01:57:44.34 ID:JplMTBJtO
デブン♪
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 02:10:31.99 ID:Xq8+SfG20
生徒A「あの子、自分から他人に話すような子じゃなかったのに……
    ……フフッ、ありがとうねSOS団さん。あの子のためにがんばってくれて………」

ハルヒ「別に、ただ頼まれたら最後までがSOS団のモットーよ。」

キョン(まあ、半分は世界のためなんだが………)


生徒A「ねえ、私よ。開けてくれない?」

ドア「…………………」

生徒A「…………私ね、貴女が転校するって聞いた時、ちょっと泣いちゃったんだ………。」

ドア「……………。」

生徒A「でもね、今貴女が谷口さんを好きになったって聞いて、
    私とっても嬉しかったわ。」

ドア「………。」

生徒A「誰かを好きになるって、とっても辛くて苦しいけど、
    とってもとっても、優しくて嬉しい気分になるの。」

ドア「……。」

生徒A「だからね………無かったことになんかしちゃだめ。
    好きになったのなら、声に出して好きって言わなきゃ。」

ハルヒ(…………。好き…………。)
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 02:23:26.28 ID:Xq8+SfG20
生徒A「もし本当に好きになったのか、わからない時はね、
    相手の目を見つめたり、相手の事を思ったりして。」

キョン(………………!)

生徒A「誰かから駄目だって言われても、
    貴女の思いを否定できる人は誰もいないわ。」

みくる「ふえ…………!」

生徒A「自分を責めないで、どんな生き物だって
    愛する心、愛する権利があるの。」

長門「…………………」

生徒A「相手はこういう人だからとか、
    自分はこんな人だからなんて、どうだっていいじゃない。」

古泉(つまりそれは僕にも…………キョン君、)

生徒A「………私も少女ちゃんのこと、大好きだから。
    大好きな人が大好きな人だもん、とってもいい人だよ。」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 02:32:24.95 ID:N1K2PAdw0
いい話だなーと思ったら古泉www
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 02:36:00.42 ID:Xq8+SfG20
ドア「…。」

生徒A「ここにいる皆、貴方の事が大好きよ。」

ドア「」

生徒A「だから、大好きな貴女が、苦しんでるとこ、見たくないよ……」

少女「……………。」

生徒A「一人で抱え込まないで。私も一緒に背負ってあげる。」

ハルヒ「あ…アタシもいるわよ!私だって背負うからね!」

みくる「わっ、私もいますよ?」

長門「好き。」

古泉「僕もいますよ。ね?」

キョン「え?いや、えーっと…お、俺もいるぞー!」

少女「……………ぅ……。」

生徒A「…………出てきて。お願い……。頑張ろう………?」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 02:45:20.63 ID:Xq8+SfG20
ガチャッ

少女「……ううっ、みんなぁ…………」グスグス

生徒A「よしよし、偉いわよ。」ナデナデ

ハルヒ「………なんとか一件落着ね。」

キョン「まだだ。肝心の谷口はどうする?」

古泉「だったら僕のこの作戦で………」ピラッ

ブス「ちょっと貸しなさい!
   ……………何これ?こんなのただの紙切れね。食ってやるわ!」ムシャムシャ

古泉「ああ!?僕が寝ずに考えた作戦が!!?」

ブス「こんなゴミ作戦よりいい作戦があるわ!
   ちょっと耳を貸しなさい!主にキョン君の!!」ガバッ

キョン「なんでヒソヒソ話す必要がある」

ハルヒ(………なにかしら?敵意を感じるわ…………)
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 02:54:14.52 ID:Xq8+SfG20
ヒソヒソ

キョン「ふむふむ………なるほど、確かにいいな。
    よし!それでいこう!」

ハルヒ「って、なに勝手に決めてんのよキョン!?
    こういうのは団長に話してから…………」

キョン「古泉、できれば森さんと新川さんを呼び戻してくれ。
    朝比奈さん、鶴屋さんに協力を依頼できますか?」

みくる「ほえ?多分大丈夫ですけど………」

古泉「問題ありません、しかし何故?」

キョン「これから解かるさ、ああ、Aさん、
    しばらく少女さんについといて下さい。」

生徒A「え?構いませんが、一体何を………」

キョン「皆耳貸して下さい、実は…………」ヒソヒソ
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 02:59:33.96 ID:N1K2PAdw0
俺しか見てないみたいだけど支援ー
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:03:42.23 ID:Xq8+SfG20
古泉「………おお!なかなかいいですね!
   男としては興奮せずにはいられません!」

みくる「たしかにいいですね?」

ハルヒ「……そう?まあいいわ!
    じゃあその作戦で!」

生徒A「でも残り二週間で行けるの?」

ブス「おんなに生まれたからには、気合と度胸だ。できるな?」

少女「は、はいっ!次こそ負けません!」

ブス「その言葉を、待っていた!!
   私も全力で協力してやる!!作り方は一週間で覚えろ!!!」

少女「はい!」

ブス「あの馬鹿をこんどこそ振り向かせるのよ!!
   みんなで行くわよ!!エイエイオーーーーー!!!!」デブンッ

一同「「「「「「「おーーーーーーーーー!!!!」」」」」」」


少女(谷口さん………私………!)
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:09:29.91 ID:VYcS2SPAO
デブいい奴じゃねえか

支援
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:12:18.04 ID:Xq8+SfG20
一週間後………少女宅、夜


生徒A「ホントにいいの?」

少女「うん、いつか切ろうと思ってたから。」

生徒A「フフフ♪じゃあ思いっきり………エイッ!」チョキッ!


チョキチョキ………

少女「………受け取って、くれるかな………?」

生徒A「不安?」チョキチョキ

少女「………うん………混乱させるんじゃないかな……」

生徒A「大丈夫。」サッサッ

少女「どうして?」

生徒A「みんながいるよ。」チョキチョキ

少女「……………うん……。///」


転校まであと7日
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:16:56.32 ID:hRlu/Su00
見てるぞ!頑張れ!!
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:20:09.52 ID:Xq8+SfG20
作戦決行日。

谷口「さて学食学食っと♪」スタスタ

ドスンッ!

ブス「た?に?ぐ?ち?!!!」

谷口「!!??ブス!!??」

ブス「私の肩にぶつかるたぁ、いい度胸じゃない?
   覚悟は出来てんでしょうね??!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

谷口「ひいい!?すいませんすいませんんんんんんん!!!」ペコペコ

ブス「財布貸しなさい!!」バシイ!

谷口「あ!?」

ブス「………しけた金ね、まあいいわ。慰謝料ってことで♪
   じゃあね?」

谷口「ええ!?いや、ちょっと!返して????!!!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:25:27.60 ID:Xq8+SfG20
キョン「そら災難だったな。」

谷口「だからさ?、ちょっとだけ頼むよ?いいだろ?」

キョン「…お前この前ジュース奢ったよな?そのお礼貰ってないんだが?」

谷口「え?」

キョン「まあいいさ、今お前にあげるはずだった
    このヤキソバパンで手を打ってやる。
    よかったな、安くて。」

谷口「ええ!?ちょっと待ってくれよ!!」

キョン「うるせえ」

谷口「そんなせっしょーな…………」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:36:40.92 ID:Xq8+SfG20
5時限目の休み時間

谷口「なっ……なんとか国木田に100円もらった………
   菓子ぐらいしか食えないけど、腹の足しには………」トボトボ

???「うへえ?」

谷口「あっあれ?鶴屋さん!!?
   なんでベンチで寝てるんですか!?」

鶴屋「おお?君はキョンクンのお友達の谷山クンじゃないか?!
   いやはや奇遇だね?!」

谷口「谷口です」

鶴屋「いや?、実はさ、今日うっかり財布落っことして来ちゃってね??
   も?お腹が減って死にそうなんだよ?!!アハハハハハハハハ!!」

谷口「……………。」

鶴屋「どっかに心優しい紳士クンはいないのかなぁ???」

谷口「………あの、よかったらこれ………」

鶴屋「え?ホント!ありがとうやさしい谷川流クン!そんじゃあ?ね?にゃはははははは!!!」

谷口「谷口です」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:44:02.72 ID:Xq8+SfG20
放課後

谷口「ああ………朝何か食っとけばよかった………」グルルルルル……

キョン「帰んのか?」

谷口「ああ、じゃあな……」トボトボ

キョン(させねえよ)


谷口「家に帰りさえすれば………」ゴロゴロ……

スケ番「まてやゴルアアアアアアアアアアア!!!!」ドドドドドドド

谷口「ひいい!!!???今度は何!!??」

スケ番「この前のおとしまえ、どう付けてくれるんじゃあああああ!!」
番長「お前が逃げたから閉鎖空間で死にかけただろおがあああああ!!」

谷口「だからなんの話だあああああああああああああああああ!!!???」

ドドドドドドドドド…………

長門「…………ここまで、順調。」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:52:47.59 ID:Xq8+SfG20
中庭、もうすぐ下校時間

谷口「はあ…はあ…はあ……きょうは………厄日だ…………。
   もう……だめだ………死ぬ…………。」


生徒A「来たわよ。」

少女「……………うん…」ドキドキ

生徒A「………怖い?」

少女「うん………駄目だな、私………」ドキドキ

生徒A「……………フフ♪じゃあはい♪」コトッ

少女「………?コンタクトレンズ………」

生徒A「長門さんからよ。メガネは無い方がいいんだって。
    あとは…………ぎゅううううう………」

少女「ひゃあ!?」

生徒A「…………私にできることは抱きしめることだけ。
    あとは貴女の勇気しだい。………がんばって。」

少女「……………うん…………!」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:53:13.49 ID:wDF6L+BC0
あぁぁ、気がついてよかった!
ハルヒ5話をみながら支援!
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 03:54:18.13 ID:JplMTBJtO
やっぱりいいなぁ支援
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:05:17.71 ID:Xq8+SfG20
谷口「あああああ…………死ぬ………
   何か…………食べ物を…………」

少女「たっ、谷口さん!」

谷口「え……?」

少女「ええと、あの……谷口さん、あの………」

谷口(?こんなショートカットの美人いたっけ?俺が見逃すはずが………)

少女(勇気………出てきて……!今だけ、お願い…………!)

少女「あ、あの!谷口さん、今日は朝から何も食べてませんよね?」

谷口「えっ?」

少女「も、もしよろしければ、こここ、これ作ってきたんで食べて下さい!!」カラン

谷口「えっ………………」


協力者一同『言ったーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!』
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:06:28.17 ID:hRlu/Su00
ついに言ったーーーーーー!!!支援!
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:10:21.80 ID:wDF6L+BC0
キタ――(゚∀゚)――!!
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:10:42.61 ID:Xq8+SfG20
谷口「………俺の、ために…………?」

少女「は、はははははっはい!!///」ドクンドクンッ

谷口「食べていいの…………?」

少女「どどどっ、どうぞ!!遠慮なく!!!////」ドクンドクンッ

谷口「………………………」

少女「……………………!/////」ドキドキドキドキ


谷口「………遠慮なくいただきまあああああああああああああああああああすううううう!!!!!!!!!」


協力者一同『いよっしゃああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:18:48.38 ID:Xq8+SfG20
谷口「うまい!うまい!うますぎるうううう!!!」ガツガツ!

少女「えっ、ほ、ほ、本当ですか?」ドキドキ

谷口「ああ!!うまいよ!!このご飯も、
   卵焼きも、タコさんウインナーも、何もかもがうますぎウェエエエエイブ!!!!」

少女「は……はい……!ありがとうございます………!」ウルウル

谷口「君は命の恩人だ!!!ホントにありがとおおおおおおおおおおおお!!!!!」


ハルヒ「いよっしゃあああああああああああああああああ!!!」

キョン「ミッションコンプリイイイイイイト!!!!」

みくる「よかったです………。本当に、本当に……………」ポロポロ

長門「…………よかった。」

古泉「わたし、ちゃんと笑えてるでしょうか?」

ブス「泣いてるわよ」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:26:23.42 ID:Xq8+SfG20
谷口「ガツガツガツガツガツ………」

少女「つ、つまりますよ?/////」ワタワタ


ハルヒ「これでハッピーエンドね。」

ブス「まだよ。」フゴッ

キョン「なんでだ?あんなに幸せそうじゃないか。」

森「彼女、6日後に転校するんでしょう?」

みくる「あっ………………!」

鶴屋「恋仲になるなら、これからもがんばってアプローチしないとね?」

古泉「進展するかが問題ですか…………」

生徒A「ううん、………もういいのよ。」

ハルヒ「なにがよ?」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:26:43.03 ID:CSc4/wrRO
でも実際には転校間際に告られても迷惑なんじゃねーかな
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:32:11.05 ID:Xq8+SfG20
谷口「君、名前なんていうの?」モグモグ

少女「あっはい、私は………////」


生徒A「あの子、すっごい幸せそう……………」


少女「あはははは…………/////」


生徒A「そっか……思いを伝えられただけでもう充分なんだね…………」

ハルヒ「…………。」

生徒A「………どうしよう…………また泣いちゃった…………」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:34:23.58 ID:wDF6L+BC0
少女ちゃん可愛いなぁ
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:35:06.78 ID:N1K2PAdw0
谷川流って誰だよwww
支援
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:40:23.47 ID:Xq8+SfG20
そして、転校前日

谷口「いやー女神っているもんなんだなー!!」

キョン「……………。」

谷口「ホントあの時は助かった!!
   メアドぐらい交換したらよかったんだけど『いいです。』ってなー」

キョン「………。」

谷口「俺に惚れてるのかもな!!ガッハッハッハッハ!!
   今度お礼することにしたわ!!キョン、お礼なにすればいいかな?」

キョン「……………。」

谷口「おい、きいてんのか、キョン♪」

キョン「……………谷口、」

谷口「あん?」

キョン「その子、―――――――。」

谷口「――――――え?」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:46:16.08 ID:bPuiqHcoO
少女たんかあええ
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:46:58.43 ID:Xq8+SfG20
転校、当日。駅のホームにて


生徒A「じゃあ向こうでも頑張ってね♪」

ハルヒ「虐められたらすぐ連絡しなさい!我がSOS団が全力で守るわ!!」

少女「うん、ありがとう、コーチ。」

みくる「元気でね?。」

長門「………………これ。」

少女「?これ、本?」

長門「今度会う時に返してくれれば、いい。」

少女「……………うん。ありがとう。」

ブス「達者でな。」デブウン

プルルルルルル
車掌「間もなく、発車します。」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:47:59.89 ID:wDF6L+BC0
+(0゚・∀・) + ワクテカ +
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:48:03.98 ID:GI+nmsCvO
腹減ってきた
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:51:30.94 ID:Xq8+SfG20
ガコン!

生徒A「じゃあね?!」
ハルヒ「たまには来なさいよ?!」
みくる「バイバイ?!」
長門「………いつか、また。」
古泉「さようなら?」

少女「ありがとう!!また来るから!!絶対来るから!!」

プワーン……

古泉「行っちゃいましたね…」

ハルヒ「あれ?キョンは?」

長門「?」
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:56:11.52 ID:wDF6L+BC0
+(0゚・∀・) + ドキドキ+ドキドキ
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 04:57:48.02 ID:Xq8+SfG20
少女「……………谷口さん、…………」

『SOS団、副団員として任命する。?涼宮ハルヒ?』

少女「……………みんな、ありがとう…………」

《・・・・・・・・・・・・・!》

客「おい、あれなんだ?」
客「さあ?ただの馬鹿じゃねーの?」

少女「……………?」

子供「おい、外見ろよ!」
子供「わー、すげー早い!」

少女「外…………?」


少女「……………あっ…………!」
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:08:59.82 ID:Xq8+SfG20
谷口「少女ちゃ――――――――――ん!!!!!!!!!」バサバサ

少女「たっ谷口さん!?」

客「おい、自転車で新幹線に追いついてるぞ?」
客「後ろのオールバックなんかメールアドレスの書いた旗ふりまわしてるぜ?」

キョン「谷口ィーーーーーーー!!!!ハアハアハアハア………!!!
    あとでアクエリ奢れよォーーーーーーーーー!!!!!!」ガリガリガリガリ!

谷口「俺、お礼してないから!!恩をかえせずにお別れなんて嫌だから!!!
   だから後でメールしてくれえええええええええええええええええええええ!!!!!」バサバサ

少女「あ………ああ……………!!」ポロポロ

少女「谷口さん、ありがとお――――――――――!!!」

キョン・谷口「ぐああああああああああああああああああああああ!!!!」ドンガラガシャーン!


キョン「……………見てたか?」

谷口「………………ああ……。」

キョン「…………そうか。」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:14:53.90 ID:CE50ASjKO
キョンwww
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:16:49.72 ID:Xq8+SfG20
―――そのあとのことは、あまり解らない。

キョン「でな、その神父の能力が………」

国木田「うんうん。」

谷口「おっ悪い、ちょっと席はずすわ。」ガタン

国木田「?そう?」

―――ただ、

谷口「もしもし?おお!君か!今度キョン達と行くから…………」

キョン「お、」

――――ただ時、々谷口はこうやって電話に出ては、

携帯《―――――――♪》

―――――携帯の奥の声と、仲良さそうに話している。

――――――fin.―――――
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:18:05.12 ID:wDF6L+BC0
おぉ。ハッピーエンドだww

乙した
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:21:20.48 ID:hRlu/Su00
乙です!!
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:23:21.58 ID:Xq8+SfG20
ああああああ最後のまちがえたあああああああああああああああ!!!

…………はい、どうでしたか?
後から見たら誤字だらけのSSで心身ボロボロです。

支援して下さった方、厳しいアドバイスをしてくれた方、
そのほか
ただ見てるだけの方、皆さんありがとう。
感想とか書いてくれると>>1は喜びます
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:29:13.91 ID:wDF6L+BC0
前スレの時から追っかけてたけど面白かったよ

もっとはっちゃけてもよかったかもしれんけど
森さん新川さんが面白かったのでおk
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 05:31:50.72 ID:N1K2PAdw0
もっと続けて欲しいと思わなくも無いが、
このきり方も上手くまとまってて良いな
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 07:04:18.65 ID:pWGOWSwL0
面白かった。>>1
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 07:23:06.08 ID:QsgsVHb7O
流うううううううううううう
速く続き書けやあああああああ
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 10:14:00.88 ID:7WnTjOapO
お疲れ様
ホラーならハルヒSIRENで!
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 11:42:37.35 ID:ZkVlB14vO
乙!
西宮から茨木までは名神高速で一本
遠距離じゃないからいいな
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/12(水) 12:40:44.78 ID:c597wXGgO
よかった
自転車のところ分かってても鳥肌立った

コメント

最新記事【 上:SS系、下:その他】


 SSまとめサイト様 RSS他まとめサイト様 RSS

Home > ハルヒ > キョン「本気で谷口の事、好きなんだな。」

リンク
SSまとめ 2ちゃんねる アンテナ ニュース
アクセスカウンター

TOP